「コミュニケーション」タグアーカイブ

復職面談

こんにちは。現在第2子の育休中のコマーです。

有難いことに、先日子どもの入園先保育園が決定し、復職できることになりました。先日、上司との復職面談を終えたので、実際に実施した内容をご紹介したいと思います。これから復職する方、面談する方に少しでもお役に立てたら幸いです。

■下準備

産休・育休中でも上司や同僚とのコミュニケーションは維持しておく。

→メールやSNSでもOKだと思います。私は職場のコミュニケーション活性化を目的とした雑談MTGが定期開催されていたので、月1回程度の頻度の参加していたのと、年末年始を挟んで育休期間だったため新年挨拶を兼ねた連絡をとり、近況報告と、保育園の待ち状況等をざっくりと伝えておきました。

■事前連絡

保育園の決定通知が届く1か月前くらいまでに、「●月●日頃に保育園の結果が分かる時期なので、それ以降で復職に関するご相談をさせていただきたい」旨をお伝えしておく。

4月復職の場合は、保育所の結果が年明け~2月頃に届きますが、その時期は企業側は次年度の事業計画策定時期等で非常に多忙な時期だと予想されるため、早めすぎと思うくらいにざっくりお願いしておくと良いと思います。

■結果報告と面談アポ取り

結果を受領したら、夫→上司・・・くらいの順番で報告しました。

上司は事前連絡していたおかげで、いざ面談のお願いをした際には、「お!待ってたよ~面談いつする?」ととてもスムーズ面談計画を立てられました。

また、その際に以下をお伝えしておきました。

①多忙の中時間をいただくことに関する感謝の意

 →育休プチMBA勉強会のディスカッションで学びました

②上司の時間を長く取らせないよう、事前に面談でお伝えしたいことや確認させてただきたいことをシートにまとめてメールで送る旨

 →希望の勤務体系や、復職への家族のフォロー体制

 →育休中に自己研鑽したことやアピールしたいこと

 →復職に対して高いモチベーションであること

 →今後のキャリアプラン

 →その他、社内手続きで必要と思われる文書

■面談当日

 お時間をいただいた感謝の意を伝え、面談スタート。

 上司から何か話があるか確認の上、自分自身の伝えたいことを事前送付のシートに沿ってお話する。

→事前にシートを送付していたことで、上司も一通り目を通してくれていたためスムーズに進みました。

また、育プチ公式ブログでは、「復職準備」や「面談」と検索していただくと、歴代の運営メンバーのTipsがたくさんありますのでぜひご活用くださいね♡

みなさんの復職がスムーズに、そして理想のキャリアと家庭の両立が叶いますように願っています。

一緒にがんばりましょうね!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

※3/17(水)、3/29(月)ともに勉強会チケットは完売しました

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【完売しました!】ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマ・新ケースです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

ランニングから学ぶ復職後のコミュニケーション

こんにちは。第1子育休中のしづです。

箱根駅伝、すごかったですね!最後の10区で1位が入れ替わるという、最後まで手に汗握るレースでした。

実は私、健康のためにランニングをしているのですが、先日、ランニングアプリのガイドランという、音声でアドバイスを受けながら走れるプログラムを使ってみました。

私が選んだのは、箱根駅伝にも出場している東洋大学、陸上競技部酒井監督のガイドラン。

酒井監督はこのように仰っていました。

箱根駅伝でのレース中の選手への声かけは1回1分と決められているそうです。

ラップタイムなどの基本情報の他、選手一人一人に合わせてモチベーションアップにつながる声かけを行います。

1分という短い時間なので、自分の言いたいことをダラダラと話すのではなく、短文で明確に。何を言いたいのかではなく、何が伝わったか。それが重要とのこと。

また、声かけのポイントは、同じ言葉を使わない、だそうです。

同じ言葉を使ってしまうと、またあの話だなと、途中から飽きてしまい、聞く耳を持たなくなってしまう。

同じ意味合いでも違う言葉を使って鼓舞する。そうすると選手の心に響くそうです。

これってもしかすると、在宅勤務時のコミュニケーションでも同じことが言えるのかもしれないですね。

今のご時世、復職した時に在宅勤務になっているという方も多いのではないでしょうか。

制限人材としての復職というだけでもコミュニケーションが取りづらいのに、在宅勤務だとコミュニケーションの工夫は必須項目ですね。

さらに、ランニングは始めるまでのハードルが一番高いとも仰っていました。

育休プチMBA、最初はハードルが高いと思うかもしれませんが、まず参加してみませんか。

3回続けると思考の変化に気づけます。

初めて参加の割引もありますよ!ご参加お待ちしています〜〜

今後の予定

1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

プリンの思い出

第二子育休中のhanaです。

最近、ふと気が付いたことがあります。

「赤ちゃんとお出かけしても、誰とも話しをしていないなぁ・・」と。

4年前に産まれた長男。1日中赤ちゃんと二人だけの世界にいることがしんどかった当時の私は、宅配サービス等は使用せず、赤ちゃん長男と気分転換やお散歩を兼ねてよくスーパーにお出かけしていました。思えば行く度に「可愛いねぇ」「今 何か月?」「女の子?男の子?」なんて質問を様々な方から頂いていました。

ご年配の方からはよくお菓子や食べ物なんかも頂きました。中でも忘れられない経験は、優しすぎる老紳士からのギフト。

「可愛い子だね〜。コレでおいしいモノを買ってあげて」と差し出されたのは、

1万円札!!!

さすがに受取れない!!と焦る私に、「じゃーこれぐらいなら大丈夫かな?」と

5千円札が。いやいやそーでもない!!

どんどん低い金額を提示してくれる老紳士。焦る私。無表情な息子。

結局、近くにあったプリンを2つ手に取り「今からこれをレジで買ってくるからちょっと待っていて」ということに。お隣にいた奥様から「あの人の気持ちなので遠慮なくもらってあげてください」と言われ、少し戸惑いながらも、見知らぬ我が子を可愛がってくれようとする、ご夫婦の気持ちが嬉しくて遠慮なくプリンを頂いて帰りました。

現在コロナ禍。次男と一緒にスーパーに行っても誰かと会話することは、ほぼなくなりました。改めて考えると少し寂しいことですね。対面でのコミュニケーションの大切さを感じた今日この頃。色んな人の優しさを感じられる赤ちゃんとの時間。気軽に雑談ができる。そんな日常が早く戻ってくると良いですね。

現在、育プチではオンライン(Zoom)開催以外にも、東麻布ワークラボでリアル開催も行っております。対面でのコミュニケーションは人と人との繋がりを強く感じる場。私のような忘れられない経験が待っているかも。是非ご参加お待ちしております。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/22(火)、1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!