断乳に挑戦中です ー執着が強い我が息子ー

第一子育休中の運営メンバーのいちこです。
現在、1歳2ヶ月になる息子の断乳に挑戦しています。

▶︎断乳をしようと思った理由
・日中ところ構わず服をめくりあげるのが困る
・夜中に2時間置きにおっぱいを欲しがり、寝不足
・食事中にも欲しがり、食べるのにムラがある

1歳を迎える前に、断乳に挑戦したことがあったのですが、あげないとずっと泣き続けたことと、周りの友人が1歳になれば、あっさり子どもから卒乳していくという話を聞き、当時は1歳になれば、楽に断乳できるだろうと思い、初めての断乳は私がすぐに諦めてしまいました。

ところが、1歳を超えてから、日に日におっぱいへの執着心が強くなり、このままではまずいと断乳に向けて取組みを開始しました。

どれだけの執着心かといいますとー…

・座った途端に、服めくりあげる。
・おっぱいをあげないと泣き続ける(最長2時間半)
・夜中、寝ているベットの上に這い上がり、服めくり
 あげる。
・うつ伏せで、パイを隠せば馬乗りになって、
 髪を鷲掴み、背中に噛みつく。

シャツを引っ張られ、2枚ダメにされました。下着の肩紐も切られました。笑

▶︎取組みスケジュール
我が家は授乳回数を徐々に減らしていく方式で取り組んでいます。
 1〜3日目:日中1回、寝かしつけ1回、夜間はなし
 4〜7日目:日中なし、寝かしつけなし、夜間1回

しばらくは、1日1回生活を続けて様子を見ることにしています。

▶︎取組んだこと
・日中はとことん外で遊ぶ(最低でも2時間)
・牛乳を飲ませる
・おやつを作ってあげる

四六時中、おっぱいを欲しがった息子ですが、1週間で1日1回までに減らすことができました。ただ、特に最初の三日間は本当に戦いでした。腹をくくって取り組みました。親が腹を括らず、その時々に授乳してしまうと、子どもが混乱してしまうようです。

▶︎取組みの成果
・夜間に起きる回数が減った(3〜4回→1〜2回)
・おっぱいへの諦める時間が短くなった(30分以内には諦める)
・食事をしっかり食べるようになった

「断乳」って親が頑張った感になってしまったのですが、息子の方こそ頑張ってるんだよなと思いました。そう思うと息子に対して「ありがとう」という気持ちになりました

1日1回となった授乳は、大切なコミュニケーションの一つです。

焦らず、1ヶ月後を目処に断乳できるよう親子で頑張ろうと思います。

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

★ただいま2020年度 秋運営メンバー募集中★

活動を通じて多くの気づき、学び、そして素晴らしい仲間が得られます⭐︎
“子どもを持ちながら働く”が当たり前になる社会の実現に向けて、一緒に活動しませんか?
応募はこちらから♪

9/8(火)&9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

妊婦の方も大歓迎!
交流会で先輩ママから疑問質問のアドバイスを貰うこともできます。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter※始めました! フォローお願いします♪