運営活動体験談②

こんにちは!
本日も、昨日から始めた育プチ運営メンバーによる運営活動振り返りをお送りします♪

Q1 運営メンバー活動を通して
 ①学んだこと、得たこと
 ②現メンバーと活動した感想
 ③運営参加のオススメポイント

Q2 次期運営メンバーへのメッセージ

A3
ハンドルネーム:ちゃこ
Q1運営メンバー活動を通して
①学んだこと、得たこと
私が一番に収穫として大きかったと考えていることは、各メンバー”初めまして”の状態かつ制約人材だけのチームでパフォーマンスを発揮するための組織運営についてです。ワーキングシェア、個人の強みを生かした役割分担など、限られた期間で力を発揮していく工夫をチームとして考えていけたことは、今後仕事を行っていく上でとても役立つことだと思っています。

②現メンバーと活動した感想
とても多くの刺激をいただきました。他業種の方の仕事スタイルや知識は参考になることもあり、たくさん学ばせていただいたと思います。また、時には雑談をしたり話を聞いてもらったり、コロナ禍という限られたコミュニケーションの状況で、心の支えになっていただいたところもあると思っています。本当に感謝でいっぱいです!そして、これからも繋がっていて欲しい存在です!!

③運営参加のオススメポイント
育休期間を活かして、学べることがたくさんあるということ。また、様々な方がいるので、キャリア、育児・家事など、得られる情報がたくさんあります!第二子にして「乳幼児睡眠コンサルタント」という存在がいることも、運営メンバーから教えてもらいました!

Q2次期運営メンバーへのメッセージ
育休=育児専念、ということはありません。育休期間でも「自分」という活躍の場があることは、活力になることもあります!ご興味があったら、是非チャレンジしてみてください。新たな視野を見つけられるかもしれません!

A4
ハンドルネーム:hana
Q1運営メンバー活動を通して
①学んだこと、得たこと
チームで活動することの素晴らしさを学べました。今までの働き方がいかに属人的で、働く母になったことで協働できないことが自分を苦しめていた要因のひとつだと気がつけました。素晴らしいメンバーのおかけで抱え込まずに活動できる体制と環境など言い表せないほど学びが多い半年間でした!

②現メンバーと活動した感想
自分にはない視点、アイデアを持ったメンバーからのシャワーは本当にハッとすることが多く感銘を受けることばかりでした。資料1つの作り方でもすごく勉強になり、どうしたらそんな感性や考え方が身につくのか詳しく話を聞きたいぐらいでした 笑

③運営参加のオススメポイント
自社に対して自分ごとで考える。という意識が強くなりました。復職したら組織に対して〇〇な働きかけができるのでは?メンバーに対して自分の行動、仕事のやり方等、運営期間を通じて復職後やりたいことが少しづつ出てきて働くことに対して益々前向きになっています!

Q2次期運営メンバーへのメッセージ
もし運営メンバー参加を迷っていたら是非チャレンジしてみて下さい。チャンスの神様には前髪しかない。です♪

★ただいま2021年度 春運営メンバー募集中★

多くの気づき、学び、そして素晴らしい仲間が得られる運営活動。“子どもを持ちながら働く”が当たり前になる社会の実現に向けて、一緒に活動しませんか?
ご応募はこちらから♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!(残り1席!)
※3/17(水)のチケットは完売しました

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り1席!】ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマ・新ケースです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

運営活動体験談①

こんにちは!
運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。

さてHPトップでもご案内しておりますが、育休プチMBA®勉強会では来期2021春の運営メンバーを募集しております!〆切までちょうど1週間となりましたが、今期のメンバーに運営活動を振り返ってもらいました。今日から4日間お届けします。ご検討中の方には必見です!!

Q1 運営メンバー活動を通して
 ①学んだこと、得たこと
 ②現メンバーと活動した感想
 ③運営参加のオススメポイント

Q2 次期運営メンバーへのメッセージ

A1
ハンドルネーム:ちっぺ
Q1運営メンバー活動を通して
①学んだこと、得たこと
国保さんから沢山学びました。 依存性ある仕事の仕方をしないこと、ダブルループで考える、時間制約を持って運営にあたる、目的意識を持つ、頭と行動を一致させることが出来ました。 同じ目的を持ち悩みを共有出来る仲間を得ました!財産!!

②現メンバーと活動した感想
育休中という共通点以外はバラバラな人材が集まり、色んな考えがあり強みがあるので、日々発見で勉強になりました。

③運営参加のオススメポイント
限られた期間・時間で成果を出す訓練になる! 育休期間が充実する! 何より楽しい!

Q2次期運営メンバーへのメッセージ
迷われてるなら是非参加を!思考も人間的にも一回り大きく生まれ変わります!

A2
ハンドルネーム:コマー
Q1運営メンバー活動を通して
①学んだこと、得たこと
課題に対して、限られた時間でも最大限のパフォーマンスを発揮するためにはどのような思考、行動をすればよいのか常に考えられた半年間でした。また同じ課題に対しても、人によってアプローチの仕方や思考がまるで異なるということを学ぶことができ、とても刺激的でした。

②現メンバーと活動した感想
運営業務に対して、高いモチベーションで、妥協することなく、常に最適解を考え、行動することのできる素晴らしい今期メンバーと共に活動できたことは幸せで、充実した半年間でした。まるで、学生時代の文化祭を無事終えたような・・素敵な気持ちです。活動が終わってしまうことがとても残念に思います! また国保さんや小早川さんはじめ、ワークシフトの方たちと一緒に何かを成し遂げるという経験は、社会人としてとても貴重で大いなる学びを得られる活動だと思いました。

③運営参加のオススメポイント
・勉強会参加だけでは得られない学びが必ずあり、復職へのモチベーションがさらにアップします。
・同じ志を持つ素晴らしい仲間との出会いで、育休期間がさらに充実し、また世界が広がります。
・定例ミーティングの後のフリートークタイム、国保さんとお話できる貴重な時間があり、まるで講義を受講しているかのような深い学びを得られます。これは運営メンバー特典かも!?

Q2次期運営メンバーへのメッセージ
ご参加を迷っているならぜひご参加ください! いつでも辞められます。でも、活動し出すと、辞めたいなんてきっと思いませんよ。 あなたの育休をさらに素晴らしいものにしてくださいね♡

★ただいま2021年度 春運営メンバー募集中★

多くの気づき、学び、そして素晴らしい仲間が得られる運営活動。“子どもを持ちながら働く”が当たり前になる社会の実現に向けて、一緒に活動しませんか?
ご応募はこちらから♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!(残り2席!)
※3/17(水)のチケットは完売しました

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り2枚!】ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマ・新ケースです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

マンダラシートによる思考整理術

こんにちは。

運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。

さて新年度が目前ですね!復職、保育園や学校の入園・入学、進級など日本では4月は生活環境が変わる節目、その準備に世のママパパが頭を色々なことに使う月になるのが3月なのではと思っています。

自分の思考が複雑化した時に使いたいツール‥私は今回の育休を前にやりたいことだらけで頭を整理したいときに使ったのですが、これを今回はご紹介したいと思います。

活用したのは「マンダラシート」。ご存知の方も多いかと思いますが、大谷翔平選手が使ったことで有名であり、本来は成し遂げたいことをブレイクダウンするためのツールです(その使い方ももちろんオススメです!)。詳細はこちら

私は深掘りの技術があまりなく、むしろ散らかっている思考をまとめるのが精一杯だったので、本来の使い方ではなくマッピングを目的に使用しました。

8つあるエリアにテーマを据えていきます。自分のこと、子どもそれぞれのこと、家事、趣味、など目標ややりたいことのある分野を入れていきます。そしてテーマごとにto doを8つ書き出します。恥ずかしながらイメージを貼ります(自分や子どもの名前をマスキングしています)。

こうすることで、自分が何に対しどのように思考や行動を割こうとしているのかが分かります。全容が分かると自分の立ち位置を知れたり時間配分を考えられたりします。

例えば3月という一か月は有限ですし。Mustとbetterを並列で書くのも良いところだと思っており、ストレッチな目標設定にもなれると思います。

本当はこうして整理した一つ一つの項目について深掘りして個々の72アクションを決めていきたいのですが上手く時間を作れておらず‥これ自体が私の目標というか課題になっています汗

以上、ちょっとしたコツのご紹介でした!アプリでも用意されていますので、ぜひ思考整理に、また目標達成のために使ってみてくださいね。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
※3/17(水)のチケットは完売しました

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

共働き夫婦の子どもへの悪影響ってあるの?

こんにちは。

第二子育休中、4月復職予定のコマーです。

先日、子どもと公園に遊びに来ていた時にふと「復職したら平日の午前中に子どもと公園に来る機会も無くなるのか~」とぼんやり考えました。育休プチMBAとWSIプチMBAの受講をきっかに、仕事へのモチベーションは受講回数に比例しぐんぐん高まっているのですが、半面「子どもと過ごせる時間は半分以下になるんだな~」とか「専業主婦or主夫の家庭は3~4歳まで親元で見てあげられるし、子どもも寂しがらないな~」とか少しマイナスに捉える気持ちもありました。

そして、保育園に預けられる子どもにとっても専業主婦or主夫の家庭で育つ子どもと比べてネガティブな影響ってあるんだろうかと、いくつかの論文や書籍、雑誌掲載の記事等を調べてみましたので、私なりの見解も交えてまとめてみます。

●母親が家事以外の仕事をすることに対する子どもの考え

 ・母親が仕事をすることでさ びしい思いをしている10.6%

  →こちらの心配とは裏腹に子どもって意外とタフなのですね!

 ・母親が仕事をしている場合、仕事をして いるほうがいいと答えた子どもは78.1%

  →ポジテ ィブに考えている子どもが圧倒的に多くて安心しました! 

 ・母親が仕事をすることで母親が疲れていると感じた子どものうち、

  実際仕事をしている場合 78.1%

  していない場合88.2%

  →この結果は仕事をすることで自己実現できたり、仕事の達成感等も感じで輝いているという、仕事をする母親の側面と、専業主婦という仕事の大変さを感じさせる結果にも思えました

●ハーバードビジネススクールの教授による調査

母親の就労の有無は子どもの幸福度に無関係であり、母親の就労の子供への精神的悪影響は観察されないという結果が2020年11月に最終結果が発表されているそうです。

今回はほんの少し、しかも私の好みの結果ばかりをまとめたのですが、私自身は子どもを保育園に預けて復職するという選択にネガティブな迷いは晴れました

ちなみに、母親が仕事をすることで家事を手伝わなければ ならないので困ると回答した子どもは33.3%だそうで、忙しい両親に変わって子ども達もお手伝いを頑張ってくれる気概もあるのだな、と少し期待してしまいました。

皆さんも復職に向けて気になることやお悩みがあればぜひシェアしませんか?

育プチコミュニティでは、そんなお悩みも大歓迎のゆるオフ会も隔週で開催中です!

出典)財団法人家計経済研究所『現代核家族調査報告書』
出典)母親の就業による子供への影響 盧 回男

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
※3/17(水)のチケットは完売しました

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

2021/2/18勉強会報告

こんにちは!第二子育休中のコマーです。

2月18日(木)「育休プチMBA勉強会」がオンラインで開催されました。
今回は育休プチMBAの創設者、国保祥子(経営学博士/静岡県立大学)がファシリテートを務める貴重な特別講座3回セットの2回目
「時間制約をどう克服するか考える」がテーマの勉強会でした。

チケットは完売!参加者数42名!と過去最大級のオンライン開催となり、勉強会は熱気に溢れていました。

今回のケースは、育休から復職して3か月目の井田美咲という立場から課題を考えていくものでした。
勉強会では、まず美咲のおかれている職場・業務状況を知った上で美咲を取り巻く課題の「本質的な問題は何か」を考えるところからスタートしました。
課題の解決方法をすぐに考えるのではなく、「問題は何か」をしっかりと考えていきます。
グループディスカッションでは「コミュニケーション不足」や「自分の生産性しか考えていない」という等様々な意見が発言されました。
また、美咲の病児保育やファミサポ、家事代行サービスを復職前に登録していたという設定について「ここまで復職準備しても職務上はトラブルがあるのか・・」という声も聞かれました。

次に、視点を180°変え、美咲の上司の視点から「美咲に何を期待するか」を考えます。マネージャーに視点を転換することで、美咲がどうすればいいのか
美咲自身の視点では見えていなかった中長期的、短期的な改善策が見えてきます。

そして最後に、もう一度美咲の視点で日々どういうことを意識して働くべきかということを考えます。
同じ美咲の視点でも、上司での視点でも考察したことにより、「チームプレーを意識」「突発トラブル前提での働き方」のような
最初の考察とは違った、「マネージャー」や「組織の一員」、「プロジェクトをマネジメントする」というような視点を持った意見が多く発言されました。

グループディスカッションや全体でのリフレクションを通し、参加者の意見を聞くことで、自分では気づけなかった新たな学びもあり、
更に思考を深め「自分自身が復職する時にはこうしよう!」と前向きに復職に向かうことができました

次回の特別講座は「長時間労働の改善策を考える」です。残念ながらチケットは既に完敗しておりますが、勉強会開催報告を楽しみして頂ければ幸いです!
3月は新テーマ「全体最適の仕事術」も開催されます。4月復職前のラストチャンス!一緒に思考トレーニングで復職に備えましょう!

次回もまた、多くの皆さんと学び合えること楽しみにしています!

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて
復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
※3/17(水)のチケットは完売しました

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

ものごとの捉え方

こんにちは。

第二子育休のちゃこです。

先日、テレビを見ていたところ台湾のデジタル担当大臣 オードリー・タンさんについてやっていました。

IQ180越えの天才との事でしたが、私が驚いたのは”ものを捉える視点”でした。

ITについて「高齢者が不便を感じるのは、プログラムや端末の使い勝手が悪いからでしょう。それはプログラムを書き換えたり、端末を改良したりして、高齢者が日頃の習慣の延長線上で使えるような工夫すればいいのです。つまり、高齢者に合わせたイノベーションです。」との事。

とてもはっとさせられました。言われてみれば、抵抗なく腹に落ちる事なのに思いもしなかった事だからです。正直「高齢者=IT弱者。仕方がない。」と思っていました。スマホを活用しているおばあちゃんを見たりすると「凄~い」と!

しかし、天才だから見える世界や視点もあるとは思いますが、今回ご紹介した言葉は頭がいいからというものでもないような気がしています。

視野を広げるには「経験」「読書」など様々な手段があると思います。その中でも、2回目の育休にて感じているのは「人脈で知る知恵」です。

1回目の育休時、仲の良い友人たちと出産時期も重なったこともあり、友人とのみ関わっていました。それも楽しかったのですが“類は友を呼ぶ”ということで、新たな発見のある事を聞くことは少なかったように思います。

しかし、2回目の育休で友人はみんな復職済みとなってしまった事もあり、育プチの運営にチャレンジしたり、勉強会・育児講座に積極的に参加してみました。

その結果、今まで接した事のない方とお話する機会もあり、新たな情報や考えに触れることも増えました。それに伴い、視野が広がり、思考に変化があったことも多いと考えています。特に、仕事やキャリアについて話が出来る場があるのは、大きかったと思います。

コロナ禍となりコミュニケーションが取りづらい状況が続いていますが、オンラインでも十分なコミュニケーションを取る事は出来ます。積極的に、そのような場に参加してみることで“みえてくる”視界もあるかと思います!参加した事がない方は、ぜひ検討してみてください♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
※3/17(水)のチケットは完売しました

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

WSIプチMBAの学びを実践してみた~交渉学編~

こんにちは。

第二子育休中のコマーです。

みなさん、育休プチMBAやWSIプチMBAに参加されたことはありますか?色々参加された方はおススメの講座とかありますか?私もいくつか参加したのですが、その中で私のおススメは「交渉学」です。なぜおススメかというと、この学びは仕事・家庭・育児と私たちの生活全てで活用できる学びを得られるからです。

講義参加後、早速夫との交渉をしてみたので、その様子をご紹介します。

■交渉内容

夕飯後の食器を片づけ&翌朝の白米の炊飯予約までしてほしい

■理由

夕飯後に子どもの宿題の面倒を私がみなければならず、また夜間に受講予定のオンライン講義を予定しているため

■夫の状況

普段は夕食後は自分の時間で、自由に過ごしている

■交渉の前準備

自分の中で選択肢を事前に用意し交渉に望む

A案 食器洗いと翌朝の炊飯予約までしてもらう

B案 食器洗いのみまたは他の家事をシェアしてもらう

C案 何もやってもらえない

そして実際の交渉スタートです。

まずは「夫とは家族、そして育児のパートナー!つまり仲間!」と自分に言い聞かせて言葉がけします。

私「仕事忙しそうだね~もう眠い??」

優しい言葉がけで相手の心情に寄り添う作戦

夫「まぁね~でも大丈夫だよ~」

私「そうなんだー!あまりご無理されないように。ところで今夜オンライン講座を受けるんだけど、食器洗いとか炊飯器のタイマーお願いできるかなー」

こちらの困っている状況をさりげなくアピール、そして優しく伝える

夫「うーん、いいよー」

と、こんな感じです。

勉強会参加前の依頼の仕方は(そう、そもそも交渉では無かった!)、まるで文句を言うように「片づけ手伝ってくれない?」というような感じでした。しかも上から目線。断られることも多かったです。

今後はさらに、夫にとっても家事をシェアすることがWINと感じられるような交渉を日々の実践から会得していきたいと思います。

交渉学勉強会は基礎編、仕事編、家庭編があり、毎期好評のシリーズとなっております。

また、育休プチMBAでも、復職に向けた様々なテーマの勉強会を開催しております。

ぜひ一緒に思考トレーニングしませんか?


育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/17(水)、3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

運営メンバーの復職準備4

こんにちは!
今日は運営メンバーの復職準備のご紹介、ラストです。ちょっとしたコツや分担の例をぜひご参考に♪

Question
①パートナーとの家事、育児の負担はどのようにしている?<育休中>
②パートナーとの家事、育児の負担はどのようにする?<復職後>(経験談または予定)
③家事、育児分担の上での工夫は?
④家事効率化の工夫は?
⑤育休中にやって良かったことorやり残したこと
⑥復職までにこれやるベスト5

Answer7
ハンドルネーム:ちっぺ

①朝と土日祝は私が起きないので夫が家事担当。子供のお風呂や習い事送迎も基本夫で対応不可なら私担当。

②まだコロナ禍が続くようなら、夫の方が帰宅が早いので子供と私を送迎頼もうと思っています。

③自分でやらない事!笑笑

④自動化=ルンバ・ブラーバ・独立乾燥機
 コックピット化=行う場所に使うものの指定席を作る。
 片っ端から一気に化。=包丁使う時に片っ端から切る。
 ついで化=ダイソン・マキタ・クイックル・雑巾・布巾

⑤運営♡
やり残した事は無いかな?継続して学ぶ予定です。

⑥・自分の価値観、大事にしたい事を明確化
 ↓
 ・価値観に合った、育休中にしたい事を書き出す
 ↓
 ・自分と家族のスケジュールを書き出し、自分のやりたい事からスケジュール埋めていく
 ↓
 ・PCは毎日触る。家計簿をエクセルでつけたり、学んだ事をパワポに纏めたり。時間はかけ過ぎない。
 ↓
 ・仕事の時間帯は家事や日常的に必要な事をしない(復職時と同じスケジュールで生活する)

Answer8
ハンドルネーム:いえこ

①我が家の基本方針は手が空いた方がやる、です。家事では夫の固定項目であるゴミ捨てとお風呂洗いを除いて育休中の私がやるようにしていますが、特に下の子がママじゃないとダメなタイミングなどでは言わなくても食器洗い、掃除、洗濯など夫はしてくれます。うちはルールにするよりも自発的な方がお互い精神的に楽なのと、家事スキルが料理を除いて同等なのでこうなっています。育児も下の子のお世話系以外はイーブンです。

②復職後も基本的には家事のルールは変わらずの予定です。料理の負担が時間制約とともに大きくなりそうですが、テレワークになる私が隙間時間にしておこうと思います。子供の送迎も基本は私がします。第一子復職時と異なるのが上の子の就学で、勉強を見てあげるタスクの負荷具合が未知です。私がすることになっていますが時間の捻出と習慣化が課題になりそうです。

③価値観を揃えること。家事のここまでやりたいラインや育児方針が揃っていると分担しやすいと感じており、相手の要求度を読んだり実際に話し合ったりしています。

④時間と曜日を決めてやること。掃除は月曜日はトイレ掃除、火曜日は拭き掃除、など。やるとなったらかける時間を決めて、時間内に終わらせる。終わりを決めると手順や段取りを先に考えられるしやり過ぎなくて済むので意識して設定するようにしています。

⑤やって良かったことはキャリアの棚卸し。育休手帳にもある将来どうなりたいかを考えたのと、その延長で直近の業務を振り返り、失敗点や強みを見極めたりしました。やり残したことは育児本を読むこと!買ったものの積み上がっています…

⑥1. 育児本を読み切る!
 2. 育プチおすすめ本を読む!
 3. 資格勉強をやりきる!
 4. ピアノを1曲仕上げる!
 5. Facebookを更新する!

いかがでしたか?復職に向けた実際と育休の過ごし方の振り返りをすることで自分を見つめ直した運営メンバーたち。仕事と育児の自分らしい両立に向けて一緒に歩んでいきましょう!


育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/17(水)、3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
2/18(木)のチケットは完売いたしました。

割引キャンペーンを実施中!

完売しました!】ケース『復職して3ヶ月の井田美咲』:3回セット開催の2回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り3席!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

復職して3ヶ月の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

運営メンバーの復職準備3

こんにちは!
今日は運営メンバーの復職準備のご紹介、第3弾をお届けします。ちょっとしたコツや分担の例をぜひご参考に♪

Question
①パートナーとの家事、育児の負担はどのようにしている?<育休中>
②パートナーとの家事、育児の負担はどのようにする?<復職後>(経験談または予定)
③家事、育児分担の上での工夫は?
④家事効率化の工夫は?
⑤育休中にやって良かったことorやり残したこと
⑥復職までにこれやるベスト5

Answer5
ハンドルネーム:コマー

①基本的に平日は朝~子どもの寝かしつけまでの家事育児は私の役割。夫は夜の食器片づけと翌朝のご飯を炊くのが役割。最近は夫の在宅勤務があるため、その日は子どもとの入浴、買い物等は夫の役割。しかし全て依頼型。

②勤務地が私の方が遠く、フルタイム勤務すると自宅出発時間が早いため、朝の送迎が夫の役割、子どものお迎えから寝かしつけまでが私の役割予定。

③・コミュニケーションをよく取ること(お願いしたつもりが無いように)
 ・子どもの園からのお手紙など重要なことはスマホに写真送付等して共有
 ・スケジュールアプリを活用すること

④・便利家電を最大限活用する
 ・収納を動線に沿って配置する

⑤やって良かったこと
育休プチMBAとWSIプチMBAへの参加によって、復職や今後のキャリアについて漠然とした不安や課題感が払拭でき、復職に対して前向きになれた

⑥1.断捨離
 2.夫との家事育児負担整理
 3.上司&同僚との復職後の働き方の意識合わせ
 4.子どもの朝のお仕度と夜のTodo事項の自走化
 5.ウエストを引き締めておく

Answer6
ハンドルネーム:あさ

①家事:
【私】平日は、朝食&昼食は子どもと自分の分、夕飯は家族分。掃除&洗濯。振込や役所への手続きなど。
【夫】平日、自分の朝食。週末は家族の3食。  
 育児:
【私】平日は朝~夕食までの全て。週2日のお風呂と寝かしつけ担当。オムツや洋服の管理。
【夫】平日は残業がない時は、夕食のフォロー、歯磨きなど。週5日のお風呂と寝かしつけ担当。週末午前中の遊び担当。担当以外は、臨機応変。

②家事:
【私】平日は自分のお弁当と夕食。掃除&洗濯
【夫】平日の朝食と週末の3食。
 育児:
【私】保育園登園準備、食事のフォロー、週2日のお風呂と寝かしつけ、オムツや洋服の管理。週末、午後の育児担当
【夫】保育園までの送迎、週5日のお風呂と寝かしつけ。週末、午前の育児担当

③担当制にして、責任感を持ってもらう。週末の午前中、夫が育児&家事を担当し、私のリフレッシュ時間にしている。私が病気になったことを想定し、3日程度なら生活できるレベルの育児と家事能力を、夫に身に着けてもらった。

④買い物は週1回+生協の宅配。お肉などは味付けして、冷凍庫へ。前日の夜に、翌日の食事の下ごしらえなどをする。

⑤やってよかったこと:ママ友の輪を広げたこと。復職しても、週末は子どもを交えて遊べる友達がたくさんできたこと。
 やり残したこと:親との三世代旅行を計画していたが、コロナ禍で実現しなさそうなこと。

⑥1、子どもとたくさん遊ぶ
 2、時短家電を揃える
 3、仕事で担当している分野の法改正の勉強
 4、疲れにくいカラダにする
 5、家を片付ける

第3弾は明日です。どうぞお楽しみに♪


育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/17(水)、3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
2/18(木)のチケットは完売いたしました。

割引キャンペーンを実施中!

完売しました!】ケース『復職して3ヶ月の井田美咲』:3回セット開催の2回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り3席!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

復職して3ヶ月の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

運営メンバーの復職準備2

こんにちは!
昨日から始まった運営メンバーの復職準備のご紹介、今日は第2弾です。第1子、第2子と状況によっても違っています♪

Question
①パートナーとの家事、育児の負担はどのようにしている?<育休中>
②パートナーとの家事、育児の負担はどのようにする?<復職後>(経験談または予定)
③家事、育児分担の上での工夫は?
④家事効率化の工夫は?
⑤育休中にやって良かったことorやり残したこと
⑥復職までにこれやるベスト5

Answer3
ハンドルネーム:hana

①育休前より夫の負担が増えました。夫がほぼ在宅勤務になったことで積極的に家事をこなしてくれるようになり、朝は、朝食準備片付け、洗濯、子供見送り(バス通園)花木に水やりを終えてから仕事が始まる流れになりました。私は掃除、夕食づくり(たまに夫)、下の子お世話担当です。それ以外は基本的に夫です。

②第1子両立時も上記のスタイルに近かった為、変わりない関係を維持していると思います。

③第1子両立時に互いの得意不得意家事と働き方、会社の環境を確認し合ったことで良いスタートが切れたと思います。第1子育休中は夫が多忙すぎたこともありワンオペ状態でしたが、復職時に良いスタートが切れたことで、第2子育休中の現在も家事と子育ては私の仕事。と思っていない夫が出来上がったと思います。

④やらないことを増やしたことと整理整頓です。楽になったと思うことは、服は基本的にかける収納。上の子(4才)の身支度は自分で行ってもらう。お風呂は1人で洗ってもらう。文房具、お菓子類など子供がぐちゃぐちゃにする場所にはボックスケースや仕切りがついたケースを隙間がないよう敷き詰め物の定位置を決めました。誰もがパッと見て、どこに何をおけば良いかを明確にすることでぐちゃぐちゃにされイライラすることがなくなったのが1番の効率化かもしれません 笑

⑤まだまだやりたいことは沢山あります。。が、やって良かったことは、自分に時間を使ったことです。復職後はどんな仕事をしたいのか、どんな自分になりたいのかを考え、興味のあるセミナーや勉強会にはドンドン参加。オンライン化した今だからこそ赤ちゃん連れでも軽やかに色んなことにチャレンジできました。コロナ禍の妊娠出産不安はかなり大きかったですが、それを忘れるぐらい毎日が忙しすぎて充実しています。

⑥第5位、子供の作品整理
 第4位、離乳食、怒涛の食べ進み
 第3位、時間の使い方を考え直す
 第2位、SNS等を通じ多くの人と繋がりを持つ
 第1位、育休中に感じたことをまとめておく

Answer4
ハンドルネーム:しづ

①出産前の子供がいない頃、ほとんど家事をしていなかったため、”まともに”自分一人で家事をするとどうなるのか?を育休中に体験してみようと思い、やってみたところ、やることが多すぎてすぐに挫折… ”ちゃんと”やっている人って本当にすごいというのを見にしみて感じることができました。 そのため、AERAの共働き家事育児100タスク表を使って分担を決め、各々が淡々とこなすようにしました。 育休中で家にいることが多い分、家が快適であって欲しいので、仕事をしていた頃よりも家事のタスクが増えてしまいました。ただ、目的は「家事を減らす」ことではなく「みんなが快適に過ごす」ことなので、今は仕方ないと考えており、復帰後にはやらないタスクを決めたいと思っています。 育児は、「母親にしかできないことは母乳を出すことのみ」という考えのもと、出来るだけ半々にしています。例えば平日の日中帯は育休中の私が育児をするしかないので、休日はほとんど夫が育児をし、離乳食の作り置きも夫がしています。 慣れている私がやったほうが早いと思うことも多いのですが、長期目線で考えると夫でも私でも誰でも出来るようにする方が良いので(入院などの不測の事態のリスク対応も兼ねる)子供の中で「母じゃなきゃ嫌」ということにならないようにするため、離乳食、ミルク、お風呂、寝かしつけなど、休日や在宅勤務時の休憩時間を使って夫がやるようにしています。

②保育園の送りは夫、迎えは私ということをはじめ、出来るだけ半々にしたいと思っています。
正直初めての復職なのでまだうまくいくかわからないですが、育休プチMBAで出会ったワーママさんたちのアドバイスで下記のものがあったので、取り組んでみようと思っています。
・保育園からの連絡先の第一順位は夫に
・最初のうちは週に一度夕方〜夜をツーオペで
・勤務時間の調整(フレックスなので足りない勤務時間を月単位で調整予定)のため送りと迎えを入れ替える日を作る
他には「働きながら子育てをする」ということの負荷を夫が軽く見積もりすぎていると感じることがあるので、国保さんの働きながらの育児noteなど、自分が言いたいことを代弁してくれそうな記事を共有し、具体的な分担の話をする前に少しでも復職後の生活をイメージできるように事前準備をしています。

③・分担したものであっても、やってくれたらお礼を言う
「ありがとう」と言われると嬉しいものなので、分担外のものだけでなく、割り当てられたものでもお礼を言うようにしています。不満募らなくなると思います。
 ・文句を言わない
せっかくやったことに文句を言われると、大人でも次からやりたくなくなるので、文句を言わないようにしています。つい言いたくなる時は文句ではなく改善案を伝えるように。
・結婚した当初からあえて家事をしない
新婚の時など特につい妻側が家事をしがちですが、それはぐっとこらえてなるべく家事をやらないようにしていました。(もともとしたくないし苦手というのもありますが)そうすると、やらないことが通常になるため、将来子供ができたときにも分担がうまくいくと思います。

④・物を減らす
自動ロボット掃除機、食器洗い乾燥機、洗濯乾燥機などの機械にお任せすることは基本だと思いますが、こんまりさんの言う「片付け祭り」を育休中にやって、物を減らして定位置を決めると家事が減りました。
・優先順位を決めて、ある程度は目を瞑る
オフ会に参加したときに「掃除はやらなくても死なない」と言っている方がいて激しく同意しました。私の場合、掃除より体を作る食事の方が優先度が高いので、掃除は手を抜いてロボット掃除機のみ、食事は大事だけど苦手なのでミールキットと惣菜宅配サービスを使っています。
・買い物に行かない
お気に入りのパン屋に行く以外は、食料品や生活必需品は基本ネットで全て買っています。いつも買うものはアマゾン定期便や生協の忘れず注文などに指定し、なるべくルーティン作業をなくしています。

⑤ーやってよかったことー
・育プチの運営ボランティア
優秀なメンバーと一緒に仕事ができて刺激的な毎日が過ごせた。思考の言語化の練習などの仕事に役立つことだけでなく、育児や家事について、これからのワーママ生活についても知ることができた。
・身体のメンテナンス
マドレボニータに参加。授業終了後も毎週クラスメイトだった人たちとオンラインで繋ぎ、情報交換しながらセルフケアをする習慣ができた。また、妊娠前にやっていたランニングも復活。子供と離れて無心になって身体を動かすのは貴重な時間。

 ーやり残したことー
・資格試験
会社に対して分かりやすくやる気を見せられるので、資格の勉強をすれば良かった
・脱毛
子供がいると毛を剃る時間がないしお風呂にカミソリがあると危ないと聞いていたので、脱毛しようとしたが、コロナで病院行くのが憚られることと、授乳中はやってくれない病院もあり、結局できていない。

⑥1.夫と復職後の家事育児の役割分担決め
 2.復職面談の準備(チームメンバーとも事前に話しておく、面談で伝えることリスト作成)
 3.ベビーシッターで信頼できる人を見つける
 4.仕事を思い出すため、その分野に関連する書籍を読んだりイベントに参加する
 5.子供の成長をゆっくり楽しむ

熱いですね~!第3弾は明日です。どうぞお楽しみに♪


育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/17(水)、3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
2/18(木)のチケットは完売いたしました。

割引キャンペーンを実施中!

完売しました!】ケース『復職して3ヶ月の井田美咲』:3回セット開催の2回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り3席!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

復職して3ヶ月の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

PAGE TOP