イライラをうまくコントロールする

第二子育休中のみきです。

みなさん、仕事や子育てからくる”イライラ”をどのようにコントロールしていますか?

独身時代の私は、ストレスがたまると、「レイトショーでも観て帰ろう!」とか「気になっていた本を買い込んで週末は読み漁る!」といった趣味に没頭する時間を意識的に作ったり、「このプロジェクトが終わったら、一人弾丸旅行だ!」と気晴らしを兼ねてフットワーク軽く過ごしていました。

子供がうまれると、なかなか「自分一人でフットワーク軽く…」とはいきません。

平日は保育園のお迎え時間を常に気にしつつ仕事をこなし、帰宅後は分刻みで家事を片付け、週末は子供の習い事や「子供と」一緒に楽しめるアクティビティで過ごす日々。

もちろん、家族と過ごす時間はとても幸せです。

けれど、イライラしたりモヤモヤしたりとストレスを感じたとき、いつしか「子育て中なのだから仕方ない」と自分の心に蓋をする癖がついていることに気づきました。

そんな時、作ったのがコーピングリスト(Coping list)。

コーピングとは、問題に対処する、切り抜けるという意味のCopeに由来する言葉で、コーピングリストとは、イライラや不快な感情を軽減するための気晴らしを予めリストアップしたもののことです。

時間とお金がかかるものだけではなく、些細なことであっても、なるべく数多くリストアップするとよい、とのこと。

私は朝起きてから寝るまでの時間、隙間時間で何が出来そうか考えながらリストを作りました。とっておきの気晴らし、すぐできる気晴らし…など難易度別に作るのも良いそうです。

私のリストには、「(ちょっと高い)アイスを食べる」、「強炭酸水を飲む」、「お気に入りのハンドクリームを塗る」、「空を眺める」、「背伸びする」、「お花を買って帰る」、「子供が書いてくれた手紙を読む」、「1分間ぼーっとする」…などなど並んでします。

第一子の復職後は、カッとなった時など、ふとこのリストのことを思い出しては気晴らしを試みていました。

第二子育休中の今、復職準備を兼ね、何か追加できないか久しぶりにリストを見直そう、と思っています!

****************

育休プチMBA勉強会は、「経営学×復職後の壁」 

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

7/13(月)勉強会チケットの販売がスタートしました!

今回のテーマは「組織における自分の役割を考える」

復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます!

妊婦の方も大歓迎!

交流会で先輩ママから疑問質問のアドバイスを貰うこともできます。

ご参加お待ちしています!

♦︎今後の予定

7/13(月)『退職を考える時短勤務の仁美』

8/4(火) 『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』

9/8(火) 『岡村課長と定時後のクレーム』

※開催予定は変更になる可能性がございます。

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter】

※始めました! フォローお願いします♪