自治体広報誌の情報は侮れない

こんにちは! 第2子育休中のへろりんです。

今回は、「自治体広報誌の情報は侮れない」をテーマに綴りたいと思います。

コロナ禍で、お出かけもままならない日々が続きますね。第1子の時は、近所の児童館や図書館に頻繁に出かけるようにして、同じような子どもを持つ親御さんたちと交流したり、地域の情報を交換したりしていたのですが、今はすっかり足が遠のいてしまっています。「〇〇でイベントがあるよ」「△△に保育園が新設されるみたい」。第1子の時は、口コミでこんな情報を得ていたのですが、今はそれが皆無です。

せめて、地域情報のとっかかりを得られないか…そう考えたときに頭に浮かんだのが「自治体広報誌」です。

結婚を機に今の地域に移り住んで5年以上、実はまともに読んだことはありませんでした(自治体職員の方ごめんなさい)。そもそも、どうやって手に入れたらよいのかがわからない!…というわけで、まずはスマホをポチポチして「〇〇(住んでいる自治体) 広報誌」で検索すると、非常にわかりやすいページ(自治体公式)が一番にヒットしました。ホームページに広報誌のPDF、テキスト版が掲載されているのはもちろん、なんと紙の配布場所の案内まであるではありませんか。

見ると、自治体広報誌は、自治体の公共施設はもちろん、自治体内の鉄道駅の配布スタンド、スーパーやコンビニの店舗、信用金庫、新聞販売店、公衆浴場、病院などなど、結構な場所で配布されているのです。

駅やスーパーは普段利用しているにもかかわらず、目に入っていなかったのですね…。私が住んでいる自治体では、2色刷りの4ページが月2回以上出されていました。結構な頻度です。そして、読めばちゃんと載っているんです。自治体内の施設情報にイベント開催案内・募集!(当たり前)

お恥ずかしい話、私は、自治体広報誌を読んで初めて存在を認知した公共施設もいくつかあります。子供向けの面白そうなイベントも多く、こんなに様々な機会や情報が行政から提供されていたのかと驚きました。まさに侮りがたし自治体広報誌…。その他にも、子育て中世帯が欲しい情報として、

・保育園(4月入園)申し込み案内

・保育園整備状況

・公立小/中学校の学校公開日

・学童保育の申し込み案内

・区内小・中学校の合併計画状況

・各種奨学金/子どもの養育にあたっての金銭的な減免・補助制度の案内

なども掲載されていました。凄い情報量。今までしっかり読んでなくてごめんよ自治体広報誌。最新の情報はホームページや公式SNS等の確認が必要になりますが、自治体広報誌は「実は知りたかった地域情報/地域の子育て情報」にリーチできるツールなのだなぁと感じています。

地域情報の口コミが手に入りにくい今だからこそ、住んでいる自治体の広報誌に目を通してみてはいかがでしょうか。

↓↓参加希望の方は下のリンク等からpeatix経由でお申込みください。
  初回参加者には割引もあります♪

今後の予定

6/8(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができ
ないことで徐々に社内での不協和音が発生し始める中、急なトラブルに見舞われたときあなたは?復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策は‥?詳しくはこちらをクリック!

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

コメントを残す