◆開催報告◆復職を意識しながら…3月育休プチMBA勉強会

運営メンバーのとらです。
3月25日(月)、桜が咲き始めたとても春らしい陽気で、気持ち良い朝でした。
「最初に来たのは8月だったな~」と自分の初参加を思い出しながら、今日で参加が最後となる寂しさを感じつつ、会場の東麻布Patiaへ!

3月最後の勉強会ということもあり、4月復職の方が大勢いらっしゃいました。
今回が初参加の方、2回目以上参加される方、みなさん「復職直前なので不安を解消したい」という気持ちは同じです。

最初にグループで自己紹介です。
直前にファシリテーターから「目的意識を持ってもってもらいたい」というリクエストもあり「参加動機は何か?」を
自己紹介に加えました。さすがのファシリテーター!明確な参加意識を持つことが大切ですね。

そんなファシリテーターより
「正解は一つではありません。皆さんの考えが正解です。沢山発言してください!」
というアナウンスからいよいよ勉強会が始まります。

勉強会開始!言語化にも慣れてきた

今回のテーマは「時間制約をどう克服するか考える」
時間制約があっても産休前と同じように成果をあげられる働き方をしたい!と万全に準備をして復職した井田美咲が主人公。
しかし、復職して3ヶ月目を過ぎてからコミュニケーションがうまく取れず雲行きが変わり始めた・・というケースです。

育休プチMBA勉強会はファシリテーターから議題を与えられ、それを考え、参加者同士でディスカッションしながら、自分なりの答えを見つけて行く方式です。

まずは、個人でじっくりケースを読み込み、付箋を使って考えを言語化します。
私は勉強会の参加が4回目なのですが、最初は付箋を使っての言語化がとても苦手でした。
今回、久しぶりに実践すると、付箋を使うのがスムーズになり、勉強会を通じて言語化のトレーニングが身についたなと実感しました!

参加者全員でつくる勉強会

個人で考えた後は、グループで考えを発表します。
最後は全体で個人の意見・グループで出た意見から「なぜそう思う?」「そうなったのはどうして?」と思考を深堀していきます。
私は勢いよく手を挙げたものの、途中で何を考えたのかわからなくなり、、、まさかの頭が真っ白!!
どうしようと慌てていたら、ファシリテーターの方が「よくありますよね!大丈夫ですよ!では皆さんで一緒に整理していきましょうか!」と優しくフォローしてくださいました(泣)

ディスカッションをしていく中で、ケースの文面からはここが読み取れなかった、という声もちらほら。
読む人により、受け止め方が違うということ、1人の意見が周りの方の気づきや学びに繋がるのだと、とても実感できます。

しかし、赤ちゃんを抱っこしながらケースを読むのは本当に大変!
3月となると、赤ちゃんの月齢も上がり、あちこちお散歩に行ってしまう我が子を追いかけるママさん。
「僕もこう思うの!」と言わんばかりに大声を上げる我が子・・・。
立ちながらケースを読み、もはや修行?のように思考を整理しながらも、皆さんの意見は本当に気づきや学びが多いと思えた勉強会でした。

ランチ交流会で絆を強める

頭も体も声も?使って勉強会を終えた後は、お待ちかねランチ交流会

雑談ネタはやはり「4月からやっていけるかな?」という復職不安でした。
「家事の分担は?」「フルタイム?時短?」「面談しました?」と気持ちはみんな同じです。

このランチタイムで悩みを共有することで、自分一人ではないということ、仲間を見つけられるのも育休プチMBA勉強会の魅力です。
復職への不安はつきませんが、同じ仲間がいるぞ!4月からがんばろう!と思えた1日でした。


秋の運営メンバーはこの3月を以て、運営チームを卒業します。
至らぬ点もあったと思いますが、沢山の方にご参加いただき、運営チーム一同感謝申し上げます。

現在、春の運営メンバーを募集中です。

初対面の人と、勉強会の運営をするということに最初はちゃんとできるだろうか?と不安もありましたが、
コミュニケーションの取り方、運営を回すという経験、チームで働くということ、すべてにおいて学びでした。
何より、一緒に運営をしたメンバーに出会えたことは宝物になりました。

運営に興味ある方は、ぜひご応募ください!(4/8締切)
https://ikukyuunei2019s.peatix.com/view


次回の勉強会は4月24日(水) 「組織における自分の役割を考える」です。
お蔭様でチケットは完売いたしました。キャンセルが出た場合は再販を予定していますのでFacebookをチェックしてみてください。

5月以降の開催日程は当ホームページSCHEDULEでご確認いただけます。
こちらのチケット発売情報も、Facebookで随時お知らせしてまいります。