年相応のお手伝い

第二子育休中のみきです。

長男が3歳児クラスに進級した時、保育園の親子面談で、「登園のお支度は、どなたがしていますか?」と聞かれました。

不意の質問に、意図が読み取れず、「私ですが、何か不備でもありましたか?」と思わず質問したところ、「そろそろ園では、自分のことは自分でやれるようになることを目指します」との回答。

「身の回りのことは、一通り自分でできる子に育てたい」と思っていたものの、”早生まれの年少さん”ということもあり、まだまだ手取り足取りサポートが必要と思い込んでいたので、ハッとしたのを覚えています。

その時以来、我が家では、息子にも「役割」を決め、積極的にお手伝いをお願いすることにしました。

まずは食事の際の食器の配膳。次にお花の水やり、そして保育園の支度。

つかまり立ちを始めてからは、片付けが大変だから…危ないから…と、あらゆるものを高い場所にしまっていたのですが、息子の身支度用品は棚の下の方に固めて置く、お手伝いに必要なものは手の届く場所に移動しました。

環境が整えば、あとは何度も繰り返し練習をして、ルーチン化を図ります。

保育園から帰宅したら、手を洗い、汚れた洋服は洗濯籠に入れ、コップは洗って拭いて袋に戻す。着替えにタオルを準備してリュックに詰める…

箸の向きやカトラリーの並べ方は、時間はかかったものの、いつの間にかマスターしました。

「これは自分の仕事!」と分かると俄然やる気に火がつき、今では、私が手出しをすると怒るまでになりました。

最近では、妹のお世話(洋服を出したり、おむつを捨てたり…)も自分で出来ることを見つけては、率先して手伝ってくれます。

もちろん、親の私がやってしまう方が早いし、気を揉むこともないのは事実ですが、日々の子供の成長を実感するきっかけにもなるし、沢山ほめるチャンスにもなる、ちょっとした家事のお手伝い。

「まだ早いかな?」といった年齢でもはじめてみる!おすすめです。

*********************

育休プチMBA勉強会は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

7/13(月)、8/4(火)の勉強会チケットの販売がスタートしました!

復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

妊婦の方も大歓迎!

交流会で先輩ママから疑問質問のアドバイスを貰うこともできます。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに

◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために

◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

7/13(月) テーマ「組織における自分の役割を考える」

8/4(火)  テーマ「人を動かすコミュニケーション」

9/8(火)  テーマ「長時間労働の改善策を考える」

※開始予定は変更になる可能性がございます。

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter※始めました! フォローお願いします♪