「ワーママ」タグアーカイブ

WSIプチMBAの学びを実践してみた~交渉学編~

こんにちは。

第二子育休中のコマーです。

みなさん、育休プチMBAやWSIプチMBAに参加されたことはありますか?色々参加された方はおススメの講座とかありますか?私もいくつか参加したのですが、その中で私のおススメは「交渉学」です。なぜおススメかというと、この学びは仕事・家庭・育児と私たちの生活全てで活用できる学びを得られるからです。

講義参加後、早速夫との交渉をしてみたので、その様子をご紹介します。

■交渉内容

夕飯後の食器を片づけ&翌朝の白米の炊飯予約までしてほしい

■理由

夕飯後に子どもの宿題の面倒を私がみなければならず、また夜間に受講予定のオンライン講義を予定しているため

■夫の状況

普段は夕食後は自分の時間で、自由に過ごしている

■交渉の前準備

自分の中で選択肢を事前に用意し交渉に望む

A案 食器洗いと翌朝の炊飯予約までしてもらう

B案 食器洗いのみまたは他の家事をシェアしてもらう

C案 何もやってもらえない

そして実際の交渉スタートです。

まずは「夫とは家族、そして育児のパートナー!つまり仲間!」と自分に言い聞かせて言葉がけします。

私「仕事忙しそうだね~もう眠い??」

優しい言葉がけで相手の心情に寄り添う作戦

夫「まぁね~でも大丈夫だよ~」

私「そうなんだー!あまりご無理されないように。ところで今夜オンライン講座を受けるんだけど、食器洗いとか炊飯器のタイマーお願いできるかなー」

こちらの困っている状況をさりげなくアピール、そして優しく伝える

夫「うーん、いいよー」

と、こんな感じです。

勉強会参加前の依頼の仕方は(そう、そもそも交渉では無かった!)、まるで文句を言うように「片づけ手伝ってくれない?」というような感じでした。しかも上から目線。断られることも多かったです。

今後はさらに、夫にとっても家事をシェアすることがWINと感じられるような交渉を日々の実践から会得していきたいと思います。

交渉学勉強会は基礎編、仕事編、家庭編があり、毎期好評のシリーズとなっております。

また、育休プチMBAでも、復職に向けた様々なテーマの勉強会を開催しております。

ぜひ一緒に思考トレーニングしませんか?


育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/17(水)、3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

ワーママの本の読み方

こんにちは。

運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。 

みなさん本は読む方ですか?どんなジャンルを読みますか?
私は読むのは好きなのですが熟読タイプでスピードが遅いのが悩みです。時間がかかってしまって、なかなか読みたい本の山が小さくならずにいます。。(本は待ってくれるので気長に構えていますが!)

 さて、ワーキングマザーはそうでなくても時間が足りない!!自分がやりたいことに割ける時間はなかなかないですよね。そんな中でも読書の時間を確保したい‥育休中に媒体や時間の取り方をまとめてみましたので少しご紹介します(あくまで個人の意見です!)。

————

 媒体

媒体メリットデメリットオススメ度
紙の本・ページをめくる楽しさ・ページを飛ぶ作業が楽・装丁や帯を楽しめる・ブックカバーに凝れる・物理的制約(本の調達、両手を空ける、本を持ち運ぶ必要がある、光が必要)・しおりが別に必要・メモや線は書き込むしかないか、別途ノートが必要
電子(本)・スマホ/タブレットさえあればいつでも何冊でも読める・手軽に書き込める・ノート機能でメモを取れる・特定のページに飛びたい場合にメニューを押すなどひと手間かかる・提供されるメニュー内でのアクションしか起こせない
電子(サブスク)・スマホ/タブレットさえあればいつでも何冊でも読める・自分が普段手に取らない本にも触れられる・流行が分かる・定額料に見合う消費量でなければ損・消化不良にならないか心配

媒体のメリットデメリットは、世代などそれまでの個人の体験によって変わると思います。紙での経験が長い私も電子に慣れたら、あるいは、逆に紙の良さを再発見するなど継続して考えていきたいと思います。
ワーママ向け度は時短、手軽という視点で評価しました。

時間の取り方

・通勤時間を利用
・子どものお昼寝中や夜の子どもを寝かしつけた後の時間
・仕事の休憩時間
・朝活
・湯船に浸かりながらの隙間時間

時間の取り方は他の自己投資の際と同様の問題かなと思います。集中できる、邪魔されないといった条件になると思います。また取りたい時間の長さも考える必要がありますね。

————

情報を得る目的であればラジオやPodcast、そして読書でいえばオーディオブックといった耳だけでの方法もありますよね~すごい時代になりました。

読書には、内省…照り返して自分を見つめられたり、夢想…一時普段と異なる世界に飛び込んで発想力を培ったりストレス発散したり、といった多々の魅力があると思います。

また、子供にも読書のすばらしさを伝えたい、そのためには親が読んでいる姿を見せるというのも良いと聞きます。

読書ネタは話題が尽きませんね!!
あなたの読書習慣の工夫は何ですか?ぜひ教えてくださいね~

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/17(水)、3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
2/18(木)のチケットは完売いたしました。

割引キャンペーンを実施中!

完売しました!】ケース『復職して3ヶ月の井田美咲』:3回セット開催の2回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り3席!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

復職して3ヶ月の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

ワーママの献立作り

こんにちは。

第二子育休中のコマーです。

皆さん、毎日の献立迷いませんか?

子供はこれなら食べるかなー、夫はこれだけだと物足りないかなー、栄養のバランスは…とあれこれ。

私も以前はかなり迷っていて、毎日朝食が済むと「はー夕飯どうしよ」と考えていました。そしてレシピアプリを調べたり、料理本を引っ張り出してみたり色々しましたが、メインは決まるんですよね。

でも副菜も作ろうとするとまた迷うわけです。

冷蔵庫にあるもので盲目的に作っていたら、やたらときのこだらけのメニューになったことがあります。

たしかその日は、なめこの味噌汁、きのこのアヒージョetc

仕事してると毎日買い物も行けないじゃないですか、

素晴らしい献立も毎日考えられないじゃないですか、

そこである時思いついたのが「給食のメニューを作る」です!

給食メニューって、色々な食材が使われているので栄養バランスも整っていて、取り合わせもいい感じなんですよね。

さすがに、当日子供が食べるメニューはもちろん作りませんが、2週間前とか先とかの献立を参考にさせてもらっています。

そのおかげで、買い物もある程度まとめてできるし、精神的負担も減るし、作り置きして副菜の足しにしたり短い時間で効率的に食事作りができるようになりました。

副次的効果として、子供の給食献立を気にするようになり、給食と夕食のメニューの重複も無くなったことは言うまでもありません。(前は昼夜カレーにしてしまったことも・・)

皆さんの家事負担軽減方法もぜひ教えてください♪

家事負担軽減により空いた時間は、自分のスキルアップに使いませんか?

育休プチMBAでは、復職に向けた様々なテーマの勉強会を開催しております。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/17(水)、3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
2/18(木)のチケットは完売いたしました。

割引キャンペーンを実施中!

完売しました!】ケース『復職して3ヶ月の井田美咲』:3回セット開催の2回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り4席!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

復職して3ヶ月の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

ランニングから学ぶ復職後のコミュニケーション

こんにちは。第1子育休中のしづです。

箱根駅伝、すごかったですね!最後の10区で1位が入れ替わるという、最後まで手に汗握るレースでした。

実は私、健康のためにランニングをしているのですが、先日、ランニングアプリのガイドランという、音声でアドバイスを受けながら走れるプログラムを使ってみました。

私が選んだのは、箱根駅伝にも出場している東洋大学、陸上競技部酒井監督のガイドラン。

酒井監督はこのように仰っていました。

箱根駅伝でのレース中の選手への声かけは1回1分と決められているそうです。

ラップタイムなどの基本情報の他、選手一人一人に合わせてモチベーションアップにつながる声かけを行います。

1分という短い時間なので、自分の言いたいことをダラダラと話すのではなく、短文で明確に。何を言いたいのかではなく、何が伝わったか。それが重要とのこと。

また、声かけのポイントは、同じ言葉を使わない、だそうです。

同じ言葉を使ってしまうと、またあの話だなと、途中から飽きてしまい、聞く耳を持たなくなってしまう。

同じ意味合いでも違う言葉を使って鼓舞する。そうすると選手の心に響くそうです。

これってもしかすると、在宅勤務時のコミュニケーションでも同じことが言えるのかもしれないですね。

今のご時世、復職した時に在宅勤務になっているという方も多いのではないでしょうか。

制限人材としての復職というだけでもコミュニケーションが取りづらいのに、在宅勤務だとコミュニケーションの工夫は必須項目ですね。

さらに、ランニングは始めるまでのハードルが一番高いとも仰っていました。

育休プチMBA、最初はハードルが高いと思うかもしれませんが、まず参加してみませんか。

3回続けると思考の変化に気づけます。

初めて参加の割引もありますよ!ご参加お待ちしています〜〜

今後の予定

1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

初めての一時預かり【後編】

こんにちわ。第2子育休中のコマーです。

前回のブログでは、私が育休プチMBA®勉強会に参加するため、初めて1歳10か月の子どもを保育園の一時預かりに預けようと、園選びから、預け入れ前日準備までのことをブログにしました。
今日の後編では、いよいよ預け入れ当日のことをご紹介したいと思います。これから復職に向け、一時預かりや慣らし保育が始まるよ~という方、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

では早速。

⑤預け入れ

 そして迎えた当日。保育園では入口で先生にお荷物を渡して、体調などを伝え子どもを引渡します。当然ながら、そして予想もしていましたが、やはり初日は泣かれました。

「頑張ってくれ。お母さんも勉強会頑張ってくるから!」と心に誓い、園をあとにしました。

⑥勉強会参加!

 出産以来、久しぶりの自分だけの時間。集中できる空間。私が参加したのはオンライン回でしたので、20数名の育休仲間とファシリのめいみ先生ととても有意義な学びの時間を過ごすことができました。
子どもを預けることで、「いつ泣かれるか分からない・・」と気を取られることなく、100%勉強会に集中し、思考トレーニングすることができ、逆にディスカッション中に子どもが泣いてしまう受講生の方がいても「うんうん!わかるよ、あるよね!仕方ない・・」と応援してあげたくなる心の余裕もありました

この日の勉強会についてはこちらでも紹介しております。

気になる方はぜひこちらもご覧ください♪

2020/9/29(火) 勉強会開催報告 | 育休プチMBA®︎ (ikukyumba.jp)

⑦お迎え

 約3時間ぶりの子どもの再会!どんな顔して待ってるかなーとドキドキしてお迎えに行くと、うちの子は先生に泣きながら先生に抱っこされていました。私を見つけると大急ぎで私のところにかけこんできました。久しぶりに会う子どものかわいさ、愛くるしさったらありませんね。

ちなみに、勉強会後のランチ交流会中に保育園から電話があり、「あまりに泣いて、食事も摂らないので早めにお迎えに来てほしい」と言われました。こういうのも、初めての保育園あるあるなのかな~と、復職に向けたよい練習になりました

皆さんも復職に向けた準備されていますか?

ぜひ皆さんのお話も教えていただきたいです。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

2021年1月8日オフ会報告

こんにちは!
運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。

みなさんは今年の目標は立てましたか?学生時代は強制的にそういう機会がありましたが、社会人になって機会がないなーという方もいらっしゃるでしょうか?

2021年1月8日に育休プチ&WSIプチ勉強会参加者限定コミュニティでオンラインオフ会が開催されました。テーマはまさしく『2021年の目標を語ろう〜なりたい自分になる!夢を叶える年にしよう〜』。ゆるオフ会ということで、気負いなく開催しようというシリーズの1回目なのですが、期待をいい意味で裏切るエネルギッシュな会となりました!

参加者は2つのワークを行いました。1つ目は①キャリア、②育児、③その他に対して3つの目標を立てる、2つ目は具体的なアクションに落とし込む、です。これらをそれぞれ3~4名のグループで発表し、全体共有するという流れでした。

この2つ目のワークが大事でして、ある運営メンバーが教えてくれたのですが、80~90%近い人が新年の抱負に挫折するとの調査結果もあるそうです。目標を叶えるには、①目標を具体的な習慣の形に落とし込む、②その目標をなぜ叶えたいのかを腑に落とす、③周りに宣言する、などがキーになるそうです。

お昼休みに当たる時間帯に設定したためか復職済みの方が過半数と多く参加頂きました。キャリアでの大きな成果を高い目標に掲げたり、管理者として管理業務と自身の業務のバランスを考えたり。
ステキだなと思ったのは育児に関して子どもの内面に関する目標が多かったこと。ほめる、興味や探究心に寄り添う、大切な存在だと感じてもらう、などです。育児と仕事の両立ではhowの面に目が行きがちですが、しっかり子どもの内面に目を向けていらっしゃり、フルキャリとして地に足がついているんだなぁと刺激を受けました。

会の感想では、良い刺激になったとの声が多く、中には、卒業生になって久々に参加したけれど改めて育プチの良さを実感した、日々のママ友とは違う話ができて良かったという声もありました。

目標は宣言することが何よりも大事!そして2つ目のワークで掲げた毎日/毎月の目標を参加者はきっと実行に移しているはず‥!今年の最後にでも振り返りの機会も持てるといいなと思います。

次の【オフ会】育休者同士お話ししませんか?明日1月13日のお昼の時間に開催予定です。今回も”ゆるオフ会”で、事前ワークなし、当日飛び入り参加OKの会です。コミュニティ参加の育休中の方にオススメ!ぜひご参加ください♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

初めての一時預かり【前編】

こんにちわ。第2子育休中のコマーです。

皆さんはお子さんを初めて保育園に預けたのはいつですか?

私はつい先日、育休プチMBA®勉強会に参加するため、初めて1歳10か月の子どもを保育園の一時預かりに預けてみました。これから復職に向け、一時預かりや慣らし保育が始まるよ~という方、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

では早速、こちらの流れで私の体験をご紹介させていただきます。

①預ける理由

②一時預かり園を選んだ条件

③事前準備

④当日

⑤預け入れ・・つまり娘との別れの瞬間

⑥勉強会参加!

⑦お迎え、感動の再会

——————————————–

①預ける理由

前述の通り、この日は育休プチMBA®の勉強会に参加するために子どもを一時預かりに預けることにしました。ちなみに私が参加したのは、「西田はるかの職場復帰前面談」です。復職に向けて、思考トレーニングをしたい!と一念発起して初めて参加してみました。(勉強会について気になる方はこちらの記事もぜひお読みください。)

2020/9/29(火) 勉強会開催報告 | 育休プチMBA®︎ (ikukyumba.jp)

②一時預かり園を選んだ条件

 園選びの私の条件は以下の3つです。

 ・送迎距離&時間

  我が家は上の子が既に別の園に通っているのでダブル送迎でも仕事や勉強会に間に合う園を選定しました。

 ・預け入れがラクなこと

  保育園の預け入れ方って、園によってけっこう異なります。
A保育園だと、子どもと荷物を玄関で先生に引き渡すだけだけど、B保育園はお着換えやグッズを毎日指定の場所にセッティングしなければばらないとか、玄関ではなくお部屋まで子どもを送迎しなければならない等々。ちなみに我が家の近隣では、私立園はAパターンが多く、公立園はBパターンが多いです。そんなわけで、私は限られた時間を有効活用したく、Aパターンの園を選定しました。

 ・見学会やイベントに参加し、安心して預けられるころ

  大事な子どもを預けるわけなので当然ですね!今年はコロナ禍で見学ができないところもあるようですが、既に預けていらっしゃる方のお話等聞けると安心かもしれませんね!

③事前準備

前述のとおり、保育園へのお荷物準備は小旅行並みのお荷物準備です。
そしてすべての物にお名前付けも忘れずに。オムツにもお名前を書きます。
我が家では名前書きについては上の子の時に反省したので今はお名前スタンプを活用しています。

長くなってきましたので続きは後編でご紹介します♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

冬休み特集①キャリア編

こんにちは!

2020年も残すところあと4日となりました。今週は冬休み企画として、過去の運営ブログから読み応えのある記事を厳選してお送りします。

第1回の本日は『キャリア編』ということで5つ紹介します。育休という時間を経て自身のキャリアをどう捉えていくか。悩みを行動に変えるヒントが散りばめられています。
タイトルだけで元気がもらえるものもありますよ!

育休はキャリアのブランクではないと思った(2020年6月16日掲載)

育休中のキャリア面談(2020年8月3日掲載)

【復職準備】キャリアの棚卸し(2020年9月4日掲載)

日本女性のキャリアアップを阻むものとは(2020年9月7日掲載)

育休中にキャリアデザインを考えるシリーズ
①(2020年10月19日掲載)
②(2020年10月21日掲載)
③(2020年10月23日掲載)

明日の第2回もお楽しみに♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

リモートワーク中の職場メンバーとのコミュニケーション

こんにちは。運営メンバーのコマーです。

うちの職場、このコロナ禍ですっかりリモートワークが定着し、今や週1の出勤、週4在宅ワークというスタイル。
通勤時間もなくなり、保育園の送迎もしやすくて便利で何より!と思っていましたが、そこで気になってくるのが同僚とのコミュニケーション不足
毎日出勤して職場で顔を合わせていた頃は仕事でコミュニケーションを取るのはもちろんのこと、挨拶を交わしたり、ランチに行ったりでコミュニケーションは取れていましたが、在宅ワークとなると、仕事で関わらないメンバーとは疎遠になるばかり。。

そこで職場で始まったのが「雑談ミーティング」です

その名の通りですが、このミーティングでは

 ・週1回チーム全員で参加

 ・毎週メンバーの1人はファシリ&テーマを決めて雑談トーク

 ・内容は仕事の相談でも、プライベートのことでもなんでもOK

 ・チーム全員がテーマについて必ず発言する

というもの。育休中の私も先日参加させていただいたのですが、その際のテーマは

「外出自粛時のストレス解消方法は?」というものでした。

30分程度の短時間ではありますが、むしろ以前よりチーム全員と会話(雑談)できて満足度が高かったです。

みなさんの職場でのコミュニケーションの工夫もぜひ教えてください。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/22(火)、1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

ワーママでも使える写真アプリ

こんにちは。運営メンバーのコマーです。

突然ですが、みなさんご実家はお近くですか?

うちは、県を跨いで遠くにおり、感覚で言うと、子連れならなるべく飛行機で帰省したくて、飛行機が満席なら新幹線でも仕方ないけれど、車やバスだとぞっとしていまうような距離感です。

ですので、以前なら連休の度に帰省していましたが、コロナ禍以来1年近く帰省できていません。でも祖父母や曾祖父母に子供の成長を見せたいと思い、最近重宝し始めたのが写真共有アプリ(今更。笑)

これ、使い始めるまで知りませんでしたが、写真や動画をクラウドにアップして家族に共有できるだけではなく、毎月厳選した数枚をアルバムにして発送してくれたり、ムービーに編集して(アプリが自動でしてくれて)DVDにして送ってくれたりもするんです。

これなら、仕事や育児家事で忙しい日々でも撮った写真&動画をアプリにガシガシ入れるだけでアルバム作成→発送が自動化されるのでワーママには嬉しい限り。

そして忘れた頃に祖父母達からお礼と喜びの連絡がもらえます。

忙しいワーママな私たち、便利なことはどんどん活用していきたいですね!

育休プチMBAの勉強会も、オンライン・オフライン自由に選んで参加可能です。

せっかくの育休の期間、一緒に思考トレーニング始めませんか?

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/7(月)、12/22(火)、1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!