1歳児と過ごす夏の遊び場

第1子育休中のSallyです。

みなさんは、自粛期間中の夏、どのように過ごされていますか。

思い返せば、1年前は、コロナ禍等により初めての育児が突如として最初からワンオペになってしまい、ほとんど授乳とオムツ替えに追われ、梅雨も長く、気温35度以上の猛暑日も連日で、全然外には出られなくて、鬱々としていました。

でも、1歳になって、沢山歩くようになると娘も体力がついて、1日に1回は外に出て、色んなものを観察したり、体を動かしたりしないと、家の中だけでは退屈でグズるので、今はコロナ対策しつつ暑くても雨が降ってもほぼ毎日外に出るようになりました。

今回は、私の娘が外で過ごしている場所について、ご紹介します。

1 木陰がたくさんある公園
真夏でも案外木陰は涼しくて耐えられます!
ぜひ虫よけシールなどで対策しながら、訪れてみてください。最近は、お砂場遊びも出来るようになったので、常に追いかけ回さずに済むようになり、少しだけ座ってほっとする時間ができました。

2 子育て支援センター
コロナ感染防止対策のために入場制限や整理券配布となっているところも多いと思いますが、入れた日は広場や室内遊具で遊びながら、短い時間でも他のママや保育士さんとお話しできるので、とても助かります。私が住んでいるエリアでは、自治体運営施設の方は2時間前に並ばないと入れないことが多くハードルが高い一方で、私立保育園の一部を使って運営されている場所の方は並ばずに入れる穴場だったことに最近気が付いたりしていますので、みなさんもぜひ漏れがないか色んな施設をチェックしてみてください♪

3 公民館
ちょっとした広場はコロナ対策で閉鎖されているところが多いですが、ショッピングモール以外に立ち寄る施設のひとつとしてときどき訪れています。乳幼児サークルのお知らせなどもとても参考になります。

4 自宅プール(もしくはお風呂)
室内遊びと違って、水遊びは気分も変わるし、体力も使うので、十分にリフレッシュできているようです。ぜひ、お風呂用のおもちゃもいくつか用意してみてください。

5 朝と夕方の河川敷公園
とても広くてゆったりしてので、思う存分に歩かせることができます。
大好きな動物(お散歩中のわんちゃん、ハトやスズメ)にも頻繁に出会えます。
また、歩けるようになって少ししてから、お気に入りになっている階段も複数あり、ゆったり利用できるので、最近は重宝しています。
日差しが強い日は、夕方がおススメです。

コロナで行けるところが減っている中ですが、いかがでしたでしょうか。
ぜひ、みなさんの過ごし方も教えてください♪

今後の予定


8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/※残席僅かです。

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!