オンライン保護者会活動

運営メンバーのりくです。

第2子育休中です。

先日保育園の保護者会定期総会がありました。

私は昨年度の役員で、2月頃から総会実施の準備をしていました。

例年保育園の教室を借りて対面で行うのですが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、実施日の一週間前にオンライン実施に切り替えることを決めました。

実は3月に育休プチ勉強会のオンラインクラスに2度参加していて、オンライン開催準備や当日の流れのイメージができていたため、役員メンバーに提案してみたのです。

総会をオンラインで実施するのは初めてだったため、テスト接続を行い実際に体験しながら操作や当日の流れを簡単に確認し、開催できそうとの感触を得ました。

そこから一週間で以下準備。

 •保護者への案内(開催方法変更、接続•操作方法案内)

 •園とのやり取り(新入園児世帯への通知)

 •トラブル対応用SNSグループの作成

 •当日の進行台本作成

準備にあたっては、育休中以外の役員メンバーとは日中はあまりやり取りができません。そのため、タスク表を作成しやること、期日、担当を明確にしました。

タスク担当は、総会当日までの準備は主に産育休中のメンバーが担い、仕事のあるメンバーは当日の役割を中心に担当してもらいました。

また総会当日の進行がスムーズにいくように、事前に資料を読んでもらう、質問・疑問点を出してもらうなど、出席者にも協力を仰ぎました。

これらを全てオンラインで対応。

……まるで在宅勤務のよう(笑)

オンライン総会は初めての試みでしたが、役員メンバー、出席者、園のご理解・ご協力のお陰で、無事開催、終了することができました!

出席者や園からは「オンラインでできるなんてすごいね!」「面白いね!」とポジティブな反応を頂きました。

今回の経験を通じて、時間制約のある中で成果を出すために以下の ことが大事だと改めて認識しました。

・これまでの経験を最大限活かす

・やること、期日、担当を明確にする

・事前準備をしっかり行う

・動ける人が率先して協力する

・時間制約のある人も感謝を忘れず、できることを行う

準備は大変でしたが、復職後にも役に立つ経験になりました。

**********************************

育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。 

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

勉強会は、お陰さまで好評を頂いております!

4/24(金) 【オンライン開催・代表/国保祥子登壇】

テーマ「クリティカルに考える」

(『育児に理解のない上司と山田優美』というケースを使用)

# 初めてのオンライン体験にもうってつけ。在宅勤務を見据えてオンライン会議の疑似体験をしてみよう!

# 妊婦の方も大歓迎!交流会で先輩ママから疑問質問のアドバイスを貰うこともできます。

# 自宅保育でなかなか人と交流できない今、オンラインでおしゃべりしてリフレッシュしよう!

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】