上の子ケア

第二子育休中のみきです。

ここ1週間、保育園の朝のお見送りで号泣され、朝からエネルギーを消耗しています…。

下の子の慣らし保育の話ではありません。

登園を拒否しているのは、上の子(年中・4歳男児)です。

赤ちゃんの頃から、人見知りは殆どなく、これまで朝の登園時に困ったことはありません。

妹がうまれてからも、登園自粛生活終了後も、保育園生活を満喫している様子。

最近も、帰宅後は、笑顔で園での楽しかったことを話してくれたり、お製作を披露してくれたり、特に変わった様子はありません。

睡眠も普段と変わらず、朝ごはんもたっぷり食べ、体調万全、熱もなし!

それなのに突然、保育園の玄関を通った瞬間、「保育園イヤだ」と言って、教室に入ろうとしなくなりました。

私が建物内に入り、中から「おいで~、一緒に行こう!」と誘っても、「いやだ!」と言って、玄関脇のスロープの下で座り込み、動こうとしません…。

保育園の先生が、「教室で待ってるよ~!」と声をかけてくれても、同級生のお友達が「おいでよ~、あそぼう!」と手招きしてくれても、「いやだ、行きたくない!」と頑なに拒む息子…。

無理やりは良くないし、抱きかかえるにしても、下の子も抱えているし、力も体重もそれなりにあるのでムリ。

やはり、何か嫌なことでもあったのかと心配になり、尋ねてみるも返事はなし  。

「今日は何をしてあそぶのかな~」「お給食やおやつは何かな~」「みんなでお歌うたおう!」と”園生活の楽しみ”で気をひいてみたり、「お迎えくるよ~」「お家に帰ってお洗濯してお掃除しなきゃ!行ってらっしゃい!」と笑顔で説得を試みるも、「絶対イヤ。保育園じゃなくて、お家でママと一緒にいたい」というのみ。

最終的には、見かねた担任の先生に抱えられていくことに…。

降園時、「とても楽しそうに過ごしているので、心配ないですよ」と日中の様子を聞いたものの、翌朝には、また園の玄関脇で登園拒否。

やはり、笑顔で送り出せない日は、何をしていても息子のことが気になって仕方がない…。

1人で悩んでいても仕方がないので、家族に相談したり、友人にアドバイスをもらうことにしました。

・おしゃべり上手な4歳とはいえ、色々思いがあるだろうし、うまく気持ちの表現ができないのでは?

・成長したといっても、やっぱりまだまだ甘えたい年ごろ。親が家にいることを知っている分、より甘えたいのかも

・時間が解決する問題

・保育士さんに全面的にお任せするのも一つの手段!

・ママがあと数か月で復職することを知っているから、一緒にいる時間を増やしたい気持ちがあるのかも

どのコメントもその通りだな、と感じました。

第二子を妊娠してからよく耳にするのが「上の子のケア」

自分なりに、息子と2人の時間を確保したり、可能な限り下の子のお世話は夫に任せるようにしていたものの、「不十分だったのかな」と反省しつつ、改めて上の子と過ごす時間を大切にしよう、と思いました。

第一子の子育てでは、1人目なりの悩みがあり、2人/3人…の子育てでは赤ちゃん返りやケアなど、その時々の悩みがありますよね

育休プチMBAは、妊娠中や子育て中のワーキングペアレンツが集うコミュニティです。
楽しいことも、悩みも、一人で抱えずシェアしませんか?

勉強会のチケット、好評発売中☆
ご参加お待ちしています!

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter