「#オンライン」タグアーカイブ

コロナ時代のママ友探し

こんにちは、運営メンバーで第一子育休中でゆかです。
運営メンバーではありますが、勉強会への参加経験は浅く、これから参加を検討されている方の参考になればと思い、私自身の「育休プチMBA®️」経験をお伝えします。

昨年3月から多くの人が予想していなかった新型コロナウイルスの急速な感染拡大によって私たちの生活様式は大きく変わりました。
私自身も昨年3月に妊娠が発覚、コロナ禍での出産・子育てに嬉しさ半分、不安半分の日々を過ごしました。そもそも初めての妊娠で分からないことだらけ、母親学級も中止になり、知識こそ本を読んで得ましたが不安は募る一方でした。その上、仕事でも急な在宅勤務への切り替えによる混乱やコロナによる新規事業への切り替えでストレスが重なり、思い描いていたような妊娠生活ではありませんでした。

その後、子育てを始めてから楽しみにしていたことのひとつが”ママ友探し”です。妊娠中は理想とはかけ離れていたという反省もあり、子育てではコロナを言い訳にせず、一歩踏み出してみようと思いました。本来なら児童館に行ったり、母親学級にでかけたり、趣味やスポーツを通じた出会いがあったりしますが、このご時世なかなかハードルが高いと感じていました。そこでオンラインでのママ友探しを始め、色々なサイトやアプリを探す中で「育休プチMBA®️」のことを知りました。私が最初に「育休プチMBA®️」に惹かれた理由はすごく単純で、ワーママ友達が欲しいということ。また、コロナ禍で社会が急速に変化する姿を目の当たりにして、育休中に取り残されてしまうのではないかという不安と自分をアップグレードする必要性を痛感しました。ただ自分にはハードルが髙すぎるのでは、という不安があったのも事実です。

実際、初めて勉強会に参加してみて、勇気をもって参加して良かったなと強く思いました。ケーススタディーなので身構える必要もなく、何よりグループワークでは自分だけでは考えられなかった視点やひらめきを得ることができました。そして講師の先生のファシリテーションや解説では更に高い視座での見方を学ぶことができ、思わずなるほど~と声に出してしまう程でした。勉強会後には交流会もあり、勉強会の感想やママ友トークも飛び交い、あっという間に時間が過ぎてしまいました(勉強会の当日は興奮さめやらずなかなか寝つけませんでした)。勉強会自体も実践的で復帰後をイメージしながら取り組むことができとても良かったですし、一見大変そうに聞こえるワーママ経験を楽しそうに話している方や等身大の悩みを話している方の話を聞き、私も前向きに頑張ってみようと背中をおされました。
自身の経験からもコロナ禍での妊娠・出産・子育ては、物理的にも心理的にも、とても孤独に陥りやすく、ネガティブな思考に陥りがちだと感じています。だからこそ、コロナ禍だから出来ないと考えるより、コロナ禍だからできると少し発想を転換してみませんか?勉強会はオンラインでも開催されているため日本全国どこにいても参加することができます。皆さんも「育休プチMBA®️」でコロナ禍だから活きるママ友探ししてみませんか?

今後の予定

5/11(火)、6/8(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:残業できなくてもチャレンジしたい気持ちを伝えるには‥?詳しくはこちらをクリック!
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができ
ないことで徐々に社内での不協和音が発生し始める中、急なトラブルに見舞われたときあなたは?復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策は‥?詳しくはこちらをクリック!

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

育休中にキャリアデザインを考える①

第三子育休中ちっぺです。

出産後に待ち受けていたコロナ蔓延

私は今年のバレンタインデーに出産したのですが、1ヶ月後にはコロナ対策特別措置法が成立された為、お宮参りもキャンセル。
高齢の親を頼るのも、感染の恐れからナシ。

それから長男の卒園式や入学式は簡素なもので、GW明けまで自宅学習のみ。

年中の長女はただただ冬休み+春休み=夏休み位長い休み。

主人が自宅待機(テレワーク)になったので、親に頼ろうと思っていたことは全て主人に頼みました。産後2か月は絶対旦那さんが育休取ってほしいと心から思う。。

育休に入ったが…

ママと沢山一緒に居られる!と喜んでいた子供達も、預かり保育や学童に早く行きたいと言い出す始末。子供の飽きる早さと順応力に感心しました。

この間のベッタリはこれはこれで情緒を育む機会だったように今は思います。

もとい、こんな状況でも、今ある健康に感謝しながら、これからの働き方や将来について、仮で構わないから一旦ゼロベースで考え直そうと、まず以下3点の棚卸しをする事にしました

  • ロールモデルを考える
  • 現状を可視化する
  • ゴールとターゲットを設定する

皆さんにはロールモデルがいますか?

私は社内に憧れの方がいます。が、その方とは育ってきた環境も違いますし、家族構成や考え方も違います。私は憧れの方に近づきたい!なりたい!という訳でも無いのです。

私はありのままの自分からかけ離れた理想ではなく、ワクワクする未来を過ごす自分をロールモデルとする為に、何を武器にし、どんな不足を補うのか考える必要があり、現状可視化することにしました。

現状可視化には色々方法があると思います。

強み診断、占い、マインドマップ、will can mustを書き出す、職務経歴書を書き直しそこで得たことや失敗などプラスしてみる、などなど。

そこで、

あ、ちょっとめんどくさい(^ ^)

なんて意思の弱い私は思ってしまいました!

今までキャリアデザインすると言うよりは、キャリアドリフトしてきた人生だったので。。

そこで、キャリアデザインのプロの力を借りようと、キャリアコンサルを受けることにしました。(まさかの続く)

次回は明後日更新するブログをお読みください♡

_____________________________

面倒くさがりが露呈した私ですが育休プチMBAの勉強会は1回完結でありながら、回数を重ねる毎に自然と力がつきます。

立ち止まっても思考回路は動かないので、小さな一歩を踏み出すこと、ゼロとイチでは大きな違い。何より自己肯定感が格段に上がります!笑笑

私と同じような面倒くさがりな方、よし、やってみよう!と思える時だけで良いのでオススメです。まだ育プチに参加されたことの無い方、チャレンジされてみませんか?

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/10㈫の勉強会チケットは好評発売中!
オンラインでの開催です!遠方の方も是非!詳しくはこちらをクリック

以前行われた勉強会「復職して3ヶ月目の井田美咲」のケース
【時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

以前行われた勉強会「アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長」のケース
【人を動かすコミュニケーション】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FORROW ME!