「#育休中」タグアーカイブ

オンラインでの学びの味方!骨伝導イヤホン

こんにちは、第二子育休中のよっしーです。

育プチ関連で運営の定例MTG、勉強会、オフ会など子連れでのZOOM参加が多くなってから気になっていた骨伝導イヤホン

管理職プログラムの受講にあたって「やっぱりほしい!」と先日ついに買ってしまったのですが、早速活躍しています!

4歳の上の子が登園自粛要請により1ヶ月間家にいたのですが、イヤホンだと子どもに話しかけられたり、きょうだいのオモチャの取り合いに気がつくのが遅れたりというのが悩みでした。が、骨伝導イヤホンを導入したのは自粛生活終盤…。もっと早く購入すれば良かった

どんな場面で活用中かというと…

●料理中の”ながら視聴”(Voicy・Podcast)

料理中、子どもたちは30分のDVDを観ているか、1人遊びしているかなので、その時間をインプット時間にできるようになりました♪ (イヤホンだと話しかけられるたびに耳からイヤホンを外すのが面倒で続かなかった)

●オンラインの会議・講座に受講するとき

育プチ運営の定例MTGパーソナルトレーニングレッスン管理職プログラム受講など

4歳と1歳が在宅する中でのzoom。初回、4歳は私の隣でパズルやお絵描きをしてましたが「映りたい!お話したい!」と騒いでしまうため、2回目以降は割り切ってDVDタイムにしてました。とはいえ、10分に1回は「ママ〜!」と呼ばれるのですが、イヤホンを外さずともすぐ子どもに対応できました。

他にも、「耳だけ参加」で大丈夫そうなイベントやセミナーでは、子どもたちを公園で遊ばせたり、散歩しながら聞いたりと工夫できるかもと思っています。

デメリットとしては、色んな方のレビューにある通り、多少の締め付け感、耳にかけるのでマスクとの併用は難しそう、周囲が騒がしいと聞こえなくなる、音漏れなどです。電車での使用や、音量の大小のある音楽には向かなそうなど、場面によって使い分けが必要なので、イヤホンを骨伝導1つで済ませるというのはちょっと難しいかもしません。

産休前に2か月間、登園自粛×在宅勤務が重なりましたが、復帰後も同じ状況が再来するかもしれないので(それもだいたい金曜に翌週の自粛要請が来る!)、突然の登園自粛対策としても良い買い物だったと思います。

スキマ時間や家事時間、子どもがいる中での学びには、骨伝導イヤホンが味方となります!

ちなみに、育休プチMBAの勉強会にはオンライン回もあります。勉強会参加者限定コミュニティのオフ会も最近ではオンライン開催がメインです♪ぜひ、参加してみてください!

今後の予定


10/12(火)、10/28(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:管理職として部下を動かす際に必要な視座やコミュニケーションスキルを考えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

夫が単身赴任中のワーママの一日

こんにちは。

第三子育休中のあいかです。

第二子出産後、夫は二年半程、大阪に単身赴任していました。私は東京に住んでいて、息子が8ヶ月の時に職場復帰したのですが、どうやってワンオペ二人育児を乗り越えたのか一日の流れ、取り入れた家電・工夫等お伝えします。当時の子どもの年齢は8ヶ月、2歳です。

まず一日の流れから。

4:00 起床、乾燥済み洗濯物畳む、食洗器を空にする、朝食作り、保育園の連絡帳記入、化粧、自分の着替え、お風呂洗う
6:00 子供たち起床、朝食、子供たちの歯磨き&着替え、食洗器に食器入れる
7:20 出発、保育園に送り届ける
8:30~16時半 勤務
17:30 お迎え
18:00 帰宅、子どもたちにおやつ与える+TVタイム、食洗器を空にする、洗濯物取り込む、夕食作り(大体冷凍食品orお惣菜)、翌日の保育園の準備
19:00 夕飯、食洗器に食器入れる
19:45 お風呂+洗濯機回す
20:30 洗濯物畳む
21:00 洗濯物干す
21:30 子どもたちと就寝

朝4時に起きていますが、21時半には子どもたちと寝ていたので、体はすっきり。子どもたちと同じタイミングで寝たかったので、朝にできることは朝に回していました。

パジャマ、下着、タオル類は畳まず、カゴにそのまま入れて、すぐ着るというのをスタンダードにし、出来る限り畳むものは減らしていました。(とにかく完璧を目指さない!)

静かに家事できるように子どもたちにはTV見せまくりでしたし、おやつも帰宅後与えていました。私の精神状態を保つためには完璧を目指さない!がモットーでした。

お金はかかりますが、生協も週二回頼み(火・金)、買い物の時間をなくしました。また、生協のミールキットや冷凍食品、お惣菜も頻繁に使って、苦手な料理は一切しませんでした。(やることは野菜ゆでる、ごはん炊くくらい)

取り入れた家電はベタですが、ルンバ、食器乾燥機、ドラム式洗濯乾燥機、ダイソンです。留守中、睡眠中に家事が終わっているというのは本当にラクでした!

もちろんワンオペはないにこしたことはありませんが、単身赴任等、やむを得ない事情でワンオペになってしまう方もいると思います。自分の中で好きな家事だけやる(私の場合は洗濯だけは毎日していました)等、優先順位を決めて、外注できることは外注して、乗り越えてくださいね。

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!
9/22(水)クロストークイベント開催決定!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2021年秋運営メンバー応募を迷っている方へ③(今後編)

こんにちは、第1子育休中のゆかです。

先日より2021年秋運営メンバー募集について、応募を迷っている方へ①<応募前編>②<やりがい編>をお届けしてきました。

本日は最終回<今後編>をお届けしたいと思います。半年の運営を経て今どんなことを考えているのかをお届けします。

1)運営の経験をどう活かすか

「復職後限られた時間の中で最大限の成果を出せるようにという姿勢で仕事に取り組みたい」や「部署横断チームに参画する際に大いに生かせる」、「自信がなくても制約があってもチャレンジしたい意思を示したい」など復職後に直接その経験を活かしたいと考えているメンバーが多かったです。また「絶対無理と思っていたチームリーダー職やその先の管理職もチャンスが来たら逃さないぞ!という心構えでコツコツと準備をしたい」という声や「成長空間に挑戦したい、学びや自己投資を続けたい」といった運営経験に触発されて今後は挑戦をしたいというメンバーもいました。

2)応募を迷っている方へのメッセージ(7人から)

・「もしも迷っている方がいたら、ぜひ挑戦することをお勧めします!!私も応募をすごく迷いましたが、応募してよかったと今は胸を張って言えます!」

・「国保さんと直接話せる貴重な機会です。小早川さん、国保さんは自分に抜けている視点を的確にアドバイスしてくださいますし、この経験を復職後活かすのが今から楽しみです!ぜひ応募してください!」

・「コロナ禍で人にも会えない、外にも出れない中での初育児。運営をしていなければ育児にも復職にもこんなに前向きな気持ちになれなかったと思います。参加経験がなくても、貢献できることはあります!少しでも迷っている方は是非応募ください」

・「迷っている間にとにかく勉強会や運営に申請してみてください!想像を越えた衝撃と共感と学びがあります。」

・「地方在住で応募を迷われている方、是非チャレンジしてみてください!運営業務はほぼ全てオンラインです。私は静岡からの参加で、他の運営メンバーと一度もリアルで会ったことはありません。しかし、本当に濃い半年間を過ごすことができました。オンライン化が進み、居住地域に関わらず機会が得られるようになってきています。やらずに後悔よりやって後悔!(後悔することはないと思いますが)」

・「応募前に勉強会やコミュニティの第一印象で勝手に敷居の高さを感じていたのですが、挑戦してみて良かったです。国保さんやメンバーのライフハックもどんどん取り入れ、Googleドライブ活用も家事家計に取り入れ、復職準備以外のところでもやってよかった!と思うことがたくさんです。是非気負いすぎず応募してみてください♪」

・「ここまで読んでくださった方、それなりに運営メンバー参画に興味をお持ちだったり、迷ってらっしゃる方なんではないかなーと思います。はい私も迷いました。迷って迷って、締め切り最終日の午前3時、夜間授乳で回らない頭ながら「ええーい!やらない後悔よりやって後悔ー!!」と応募ボタンをポチリと押したんです。今なら言えます。あの時の私よ、よくやった!!育休期間を使って、「目的達成のために、最小の労力で最大のインパクトを出すにはどうすればいいか」を常に考えるトレーニングができる場はそんなにないと思います。何より、コロナ禍で外出もままならない中、仕事や育児のことを話せる仲間と出会えたことが本当に嬉しいです。社会人になって、勤め先の人でもない、近所のママ友でもない人たちと、ここまで話せる仲になる機会ってなかなかないと思います。このメッセージが少しでも心の琴線に触れた方、ぜひご応募お待ちしています!!」

第三回にわたってお届けしてきた運営体験談、いかがだったでしょうか。

不安も多かったメンバーが6カ月を通して仲間と挑戦したり、学んだりしながら成長する姿を垣間見ていただけたかと思います。

今まさに応募を迷っている方にどうか心からのエールが届きますように。

2021年春メンバー一同、2021年秋メンバーに会えること心から楽しみにしています!

↓応募はこちらから↓

https://peatix.com/event/2608570

今後の予定


9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2021年秋運営メンバー応募を迷っている方へ②(やりがい編)

こんにちは、第1子育休中のゆかです。

先日、2021年秋運営メンバーの募集開始に伴って、応募を迷っている方へ①(応募前編)をお届けしました。

本日は第二弾の<やりがい編>です。運営を実際経験した今だから分かるやりがいやチャレンジなど7人のメンバーからお届けします。

1)一番の学びは

「限られた時間・労力で最大限の成果を出す思考」や「ロジカルシンキングやマネジメント思考」、「制約がある中での働き方」など、実際復職後に実践的に役に立つ思考やスキルが身に付いたという声が多数でした。なかには「<最高の組織>はあるものではなく、皆で作り上げるものだということ(これまで所属組織に不満があると上司のせいにして思考停止してたが、そうじゃないと気付けた。いい組織は皆で作るものだ)」との意見も。

2)チャレンジしたこと

「育プチ代表国保のトークイベント」や「コミュニティー内での質問箱や7周年企画」など新規アイデアの企画・実現をチャレンジしたこととして挙げたメンバーが多かったです。こういった新しい提案や改善も積極的に実施できることも運営の魅力です。その他「コミュニティへの発信」、「オフ会の開催」や「自分の考えや気持ちを積極的に言語化して伝えたこと」に挑戦したメンバーもいました。

3)仲間との思い出

一番多かった意見は「ミーティング後などの雑談タイムが楽しかった」との声…!そう、業務だけではなく、定例の後には国保さん交えて、便利グッズやメンバーからの相談、ちょっと深い話などメンバー同士の交流を楽しむ時間もあります。コロナ禍でミーティングは全部オンライン。実は運営メンバー一度も直接会ったことはないのですが、そんなことを感じないほど濃密な時間を過ごすことができました。また「子どもの事情で業務に当たれないときのチームの怒涛のフォローが素晴らしかった」との声も挙がっていました。

4)運営のやりがいとは

「年齢も業種も関係ないチームで業務に当たれること」や「上司・社長だったらどのように考えるか?を疑似体験できること」、また「国保さんからマネジメント思考の実践に係る直接指導をいただけること」という声が挙がりました。そして「大好きな育休プチMBAの輪を(微力ですが)広げるお手伝いができること、自分が”こうあったらもっと良いな”と思う方向へ進めることができるのが一番のやりがいです」という愛のこもった声も。

上記から分かる通り、運営経験を通して育プチの勉強会で学ぶマネジメント思考や復職準備を実践で濃密に学ぶことができたと多くのメンバーが感じています。しかも代表の国保から直接指導を受けることができるのです…!また業務に留まらず運営メンバーとたくさんの時間を過ごす中で、会社ともママ友とも違う特別な仲間ができることは運営メンバーの特権です。

次回は第三弾<今後編>をお届けします。

応募はこちらから:https://peatix.com/event/2608570

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2021年秋運営メンバー応募を迷っている方へ①(応募前編)

こんにちは、第1子育休中のゆかです。

私たち運営は半年ごとにメンバーの交代があり、先日2021年秋メンバーの募集がついに開始されました!

この半年、一言ではとても言い表せない程の経験を積ませてもらい、あの時応募して本当に良かった!と自分で自分をほめています(笑)しかし、、振り返ってみれば応募に当たっては、たくさん悩んで迷って、私に務まるんだろうか、とたくさん考えたとの声も。

そこでこれから3回にわたって、現運営メンバー7人のリアルな声をお届けしたいと思います。今まさに応募を迷っている方にどうか届きますよう!

本日は第一弾の<応募前編>です。

1)応募したときのこと(子どもの月齢、育プチとのかかわり)

応募したときの子どもの月齢は1カ月、3カ月、5カ月、6カ月(2名)、11カ月と、子どもの月齢にはメンバー間でも幅があります。

また1人目の育休での参加が2人、2人目が4人、3人目が1人と、子どもの人数も様々です。

運営に参加する前に、育プチの勉強会やオフ会、WSIの勉強会に参加したことがあったメンバーは5人、残りの2人は育プチとの最初の接点が運営への応募でした。

2)応募の動機

「仕事ではできないことや自分の力を試して挑戦したい」、「育休を楽しみたい、充実させたい」という声や、「チームでの経験を積みたい」、「濃い繋がりを期待して」、「復職の準備」のために応募したとの声があがりました。

3)応募への不安

「周りが優秀に見えて自分がついていけるか不安だった」、「育児や他のこととの両立が不安だった」という声が多数でした。でも最終的にやらなきゃ絶対後悔する!という思いで応募ボタンを押しましたという声も…!

4)応募する際に期待していたこと

「仲間との出会い」や「復職に向けたトレーニング」、経営思考を身に付けスキルアップしたい」の他にも、「国保さんに直接指導いただけること」を挙げるメンバーも。

こうして見てみると応募した時の環境や動機、考えていたことなど個々人で大きく異なります。みな最初から出来ると思って応募しているというより、不安もあったけどやってみたいと思って勇気を振り絞って応募したという方が多いかもしれません。この記事が、読んでいるあなたの背中をぐっと押してくれることを祈ります。

次回は第二弾<やりがい編>をお届けします。お楽しみにー♪

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

復職準備失敗談②病児保育、本当のハードルは?

こんにちは。第2子育休中のほんめぐです。3歳と8ヶ月の姉妹を育てています。

前回ブログでは「0歳児の平均年間病欠日数は約20日だけど、ほぼお休みしない子もいれば60日以上休む子も5人に1人くらいいる。その心算なく復職し撃沈(年間44日も休みました…)という失敗談をお送りしました。

保育園休みまくり我が子と最初の一年をどう乗り越えたか。病児保育利用のハードルについてお伝えします。

①自分の心理的ハードル
復職前に思いつく限り病児対応支援先の申込み・手配を済ませ(自治体の病児保育室、病児シッター、緊急サポートセンター、ファミサポ、ベビーシッター)、使おうと思えば使えるよう備えていました。しかし、利用にあたっての一番のネックは自分の心理的ハードルでした。病気の0歳我が子はあまりにもか弱く自分の助けを必要としているように見え、自分が看病しないと…と思い込んでいる状態でした。

心身ともに疲弊し、「もう無理」となって初めて自治体の病児保育室を頼りました。復職して半年後のことでした(遅い!)。

②身内からのプレッシャー
母世代の人にとっては病児保育やシッター利用は一般的でなく、実母や義母は病児保育利用に消極的でした。私自身、「他人に預けて働くなんて…」と思われたくない一方で、身内を頼りすぎて「仕事はほどほどにしたら」と言われたらどうしようと思う怖さもありました。
一度使ってみてプロに預ける安心感・素晴らしさを実感した私は、病児保育のメリットを積極的に伝えていきました。身内は最大のサポーター。同じ理解度に立ってもらうことが大切だと感じました。

③大変なのは自分だけ?仲間がいない孤独
平均よりずっと早いペースで休みまくる娘を見て「無理させてるのでは」「復職するの早すぎたかも」と悩みました。身近なロールモデルもなく、モヤモヤを抱えた復職3ヶ月目。育休プチMBA®︎勉強会に参加しました。ここで、葛藤もありつつ外部リソースを活用し乗り切るワーママ仲間に出会えたことで、同じように悩んでるのは自分だけじゃない!と、とても励まされました。また、勉強会参加者限定Facebookコミュニティでは様々な両立tipsが共有されており、大変参考になりました。

そんな我が子も段々丈夫になり呼び出しも年数回程度に落ち着きましたが、当時は本当に辛かった…。今考えれば助けが必要なときにプロの手を借りるのは最適解だと分かるのですが、ワーママ1年目の当時は身内の目を気にしすぎたり、自分がしなければと思い込んでいました。一度使えば大きな安心が得られるので、葛藤があっても早いうちに病児保育を試してみることをお勧めします!

多くの先輩ワーママの言う通り1年目が一番大変です。プレワーママ、ワーママ1年生の皆さん、共に乗り切りましょう!

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

育休中は自分の可能性を育むチャンス

こんにちは!第1子育休中のSallyです。

今日は、以前ご紹介した代表国保のインタビュー、日経xwoman DUAL「キャリアアップにつなげる育休の過ごし方」が同媒体のVoicyでも取り上げられましたので、ご紹介します♪

 <Voicyコンテンツ>日経クロスウーマンで自分磨き
 【キャリア】育休中は自分の可能性を育むチャンス(山田真紀子)

育休中は仕事から距離を置くことで、キャリアがストップしてしまうと考える方も多いと思いますが、過ごし方に次第では、復帰後のキャリアアップにつながる可能性があります。

代表の国保が伝えている育休をブランクにしないために意識しておきたい2つの視点は次のとおりです。
・マネジメント思考を身に着けること
・主体的に働き、双方向のヘルプをすること

また、2018年に⾏われたカナダの研究では、育休後に⼈事評価がなぜ下がるのかを調べたところ、その⼈の能⼒そのものではなく、主体
性の低さや仕事へのコミットメントが低いと思われてしまうことが、低評価につながっていることが分かったとのことです。同調査では、育休中に、復帰後を⾒据えたプログラムに参加したという情報があれば仕事への主体性や熱意があるという証明になり、評価が下がらないということもわかっているとのこと。

Voicyでお話されているアンバサダーでキャリアコンサルタントの山田真紀子さんは、2回の産休・育休を経験しているとのこと。10年前は、育休プチMBAのようなプログラムやこのようなプログラムには安易に参加できる風潮もなかったと思われる中で、大学に通ったり、講師資格を取得したり、オンラインコミュニティを作ったり、講座を開催したりするなど、与えられる側だけでなく、与える側の経験もしたことで、仕事における主体性や、仕事と家庭以外の居場所があることによるその後の支えを得られたそうです。

詳細はぜひ、Voicyのコンテンツをお聴きください♪

さて、育休プチMBAでは、2021年秋の運営メンバーを募集中です。

代表国保が伝える育休をブランクにしないために意識しておきたい思考を得る経験や、山田真紀子さんが経験されたような与える側の経験もできるように思っています。

締切は9/10(金)です。
育プチ未経験の方は、9/7(火)に勉強会枠にもまだ空きがありますので、ぜひご一緒にエントリーしてみてください。

 ・9/10(金)締切の2021秋運営メンバー申込及び詳細はこちら
 ・9/7(火)勉強会申込及び詳細はこちら

また皆さんにお会いできたり、貴重な繋がりができることを楽しみにしております♪

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

乳幼児連れの外出でスマートウォッチが便利な話

こんにちは、第2子育休中のへろりんです。

今日のテーマは「乳幼児連れの外出でスマートウォッチが便利な話」です。
結論から言うと、「スマートウォッチで乳児連れ外出での不便は解消! でも、油断ならない!」です。

何のこっちゃ、と思った方は、しばらくお付き合いいただけると嬉しいです。

元々スマートウォッチの購入に至ったきっかけは、3年ほど前、第一子がまだ乳児だった頃の買い物でした。

抱っこ紐で子どもを抱えて買い物すると、財布出すのに苦労しませんか?

あとは、交通系の電子マネーカードも。

私はめっちゃめちゃ苦労しました。

リュックは一度下さなければならないし、ショルダーバッグだと子どもを抱えているから手元が見えづらいし。
ポケットから電子マネーカードを出すのも、子どもを抱えているからか、ポケットが見えづらく、やっぱり手間取りました。

そんな時に、見てしまったのです。
スマートウォッチでぽちぽちー⇒ぴっと決済する方を。

それを見て「これだー!!」となった私は、スマートウォッチを購入。
スマートフォン(本体)程度の出費になるため、夫からは当初「え~?! いらなくない?」」と言われましたが、「抱っこ紐をつけたまま財布を出すのがどれほど面倒くさいか、身体に負担がかかっているか」を力説して「え、じゃあ買えば…」と言わしめました。

結果、私の読みは大正解。スマートウォッチであれば、抱っこ紐をつけたままでも電子マネー決済がしやすいため、日々の買い物がスムーズになったのはもちろん、電車・バスの改札も通過しやすくなりました。

しかし、第1子が抱っこ紐を卒業し、今度は第2子を抱っこ紐で抱えるようになってから困ったことが発生してしまいました。

第2子を抱っこ紐で抱えていると、スマートウォッチがちょうど手に届く位置にあることもあり、触ろうとするんです。
(そりゃまぁピカピカキラキラして気になりますよね…)
すると、気が付くと、普段スマートウォッチでは確認しないアプリが起動されていたりします

まだ、寸でのところで気づいているので大きな問題にはなっていません。
が、これ、電話やメール、SNSの返信(定型文であればスマートウォッチからでもできる)を偶然にもやってしまう可能性があるので、変なことにならないか本当にヒヤヒヤします。
(迷惑メールに返信しちゃったりとか、セールスの電話にリダイヤルとか…)

なので、今は「スマートウォッチに表示されるアプリの整理をする(いつも使うアプリだけ表示されるようにする)」「室内で抱っこするときはスマートウォッチを外す」ようにしています…。
ほんと、油断なりません…。

ついでに言うと、第1子(既に年少組)も触ろうとします…。
子どもは触りたくなるものなんでしょうか、親のスマートウォッチ。

とはいえ、抱っこ紐で子どもを抱えているときに、電子決済できるスマートウォッチはとても便利でした。
乳児連れでの買い物・移動で、バッグから財布・電子マネーを出すのが面倒だ!という方は、一考の価値ありと思います。

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!