「#フルキャリ」タグアーカイブ

復職準備失敗談①復職1年目、こんなに病気になるなんて…「平均値」の落とし穴

こんにちは。第2子育休中のほんめぐです。3歳と8ヶ月の姉妹を育てています。

第一子復職準備中、こんな数字を耳にしました。

「0歳児の平均年間病欠日数は約20日」

ソースはおそらくこちらの研究、平均19.3日(保育園児の病欠頻度に関する研究,2017,東京女子医科大学)です。

それを聞いた私は当時こう思いました。

「へぇ〜年20日。月1〜2回くらいかな

「有給休暇繰越分もあるし、夫と交代で対応すれば何とかなるでしょう!

ところがどっこい。慣らし保育で早々に体調を崩し発熱、呼び出しを繰り返し(全然慣れない)、復職前日も38℃の発熱。復帰初日は夫に休んでもらい出勤。泣きぐずる娘のお世話で前日ろくに眠れなかった私はフラフラ、後ろ髪引かれまくりでした。

寝不足の頭で「初日からこれで、これから一体どうなるのだろう?」普段は楽観的な私も暗澹たる気持ちになりました。

結局、復職後最初の1年、保育園をどれくらい休んだかというと…

44日!!(どーん!)

平均の倍以上…こんなに乖離があるなんて。しかし、この状態は決して珍しい訳ではないのです。

こちらの記事(「20%が、年間60日以上病欠」 保育園に通う子どもの実態に、ハッとする – grape )によると「約45%は20日未満、約20%は60日以上休む」「平均が約20日」。つまり全員が約20日休むという訳でなく、ほとんどお休みしない元気っ子もいれば、我が子のように平均の倍以上お休みしてしまう子もいるということなのです。驚愕なのは60日以上休んだ割合です。約20%=5人に1人が4日に一度休む計算になります…(年間出勤日数240日で60日休んだ場合)。

復職前に知っておきたかった!

年間約20日と思って甘く見ていた!!

次のブログでは、保育園休みまくりの我が子と最初の一年をどう乗り越えたかについてお伝えします。

(続く)

参考

保育園児の病欠頻度に関する研究,2017

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jtwmu/87/5/87_146/_pdf/-char/ja

「20%が、年間60日以上病欠」 保育園に通う子どもの実態に、ハッとする – grape

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

自分のキャリアを「戦略的」に考える

こんにちは。

第二子育休中のよっしーです。

先日、はじめてWSIプチMBAの講座を受講しました!走り抜けた20代が終わり、30代(ちょっと過ぎてますが。笑)はどんなキャリアにしたいか、今回の育休中にじっくり考えたい私が選んだ講座は「キャリア・ビルディング」。

◆こんな人におススメ!

・WSIプチMBAをまだ受講したことがない
→この講座を受講すると「勉強するという自己投資」へのモチベーションが上がるので初めての受講に最適だと思います!

・女性管理職プログラムを受講予定で、キャリアコーチングを控えている
→講義で学ぶ「キャリア戦略のフレーム」に基づいたキャリアプランシートを記載した上でキャリアコーチングに臨むため、キャリアプランシートをじっくり作成するための手助けとなります!

私は今回2021後期の管理職プログラムを申し込み、キャリアプランシートを埋め始めたところだったので、良いタイミングでの受講だったなと感じています。

◆オススメする理由

・小早川優子さんがエンカレッジしてくれる!
→「皆さんは優秀なのだから、もっと自信を持って!」と背中を押してくれる小早川さんの言葉で、受講後にとっても前向きになれるはず♪

・今後の定期的な(毎年など)キャリア戦略の見直しでずっと使っていける内容!
“キャリアビルディング”では「キャリア戦略のフレーム」を使って自身のキャリア戦略を立てる方法を学ぶので、一度学べば年に1回や節目での定期的なご自身のキャリアの見直しでずっと使っていくことができそうです。

私は、毎年の見直しは自身で行い、節目節目でキャリアコーチングを単発で申し込むという方法が良いかなぁと考えているところです。

ちなみに、キャリアコーチングが気になっている方、ブログの過去記事にボリュームたっぷりの小早川さんへのインタビューがありましたので、是非こちらを読んでみてください!

2018年3月13日ブログ
「自分のキャリアをどう考えるか?小早川さんにインタビューしました!」

育休プチMBAには参加したことがあるけれど、WSIプチMBAはまだという方、一度ぜひお試しで受講してみてくださいね。

思い切って女性管理職育成プログラムに参加というのもおすすめです!まだ2021後期コースは募集中のようですので、一緒に学びませんか?

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!