「オンライン講座」タグアーカイブ

復職準備失敗談①復職1年目、こんなに病気になるなんて…「平均値」の落とし穴

こんにちは。第2子育休中のほんめぐです。3歳と8ヶ月の姉妹を育てています。

第一子復職準備中、こんな数字を耳にしました。

「0歳児の平均年間病欠日数は約20日」

ソースはおそらくこちらの研究、平均19.3日(保育園児の病欠頻度に関する研究,2017,東京女子医科大学)です。

それを聞いた私は当時こう思いました。

「へぇ〜年20日。月1〜2回くらいかな

「有給休暇繰越分もあるし、夫と交代で対応すれば何とかなるでしょう!

ところがどっこい。慣らし保育で早々に体調を崩し発熱、呼び出しを繰り返し(全然慣れない)、復職前日も38℃の発熱。復帰初日は夫に休んでもらい出勤。泣きぐずる娘のお世話で前日ろくに眠れなかった私はフラフラ、後ろ髪引かれまくりでした。

寝不足の頭で「初日からこれで、これから一体どうなるのだろう?」普段は楽観的な私も暗澹たる気持ちになりました。

結局、復職後最初の1年、保育園をどれくらい休んだかというと…

44日!!(どーん!)

平均の倍以上…こんなに乖離があるなんて。しかし、この状態は決して珍しい訳ではないのです。

こちらの記事(「20%が、年間60日以上病欠」 保育園に通う子どもの実態に、ハッとする – grape )によると「約45%は20日未満、約20%は60日以上休む」「平均が約20日」。つまり全員が約20日休むという訳でなく、ほとんどお休みしない元気っ子もいれば、我が子のように平均の倍以上お休みしてしまう子もいるということなのです。驚愕なのは60日以上休んだ割合です。約20%=5人に1人が4日に一度休む計算になります…(年間出勤日数240日で60日休んだ場合)。

復職前に知っておきたかった!

年間約20日と思って甘く見ていた!!

次のブログでは、保育園休みまくりの我が子と最初の一年をどう乗り越えたかについてお伝えします。

(続く)

参考

保育園児の病欠頻度に関する研究,2017

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jtwmu/87/5/87_146/_pdf/-char/ja

「20%が、年間60日以上病欠」 保育園に通う子どもの実態に、ハッとする – grape

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

復職支援アプリpiam.のアップデートと日経WOMAN

こんにちは!
第1子育休中のさっぴーです。

職支援アプリ piam.のアップデート

 先日はアンケートキャンペーンにご回答くださりありがとうございました!
 みなさんの声をもとにアプリがバージョンアップしてますので、ぜひ、確認してみてください。

 今回のアップデートでは、メッセージをお気に入り登録できるようになり、心が折れそうになった時にピアムからのメッセージをまとめて読み返せるようになりました。また、新しい気持ちスタンプが増えたのと併せて、さかのぼってスタンプを押すこともできるようになりました♪

 私も、毎日2回通知されるメッセージにいつも励まされたり、癒されたり、学んだり。ぜひ、アプリの通知をONにして、ふとした瞬間に前向きな気持ちを充電してくださいね。

●育プチ参加者が日経WOMANのインタビューに!

育プチ参加者の方が「日経WOMAN 7月号」のインタビューで育休プチMBA講座復職後の効果について触れてくださりました♪

また、インタビューでは、コミュニティの読書会でも取り上げたワーママはるさんの本の紹介もされていて、6月11日のVoicyではワーママはるさんご本人が該当ページについて触れられています。

育休プチMBA®では 、MBA同様の本格的な教材を用いて、育休復職後に実際に起こりうる事例をもとにケースディスカッションを行い、復職時の状況を疑似体験しながら、マネジメント思考を学びます。

育休をブランクではなく、ビジネス能力を伸ばすチャンスに!」
育休プチMBAは、赤ちゃん連れでも1回から気兼ねなく受講できる勉強会です♪

今後の予定

7/6(火)勉強会チケットを販売中!
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線
でとらえるには?詳しくはこちらをクリック
❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

初参加者向け5分でわかる育プチ勉強会@オンライン(zoom操作説明付)

こんにちは!運営メンバー(第二子育休中)のよっしーです。

今回は、オンライン版 育休プチMBA®︎勉強会への参加を迷われてる方向けに、勉強会の流れをご紹介したいと思います。
zoomでの受講が心配な方は【zoom操作編】も読んでみてください!

【はじめに】
「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。
オンライン開催回では、ワークラボ(東麻布)の勉強会と同じ内容の勉強会にオンラインで参加できます。

【勉強会&交流会の様子】
ケースディスカッションなので、ノートを取りながら講義を聞くというスタイルではなく、個人で、グループで、全体でひたすら考える!というスタイルです。

☆グループディスカッション☆
 ブレイクアウトルームに分かれ、3〜4人の少人数で話をします。

☆全体ディスカッション☆
 自身の考えを発表し、全体で深掘りしていきます。会社で受けたことのある研修と異なり、みなさんどんどん自発的に挙手して発表するので、私は初めての時は圧倒され発言できず。もったいなかったなぁと後悔しました。
 正解・不正解のあるといったものではないので、臆せずぜひ発表してみてください!

☆皆さんの参加スタイル☆

  • 授乳したあと膝の上の授乳クッションで寝かせて
  • おんぶ紐で昼寝させつつ、キッチンをスタンディングデスク代わりに
  • 抱っこ紐で座る
  • ハイローチェアやバウンサー
  • ハイハイ以降の赤ちゃんは床で遊び、ローテーブルにPC

ワークラボでの開催時同様、授乳やミルク、離乳食、おむつ替えOKです。
ハイハイの赤ちゃんも広々としたスペースで遊ぶ横で参加できるのはオンラインの良いところだと思います。

☆交流会☆
 お子さんのお世話をしつつ、ご自身のランチもとりながらリラックスして復職準備・仕事・家事・育児などなどの情報をたくさん交換してください!

☆コミュニティ☆
 勉強会に参加しておしまい、ではなく勉強会参加者限定のFacebookコミニュティがあるのが良いところ♪  オフ会開催も可能ですし、投稿も大歓迎です!子どもを持ちながら働くための”知恵の宝庫”なので、過去投稿の検索もオススメです。

【zoom操作編】
 はじめての方向け、zoomの基本操作をご案内します。

 ①zoom入室、カメラON・マイクOFF

  • メールのURLをクリックし、パスワードを入力してzoomに入室(入室許可がおりるまで少しお待ちください)
  • 入室したらまずマイクをOFFに(マイクのマークにスラッシュが出ていればOKです)
  • カメラマークはON(スラッシュなしの状態)でご参加ください。

 ②名前の変更

 ③ディスカッション@ブレイクアウトルーム

  • ブレイクアウトルームルームに分かれる際にはポップアップでメッセージが現れるのでクリックしてください。メインルームへの戻りは時間がくると自動で行われるので操作は不要です。
  • グループでのディスカッションではぜひ発言時以外もマイクONで参加してください♪

 ④全体ディスカッション

  • 「手を挙げる」機能:画面下部の機能バー「参加者」をクリックすると、参加者のウィンドウが表示されます。一番左の手のマークをクリックすると、挙手できます。
  • ブレイクアウトルームから戻ったらマイクをOFFにしてるかチェック

回にもよりますが、毎回の勉強会の参加者数の約半数は初参加の方ですので、あまり身構えずに参加してみてくださいね。みなさまのご参加お待ちしております!

今後の予定

6/8(火)、7/6(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cover-D4PgVRbDRUivoZtN6wbaccWWr6u95jSR-2.png
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策は‥?詳しくはこちらをクリック!
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線でとらえるには?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

育休プチMBA勉強会 PEATIX 育休プチMBA勉強会 FACEBOOK 育休プチMBA勉強会 INSTAGRAM

復職準備にオンライン講座

こんにちは。

第1子育休中のあさです。

この4月に保育園入園、育休から職場復帰という方は多いと思います。私もその一人です。そしてこれまで、Facebookの「【勉強会参加者 限定】プチMBA(育休&WSI)参加者コミュニティ」を通じて、たくさんの育休中の女性に出会えました。誰もが、職場復帰に前向きで、育休中も勉強して成長しようとされる素晴らしい方ばかりでした。私も、刺激を受け、のんびりしていた気持ちを切り替えて、この春を迎えることができました。

一方、育休取得が広まったとは言え、当たり前に取得できない人もいるようです。友人は、「過去に育休取得がおらず、私だけ育休取ると言えなかった。」、「契約社員なので、契約切られるかもと思い、取得しなかった。」と言っていました。二人とも産後休暇のみ取得して、すぐに職場復帰していましたが、「できれば、育休取得して子どもと一緒にいたかった」とも言っていました。

二人の話しをきいて、取得したくてもできない人がいる。私は取得できたことを会社に感謝せねばいけない。そして、取得したくてもできなかった友人の気持ちを思えば、「育休取得してもきちんと働けるという姿を、見せていかなくてはいけないんだ!」という気持ちになりました。

みなさんの中にも、育休からの復帰が不安という方もいると思います。復帰後、育児、家事、仕事の両立に悩むこともあると思います。ですから、復帰前の準備が大切だと思います。
一流のスポーツ選手も、準備体操をしているように、育休からの復帰にも、復職準備が必要だと思います。ただ、育プチの勉強会はディスカッションがあり参加するのはハードルが高い。日中は時間が取れずに参加したくてもできないという方もいると思います。
そんな方は、育休プチMBA®勉強会のオンライン講座を受講しては如何でしょうか?詳細はこちらからご確認ください。

一人でも多くの方が、子どもを持ちながら働き続けられることを願っています。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

4/9(金)、4/30(金)、5/11(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『遠距離通勤に悩む渡辺久美子』:新テーマ・新ケースです!詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:復職者が自身に重ねることの多い人気ケースです!詳しくはこちらをクリック
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:残業できなくてもチャレンジしたい気持ちを伝えるには‥?詳しくはこちらをクリック!

過去の勉強会の様子

「 退職を考える時短勤務の仁美 」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「 育児に理解のない上司と山田優美 」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

通勤時間がなくなると・・・?

こんにちは!

第2子育休中のコマーです。

皆さん、通勤時間ってどのくらいかけていましたか?

育休前、私は県境を跨いで片道1時間30分かけて電車通勤していました。

朝が弱い私は、独身時代はとにかくこの通勤時間を短くするようにしていて、転勤の度に東北地方のとあるフルーツがおいしい県でも首都圏の都心部でも徒歩10分で通勤できる家を探して引っ越し、住んでいました。

が、家族ができるとそんな簡単に転勤の度に引っ越すこともできず、その長い通勤時間(私にとっては・・・)を毎日通っていました。通勤時間は読書したり、メールを処理したり、映画を観たり、時には寝たり毎日有意義に?は過ごせていたものの、子ども保育園の送迎を考えると、第一子の復職時は時短勤務の選択しかできず、通勤の楽なところに転勤できないとフルタイムに戻せない・・でもフルタイムでないと転勤しずらい・・という負のループにハマってしまっておりました。

でもこの半年で、勤務先でもすっかりリモートワークとフレックスタイムが定着したらしく、出勤は多くても週に1回のみ、それも「必要がある場合に限り」という状況だそう。

これなら、私もフルタイム勤務できるかも!と希望が持てるようになりました。

こんな風に、パソコンとネット環境さえあれば、どこにいても仕事ができ、自分の希望する働き方ができるのもコロナ禍で世の中がガラリと変わったおかげかなと思います。

そして、もう一つ。

育休プチ勉強会も、家にいながら参加することができるようになりました。

第一子育休の時は興味はありながらも「でも子連れで電車かー」と躊躇してしまいついぞ参加できずにいましたが、今はオンラインですべての勉強会に参加できるため、自分のスケジュ-ルに合わせて受講できるようになり、復職に向け希望だけでなくスキルアップによる自信もつけられました。

みなさんもぜひ一度参加してみませんか?

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/10(火)、11/16(月)、11/27(金)の勉強会チケットは好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

オンラインでの開催です!遠方の方も是非!詳しくはこちらをクリック
無料体験の勉強会です。ご興味がある方は是非ご参加ください!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「復職して3ヶ月目の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

継続の効果を実感しました

こんにちは。

運営メンバーのりくです。
第2子育休中です。

長女を妊娠する前はSNSで見つけた社会人向けバスケサークルに所属し、週1〜2回定期的に運動をしていたのですが、妊娠を機に運動をしなくなり早6年

運動が必要だと感じつつも、子どもがまだ小さいのでスポーツジムに通うこともできず、早朝ランニングしようとすれば気配を察して起きてくる長女…

そんな中、オンラインのヨガクラスを見つけ、9月から参加することにしました。

レッスンは週3回、早朝5:30スタート、Zoomを使ったウェビナー形式で講師以外の参加者同士が顔を合わせることはありません。

ヨガは全くの初心者ですが、ストレッチがメインで難しいポーズはないので、今のところ問題なく参加できています。

5回目くらいまでは言われた通りストレッチやポーズをこなしていたのですが、続けていくうちに最初はキツかったストレッチが気持ち良くなり

料理の合間、子どもの遊びに付き合っている最中、習い事を待つ間、と日常の何気ない生活の中で、自然とストレッチをするようになりました。

クラスに参加するにつれ、ストレッチの種類も自然と頭の中に定着し、その場その場でできるストレッチを取り入れるようになりました。

・・・あれ?これって、育休プチMBA®︎と同じ・・・

育休プチMBA®︎は子どもを持つことで労働時間や場所に制約を抱えることになった人材(制約人材)が
組織で活躍するために必要なマネジメント思考を学びトレーニングする場なのですが

ケースメソッドによるディスカッションを通じて、1回目の参加で自らに足りないものを自覚し、
3回目くらいから思考に変化が現れはじめ、6回以上で安定的に意識変化が起きるため、継続受講が推奨されています。

何度も継続することで定着度が増す、というのは、何事にも当てはまるのだな、と気づかされました。

これから育休プチMBA®︎への参加を考えている方
1度参加したけどその後足が遠のいている方
ぜひ継続して育休プチMBA®︎に参加してみませんか?

仲間と一緒に学べることも、継続のモチベーションに繋がりますよ⭐︎

 

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。


◆今後の予定◆

10/9(金)10/22(木)の勉強会チケットは好評発売中!

オンラインでの開催です!遠方の方も是非!詳しくはこちらをクリック
感染症対策を実施してお待ちしています。赤ちゃん連れ大歓迎です!詳しくはこちらをクリック

 11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」
※オンラインにて開催予定

※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


FORROW ME!

2人目妊娠で購入した家電

第二子育休中のみきです。

下の子を妊娠した時の話です。

妊娠が分かり嬉しさを噛み締めている中、なぜか

2人の子供を、どうやってお風呂に入れよう…

という心配が頭をよぎりました。

当時の私は、仕事の後に2歳の長男を保育園にお迎えに行き、夕飯を食べ、一緒にお風呂に入って寝かしつけ(夫は息子就寝後に帰宅)、という夜のルーティンをこなす日々を送っていました。

ちなみに、ワンオペお風呂で心配だったのは、子供たちの入浴…ではなく

自分の髪の毛をいつ乾かすのか 

 

この問題だけは解決策が見出せずにいました(私はロングヘアではないものの、濡れたままの髪の毛で動いたり、生乾きで過ごすのがダメなタイプです)。

子供1人でも、脱衣所におもちゃを置いて遊ばせたり、一緒に歌をうたって子供の気を紛らわせている間に、どうにか自分の髪の毛を乾かしているのに、一体どうやったら、2人を見ながら自分の事ができるのか…

子供の寝た後に自分が入浴することや、夫の帰宅後に子供と入浴することを考えたものの、(自分の)寝落ちや就寝時間の早い息子の生活リズムを考えると現実的ではありません。

そこで購入したのが、使い勝手が良さそうな

大風量のドライヤー

 

使用してみると、古いドライヤーに比べて髪の毛は早く乾くしツヤも出る、満足のいくものでした!

肝心な子供2人とのお風呂ですが、下の子の出産直後は、やはりバタバタとした入浴時間を過ごしました。とはいえ、数分間ですが時短ドライヤーのおかげで日々のドライ時間を短縮できたので、助かりました。

現状は、想像していた「自分のことは後回しのワンオペお風呂」は免れています。

というのも、生活環境が少し変わったからです。

(当たり前ですが)子供は日々成長していて、少し前まで全く目の離せなかった長男は、今やお風呂からあがると、「ちょっとお絵描きしていて!」とか「絵本かビデオ見てて!」と言えば、1人で着替えて遊べる年齢になりました。

それに、在宅勤務となった夫に長女を任せることで、私は自分のヘアドライ時間を十分確保できています。

(子供のことはもちろん)たまには自分ケアに目を向けるのも大切ですよね♡


*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

10/9(金)の勉強会チケットは好評発売中!

10/9(金)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

テーマ会場
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン

※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter