忙しい育児中に学ぶおしゃれは立派な復職準備

第一子育休中の運営メンバーのいちこです。

「私でも育児をしながらのおしゃれはできると知った」ー。

「育児中」&「おしゃれ」ーこの2つの言葉は少し前までの私では成り立たないと思っていました。これができるのは、周りのサポート体制が整い、時間にもお金にも余裕がある限られたママが叶うことであって、実家が遠方・夫の帰りが毎日遅い・美容系サロンは高い!…そんな状況の私には、おしゃれをする余力がないと思っていました。

 それが、ちょっとしたコツや工夫をすると、「これならできる!」と気がつき、ちょっと楽しくなりましたので、ご紹介します。

1【忙しい、どうせ汚れる…だからこそ育休中におしゃれを学ぶ】

 皆さんの職場の服装はどんなものですか?私は、「オフィスカジュアル」です。個人的にこれが一番困る部類だと思っています。(制服かGパン、スニーカーOKレベルのカジュアルがいいなぁ…)

 私が考えるおしゃれができない三大要因「忙しい」「汚れる」「めんどくさい」。逆を考えれば、これさえコンプリートし、自分のスタイルを育休中に確立してしまえば、復職後の壮絶な朝の準備が「ラク」になると思いました。

三大要因を解決するキーワードーは「なりたい雰囲気」「手間を省く」

おしゃれと聞くと、洗濯しにくい洋服、アクセサリー、育児に向かないアイテムを思い浮かべます。しかし、おしゃれの雰囲気を作るには、いくつもの要素から作られることに気がつきました。

何を身に着けるではなく、どんな雰囲気、どういった姿でありたいかを考えることで、おしゃれに一歩近づけそうです。

現在、「なりたい雰囲気」と「手間を省く」この2つを意識して、改善中です!

2【私が取り組んでいること】

(なりたい雰囲気)
①公園や街中で「あのママすてき!」と思ったら、観察してみる
②インスタを拝見(キラキラしてる世界なので、主に①、たまに②です)

手間を省く)
①シワになりにくい、手入れしやすい素材の服を選ぶ 
(ポリエステル。逆に綿100%はシワになりやすい。乾燥機OKな素材がラクです)

②靴:白いスニーカーと黒いスニーカー
(白:酸素系漂白で全部つけ置きできる 黒:汚れが目立ちにくい そして、オールシーズン使え、いろんな服と合わせやすい。通勤時も。出社後に履き替え)

③眉毛:外出自粛期間中に増やして、形変えました。

④スキンケア:化粧の手間を省ける肌への改善チャレンジ(子どもも使えるオイルで、息子のスキンケアしてながら一緒に保湿。)

⑤洋服:(足りないアイテムだけ決めて買う。SALEで不要なものは買わない)

⑥髪型 :外出時は帽子で雰囲気出す(つい最近、公園のママを参考にベージュのキャップを購入。使い勝手よく気に入ってます)、整髪料でアホ毛を押さえる、毛先にパーマをかける予定(一つ縛りでも雰囲気を出せる。)

脱干物女ーーーーーーーー!!!!!(外出時の)

TPOなので、もちろん「子どもと公園で遊ぶ」と「出社時」の服装は違いますが、髪型やメイクは復職後も同じように使用できます。
(血色、髪型、ピアス(イヤリング)顔を華やかにするとガラリと雰囲気変わります。)

 おしゃれは人を変えてくれます。ー 
仕事でここぞと気合を入れる時、気分が落ちてしまった時、きっとおしゃれをすることで、気持ちに変化を持たせることができると思います。

 育児を理由におしゃれをあきらめず、育児をしながらでも無理なくできるスタイルを見つけていくことで、日々の生活が今よりもう少し楽しくなるかもしれません。

そして、勉強会で出会う仲間と情報交換することで、悩みを解決するヒントも見つかるかもしれません。