多様化する働き方

第二子育休中のちゃこです。

テレワークの普及、週休三日制等、世の中の働き方はより多様化しています。

私の会社でも短時間勤務者や「子供のお迎え」で16時退社をする男性社員が増えています。ここ10年で大きく環境が変わったように感じています。

元々風通しの良い社風ではありましたが、企業が環境を変えていくことは中々難しい事だと思います。

何故、変えていくことが出来たのか私なりに考察してみました。

■考察■

①管理職が率先して雰囲気を変えている

→社内で共有しているスケジュールに、「子供の運動会振休の為、年休」「次男発熱の為、早退」「【年休】結婚記念日10年目!」等と登録しています。

管理職が積極的な雰囲気作りを行う事で、職場でも年休取得、融通のきく雰囲気になっており、若手社員でも「歯医者の為、帰宅」「定時ダッシュ死守!」とスケジュール登録しています。

②多様化する働き方の研修

→年に一度は全社員に向けて、様々なバックグラウンドを持ちながら働く人がおり、各々が理解・尊重しながら働くような仕組みを作れるよう研修を行っています。そこでは、思った事・改善すべき事 等を議論します。それを毎年繰り返すことで、社内での認容もあがっているのだと考えます。

我が家でも子供が体調を崩した際は「母親だけが看病する」のではなく、

   午前中→私:出勤  夫:看病

   午後    →私:看病  夫:出勤

としています。

子供が体調を崩す=母親が休むというのではなく、お互いでフォローしながら対応しています。

職種、会社によって異なる事だと思いますが、育休取得者だけではなく、様々な人が働きやすい環境作りをしていきたいですね。お互いを尊重し合える働き方が理想です。

皆さんは、どのような取り組みをしていますか?そのような共有も一緒にしてみませんか?


育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/10㈫、11/16(月)、11/27(金)の勉強会チケットは好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

オンラインでの開催です!遠方の方も是非!詳しくはこちらをクリック
無料体験の勉強会です。ご興味がある方は是非ご参加ください!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「復職して3ヶ月目の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!