「ワーパパ」タグアーカイブ

夫が単身赴任中のワーママの一日

こんにちは。

第三子育休中のあいかです。

第二子出産後、夫は二年半程、大阪に単身赴任していました。私は東京に住んでいて、息子が8ヶ月の時に職場復帰したのですが、どうやってワンオペ二人育児を乗り越えたのか一日の流れ、取り入れた家電・工夫等お伝えします。当時の子どもの年齢は8ヶ月、2歳です。

まず一日の流れから。

4:00 起床、乾燥済み洗濯物畳む、食洗器を空にする、朝食作り、保育園の連絡帳記入、化粧、自分の着替え、お風呂洗う
6:00 子供たち起床、朝食、子供たちの歯磨き&着替え、食洗器に食器入れる
7:20 出発、保育園に送り届ける
8:30~16時半 勤務
17:30 お迎え
18:00 帰宅、子どもたちにおやつ与える+TVタイム、食洗器を空にする、洗濯物取り込む、夕食作り(大体冷凍食品orお惣菜)、翌日の保育園の準備
19:00 夕飯、食洗器に食器入れる
19:45 お風呂+洗濯機回す
20:30 洗濯物畳む
21:00 洗濯物干す
21:30 子どもたちと就寝

朝4時に起きていますが、21時半には子どもたちと寝ていたので、体はすっきり。子どもたちと同じタイミングで寝たかったので、朝にできることは朝に回していました。

パジャマ、下着、タオル類は畳まず、カゴにそのまま入れて、すぐ着るというのをスタンダードにし、出来る限り畳むものは減らしていました。(とにかく完璧を目指さない!)

静かに家事できるように子どもたちにはTV見せまくりでしたし、おやつも帰宅後与えていました。私の精神状態を保つためには完璧を目指さない!がモットーでした。

お金はかかりますが、生協も週二回頼み(火・金)、買い物の時間をなくしました。また、生協のミールキットや冷凍食品、お惣菜も頻繁に使って、苦手な料理は一切しませんでした。(やることは野菜ゆでる、ごはん炊くくらい)

取り入れた家電はベタですが、ルンバ、食器乾燥機、ドラム式洗濯乾燥機、ダイソンです。留守中、睡眠中に家事が終わっているというのは本当にラクでした!

もちろんワンオペはないにこしたことはありませんが、単身赴任等、やむを得ない事情でワンオペになってしまう方もいると思います。自分の中で好きな家事だけやる(私の場合は洗濯だけは毎日していました)等、優先順位を決めて、外注できることは外注して、乗り越えてくださいね。

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!
9/22(水)クロストークイベント開催決定!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

とても時間のかかった慣らし保育

こんにちは。
第二子育休中のちゃこです。

我が家の長男ですが、慣らし保育に1ヶ月半かかり、とても時間を要しました。

保育園の方針は“無理やり進めて園児に嫌な感情を抱かせるのではなく、本人の自主性を尊重する” というもので、夫婦ともにその考えに同意していたので、ある程度、時間がかかる事は仕方ないと 思っていました。

では、何に時間がかかったかというと、給食でした。給食を拒否して食べないという期間が3週間。迎 えにいくと、毎回失意のドン底という顔で、疲れ果てて待っています。この顔を見ると「保育園に預け てまで働く事はいいのだろうか…」と、こちらも気が滅入ってしまいました。

しかし、3週間経過してみると、先生と毎日接しているうちに“大丈夫なところ”と認識し始めたようで、 笑顔が見られるようになってきました!

そして、慣らし保育が終わる頃には、自ら教室に入っていけ るようになり、笑顔でバイバイしてくれるようになりました!

とても時間はかかりましたが、自分なりに 観察して、様子を伺って見ていたようです。 

これから、復職に向けて慣らし保育が始まる方も多いと思いますが、いつか慣れてくれると思いま す。それまで辛抱強く待ってあげるのも一つの手段です。大人でも信頼関係の構築には時間がかか るように、子どもでも信頼関係を築くまでに時間がかかってしまっているだけかもしれません

最初は親の方が心折れそうになってしまう事もあるかもしれませんが、通い始めて楽しめるようにな ると、お友だちからの刺激は本当に凄いものがあると思います!

その時まで、温かく見守ってあげて ください♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

4/9(金)、4/30(金)、5/11(火)勉強会チケットを販売中!
3/29(月)勉強会チケットは完売しました

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!】ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマ・新ケースです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック
ケース『遠距離通勤に悩む渡辺久美子』:新テーマ・新ケースです!詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:復職者が自身に重ねることの多い人気ケースです!詳しくはこちらをクリック
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:残業できなくてもチャレンジしたい気持ちを伝えるには‥?詳しくはこちらをクリック!

過去の勉強会の様子

「 退職を考える時短勤務の仁美 」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「 育児に理解のない上司と山田優美 」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!