「#ワーママ」タグアーカイブ

ワンオペの2人育児、お風呂どうしていますか?

こんにちは、第二子育休中のよっしーです。
4歳2ヶ月、1歳1ヶ月の2人の子育てをしています。

ふと、最近すっかり2人をお風呂に入れるのが楽になったなぁと思ったのですが、0歳児がいるワンオペ2人育児で1番しんどかったのがお風呂でした。
(ちなみに2番目は寝かしつけ。こちらは自分も一緒に寝てしまうと決めたことで解決!お鍋やお皿を放置して寝ても黙って洗ってくれる夫には感謝!)

お風呂で疲れを癒すどころか、準備・お風呂を嫌がる上の子を説得・入浴・子どものお風呂上がりのケア・授乳・子の髪を乾かす・自分のケア&髪を乾かす…という一連の流れが終わるころにはどっと疲れているので、ユウウツな時間でした。

寝かしつけ苦戦中に夫が仕事から帰ってきてYouTubeをつけながらゆっくりお風呂に入っている音が聞こえてくるといらっとしたり(浴室と寝室が隣り合わせで物音で赤ちゃんが泣くとイライラ倍増…)、Twitterで在宅勤務のパートナーが見てくれるからお風呂が助かってるなんていうのを見かけて悲しくなったり…といった暗黒時代。。。

結局、子どもが成長したことでかなり楽になったのですが、いま工夫している点は2つです。

-----------------
①ベビーバスが大きめなので、子どもたちはベビーバス入浴。私はシャワーのみ。
ギュウギュウですが、2人でキャッキャしていて楽しそうです!目を離さずに、冷えることを心配せずに自分がゆっくり髪を洗えるのでストレスが少し減りました。

ボディークリームは体を拭く前に洗い場でつけてしまう。
ビオレの「お風呂で使ううるおいミルク」を使っています!無印のホホバオイルと赤ちゃん用のアーモンドオイルが家にありそちらも使ってますが、冬はオイル系も良さそうです。
(ただ、体のオイルがタイルや脱衣所の床に着くと滑ってしまうのでちょっと危ない。要注意です…)
------------------

でも、私にとっての1番の解決策は、疲れる→イライラする→つい些細なことで子どもを怒ってしまうという悪循環だったので、割り切って疲れている時は実家に頼るということでした。

父が在宅勤務中の実家にいくと父・母・私と大人の手が3人になるので、疲れている日は保育園後にそのまま実家に行き、夕食をごちそうになりゆっくりお風呂まで入ってから帰っています。

先日のマドレボニータの中桐さんと、育プチの国保さんとのクロストークイベントでも、「感謝してゆだねる」「いかに自分1人でやるかでなく、いかに人を巻き込むかに労力を使うべき」といった言葉があり、なんとなく「実家に頼るべきでない」と思ってしまっていた私ですが、無理なく子育てをするのが子どもにとっても良いはず!と思えるようになりました。

ワンオペで2人の子どもをお風呂に入れているという方、どのように工夫されていますか?

1人で頑張りすぎず、自分を大切にしながらの子育てとなるような解決策が見つかりますように!

今後の予定


10/12(火)、10/28(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:管理職として部下を動かす際に必要な視座やコミュニケーションスキルを考えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

子ども乗せ電動自転車購入の前の確認ポイント

こんにちは。
第二子育休中のよっしーです。

事情により妊娠中から控えていた自転車生活、下の子が1歳になりつい先日解禁となりました!
この1年半、猛暑の日も雨の日も歩きで登園を頑張ったのは良い思い出です(涙)

坂が多い町なのでやっぱり自転車があると便利だなぁとしみじみ感じでおり、今回は、子ども乗せ電動自転車の購入を検討されている方に向け、事前の確認ポイントを共有したいと思います!

①駐輪場確保
・マンションの駐輪場
 いざ自転車購入だと思った時に確認したところ、ラック式の上段しか空きがなく、空きが出るまで待ちました。
 場所は、ラックでなく平置きが理想です!
子ども乗せの自転車はタイヤが太く、ラックのタイプによってはタイヤが押し込められる感じになります。上段の高さによっては子どもシートが上段に当たるので、ラック下段でも置けないこともあります(車体が重すぎるので上段は不可能…)。

・駅の駐輪場
 最寄駅の月極駐輪場はキャンセル待ちで、空きが出るまで3〜4ヶ月かかりました。
 都度利用でも、どこ駐輪場であれば大型車でも停められるかリサーチが必要です。台数に限りがあり早く埋まるような場所の場合は、月極で契約しておくと1分の時間も惜しい朝には便利です。
 月極利用は、特に4月に利用を始めたい場合は学生の新生活シーズンも重なるので早めのチェックがおすすめです。

②自転車選び
・シートは前カゴ?ハンドル取付?
 運転に自信がない&第二子予定未定のため購入時に前カゴのシートを選択しました。が、子どもを前後に乗せている現在、荷物カゴがないので、荷物をどう運ぶかに悩んでいます。
 安定感なら前カゴ、荷物のスペース確保にはハンドル取付、どちらが自分に合うか検討してからの購入をおすすめします!

・購入場所
 量販店での購入でも良いと思うのですが、家から近く、修理対応してくれる自転車屋さんがあればそちらで購入しておくと、点検や故障時に安心だと思います!私は地域内は出張無料のお店で購入しました。
 どの車種にするかやシートをどうするか悩むと思うのですが、お店で実際に乗ってみて選ぶのがいちばんだと思います!!

③注意ポイント
・しっかり歩くまでは抱っこ紐が必需品
 下の子がまだ歩き始めていないので、出かける先に抱っこ紐が必要です。10kg近くを抱っこしてのお出かけや買い物はなかなか大変なのでショッピングセンターなどで借りれるベビーカーはとってもありがたいです。

・服選び
 ロングスカートはチェーンへの巻き込み注意! 軽めのスカートはめくれます!タイトスカートだとこげないです!
 ということで、スカートがメインの方は自転車用の服が必要かも…。

・雨対策 
突然の雨に備えてレインカバーはつけっぱなしにしてます。冬の風よけ&防寒にもなりますし、ホコリよけにもなるので便利です!
 しかしながら、カバーはシートよりさらに高さがあるため、ラック下段での駐輪はできなくなります…。
 私はリュックを背負って着れるレインコートを準備しています。腕時計が濡れない甲カバー付きがおすすめです!

購入を検討されている方のご参考になりますように!

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!
9/22(水)クロストークイベント開催決定!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

自分のキャリアを「戦略的」に考える

こんにちは。

第二子育休中のよっしーです。

先日、はじめてWSIプチMBAの講座を受講しました!走り抜けた20代が終わり、30代(ちょっと過ぎてますが。笑)はどんなキャリアにしたいか、今回の育休中にじっくり考えたい私が選んだ講座は「キャリア・ビルディング」。

◆こんな人におススメ!

・WSIプチMBAをまだ受講したことがない
→この講座を受講すると「勉強するという自己投資」へのモチベーションが上がるので初めての受講に最適だと思います!

・女性管理職プログラムを受講予定で、キャリアコーチングを控えている
→講義で学ぶ「キャリア戦略のフレーム」に基づいたキャリアプランシートを記載した上でキャリアコーチングに臨むため、キャリアプランシートをじっくり作成するための手助けとなります!

私は今回2021後期の管理職プログラムを申し込み、キャリアプランシートを埋め始めたところだったので、良いタイミングでの受講だったなと感じています。

◆オススメする理由

・小早川優子さんがエンカレッジしてくれる!
→「皆さんは優秀なのだから、もっと自信を持って!」と背中を押してくれる小早川さんの言葉で、受講後にとっても前向きになれるはず♪

・今後の定期的な(毎年など)キャリア戦略の見直しでずっと使っていける内容!
“キャリアビルディング”では「キャリア戦略のフレーム」を使って自身のキャリア戦略を立てる方法を学ぶので、一度学べば年に1回や節目での定期的なご自身のキャリアの見直しでずっと使っていくことができそうです。

私は、毎年の見直しは自身で行い、節目節目でキャリアコーチングを単発で申し込むという方法が良いかなぁと考えているところです。

ちなみに、キャリアコーチングが気になっている方、ブログの過去記事にボリュームたっぷりの小早川さんへのインタビューがありましたので、是非こちらを読んでみてください!

2018年3月13日ブログ
「自分のキャリアをどう考えるか?小早川さんにインタビューしました!」

育休プチMBAには参加したことがあるけれど、WSIプチMBAはまだという方、一度ぜひお試しで受講してみてくださいね。

思い切って女性管理職育成プログラムに参加というのもおすすめです!まだ2021後期コースは募集中のようですので、一緒に学びませんか?

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

コロナ時代のママ友探し

こんにちは、運営メンバーで第一子育休中でゆかです。
運営メンバーではありますが、勉強会への参加経験は浅く、これから参加を検討されている方の参考になればと思い、私自身の「育休プチMBA®️」経験をお伝えします。

昨年3月から多くの人が予想していなかった新型コロナウイルスの急速な感染拡大によって私たちの生活様式は大きく変わりました。
私自身も昨年3月に妊娠が発覚、コロナ禍での出産・子育てに嬉しさ半分、不安半分の日々を過ごしました。そもそも初めての妊娠で分からないことだらけ、母親学級も中止になり、知識こそ本を読んで得ましたが不安は募る一方でした。その上、仕事でも急な在宅勤務への切り替えによる混乱やコロナによる新規事業への切り替えでストレスが重なり、思い描いていたような妊娠生活ではありませんでした。

その後、子育てを始めてから楽しみにしていたことのひとつが”ママ友探し”です。妊娠中は理想とはかけ離れていたという反省もあり、子育てではコロナを言い訳にせず、一歩踏み出してみようと思いました。本来なら児童館に行ったり、母親学級にでかけたり、趣味やスポーツを通じた出会いがあったりしますが、このご時世なかなかハードルが高いと感じていました。そこでオンラインでのママ友探しを始め、色々なサイトやアプリを探す中で「育休プチMBA®️」のことを知りました。私が最初に「育休プチMBA®️」に惹かれた理由はすごく単純で、ワーママ友達が欲しいということ。また、コロナ禍で社会が急速に変化する姿を目の当たりにして、育休中に取り残されてしまうのではないかという不安と自分をアップグレードする必要性を痛感しました。ただ自分にはハードルが髙すぎるのでは、という不安があったのも事実です。

実際、初めて勉強会に参加してみて、勇気をもって参加して良かったなと強く思いました。ケーススタディーなので身構える必要もなく、何よりグループワークでは自分だけでは考えられなかった視点やひらめきを得ることができました。そして講師の先生のファシリテーションや解説では更に高い視座での見方を学ぶことができ、思わずなるほど~と声に出してしまう程でした。勉強会後には交流会もあり、勉強会の感想やママ友トークも飛び交い、あっという間に時間が過ぎてしまいました(勉強会の当日は興奮さめやらずなかなか寝つけませんでした)。勉強会自体も実践的で復帰後をイメージしながら取り組むことができとても良かったですし、一見大変そうに聞こえるワーママ経験を楽しそうに話している方や等身大の悩みを話している方の話を聞き、私も前向きに頑張ってみようと背中をおされました。
自身の経験からもコロナ禍での妊娠・出産・子育ては、物理的にも心理的にも、とても孤独に陥りやすく、ネガティブな思考に陥りがちだと感じています。だからこそ、コロナ禍だから出来ないと考えるより、コロナ禍だからできると少し発想を転換してみませんか?勉強会はオンラインでも開催されているため日本全国どこにいても参加することができます。皆さんも「育休プチMBA®️」でコロナ禍だから活きるママ友探ししてみませんか?

今後の予定

5/11(火)、6/8(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:残業できなくてもチャレンジしたい気持ちを伝えるには‥?詳しくはこちらをクリック!
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができ
ないことで徐々に社内での不協和音が発生し始める中、急なトラブルに見舞われたときあなたは?復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策は‥?詳しくはこちらをクリック!

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!