「7. 運営ブログ」カテゴリーアーカイブ

2020年11月16日勉強会報告★無料体験会★

11/16(月)に、「育休プチMBA®無料体験会」がオンラインにて開催されました。今回は初参加者と法人担当者向けの勉強会です。
全国各地から28名の方にご応募頂きました!多数のご参加ありがとうございました。

今回のテーマは「クリティカルに考える」。
復職後に良くある”上司と部下のコミュニケーション不全”に注目しケース・ディスカッションを進めます。
ケースを読み、課題を分析し、解決策を考える。育プチの勉強会はワークシフト・メソッドという独自メソッドを使用し、組織に貢献できる思考技術を学ぶ場です。
グループディスカッションで意見交換をし、全体で様々な意見の共有。共有の場ではファシリテータからの深掘りが盛り沢山!

・部下の課題は何か?
・上司の気持ちは?
・どのような期待をしているだろう?
・上司は相談してほしいのに、この相談はなぜダメなんだろう?

質問される度、脳が活性化されていくのが良く分かります。
自分にはない視点でものごとを考える。ハッとする瞬間。多面的に考えることに触れられたような有意義な2時間に。

今回は育プチ勉強会が初めてという方ばかり、中にはオンライン勉強会自体が初めての方もいらっしゃいましたが、活発な議論が行われました。
アンケートからは、言語化や思考トレーニングになった、意識改革につながりそう、他の参加者の意見に刺激されて自分の思考の癖を見直すことができた、など満足度が高い方が多くいらっしゃったことが窺えました。

仕事はいつでも挽回できる!ファシリテーターからの言葉を励みに、思考トレーニングの日々は続きます☆

なお、本勉強会に参加された方が体験の様子をブログでご紹介くださっています!こちらからぜひご一読ください♪

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/7(月)、12/22(火)、1/14(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

全員が21時に床に就く家

こんにちは。

運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。

保育園児は夕方のバタバタや帰宅時間が遅く夜寝るのが遅くなりがちとよく聞きます。

みなさんの家の就寝時間は何時でしょうか?

子どもと分けているという家庭もあると思います。

我が家は基本21時消灯です!

どうやって21時に全員が床に就くのか?共働きである両親はいずれも17時か18時の定時、その後保育園の迎えという一般的な形です。

一言で表現すると、執念だと思いますが、具体的に工夫点をご紹介します。

・お風呂は帰宅後すぐに済ませる(基本シャワーのみ)

・夕飯の支度は30分以内。できなさそうな日は外部産業(お弁当や宅配)を利用

・子どもが寝るのにかかる時間を逆算して、この時間になったら歯磨きをするなど具体的な時間と行動を決めてルーチンにする

 ・就寝時は家の電気はすべて消す(余地を残さない!)

 ・見たいテレビが見られない場合は録画や配信を利用し、隙間時間(通勤、平日の昼食時、お風呂)にテレビ以外の機器で見る

…賛否両論と言いますか、ここまで効率重視だと潤いがない!節操ない!!というご意見もあるかと思います笑

確かに、無趣味など我が家の特殊性もありますね。

どうしてここまでの執念が働くかというと、子供が小さいということもありますが、一番は主人が早く寝たいタイプだという点です。

意思あるところに道はできる!といったところでしょうか。

みなさんも、やりたいこと、成し遂げたいこと、たくさんあると思います!

たくさんある方が健全だと私自身思っています。

でも時間は有限。

時代は便利になって様々な手段で日々の生活が効率化可能になっています。

何を優先し、何に時間を割くか。

行動変容が求められる今年だからこそ、改めて考えてみませんか。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/7(月)、12/22(火)、1/14(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

職場でのコミュニケーション

第二子育休中のちゃこです。

育休復帰後、皆さんは職場の方とコミュニケーションを取れていますか?

産休育休取得前と比べて、時間内で仕事を消化するため時間に追われていたり、勤務後の食事等に行く事も出来ず、コミュニケーションを十分に取れていないという方も多いのではないでしょうか。

また、ある程度勤務年数が経ってから産休・育休を取得する社員が多いことから、コミュニケーションのフォローをする会社も少ないかと考えます。

しかし、もっとコミュニケーションを取りたいと考えている女性は多いと思います。

そんな女性社員を放置しないよう会社、チーム内の取り組みを紹介したいと思います。

■取り組み

①1on1の実施

管理職と1対1で話す場を設けています。話す内容は、対象社員の自由です。作業量の事、キャリアの事、家庭の事、趣味の事…何でもOK。仕事に追われて、自分の話をする時間がないので、機会を作って貰える事はとても有難いです。

実は育休復帰社員だけではなく、誰でも出来る事なのですが、育休復帰社員は優先的に行われています。

②チームメンバーでのメールフリートーク

輪番で担当を決めて、担当者が週に1回トークテーマを提供します。チームメンバーはそのテーマに対して、一言でもいいので絶対に返信をします。忙しいのは皆一緒、スルーはしないというのがルールです。

これを考えたのは、3年目の男性社員です。チームに色んなメンバーがいるのに忙しくて、全然コミュニケーションが取れていない。しかし、チームで仕事をする以上、コミュニケーションはとても大切だと。

この取り組みをしてから、共通の話題が出来るので、ふとしたタイミングで雑談が生まれ、チーム内の雰囲気も良くなりました。

上述したのは一例であり、職場、チームによっても様々な取り組みが行われています。育休復帰社員だけが対象の取り組みではなく、皆が放置されない仕組みを作っていきたいですね。

皆さんの職場ではどのような取り組みが行われていますか?育休プチMBA®︎でも、皆さんとたくさんのコミュニケーションを取っていきたいと考えています!一緒に様々な情報を交換しませんか?

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/27(金)、12/7(月)、12/22(火)、1/14(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「西田はるかの職場復帰前面談」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
1/14(木) 育休プチMBA®勉強会 テーマ「組織における役割を考える」
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

家族のスケジュール管理ってどうしてる?

第2子育休中のコマーです。

みなさん、家族のスケジュール管理ってどうしてますか?

思いつくところ、大体の方は

・アプリで夫婦で共有

・リビング壁掛けカレンダーに書き込む

・各々手帳で管理

とかでしょうか。

我が家は、つい最近まで「各々自分で管理」でした。

というのも、うちの夫、スケジュールは頭に記憶するタイプなのか、手帳はおろか、スマホのカレンダー機能も使わないタイプ。

辛うじて私は、スマホのカレンダーに予定を登録していたのですが、子どもの園の行事や家族の予定、私の美容院の予約日(つまりは子供とお留守番してね♡の日)が近づくと毎度毎度夫から「〇〇っていつだっけ~?」「何時からだっけ~?」と確認され、私は夫の部下でも秘書でもないし、家族の予定なんだからもっと我がコトして動いてほしいな~と少しストレスに感じていました。

そこで導入したのが、スケジュール共有アプリ!!

我が家は、よくテレビでもCMしているのを使い始めたのですが、いやーーーーこれ、便利ですね。

何が便利って、家族の誰かがスケジュールを登録するとそれが家族全員に通知されるところ!

そして手帳と違って、予定が変わってもきれいに修正できるところ!

これだと伝え忘れは無くなるし、

予定が近づいたら各自で確認できるし、

予定のダブルブッキングも無くなります。

そして我が家では何より夫がスケジュールを見据えて行動してくれるようになりました!!

そして私のストレスは少し減りました。

仕事も育児も頑張る私たち、便利なものはどんどん活用していきたいですね♡

皆さんの活用している便利なものもぜひ教えてください♪

育休プチMBAでは、家にいながらオンラインで勉強会に参加できます。

皆さんもぜひ一緒に学びましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/27(金)、12/7(月)、12/22(火)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

自立型問題解決法を身につける
②自立型で思考する

第三子育休中のちっぺです。

前回は問題解決のプロセスをアウトプットさせて頂きましたが
今回は問題と向き合う姿勢とプラスの受け止め方を【赤ちゃんのオムツ漏れ】を事例にアウトプットしていきたいと思います!

  1. 問題の本質を見極める※前回記事※
  2. 問題と向き合う姿勢(自立型と依存型)
  3. プラス受信

2. 問題と向き合う姿勢(自立型と依存型)

チームがパパとママ(自分)と仮定して、

私が気付いてあげられなかったから・・ごめんね赤ちゃん・・
パパが抱っこしてたんだからオムツがパンパンかどうかパパがわかるでしょ!
えっ俺!?普段から見てるんだから君がそろそろだとかって教えてよ!
責めないでよ!
責めてなんかないよ!

などと考えていたらどうでしょうか。

ケンカになるなど健全なチームとは言えないし問題解決には至りませんよね。

問題の本当の原因は何か、環境条件の中で問題と向き合う姿勢が大事になります。

自分を責めず、問題から感情で逃げずに真正面から受け止めて自分に出来ることは何かを探しとことんやる、パパに依存するではなく、パパと自分との違いを理解して認め、どうすれば良いか共に解決策を求める。向き合うのではなく前を向く、なんて言いますよね。

3. プラス受信

先ほどの話と附随しますが、その場の感情に流されず客観的に考えることが自立型思考にとって大切。

とくに、先ほどのパパの「教えてよ!」。パパは事実に基づいて言葉にしているだけで責めているワケではありませんが、子育てに関して責任感の強いママは自分を責めてしまいがちなので、大体批判と捉えてしまって、自分で自分を責めているのにこれ以上責めないで!とパパに怒りをぶつけてしまうことが多くあるように思います。

勝手に期待して勝手にがっかりするのもあるなるなのかも。

”災い転じて福となす”

批判と捉えずアドバイスと捉える

◆その場の感情に流されず客観的に考える

◆起きた出来事やピンチをチャンスと捉える

今回で言えば、

オムツ漏れが発生してしまったのは離乳食をよく食べよく飲むようになった赤ちゃんの成長でもある。
自分の認識をアップデートさせるチャンス!!食事の際はおむつ替えが出来る場所を確保しよう!

など問題発生したときに、心が傷づいて内省してうじうじして終わりではなく、全て現象は同じでどう捉えるかだけのこと。

自分を責める言葉がでそうになったときに落ち込む前に、これは◎◎と考えるチャンス!なんて文末につけるようにすると良いですよね!

ピンチはチャンスと捉えて行動で変革していきたいです。


問題解決に関して改めて意識改革をしようと思ったのは、育プチの勉強会のケースで、どうすれば問題解決に繋がるか、をどこまでも深掘りするから。

家庭も仕事も一緒だなと。頭を鍛え続けて復職時にもチームメンバーの悩みやプロジェクト遂行に役立てていきたいです。

是非皆さんも頭の体操に、復職準備にお役だてください♡

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/27(金)、12/7(月)、12/22(火)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

自立型問題解決法を身につける
①問題解決のプロセス

第三子育休中運営メンバーのちっぺです。
運営メンバーになって1か月ほど。それまでのんびりと過ごしていたことを考えると、頭フル回転している時間が長くなったなと思います。
そしてそれは自分にとって意外だったのですが気分転換になっています。
集中することで無心になっているんですよね。

育休プチMBA🄬代表国保(あっきー)さんは、メンバー募集の折に

「自分で考えながら行動する」ことで、復職後に活かせる思考力や行動力を身につける機会となる。仕事時間の目安は1日1時間、限られた時間の中でどうやって成果を出すか、考えながらお仕事をしていただくことで復職後の働き方のシミュレーションができます。

と仰っていました。

今回は問題解決についてアウトプットしたいなと思ったのですが、問題解決法って会社でインシデント報告をする時もそうだったなぁと。

今回、インシデント例【赤ちゃんのオムツ漏れ】と仮定して(笑)アウトプットさせてください!


  1. 問題の本質を見極める
  2. 問題と向き合う姿勢(自立型と依存型)
  3. プラス受信

1. 問題の本質を見極める

①問題発生:問題とは期待と現実の差。期待とは違う何が起こったのか

②問題原因:何故問題が発生したか、何故を5回は繰り返し原因を追求する

③解決策:問題を個人ベースではなくチームで捉え、解決策が不満解消・不安解消・願望達成どれが適切か認識を合わせる

上記が問題解決の流れとして、例に当てはめると

① 問題発生:
◎/△ 16:00

赤ちゃんのオムツ漏れによる床汚れが発生。30分の清掃を要し、その間赤ちゃんの機嫌を損ねた。

② 思考)漏れ発生→おむつ替えをしばらくしなかった→まだ変えなくても良いと自分は思っていた→普段はお風呂の時間まで変えなくても漏れなかった→今日は何が違ったか??

問題原因:
・離乳食の量がいつもは少ないが今日は多かった  

・天気が良く外に長く出かけた

・食事の時間が12時から13時にズレた

・変える場所が見当たらなかった

 ※思い当たるもの羅列する!100個でも!

③ 3つのうちどれか。 

  1. 原状に不満。原状回復すれば解決
  2. すぐに困るわけではないが現状維持し不安を取り除くことが解決
  3. 理想、願望を達成することが解決

ここでは赤ちゃんの不満解消が解決にあたるので、早めのオムツ交換が必要

  1. 昼食後オムツ交換をする

※赤ちゃんの機嫌より床汚れが問題と捉えていたら?チームで意識を揃えるのは解決策やそのためのプロセスが変わるから
先に解決策を考えて行動してしまうと、根本が何だったのかを深く認識しないためまた同じ問題が発生してしまったり、
共有しないことで別の誰かが同じことをしてしまう、なんてことがあると思います。

問題をどこと捉えるか、問題原因に思い当たる事象は何があるか、何を取り除けば解決となるのか、しっかり把握したいです。

長くなってしまったので次回持ち越します!

次回は問題解決のプロセスは上記として、問題に対する意識をどこに持っていけばスムーズな解決に至るか?

次回もオムツ漏れをテーマに考えていきたいと思います!(笑)


問題解決に関して改めて意識改革をしようと思ったのは
育プチの勉強会のケースで、どうすれば問題解決に繋がるか、をどこまでも深掘りするから。

家庭も仕事も一緒だなと。頭を鍛え続けて復職時にもチームメンバーの悩みやプロジェクト遂行に役立てていきたいです。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/27(金)、12/7(月)、12/22(火)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

2020年11月10日勉強会開催報告

第三子育休中のちっぺです。
11/10(火)にオンラインにて育休プチMBA🄬勉強会を実施しました。
今回私は運営ボランティア司会として&復職後のトレーニングに向けて参加したのですが、とても学びが多かったのでこちらに主観も交えてご報告したいと思います。

今回のテーマは「時間制約をどう克服するかを考える
<今回の勉強会のケース>
復職して3ヶ月目の井田美咲

“育児と両立しながら働く美咲であるが、残業ができないことで徐々に社内での不協和音が発生し始める中で、急なトラブルに見舞われる。復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるためのケース。”

勉強会前日にケース内容が記載された資料がメールにて配布されます。それを拝見した私の第一印象・・

あーもう胃が痛くなる状況でしかない・・
しかも、あり得るから、なんです。これは復職して近い未来に【起こりがち】ではなく【起こりえる】ことだな、と。
資料から、私が井田さんだったら。。私が上司だったら。。後輩だったら。。関係部署であったら。。どれにしても胃が痛いぞ!
いや、胃が痛いというのは客観的&俯瞰で見られていないぞ!


問題解決の為には・・と前日から思考トレーニングをしながら、
司会進行のスクリプトを確認しなおし当日を迎えました。

当日は開始15分前からZOOMのセッションルームが解放され、この間にZOOMの動作確認をしたり、赤ちゃんのお世話をしたりして過ごします。
この日はチャットで皆あいさつをしたりと、参加意識が全体として高く、意欲的な参加者と共に学べることにとてもワクワクしました!

開始時間となり(拙い私の)司会を終えたのち、いよいよ勉強会スタートです!
今回のファシリテーターはWSI認定講師の森家先生。
優しく膨大な知識と気づきのヒントを上手に引き出してくださる先生です。
今回参加者は20名以上と大所帯だったのですがオンラインでもグループディスカッションが出来るように、ブレイクアウトルームを使って3.4名に部屋が分かれて自己紹介を行います。
私は第三子育休中、ご一緒になった方は第一子育休中・第二子育休中、住んでいる県もそれぞれにバラバラで、意見交換も話が弾みとても楽しかったです。

自己紹介後また全体に戻ってケースについて学びます。
資料から、状況についての設問が入ります。

設問→思考タイム→グループセッションで個人の意見を述べる→全体の場に戻り個人やグループの意見を述べる→それに対し講師が意見をまとめた上で深掘りの質問をし全体に考えさせる

この繰り返しを角度を変えて何度も行う。
講師がヒントを間に挟みながら考える時間も設けてくださるので、それならこう考えると良いのかな?とどんどん頭が活性化され熱くなる感じがしました。

3つの設問についての回答を出し切ったところで最後にまとめとして今回のケースでのボトルネックのありかを講師より教えて頂き勉強会は終了となりました。

勉強会後はアンケートタイム。アンケート一部を以下抜粋します。

・東京都以外の参加者が半数以上
遠方だからオンライン参加派多数ですが、近くにお住まいの方の意見では、コロナ禍であること以外に、赤ちゃんが泣いてもミュートに出来る等乳児がいても参加しやすい点と、移動距離が無い、上の子供のお迎え対応可能等オンラインだからこその利点にメリットを感じられての参加が多くいらっしゃいました。
オフラインで対面での参加を検討されている方も!
参加者の半数が初参加!
・ほとんどの参加者が仕事と育児の両立に関する情報に興味があると回答
育休プチMBA🄬ではテーマが全て復職後に起こりうる内容であり、参加者限定コミュニティもあるので、ぜひ勉強会やコミュニティを活用いただきたいです。
ブログや各SNSでも情報お届けできるよう尽力します!

=参加者voice=
・初対面の人と本音で話し合えるのか不安でしたが、全く問題なくお話できて、非常に良かったです。
・ファシリテーターの方も、声のトーンやスピードなどが温かく、安心して参加することができました。
・自分一人では時間をとって考えることがないし、ケースが具体的で実用性が高かったから。
・テーマも自身が学ぶべき議題で、ファシリテーターの回しで自分の意見も言語化出来たこと、
皆さんしっかり意見を持っていてとても勉強になった。

アンケート後は皆ランチを持ち寄って元のグループでのランチタイムと、後半30分は全く別の方とグループになるように講師がルームを分けてくださり、オンラインで時間も限られているからこそ、有意義なランチタイムを得られたと感じています。

とっても楽しかった!!これは運営メンバーだから、ではなく、一参加者としての意見です。
もっともっと私のような参加者が全国に広がって欲しい、その為にも運営として尽力しようと誓った熱いお昼でした!(勉強会は11時スタートなので!(笑))

復職に向けての勉強を考えられている方、同志が欲しい方、熱く語りたい方聞きたい方!
ぜひぜひご参加のほどお待ちしております♡

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて、復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/16(月)
※上記満員御礼完売となりました
11/27(金)、12/7(月)、12/22(火)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

リスクマネジメントとは…?

こんにちは。

運営メンバーのいえこです。

第2子育休中です。

少し前になりますが10/14に「WSIプチMBA リスクマネジメント」をオンラインで受講しました。育休プチMBA®の母体であるワークシフト研究所(以下WSI)が主催する経営学講座です(WSIプチMBAとは?)。

WSIプチMBAでは、まずテーマに関する講義があり、その後ケーススタディで理論を実践します。

今回のテーマ「リスクマネジメント」では、リスクとは何か、定義と分類、リスクをマネジメントするとはどういうことか、について基礎知識を深めた後、育休復帰後の子供発熱というケースを用いてリスクを特定しどうマネジメントできるかを話し合いました。

リスクマネジメントは実は身近で、ニュースや日々のちょっとしたことなど考える材料はたくさん転がっていること、プライベートでも役立つスキルであることを学びました。早速、我が家のリスクを書き出してみました!特に復職後はリスクだらけですね‥今からマネジメントしたいと思います。

この日のクラスはオンラインには珍しく少人数で、一人当たりの発言が多く、活発な議論や深掘りによりテーマへの理解が非常に深まりました。参加者発信の議題をみんなで掘り下げ合うのも少人数ならでは。とても有意義な時間でした。学びたい仲間に会えたのは良縁でした!

WSIプチMBAと育休プチ勉強会とで、ケーススタディのスタイルは変わらず、違いは講義の有無とテーマをより意識した取り組みとなる点かと思います(下図も参照のこと)。

育休プチ勉強会に参加してみて、もっと深く学びたい!という気持ちを持った方にぜひお勧めです!

一緒に学び、交流できることを楽しみにしております♪(チケットはこちらから)

※参考:育休プチMBA®︎とWSIプチMBAの関係

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/16(月)、11/27(金)、12/7(月)、12/22(火)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

無料体験の勉強会です。ご興味がある方は是非ご参加ください!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

お金をかけない時短家事

第二子育休中のちゃこです。

家事の時短には“食洗機” “掃除ロボ” 等の家電の話が出たりしますよね。時間をお金で買うのも手段の一つとしてあると思います!

ですが、私はケチなので「時短は気になるけど、出来ればお金は使いたくない派」です。

そんな私の時短テク(?)を紹介したいと思います。

①ご飯はワンプレートに盛り付け

…ワンプレート にする事で洗い物が少なくなる。

②リメイクレシピを取り入れる

…1日目:肉じゃが→2日目:カレー(水を足してルーを放り込むだけ)というように、リメイクレシピを取り入れると楽。

③献立は1週間分まとめて考える

…名前のない家事の代表「献立を考える」ははっきり言って面倒くさい!毎日毎日考えるのは、本当ーに大変!

なので、1日だけ頑張る日を作り、献立を考えてしまう。買い物もまとめて出来るので無駄遣いは減るし、平日の買い物時間も無くせるので、案外いい事尽くめ♪

劇的に変わる事ではないのですが、地味に楽になります。

ちょっとずつでも楽にしていくと、気持ち的にもゆとりが出てきます。

皆さんはどんな工夫をしていますか?

こんな話も共有しましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/27(金)の勉強会チケットは好評発売中!

(11/16(月)の無料勉強会は売り切れました。ありがとうございました)

12月の勉強会は割引キャンペーンを実施予定!チケット販売開始をぜひチェックしてください!!

無料体験の勉強会です。ご興味がある方は是非ご参加ください!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

通勤時間がなくなると・・・?

こんにちは!

第2子育休中のコマーです。

皆さん、通勤時間ってどのくらいかけていましたか?

育休前、私は県境を跨いで片道1時間30分かけて電車通勤していました。

朝が弱い私は、独身時代はとにかくこの通勤時間を短くするようにしていて、転勤の度に東北地方のとあるフルーツがおいしい県でも首都圏の都心部でも徒歩10分で通勤できる家を探して引っ越し、住んでいました。

が、家族ができるとそんな簡単に転勤の度に引っ越すこともできず、その長い通勤時間(私にとっては・・・)を毎日通っていました。通勤時間は読書したり、メールを処理したり、映画を観たり、時には寝たり毎日有意義に?は過ごせていたものの、子ども保育園の送迎を考えると、第一子の復職時は時短勤務の選択しかできず、通勤の楽なところに転勤できないとフルタイムに戻せない・・でもフルタイムでないと転勤しずらい・・という負のループにハマってしまっておりました。

でもこの半年で、勤務先でもすっかりリモートワークとフレックスタイムが定着したらしく、出勤は多くても週に1回のみ、それも「必要がある場合に限り」という状況だそう。

これなら、私もフルタイム勤務できるかも!と希望が持てるようになりました。

こんな風に、パソコンとネット環境さえあれば、どこにいても仕事ができ、自分の希望する働き方ができるのもコロナ禍で世の中がガラリと変わったおかげかなと思います。

そして、もう一つ。

育休プチ勉強会も、家にいながら参加することができるようになりました。

第一子育休の時は興味はありながらも「でも子連れで電車かー」と躊躇してしまいついぞ参加できずにいましたが、今はオンラインですべての勉強会に参加できるため、自分のスケジュ-ルに合わせて受講できるようになり、復職に向け希望だけでなくスキルアップによる自信もつけられました。

みなさんもぜひ一度参加してみませんか?

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/10(火)、11/16(月)、11/27(金)の勉強会チケットは好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

オンラインでの開催です!遠方の方も是非!詳しくはこちらをクリック
無料体験の勉強会です。ご興味がある方は是非ご参加ください!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「復職して3ヶ月目の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!