【子連れハワイvol2〜機内と現地でのtips〜】

ふたり子連れ(3歳半と9ヶ月)でハワイ旅行、vol1の出発前の準備に続き、今回は機内での様子や現地で便利だったことなどを紹介します。

<飛行機と睡眠>

行きは夜便だったので、離陸後すぐに2人とも就寝。とはいえ到着は日本時間でいうと午前3時〜4時の時間帯で、寝不足気味で起こされてその日はテンション高くなりつつも、やはり限界がきてお昼寝、、、夜はなかなか寝られず翌朝はなかなか起きられず、の時差ボケでしたが、徐々に生活にも慣れました。帰りは日中の便だったため、下の子がバシネットにおとなしく入っていたのは1時間弱。おとなしく抱っこされてる月齢でもなく、動き回りたい元気な赤ちゃんを夫と交代しながら相手をしましたが、1番疲れたかも。上の子はスクリーンに夢中で機内食も楽めたようで、成長を感じました。

<湯船なし、固定シャワー対策>

予約したホテル、部屋によってはハンドシャワーがありそうだったのですが固定シャワーの可能性を大いに感じたため、折りたたみバケツを購入。これが本当に重宝しました。海から帰ってきてお湯をためて足を洗う、水着を洗う(洗面シンクがおしゃれで浅くて水があまりためられない)、シャワー浴びる際にお湯をためてそこから砂遊び用の小さいバケツでお湯を組んでかけ湯する、など。下の子はバケツ1杯のお湯でシャワーが済ませられました。

<離乳食>

パウチの食事を日本から持ち込みました。スーパーに行けばアメリカの離乳食がたくさん並んでいてそれを選ぶのもまた楽しくて、フルーツペーストやシリアルを購入しましたが、ご飯やうどんなど主食となるものは見当たりませんでした(アメリカの赤ちゃんは何を食べるんだろうという疑問が)。持ち込んだパウチの離乳食を、100均で購入したちょっとおしゃれな紙コップに入れて、小さいプラスチックスプーンで食べて全て捨てて帰りました。カットフルーツなども買ってみんなで食べました。

<ベビーカー>

カードラウンジでベビーカーが無料で最長1週間レンタルできると知り、到着してすぐにラウンジへ。飲み物をもらえたり、授乳・オムツ替えができたり、クーポン付きのフリーペーパーをもらえたり、滞在の初日に行って作戦を考える場所としても活用できそう。肝心なベビーカーは全て出払っていて借りることができませんでしたが、ラッキーなことに別の場所のラウンジに行ったら借りることができました。