「ベビーシッター」タグアーカイブ

挑戦するために選択肢を複数用意しておくこと

第1子育休中のSallyです。

先日、挑戦できたのは、もしもの時のプランを用意してあったからこそという話を聞く機会がありました。

リスク管理ができているという安心感があれば挑戦出来るというのは、仕事においても、育児においても、同じことかもしれません。

例えば、復職に向けて、想定しうる問題や課題を挙げてみて、その対策を立てておく。
身内サポートや外注サービスについても育児休業中に、実際に利用登録して一度は利用する機会を作っていく。
このように備えていくことで、復職や両立への不安は、少しずつ解消されていっているように思います。

先日、 コロナ禍での娘の預け先 について、もしものときの選択肢を複数用意しておいて良かったという実感があったことがありました。

私の周りでは、育児休業期間中の預かりサービスといえば、保育園の一時保育がメジャーで、ファミリーサポートを利用した人の話はあまり聞いたことがなかったのですが、
育プチで復職に備えるため複数のサービスを利用登録しておいた方が良いというお話を聞く機会があり、行政サービスなので少々登録に手間がかかったものの、一時保育の利用登録と並行して利用登録を済ませていました。

そして、いざ預かりサービスを利用しようというタイミングで、コロナ感染者数増加による蔓延防止阻止や緊急事態宣言の発令され、色んなことにイレギュラーが発生しました。
私の住んでいる自治体では、保育園の一時預かりは、コロナ感染対策のため、集団保育から1:1保育にするように指示が出ているとのことで、利用用途も通院や就労に限られていても、なかなか予約が取れない状況でした。
一方で、ファミリーサポートの方は、元から1:1であることもあり、利用用途の限定もなく、感染対策を行えば大丈夫とのこと。利用時もサポーターさんの都合さえつけば預かって貰えるとのことで、ホッとしました。

ちなみに、私はファミサポがダメであれば、実家、それもダメであれば、ベビーシッターを利用しようというように、オファーする優先順位も決めておくようにしてみました。

先日のオンライントークイベントでも、子どもが発熱した際の対応が決まっていれば、シンプルに対処していけるようになり、心理的なストレスが減るというお話がありました。
もしものときのプランがあり、速やかに対処の目処が立てられるということは、職場復帰後の上司や同僚への不安感の払拭と信頼にも繋げられるようにと思います。

仮にこういったプランがなく、自分ひとりで抱え込むしかない場合は、両立したいという気持ちがある一方で、ここぞというときに 子どものために 出られない、ということもあり得ます。
(育休中で、自分ひとりで抱えている場合も同様のモヤモヤが出てきてしまいます。)

ちなみに、私自身、私の母親は、両親遠方で、子育てが落ち着くまで専業主婦でいることを決めて過ごしていたので、家事育児は母親が担っている記憶が鮮明で、私自身、仕事と両立するには誰かや何かに頼る必要があるというイメージはあっても、具体化するのに少し時間がかかってしまったように思います。(今でもこんなことを書いて、やってみながらも反省することが沢山あります…。)

でも、育プチに参加したことで、オンラインでも、とても近くに感じるメンバーに囲まれて、合理的な思考や実践する後押しを得られたことは、育休中に得られたとても大切なことのひとつです。

育休中の方、復職後にモヤモヤされている方は、ぜひ一度、勉強会に参加してみて、色んな人とお話する機会も作ってみてくださいね♪

今後の予定


9/7(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

未就学児を持つ家庭でワクチン接種前に確認したほうが良いこと

こんにちは、第2子育休中のへろりんです。
先日、新型コロナウイルスのワクチン接種(1回目)に行きました。

副反応等については色々と事前に調べていたのですが、実は直前でバタバタしてしまったのが「接種の当日~(副反応が出ると思われる)翌々日あたり、子どもの世話はどうするの?」問題でした。

我が家の子供は2人。保育園年少クラスに通う上の子と、生後5か月の下の子です。

私の反省を踏まえて、「未就学児がいるご家庭の方がワクチン接種を行う場合、事前に準備が必要と思われる点」について、ご紹介したいと思います。

①接種の間、下の子(乳児)の面倒を誰に見てもらうか
⇒私は自治体の集団接種会場で接種したのですが、予約できたのはなんと接種日の3日前でした(おそらく、急遽キャンセルが出た分かと思います)。

予約できた会場は、自宅から電車・バスを乗り継いで片道40分弱の場所。

そのため、接種の間に下の子の面倒をみてもらおうと、義理の母(自宅まで40分ほど)に連絡をしたところ、この日は既に予定がありとのことでNGに。
ベビーシッターのマッチングサービスでもシッターさんを探したのですが、それなりに直近だったこともあって、なんとこちらも都合のつく方がいませんでした。

結局、義母に予定を動かしてもらい、何とか接種時に下の子の面倒を見てもらえました。ただ、身内(やご近所の方など特定の方)に協力を仰ぎたいのであれば、早めに協力を仰ぎたいことを伝え、「対応できない日時や曜日はあるか」など聞いておけば良かったなと思いました。

なお、自治体によっては、集団接種会場に子どもの保育の場を設けている自治体もありますので、確認しておくと良いと思います(私の住む自治体はありませんでした…)。

②保護者が「ワクチンの副反応によると思われる発熱・体調不良」があった際の登園可否

①よりも早めに確認しておいた方が良かったな、と思うのが、「保護者に『ワクチンの副反応によると思われる発熱・体調不良』があった際の、保育園/幼稚園の登園可否」でした。

現在、子どもが通う園は、保護者も含めて毎日の検温と記録提出が必須になっています。

そのため、接種の前日、園の連絡ノートに「明日、母がワクチン接種予定です。明後日は発熱があるかもしれませんが、ワクチンによる可能性が大きいです」と書きました。

そしたらば「副反応によると思われるものであっても、ご家族の方に発熱した方がいたら、登園は控えてください」とお返事がありました。そう、接種の前日にです。

元々、接種翌日・翌々日の保育園送迎は夫(在宅勤務不可)にお願いしていたのですが、非常に焦りました。

37℃台後半以上の発熱(そして多分注射した方の腕は痛い)で、元気な子ら2人を家で相手するの無理ですやん…。

翌日は幸い、私に発熱や体調不良はなく登園させたのですが、早めに園に確認しておいた方が良かったなと感じています。

【おわりに】
今回痛感したのは、「注射ひとつ打つだけで、こんなに段取りと前準備と交渉が必要なのか…!」ということです。

文章にすると多少落ち着いて書けていますが、シッターさんが見つからなかったり、保育園から「登園NGだから」と返事が来たりした時は、「マジかい!!」と心の中が大荒れでした。

早め早めの行動が大切、というのは、仕事で身に染みているはずですが、なぜ子育てが絡むとこうも上手くいかないのか…。

恐らく、次回の接種では発熱と体調不良が起こると思います。

保育園は休ませる前提、夫にも仕事を休めないか交渉、体調不良でも籠城できるよう備蓄、子どもはTV漬けにしてしまっても良いと割り切る…等々、今回以上に準備をしておかないとなと感じている次第です。

今後の予定


8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

子ども預かりサービス比較 登録・利用してみたメリット・デメリット

こんにちは! 第2子育休中のへろりんです。
育休からの復職前には、子どもの預け先の確保も大きなミッションになりますよね。

私は保育園に加え、
 ①ベビーシッター会社(1社)
 ②ベビーシッターのマッチングサイト(2社)
 ③行政のファミリーサポート
 ④病児保育(民間1社、行政)
に登録しています。

子どもが発熱した場合は、迷わず④の病児保育の利用を検討します。ただ、「保育園は利用できないけれど子どもの預かりが必要になった」という場合は、①~③の中から、残り日数/費用/利用時間を比較して、どこにお願いするかを決めています。

今回は、複数の子ども預かりサービスを利用する中で感じたメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

【①ベビーシッター会社】
 ベビーシッター派遣を専門とする会社(シッターさんたちはその会社に雇用されている)に、登録をして利用をします。

<メリット>
 ・日時と利用したい時間さえ決まれば、申し込むだけでOK
  →申し込めば、その会社が雇用するベビーシッターさんが派遣されます。自分でベビーシッターさんを選ぶ手間がありません。選べないという点ではデメリットかもしれませんが、ベビーシッター会社が質を担保したシッターさんに来ていただけるという安心感があります。
 私が登録している会社さんは、(費用は割り増しますが)当日依頼OK、24時間Web受付なので、急遽預かりをお願いしなければならない時に大変重宝しています。

<デメリット>
 ・費用がかさむ
  →マッチングサイトや行政のファミリーサポートサービスと比較すると割高です。また、私が登録している会社は、利用していなくても、年に1回「年会費」の徴収があります。ただし、お勤め先によっては法人契約をしていたり、福利厚生で費用補助される場合もありますので、利用を検討される場合はぜひ確認してみてください。自身の勤め先の福利厚生では費用補助が出なくても、お連れ合いのお勤め先の福利厚生では費用補助が出る、なんてこともありますので、復職前に確認してみることをお勧めします。

 ・登録までに時間がかかることがある
  →これは私だけかもしれませんが…。ベビーシッター会社のうち1社は、初連絡~登録完了までに2カ月超かかり、めっちゃめちゃ疲れました…(大きな声では言えませんが、法人契約でも紹介者がいたわけでもなかったので、きっと後回しにされていたんだろうなぁと思っています…)。利用登録をする際は、時間に余裕を持つことをお勧めします。

【②マッチングサイト】
 ベビーシッターと利用者のマッチングプラットフォームからベビーシッターさんを探し、個人として依頼する形式です。マッチングサイトを運営する会社はベビーシッターさんを雇用しているわけではなく、そのプラットフォームを提供しているのみです。ベビーシッターさんは、そのプラットフォームに登録している個人事業主の扱いになります。

<メリット>
 ・自分でシッターさんを探すことができる
  →マッチングサイトに登録さえしてしまえば、自宅から近くに住んでいる人、英語で保育できる人、保育士/幼稚園教諭資格の有無、1時間あたりの費用などなど、比較しながらニーズにあったシッターさんを探すことができます。
 依頼する前も「保育中、こういうことをお願いしたい」といったメッセージを送れるようにしている事業者が多いので、ニーズに沿った保育をお願いしやすいです。

<デメリット>
 ・質にばらつきがある
  →ベビーシッター会社からの派遣と比べると、保育の質にはばらつきがあるなというのが正直なところです。細やかに対応いただける方もいれば、「えっ、そこ、こうしちゃうの?!」みたいな方も正直いらっしゃいました。こればっかりは相性や好みも大きいです。預かり前のコミュニケーションで希望をきちんと伝えることが大切だと感じています。

【③行政のファミリーサポート】
 自治体が提供するファミリーサポートセンターに「利用会員」として登録しておき、ファミリーサポートの援助会員さんに子どもの面倒を見ていただく形式です。

<メリット>
 ・徒歩圏内にお住まいの方とつながることができる
  →ファミリーサポートを通じて保育をお願いする場合、マッチングされるのは徒歩圏内にお住まいの方であることがほとんどだと思います。特に近隣に親類がいない環境の場合、お近くにお住まいの方とご縁ができることは大きいメリットだと考えています。私は第一子の育休中に何度か預かりをお願いした方がいるのですが、その方は小学生のお嬢さんがいらっしゃったので、小学校の様子などを聞いていました。

 ・安価である
  →援助会員さんのボランティアベースによる活動なので、費用は安価に抑えられます。私が住んでいる自治体のファミリーサポートは1時間800円、ベビーシッターと比較すると半額以下です。

<デメリット>
 ・利用までのハードルが、民間のベビーシッターサービスと比べると高め
  →民間のベビーシッターサービスと比べると、いざ「利用したい」と決めてから実際にお願いするまでの手続きが煩雑で、時間がかかります。

 私が住んでいる自治体の場合、まずはファミリーサポートセンターに電話をしてマッチングを依頼するのですが、上手くいかなかった場合はベビーシッターの利用に切り替えなければならず、利用には時間的余裕が必要です。また、保育前の面談も必須なので、面談用の日程も確保しておく必要があります。

 育休中なので平日も時間が取りやすいのですが、復帰後に1から利用するとなると大変そうだな、というのが正直なところです。行政のファミリーサポートの利用を検討されている方は、ぜひ育休中に準備・利用をすることをお勧めします。

 ・民間のベビーシッターサービスと比較すると制約が多い
  →預かり時間や条件は、民間のベビーシッターサービスと比較すると制約が多く感じます。例えば、私が住む自治体では、最長4時間の預かりなので、もう少し家を空けなければならない時は利用することができません。
 また、自治体によってファミリーサポートでサポートできる範囲も異なるので、そこも注意が必要です。

【終わりに】
 複数の子ども預かりサービスに登録されている方は少ないかもしれません。また、費用もかさむことは事実なので、誰にでも複数登録を推奨するわけではないのですが、私は、いざというときに子どもの面倒を見てくれる預け先が複数ある、ということが安心につながっています。
 もし、ベビーシッターやファミリーサポートの登録を検討している方がいれば、参考にしていただけると嬉しいです。

今後の予定

6/8(火)、7/6(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cover-D4PgVRbDRUivoZtN6wbaccWWr6u95jSR-2.png
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策は‥?詳しくはこちらをクリック!
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線でとらえるには?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

育休プチMBA勉強会 PEATIX 育休プチMBA勉強会 FACEBOOK 育休プチMBA勉強会 INSTAGRAM

【復職準備】はじめてのベビーシッター

こんにちは。
運営メンバーのキャシーです。
第一子育休中です。

以前、勉強会参加者限定コミュニティー内で開催されたオンラインオフ会で、シッター利用について、様々な人と議論を交わしました。

私は今まで、マッチング型ベビーシッターを一度しか利用したことがありませんが、その経験でも、どなかのご参考になるかもしれないと思い、振り返ってみました。

◆派遣型ではなくマッチング型を選択

お願いするまでの日数が1週間程度と迫っており(汗)、私のみた派遣型の会社に登録するには面談などが必要で時間不足だったので、マッチング型を選択しました。

派遣型を利用したことがないので比較できませんが、私が選んだサービス提供会社は、アプリから、指定したい時間の空いてるシッターさんを選べたり、アプリの使い勝手(UX)がとても良かったので、今後も継続して使いたいと思いました。

◆お願いする方を選んだ基準

アプリ上に現われる数々の人を見比べた結果、経験が豊富そうな60代の女性にお願いすることにしました!これは個人の独断と偏見で選んでいますが、私が注目したポイントは以下です。

・資格
→保育士や看護師であることには拘りませんでした。ベビーシッターの資格は保持されていましたが、経験や評価に重きをおこうと思いました。

・料金
→初めだったので、安すぎず高すぎず、平均的な金額の方を選びました。

・病児保育が可能か、経験豊富か
→復職後、病児にお願いすることを見据えて。

・評価
→5段階中4.99の方を。口コミもほぼ全て読み込みました。

・経験値
○サポート実施回数→500回以上
○累計ユーザー人数→180人
○リピート人数→50人
○シッター歴9年
→これらの数字は全て、他のシッターさんと比べてかなり多く、経験豊富であることの裏付けに。リピが多いのも一つの安心材料に。

・カレンダーの空き状況
→たくさん埋まっている方を選択。

◆お願いしてみて
生後3ヶ月の子供を、2時間お願いしました。事前面談をする時間がなかったのですが、この方にお願いできて本当に良かったと思いました。安心できたポイントは以下です。

・前日にメッセージを頂き、子の体調や最近のスケジュールなどをお伝えできた

・当日、早めにいらしてくださり、我々親の前で子供を抱っこしたり、オムツを換えたり遊んだり、我々が安心してお任せできますように配慮してくださった

・戻ると、不在中の子供の様子を詳細に教えてくださり、写真もたくさんシェアしてくださった

なお、たまたま義理の妹が当日顔を出してくれたので、彼女からもシッターさんの様子を聞くことができました。彼女がくることを快く受け入れてくれたシッターさんにも感謝です。

本当は定期的にお願いする予定が、早くも前回から半年が経過。子供のためにも、信頼できて頼りになるシッターさんを見つけておきたいと思っていたので、この方に定期的にお願いし、素敵な関係を築いていきたいと思っています!

*********************

★ただいま2020年度 秋運営メンバー募集中★

多くの気づき、学び、そして素晴らしい仲間が得られる運営活動。
メンバーみな異口同音に「参加してよかった♪」の声でした!
“子どもを持ちながら働く”が当たり前になる社会の実現に向けて、一緒に活動しませんか?
応募はこちらから♪

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/8(火)&9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/8(火)はワークラボでの開催。
対面にならないように各テーブル2・3名とし、少人数で実施します。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter※始めました! フォローお願いします♪