元運営メンバーの復職・修子さん(第二子産休後復職)

みなさんこんにちは。
今日も、元運営メンバーの松岡修造こと修子さん(仮名)の復職についてご紹介します。

ikukyu1「なんか、復職して絶好調って聞いたんですけど」
ikukyu2「えへへ〜そうなんです。まあでも、今は復職直後のハネムーン時期ともいえるのでね。第一子のときよりは、ペース配分というか、なるべくsustainableなかたちで、を心がけてますのですごく冷静に楽しめてます。
もうしばらく経ってどうなっていくかが勝負だし、大切だなと。常にそこ(向こう半年くらい?)や、もう少し先(1年後くらい?)や、もっと先(5年10年先?)を見越して働いたり、仕組み作りをしておるところです。」
ikukyu1「仕組み大事ですよね!」
ikukyu2「ねー!ほんと仕組みですよねー。1人目のときはそんなことが頭になかったんだからそりゃうまくいかんかったわなぁとよーくわかります。。😅
さて、内省する癖がついているからババーッと出てきましたので箇条書きにします。
やってる仕事は産育休前と変わらないのですが、見える景色が変わりました!
  • 仕事をしているとまだまだ未熟なこともたくさん見えてくるが、育休中の学びの成果も見えるため、凹みつつも、また凸になれる。それが新たなチャレンジを生んでくれてるかも…。育休プチの運営チームで失敗しまくったので、そしてそこからたくさん学べたので、失敗をさらに恐れなくなってチームワークに頼る力?とチャレンジ精神?が増したことも特筆すべきことですね(笑)
  • とにかく相手の目線に立つこと、仕組み作り、この辺を引き続きしっかり意識しながら「地道に」(これが一番大事!!)参りたいと思いますー!
  • 夫との関係が1人目のときより良好で…!これはマネジメント思考学んだのと、ハッピー交渉トレーニング(注:今はワークシフト研究所主催で行われています)のダブルコンボ成果かなぁと感動中。とにかく何でも言い合える仲なので、ちいさなけんかは相変わらずだけど、普段のコミュニケーションがとてもスムーズに!より相手目線に立てるようになった成果かなと分析中。
  • 抱え込みがとにかく減った!特に家庭で。夫とのコミュニケーションがうまくいくからか、夫が家事育児を1人目のときよりとても自主的に、楽しそうに、すすんで!やってくれるように。これには感動しまくり。朝は100%彼が送ってくれるのでがっつり最初からフルで復帰できて、少しの残業も可能に。しかも無理なく!!(→これが大事)そのおかげさまか?仕事も結構早い段階でフルスロットルで任されるように…(笑)
  • 育休中からしっかりと上司ともコミュニケーションとっていたためか?育休前にやってた仕事+αを任せてもらえることになりました。これはとても嬉しかった。
  • 1人目のときほどは復職ハイにはなってませんが、電池切れになったらまた励ましてもらえる仲間がたくさんいる!という確信が、さらに自信とやる気を与えてくれてます。
ikukyu1育休中からしっかりと上司ともコミュニケーションとっていたっておっしゃってたけど、具体的にはどういうことをやってたんですか?修子さんの会社はみんな密に連絡とってるんですか?
ikukyu2上司にもよるけど、私は直属上司(部長)がとても若くてグロービスMBAですし(笑)、話がめちゃ通じる方なので、かなりライトにできます。うちの会社は、外資というのもあるかもだけど、風通しよいので、意欲ある感じの人は結構上司とコンタクトしてるんじゃないかな?もちろんしてない人はしてないだろうけど。
具体的には、メールをちょくちょくやりとりしたり、電話たまにしたり、面談は、上司とは子連れで二回、単身で一回、人事とは子連れランチ一回行きましたよー(*^o^*)あとは、仲良い同僚には家に来てもらったり。これは1人目からですが。

 超熱い修子さんとかんべはこの後違う方向に話が逸れてしまいましたので、
復職に関するインタビューはここまでです。
彼女は運営メンバーとして活躍しているときにもしょっちゅう「上司に言ったんです」などと
「上司」が会話の中に出てきていましたが、こういう報告のしやすい関係を普段から築いておくことも大事だな、と今回の報告を聞いて改めておもいました。
ありがとうございました!

コメントを残す