「ケーススタディ」タグアーカイブ

復職準備失敗談③かかりつけ医は素晴らしい。選び方のヒント

こんにちは。第2子育休中のほんめぐです。3歳と8ヶ月の姉妹を育てています。

前回・前々回ブログでは「0歳児の平均年間病欠日数は約20日だけど、ほぼお休みしない子もいれば60日以上休む子も5人に1人くらいいる。年間44日休んだ我が子と最初の一年をどう乗り越えたかについてお伝えしました。
今日はそんな一年目を支えてくれたかかりつけ医の素晴らしさと選び方のヒントについてお話ししたいと思います。

保育園入園の0歳8ヶ月まで、母体からの免疫もあり全く病気をしなかった娘①。慣らし保育から怒涛の発熱。それまで予防接種でしか病院へ行ったことがなく、かかりつけ医の検討も出遅れました(いつも出遅れてる…)。
現在、症状や用途により5つの病院を使い分けています。

①予防接種・母子同時受診用の小児科
・普通診療と予防接種が曜日・時間帯等で分けられている
・母子一緒に診察してくれる
病院で感染されるという悲劇をなくすため、予防接種の曜日や時間帯が設けてある病院がお勧めです。
そして、娘の風邪はほぼ100%感染されていた私(どんなに気をつけても防げませんでした…)。「お母さんも一緒に診ますよ」と診察していただいたときは思わず泣きそうになりました。子どもと自分の通院が一度で済むと負担がぐっと下がるので、ファミリークリニック等、同時受診可の病院を見つけておくのは手だと思います!

② 病児保育室利用時の小児科
・自治体の病児保育室併設
・診療時間が長い(8:00〜18:00)
・院内処方
私の住む自治体では、自治体の病児保育室に預ける場合、病院で「主治医意見書」をもらう必要があります。そのため、体調不良・発熱が予見された場合はまず受診!こちらは朝一で受診して、空きがあればそのまま併設病児保育室へ預けることも出来、とても助かりました。
遅くまでやっている、朝早くからやっている小児科チェックはワーママ的に必須です!また、院内処方は拘束時間が短く済むのが良い点だと思います。

③耳鼻科・皮膚科・小児歯科
・土曜診療
緊急度が相対的に低い、症状によって受診する病院は会社が休みの日に行けることを第一条件に土曜診療可の医院を探しました。耳鼻科は小児専門ではありませんが、保育園・小学校等の園医・校医をしている医院(子どもの扱いに慣れてて安心!)を選びました。

病気をしないのが一番ですが、かかりつけ医は病児対応の不安を軽減するセーフティネット!どなたかの参考になれば幸いです。
最後に、復職直後の娘の発熱ラッシュに心折れかけていた私に、かかりつけ小児科の女医さん(大先輩ワーママ!)がかけてくれた言葉を贈ります。
両立生活は、飛行機と一緒で離陸直後が一番大変。軌道に乗ればきっと楽になります!

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!
9/22(水)クロストークイベント開催決定!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

【白河桃子先生初登壇】2021年8月26日勉強会報告

こんにちは。
第1子育休中のSallyです。
8月26日に育休プチMBA®オンライン勉強会が開催されました。

■勉強会内容
今回のケースは「育児に理解のない上司と山田優美」でした。ケースは2頁にわたっており、1頁目では優美からの視点、2頁目は優美の上司にあたる石田祐一郎からの視点で書かれたケースで、2頁目は事前に読まずに勉強会に臨む必要がありました。ファシリテーターは、「婚活時代」や「逃げ恥からみる結婚の経済学」などジャーナリストとして著名な白河桃子さんです。

■勉強会参加者
参加者は20名中13名が初参加。公式Facebookやインターネットからの検索、8/3の無料オンラインセミナー「働く母親のモヤモヤを経営学で解決する」から参加された方や、代表の国保の「働く女子のキャリア格差」を読んで参加された方がいらっしゃいました。また通常は首都圏からの参加が多いですが、今回は岩手、石川、大阪などの地域からも参加があり、オンラインならでは多様性でした。

■勉強会の様子
一番初めの設問は「仁美が抱えるトラブルと原因が何か」でした。白河さんのファシリテートのもと、優美自身が抱える問題、職場・家族の中での問題等、現状を整理していきました。その次の設問は「なぜ、面談のときに上司は渋い顔をしたのか、その背景は?」で、優美自身から視座を一つあげた上司の目線でケースを考えました。視座をあげて上司視点で考えること上司は何に関心があり、どんなことを考えているか、理解するために常日頃からコミュニケーションをよく取る必要があること、マネジメント視点の大切さと他社への理解を妨げる思い込みの存在に気付き、物事をクリティカルに考えることの大切さ、男女共につい使ってしまうステレオタイプからの有害なバイアスを知り、気付き、行動を変えることの大切さに改めて気付かされました。

■ランチタイムの雑談
白河さんとのお話では、MBAの研究テーマやジャーナリストとしての多様なご知見からお話しいただき、時短勤務社員と職場のコンフリクト解消のためには、同僚とのコミュニケーションや感謝を伝えることがひとつであるということや、復職面談を夫を含めた三者面談としている会社があり、妻や夫双方の理解が深まるきっかけになっているということや、脳科学の観点で子育てに関して前頭葉で発達する親性能についてのお話についてが印象的でした。特に親性能については、子どもと触れ合うことでより発達し、それは男性も同様であり、ワンオペ育児は人間の性質からも厳しい状態、男性育休等によって、早期に子どもと触れ合う時間を作ることは海外やNPOでも推奨されていて、科学的な観点からもとても良い取り組みであるというお話は、具体的な検証結果に基づいていて、一般的にとても理解されやすいのではないかなと思いました。

次回の育休プチMBA勉強会は「西田はるかの職場復帰前面談」(9/7(火)開催予定)です!ファシリテーターは森家明味先生です!
ぜひ、保活と併せて、復職に備えた思考トレーニングをしてみてください。

9/7(火) ★オンライン★育休プチMBA®勉強会  テーマ「復職に備えた準備をする」 | Peatix

また、今回ご登壇いただいた白河桃子さんの次回登壇回は 組織における役割を考える」 9/30(木)です。次回も早々に売り切れる可能性が高いと思いますので、ぜひ早めの購入お待ちしています。

《白河桃子さん登壇》9/30(木)育休プチMBA®勉強会 テーマ「組織における役割を考える」 | Peatix

※プレスリリースはこちら


また多くの皆さんと学び合えること楽しみにしています!

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で7年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!
育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

なぜワークシフト研究所の管理職プログラムなのか

こんにちは。
第三子育休中のあいかです。

私はこの育休でチャレンジしていることの一つがワークシフト研究所主催の管理職プログラムです。(詳細:https://peraichi.com/landing_pages/view/leader2021s)これにプラスして、認定ファシリテーターの資格も取ろうとしているのですが、これについてはまた後日書こうと思います。
管理職研修は他社にもたくさんありますが、なぜ私がワークシフト研究所の研修を選んだのかをお話しします。

キャリアアップを目指す働く母に特化した研修。
交渉学を受けた方はご存知かと思いますが、キャリアアップを目指す働く母はスーパーマイノリティであるが故に、交渉バイアスにかかりやすいです。(=本当はそう思っていなかったのに、マイノリティであるが故に多数の意見に流されやすい)マイノリティの人たちはマジョリティの男性たちと同じことを学んでも、解釈、理解が異なってきます。なので、このスーパーマイノリティである働く母親に特化した研修を受けたいと思い、ワークシフト研究所の管理職プログラムを選びました。

②上司の視点獲得に重きを置いている。
小さい子供を持つと、残業は出来なくなるし、子どもの突発的な病気により、急に仕事を休まざるを得ない日も出てきます。そのため残業していた時と同じパフォーマンスをあげるためには自分は上司に何を求められいるのか、上司は何を考えているのか、を知らないと、出産前と同じパフォーマンスはあげられません。ワークシフト研究所の管理職プログラムでは一番初めにマネジメント思考を学び、上司の視点を獲得します。そこが他の研修にはない特徴と思い、ワークシフト研究所の管理職プログラムを選びました。

③ケースメソッド形式の研修。
ケースメソッドの研修は調べれば他にもたくさんあります。しかしワークシフト研究所の管理職プログラムは自分に近い存在を主人公に設定しているため、自分の問題として学んだ経営学の知識を活かすことが出来ます。
そういう意味では育休プチMBA®は復職後のワーママを主人公に設定し、ディスカッションをメインに行いますので、管理職プログラムと育休プチMBA®をダブル受講すれば、理論と実践の両方を強化することが出来、更に理解が深まると思っています。

④コーチングを受けられる。
プログラムが始まる前に代表の小早川優子さんのコーチングがあり、自分にあわせた研修内容を決定します。自分の弱み、強みを徹底的に分析し、研修のゴールを設定します。私の場合は、ロジカル、クリティカルシンキングが苦手なので、研修後にはロジカル、且つクリティカルに説明出来るようになるというのを設定しています。優子さんは3児の母で、多様なキャリアをお持ちのワーママとしては大先輩であり、キャリアのみならず、自分の家族関係での悩みも解きほどいてくださるので、これも他社にはない強みだと思っています。私の場合、家族の悩みがクリアにならない限り、キャリアでの成功も難しいので、本当に助けて頂きました。

⑤講義後に毎回課題がある。
講義終了後、毎回課題があります。テーマが与えられ、学んだ内容に基づいて、自分だったらどうするか?を考えて、A4×2枚で提出します。正解があるわけではなく、自分がその立場だったらどうするか?をフル回転で考え、思考力を鍛え上げます。採点されるわけではないので、モヤモヤが毎回残り、本当にこれでよいのか?という思いがありますが、逆にそれが思考を続けるきっかけとなり、思考を鍛え上げることになると思っています。

21年下期の管理職プログラム受講を迷われている方、8月31日までは早割があるので、是非検討してくださいね♪
詳細は以下Peatixから。
https://workshift-inst.peatix.com/

今後の予定

8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2021年7月6日勉強会報告

こんにちは。
第三子育休中のあいかです。
7月6日に育休プチMBA®オンライン勉強会が開催されました。

■勉強会内容
今回のケースは「退職を考える時短勤務の仁美」でした。ケースは2頁にわたっており、1頁目では仁美からの視点、2頁目は仁美の上司にあたる支店長からの視点で書かれたケースで、支店長のケースは事前に読まずに勉強会に臨む必要がありました。ファシリテーターはこばさん。二人の男の子持つお母さんでもあり、下のお子さんはまだ10か月で、お隣の部屋でパパさんが面倒を見ながらファシリされていました。

■勉強会参加者
参加者は10名中5名が初参加。代表の国保の「働く女子のキャリア格差」を読んで参加された方や、インターネットで検索して初めて参加された方がいらっしゃいました。またいつもだと首都圏からの参加が多いのですが、今回は岩手、石川からの参加もあり、オンラインならではの醍醐味だなーと痛感しました。

■勉強会の様子
一番初めの設問は「仁美が抱える根本的な問題が何か」でした。こばさんのファシリテートのもと、仁美自身が抱える問題、職場・家族の中での問題等、現状を整理していきました。その次の設問は「あなたが上司の目線になった時、上司は仁美さんに何を期待していると思いますか?」。仁美ではなく、視座を一つあげた上司の目線でケースについて考えました。この問いについて皆で議論した後、二頁目に書かれた仁美の上司(支店長)が抱える課題(ケース)を読んだのですが、一頁目のケースを読んだだけでは、全く想像も出来ないような内容でした。視座をあげて上司目線で考えること上司が何を考えているかを理解するために常日頃からコミュニケーションをよく取る必要があることに気づかされました。上司が、或いはその更に上の上司がどういう立場に置かれているかを知った上で業務に取り組まないと、自分のやるべきことがぶれてしまいますね…。

■ランチタイムの雑談
色々な話をしましたが、特に印象に残っているのが、ケースで読んだような上司の悩みや置かれている状況が、テレワークが進んだことにより、今まで以上に見えにくくなったということです。出勤していた時は上司の雑談や電話の内容、上司が参加する会議の出席メンバー等、何気なく目にしたり、耳にしたりする情報があり、その情報のお陰で業務がスムーズに進むということがありました。しかし、テレワークでは自分が情報を意図的に取りにいかないと見えないものが多く、復職後、コミュニケーションの取り方には今まで以上に気を使っていかないとダメだなと思いました。

次回は「育児に理解のない上司と山田優美」(8/26(木)開催予定)です!!
しかも今回のファシリテーターはジャーナリストとして著名でもあり、大学で教鞭を執りつつMBAも取得されたという白河桃子さん!実は育休プチMBAを最初にメディアに取り上げてくだった「育休プチMBAの恩人」です。認定ファシリテーターを取得されて、ついに登壇してくださいます!売り切れ必至間違いなし。早めの購入お待ちしています。http://ptix.at/WiYgMA

また多くの皆さんと学び合えること楽しみにしています!

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で7年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!
育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2021年1月26日勉強会報告

1月26日(火)「育休プチMBA勉強会」がオンラインで開催されました。今回は特別講座「クリティカル・シンキングとマネジメント思考を鍛える」と題しまして、育休プチMBAの創設者、国保祥子(経営学博士/静岡県立大学)がファシリテートを務めた貴重な会です。

参加者数42名!と過去に類をみない大規模なオンライン開催となり皆さんの注目度の高さが伺えます。
そんな意欲溢れる方々にご参加頂いたおかげで、大勢ながらも活発に意見交換ができましたので以下にご報告させて頂きます。

今回のケースは、時短勤務で働く優美と上司のモヤモヤに注目し課題を考えていくものでした。
まずは優美の課題。ケースを読みグループで話し合い、次に全体で共有します。皆さんからは様々な意見が出そろいましたね。
多く出ていたキーワードは”コミュニケーション”上司や夫、チーム内のコミュニケーションに問題はないだろうか。
そこから講師と共に深掘りしていくと、なぜだか「思い込み」というキーワードにも到達していく。
この、思い込みの深掘りは多くの受講者に胸にジワジワと浸透してきてたようで、私のグループでは思い込み論で盛りあがりをみせていました。

次に上司について考えます。上司に相談したらなぜこんな反応が。。に対する答えも人それぞれ。自分では思いつかなかった他人の視点に、クリティカルに考えるをぼんやり理解してきました。
広い視野で物事を考え、相手の前提を疑う。そこでまた違った”コミュニケーション”が生まれるのだなと思った貴重な時間となりました。

次回の特別講座は「時間制約をどう克服するかを考える」ですが、残念ながらチケットは既に完売しております。。開催報告を楽しみして頂ければ幸いです。
次回もまた、多くの皆さんと学び合えること楽しみにしています!

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて
復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/17(水)、3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
2/18(木)のチケットは完売いたしました。

割引キャンペーンを実施中!

完売しました!】ケース『復職して3ヶ月の井田美咲』:3回セット開催の2回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り3席!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

復職して3ヶ月の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

2021年1月14日勉強会報告

こんにちは!
運営メンバーのまいです。第3子育休中です。

1月14日(木)「育休プチMBA勉強会」がオンラインで開催されました。9名の参加者のうち、初めて参加される方も多数いました。
今回は「退職を考える時短勤務の仁美」というケースでディスカッションを実施し、私も運営ボランティア兼参加者として出席しましたが、今回も多くの気付きがあったので、こちらにご報告させて頂きます。

今回のケースも、復職後誰もが経験するような事例が取り上げられましたが、社会的・組織的な課題やその理由を考えようという問いに対しては、たくさんの課題や原因が発表されました。
仁美さんが退職を考えるまで自分を追い込んでしまった理由として挙げられたのは「相談相手がいない、情報・知識がない、時間がない、気力がない」などなど。思わず共感してしまいます。
さらに、出産後に仕事環境が変わり、想定外のことが起こるのはある程度は想像できたと思うけど、なんで想像出来なかったのだろうという講師の問いかけについては、思わず考え込んでしまいました。

その後、まったく別の観点からチームを俯瞰する上司の立場や課題について学び、意見を出し合いましたが、上司と部下では見える世界があまりに違うことに驚きます。
最後に、自分が上司やチームに提案・行動できることを考え、全員が発表したので、参加者の皆さんから新たなアイデアや視点を得られました。

今回扱ったケースはどこの職場でも起こりそうな事例でしたが、普遍的な問題であるからこそ、自分だけで問題を抱え込み、解決を試みなくても、視野を広く持つことで、すでにある情報や先行事例を活用することが出来る、というのが新たな気付きでした。

4月に復職を控えていますが、復帰後の「擬似体験」から、マネジャー思考、リーダーシップ、限られた時間の「壁」を乗り越える力の3点を学ぶことが出来、とても良いトレーニングになりました。

アンケートから参加頂いた方の声もご紹介します。
・初めてのケーススタディはとても難しかったですが、いろいろな方の意見を聞けて、視野が広がりました。また、視点を変えて問題を考えることで、自分が何をすべきかの解決策が自然に出てきたことが驚きで、とても勉強になりました
・一度目の復職時のまさに自分!というケースだったので、リアリティをもって深く考えることができたと思います
・久しぶりのディスカッションの場でしたが、自分の視野の狭さも痛感し、他の方の意見が参考になることが沢山あったので、満足しています。

最後の交流会では、3回グループ分けをして広く交流出来たほか、講師の小早川も参加し、参加者の皆さん全員と有意義な情報交換ができました。

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/26(火)、2/18(木)、3/17(水)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

【残り7席です!!】ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
残り7席です!!】ケース『復職して3ヶ月の井田美咲』:3回セット開催の2回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り15席!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

復職して3ヶ月の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

2020/12/22勉強会報告

12月22日(火)「育休プチMBA勉強会」がオンラインで開催されました。
今回は「岡村課長と定時後のクレーム」というケースでディスカッションを実施。
まずは組織構造に目を向け、問題・課題について意見を交わしました。

この組織の問題はなんだろう?という問いから、では、なぜ変えることができないのだろう?という講師の質問に
・問題に気付いてはいるが、自分の業務に手一杯で時間がない
・声を出そう、行動しようと思う人がいない
・上司、役員等が変えようと思わない
など、自分たちの組織にも言えるのでは?と思う回答がチラホラ。組織構造に目を向け考えると俯瞰して物事が見えますね。

次に、人に視点を移し深掘りしていきます。
「上司の立場だったら何をしなくてはいけないだろう」
理想のリーダー像ではなく、自分が上司だったら問題構造に対しどのような行動を取るだろうか。という視点で意見を出し合います。
自分らしいリーダー像のシェアから、自分にはない他の人の考え方に”ハッと”させられ、自分に足りない9つの挑戦課題について気づかされる良い機会となりました。

最後に、自分が上司・チームに提案・行動できることを考えました。
チャット機能も活用し、参加者全員が意見を発信・共有する機会が多い勉強会となりました。

アンケートから参加頂いた方の声もご紹介します。
・講師の問いにより自身の思考が深まったほか、最後にチャットを活用して振り返られたので、ほかの方々の意見も同時に見られて興味深かった。
・答えを出さず2割のモヤモヤを残す、という進め方がよかったです。コロナで籠りがちなので、全く違う業種や地域の方と話ができて楽しかった。
・出てきたアクションが自身も参考になるものだった。

最後の交流会では、講師の小早川も参加し、参加者の皆さん全員と有意義な情報交換ができました。

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて
復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

2020年12月7日勉強会報告

こんにちは!
運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。

12/7(月)にオンラインで育休プチMBA®勉強会が実施されました。
当日私は運営ボランティア司会として、そして参加者として出席しまして、非常に有意義だったのでこちらにご報告させて頂きます!

今回はテーマ「組織における役割を考える」に基づき、「退職を考える時短勤務の仁美」のケースを扱ってケースディスカッションで掘り下げました。
当日は最近のオンライン開催回には珍しく7名と少人数。
その分、後述もしますが濃厚な会になったと感じています。

ディスカッションでは、復職後に必ずと言っていいほどぶち当たるであろう壁、時間制約を持つ主人公に焦点を当て、この人はどうするべきかを話し合いました。
少ない情報から想像力たくましく考えるご意見に非常に刺激を受けました。
いつも思いますが、他の方が考えることって自分にはない視点が本当にたくさんあります
ケースメソッド教育と呼ばれるものですが、社会人には貴重になりがちな集団で学ぶことの有り難さを痛感しています。

その後、ケースは展開を見せ、その仕掛けにより参加者はマネージャーの視点を得ることになります。
視点を移し掘り下げるよう促されることで、当事者観点、マネージャー観点を体験することができ、思考の幅が格段に広がります
効果を非常に感じ、決して上からではないのですが、よくできた仕掛けだなぁと感動しました!
グループディスカッションでご一緒させて頂いた方々はいずれも2回目の育休で、初めての復職の時は自分ばかりだったなぁなど、私を含めて気付きをお互いに吐露していました。
講師の森家先生は温かく、また意見を褒めつつも、示唆に富んだツッコミをどんどんしてくださるので思考訓練をしっかりできます!

勉強会で頭の疲労を感じつつ、ランチ交流会でリフレッシュ。
育休も後半という方が多く、育休中にやってよかったこと、復職にはこんな不安を感じている、上の子の習い事や就学前準備、などなど話は尽きず。
少人数開催のメリットですが、グループをシャッフルすると参加者のほとんどと交流を持つことができました!

アンケートから参加頂いた方の声もご紹介します♪
・参加者が前回よりも少人数だったので、発言しやすい雰囲気だった
・少人数だったので発言の回数が必然的に多くなり、学びを深めることにつながった
・自分が第一子の育休明けに感じていた仕事と家庭のバランスがとれず欝々していた状況と今回のケースがとてもよく似ていた。あの時どうすればよかったのかと自分自身の行動を振り返るだけでなく、上司の目線からも物事を俯瞰するトレーニングになり新たな気づきを得ることができた。

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて
復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。
今月22日には年内

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/22(火)、1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!