「マネジメント思考」タグアーカイブ

育休プチMBA®代表・国保祥子トークイベント開催報告

こんにちは。

第三子育休中のあいかです。

8月3日開催した育休プチMBA®代表・国保祥子によるトークイベントにご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

総勢132名の方に参加頂き、国保も運営メンバーも感謝の気持ちでいっぱいです。聞いて頂いた内容が少しでも多くの方の心に響き、育休並びに復職後の生活のお役に立てると嬉しいです。

セミナーは「なぜ国保が経営学を学んだのか?」という内容から始まりました。今の国保からは想像も出来ませんが、20代の時の国保は上司や顧客が言っていることが理解できず、仕事ができなくて悩んでいたようです。先輩のアドバイスをきっかけにビジネスの「共通言語」である経営学を学んだことで、世界が一気に変わったとのこと。

2014年第一子を出産した国保はあるワーママと出会い、育休者向けに「限られた時間の中で成果を出す方法」をケースメソッド形式で学ぶ「育休プチMBA®」を立ち上げました。

しかし、なぜ育休者が「経営学」を学ぶことが大切なのでしょうか

まず前提として、日本は女性活躍度は非常に低く、意思決定層にいる女性も少ないです。出産育児で第一線から離れる女性も多く、学習機会を逃しやすいですし、非常に優秀であるにも関わらず、女性は業務を全うする自信がなかったり、頑張っても評価されにくいという問題もあります。

では一体どうしたら良いのでしょうか?そこで出てくるのが「経営学」です。人間は「挑戦的経験」をすることで成長出来ます成長するために良質な経験が必要です。しかし、女性は自然に任せているとその良質な経験をさせてもらえない傾向があります。また育児期の女性は、育児と仕事を両立する自信がないと上司にもアピールしないことが多いです。しかし国保は時間と自信がないからこそ「経営学」を学ぶべきといいます。「経営学」を学ぶことで会社、組織目線で物事を考えられるようになり、積極的に業務に取り組めるようにもなりますし、自信を得ることが出来るとのこと。

育休プチMBA®ではMBA同様の本格的な教材を用いて、育休復職後に実際に起こりうる事例をもとにケースディスカッションを行い、復職時の状況を疑似体験できます。これが成長するための良質な経験となり、復職後、課題に直面した時にどのように自分が行動すべきかを理解できるので、スムーズな復職へと繋がります。

時間の関係上、全ての質問には回答できなかったのですが、皆さまから頂いた質問についても国保からいくつか回答させて頂きました。

特に私が印象に残った話は「復職後の1年は子どもは平均で年間20日熱を出す。子どもの風邪はコントロールできないけれど、その状況に動じないためには、そもそも子どもは休むという前提で体制を作っておく必要がある」というものです。人間は自分がコントロールできない領域が大きいとストレスがたまります。子どもの病気自体はコントロールできなくても、自分が出社できるようにするバックアップ体制はコントロールできるもの。なので、子どもの病気に焦点をあてるのではなく、その体制をいかにコントロールするかに意識を向ければ、自分の気持ちの負担も減るということを改めて認識しました。この体制を構築するためにも「交渉学」「意思決定」「クリティカルシンキング」等々、色々な経営学の知識が必要になってきますので、今後更に学びを深めたいと思いました。最後に国保からは「2年目以降は子どもの病気も格段に減るので、最初の一年を乗り越えれば大丈夫」という暖かいメッセージもありましたよ。

元々12時半終了予定でしたが、チャットで追加質問を頂き、12:50までQ&Aの時間は続けさせて頂き、トークイベントは終了しました。

ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました!!

今後の予定


8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/※残席は僅かです!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2021年1月14日勉強会報告

こんにちは!
運営メンバーのまいです。第3子育休中です。

1月14日(木)「育休プチMBA勉強会」がオンラインで開催されました。9名の参加者のうち、初めて参加される方も多数いました。
今回は「退職を考える時短勤務の仁美」というケースでディスカッションを実施し、私も運営ボランティア兼参加者として出席しましたが、今回も多くの気付きがあったので、こちらにご報告させて頂きます。

今回のケースも、復職後誰もが経験するような事例が取り上げられましたが、社会的・組織的な課題やその理由を考えようという問いに対しては、たくさんの課題や原因が発表されました。
仁美さんが退職を考えるまで自分を追い込んでしまった理由として挙げられたのは「相談相手がいない、情報・知識がない、時間がない、気力がない」などなど。思わず共感してしまいます。
さらに、出産後に仕事環境が変わり、想定外のことが起こるのはある程度は想像できたと思うけど、なんで想像出来なかったのだろうという講師の問いかけについては、思わず考え込んでしまいました。

その後、まったく別の観点からチームを俯瞰する上司の立場や課題について学び、意見を出し合いましたが、上司と部下では見える世界があまりに違うことに驚きます。
最後に、自分が上司やチームに提案・行動できることを考え、全員が発表したので、参加者の皆さんから新たなアイデアや視点を得られました。

今回扱ったケースはどこの職場でも起こりそうな事例でしたが、普遍的な問題であるからこそ、自分だけで問題を抱え込み、解決を試みなくても、視野を広く持つことで、すでにある情報や先行事例を活用することが出来る、というのが新たな気付きでした。

4月に復職を控えていますが、復帰後の「擬似体験」から、マネジャー思考、リーダーシップ、限られた時間の「壁」を乗り越える力の3点を学ぶことが出来、とても良いトレーニングになりました。

アンケートから参加頂いた方の声もご紹介します。
・初めてのケーススタディはとても難しかったですが、いろいろな方の意見を聞けて、視野が広がりました。また、視点を変えて問題を考えることで、自分が何をすべきかの解決策が自然に出てきたことが驚きで、とても勉強になりました
・一度目の復職時のまさに自分!というケースだったので、リアリティをもって深く考えることができたと思います
・久しぶりのディスカッションの場でしたが、自分の視野の狭さも痛感し、他の方の意見が参考になることが沢山あったので、満足しています。

最後の交流会では、3回グループ分けをして広く交流出来たほか、講師の小早川も参加し、参加者の皆さん全員と有意義な情報交換ができました。

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/26(火)、2/18(木)、3/17(水)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

【残り7席です!!】ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
残り7席です!!】ケース『復職して3ヶ月の井田美咲』:3回セット開催の2回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り15席!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

復職して3ヶ月の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

ワークラボでWSIプチMBAを受講しました

こんにちは。
運営メンバーのりくです。
第2子育休中です。

9/16(水)に育休プチMBA®︎の運営母体であるワークシフト研究所(以下WSI)が開催する経営学講座「WSIプチMBA リーダーシップⅡ」を受講してきました。
WSIプチMBAとは?

「リーダーシップⅡ」では、基本的なリーダーシップについてのレクチャーの後、ジェンダーとリーダーシップにフォーカスし、女性リーダーが陥りやすいバイアスや周囲から期待される女性リーダー像、今求められるリーダーシップスタイルなど、ケーススタディを通じて学びます。

今回は9月より再開したワークラボでの対面式クラスで、当日欠席が何人かあったとのことで、参加者4名でのクラスとなりました。

新型コロナ感染症対策として、入り口には除菌スプレーが設置され、教室内は1テーブルにつき2名で互い違いに着席。窓は数カ所開放し換気がよい状態でした。講師・参加者は皆マスク着用で実施されました。

過去オンラインクラスでお会いした方も参加されていて、顔は知っているし話したこともあるけど、「対面は初めまして!オンラインではどうも!」という嬉しい会合となりました。

クラスでは少人数だったこともあり、皆疑問に思ったことはすぐに質問し、その質問や返答からさらに思考を深めることができました。

オンラインクラスでも知識は学べるし、ディスカッションで意見交換や言語化の訓練はできますが、やはり対面の方がその幅や量が大きいな、と感じました。

またクラス後にランチを取りながらフリートークができるのも対面式クラスの魅力。

講義内容以外にも、育児のこと、子どもの学校関係のことなど興味深い話を聞くことができました。
(今回のクラス講師を担当したWSI代表/小早川のPTAで地雷を踏んじゃった話とか!教訓にうんうん頷いてしまいました。)

物理的な密は避けながら心理的な密を取れる—-
対面式クラスの魅力を改めて感じた日でした。

9月は9/24、25にワークラボでのクラスが予定されています。
ワークラボで一緒に学び、交流しませんか?
(私も両日参加予定です!チケットはこちらから)

※参考:育休プチMBA®︎とWSIプチMBAの関係

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter

2020/9/8(火) 勉強会開催報告

9/8(火)に、「育休プチMBA勉強会」が東麻布のワークラボで開催されました。

今回は「岡村課長と定時後のクレーム」というケースでディスカッションをしました。

新型コロナウィルス感染予防の為に参加人数を絞っていることもあり、今回は企業の見学の方を含めて7名が参加。

うち3名の方が初めての参加でしたが、少人数だからこそ全員が何度も発言し、じっくり話し合うことができたように思います。それぞれ多様な意見を出し合いながら、内容を深く掘り下げることができました。

勉強会はグループディスカッション+全体共有とランチ交流会で構成され、ディスカッション+全体共有は3回繰り返しました。

・組織にとっての課題は何か
・あなたが上司の立場であったら組織と課員に
 何を求めるか
・あなたが時短勤務で子育てをしながら働いて
 いる当事者であったら短期的・長期的に何を
 するか

といった問いに対するディスカッションを通じて、経営的視点、経営用語を用いながら、参加者の思考を深めていきました。

ディスカッション終了後はランチ交流会を実施し、ベビーシッターの方とどのように信頼関係を築くかといった復職準備に関する話や、復職後の組織貢献型の働き方について、保育園・幼稚園話や2人目育児についてなど、様々なトピックで意見交換が行われました。

アンケートより、参加者の声を一部抜粋してご紹介します♪

・少人数制だった為、自分の意見を言える時間も
 多く、思考の言語化のトレーニングになった

・投げかけられた問いにすぐに答えられなく

 ても、フォローしてくれる会場全体の雰囲気が
 有難かったです。

・ファシリテーターの方の整理しながら進め

 られる進行と、深く突っ込んでいくスタイルの
 おかげで思考を深めることができました

・MBAのメソッドで修羅場を擬似体験する意義に

 ついての話があり、興味深かった。仕事でも、
 いかに擬似体験を重ねるかでクォリティーが
 変わってくると思います。

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter

制約があるからこその「お互い様」な働き方

こんにちは。
運営メンバーのりくです。
第2子育休中です。

以前運営ブログに書きましたが、10月の復職で考えていたものの近隣の保育園が認可外も含め空きがなく、一時保育利用+ベビーシッター+自宅保育で予定通り復帰するか、’21/4月入園の抽選に賭けるか悩んでいたのですが、8月末にキャンセル待ちをしていた認可外保育園より空きの連絡が入り、幸運にも9月に入園・復職が決まりました。

保育園の制度上、9/1からの入園が必要とのことでバタバタと入園準備を行い、昨日より慣らし保育がスタートしました。

現在10ヶ月の次女は事態が飲み込めていないのか、園に預ける際に泣くこともなく、無事初日の1時間を機嫌よく過ごせたようでひとまずほっとしました。

一方、9月からの入園を予定していなかったため、9/8(火)に予定されている育休プチMBA®︎の勉強会リーダー業務を調整する必要がでてきました。

第2子育休前は「ただでさえ動ける時間が少ないから」と無理をするか家族にしわ寄せさせて、なんとか自分だけで乗り切る調整を行っていました

今回も在宅勤務中の夫にお願いしようか、とも一瞬考えましたが、運営業務を通じて学んだ「チームで仕事をする」「早めにヘルプを出す」「お互い様で協力し合って成果を出す」ことを意識し、運営メンバーにバックアップの協力を依頼しました。

運営メンバーそれぞれに制約があるにも関わらず、それぞれにできる支援を申し出てくれ、また育休プチMBA®︎代表/国保からも「心配せず、復職を優先して」と心強い言葉をもらいました。

幸いメンバーの一人が調整してくれてリーダー業務を代わってくれることになり(ありがとう!!)支障なく勉強会を実施できることになりました。

代わってくれるメンバーには申し訳ない気持ちがあるものの、無理してリスクを取るよりもチームの目標達成につながり、私自身も息切れせず長く貢献できることの方が、長期的にはチームの為になることに改めて気がつきました。

自分が動ける時はできる協力・支援を行い、必要な時は遠慮なく助けてもらう—-

復職後も全体最適、長期的視点を持ちながら、WIN-WINの姿勢で職場に貢献していきたいと強く心に誓いました。

*********************

★2020年度 秋運営メンバー募集は締め切りました★

たくさんのご応募ありがとうございました!
9/17のキックオフミーティングでお目にかかれることを楽しみにしています♪

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/8(火)&9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/8(火)はワークラボでの開催。
対面にならないように各テーブル2・3名とし、少人数で実施します。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter