育休プチMBA代表国保祥子のnote

こんにちは。

第一子育休中のゆかです。

皆さん、連休はいかがお過ごしですか?

外は真夏日、緊急事態宣言やオリンピック・パラリンピックもあって屋内で過ごされる方も多いのではないでしょうか。我が家も例に漏れず自宅で過ごすので、夫婦交代で子どもと遊びながら、学びの時間も持つ予定にしています。

 そんな連休中の読み物にぜひおススメしたいのが、この代表国保のnoteです。2016年から始まり仕事や育児、時短レシピなどたくさんの記事が掲載されています。中でも、私が特におすすめしたいのが「育休プチMBAと、働きながらの育児について」というマガジンに分類されているブログたち。

https://note.com/akiko_kokubo/m/m55972ea80f5b

「もしベビ」シリーズのブログは働きながら育児をする私たちのために書かれたようなもの。育児を経営学の視点から切り取る言葉に何度もハッとさせられます。今日は「もしベビ」シリーズの①の冒頭部分を少しご紹介します。

========

経営学の知識は仕事と育児の両立にもめっちゃ使える!と感じています。経営学の修士号(MBA)と博士号(Ph.d.)を持って1歳児を育てているフルタイムワーキングマザーなのですが、専門知識に助けられることがしょっちゅうです。というか、知識なかったらテンパった生活を送っていたこと間違いなしです。でもそういう話をしてもあんまりピンと思ってもらえないので、具体的な思考回路を言語化してみようと思います。

========

上記以外にも、6回にわたる育休プチMBA始まりのお話も掲載されています。7周年を迎えたプチMBAの始まりが詰まった物語是非目を通してみてください。

連休明けには、ワークシフト研究所の女性管理職プログラムの無料説明会が開催されます。経営学の知識を効率よく吸収して、仕事のみならず育児にも活かす学びの機会に参加してみませんか?

今後の予定

8/26(木)勉強会チケットを販売中!
\8/26(木)はジャーナリストとして著名な白川桃子先生が初登壇!/

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!