「仕事と育児の両立」タグアーカイブ

冬休み特集②保活編

こんにちは!

今週は冬休み企画として、過去の運営ブログから読み応えのある記事を厳選してお送りしています。

第2回の本日は『保活編』。子を持ちながら働き続ける上で避けては通れない話題です。全国的には数年前に比べると格段に受け入れ状況は良くなっているとも聞きますが、みなさまの地域ではどうでしょうか。

保活アンケート結果(2019年11月10日掲載)

0歳で入園。我が家の場合(2019年11月28日掲載)

保育園はかわいそう?(2019年12月4日掲載)

「子どもを保育園に預けない」!? ニューノーマルな働き方(2020年8月4日掲載)

明日もどうぞお楽しみに!!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

認定ファシリテーター 上松恵子さんが新聞に取材されました

9/13付 中日新聞 社会面の女性活躍推進をテーマとした記事に、認定ファシリテーターとして活躍中の上松さんの声が掲載されました!

一律に押し付けられる「輝く女性」としての姿に、モヤモヤしている方もいるのではないでしょうか。

「国が会社が求めるから」ではなく、「私がめざしたいから」

WSI講師や認定ファシリテーターのリードで思考を深めて、「めざしたい自分」を選択してみませんか?

掲載記事全体はこちらから。

“子どもを持ちながら働く”が本人・家族・企業にとって当たり前になる社会の実現に向けて、認定ファシリテーターとしてワーキングペアレンツを支援しませんか?

現在認定ファシリテーター養成講座2020年後期の申し込み受付中です!

本日9/15(火)までに申し込むと早割が適用されます⭐︎
申し込みはこちらから!

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter

初めてファミサポを使って勉強会に参加してみました ー遠くの親戚より近くの他人ー 

第一子育休中の運営メンバーのいちこです。

息子はもう1歳を超えており、勉強会に参加するには誰かに預けなければなりません。

夫は仕事で忙しく、家族は遠方かつコロナの状況下のため、お願いができませんでした。

参加は諦めるしかないのでしょうか・・・いえ!諦めませんでしたよ!

復職準備も兼ねて、初めて「ファミリーサポート」を使いました!
初めての利用で、いきなり5時間も大丈夫かなとドキドキしてました。

勉強会が始まって少しした頃、息子を預かってくれた人からメッセージが届きました。

「大変元気に遊んでおります。ご安心ください!」と。

このメッセージを見て、とても安心し、そして勉強会も集中して楽しむことができました。

「遠くの親戚より近くの他人」ということわざがあります。

子どもを見てくれる家族が近くにいない状況に置かれる人は多いと思います。

だからこそ、ファミリーサポート、ベビーシッター、そして子どもを通してつながった友人や、勉強会で出会う仲間など、積極的に一緒に子育てをしてくれる仲間を作ることは、今後の育児の中でとても大きな財産になると思いました。

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter

2020/9/8(火) 勉強会開催報告

9/8(火)に、「育休プチMBA勉強会」が東麻布のワークラボで開催されました。

今回は「岡村課長と定時後のクレーム」というケースでディスカッションをしました。

新型コロナウィルス感染予防の為に参加人数を絞っていることもあり、今回は企業の見学の方を含めて7名が参加。

うち3名の方が初めての参加でしたが、少人数だからこそ全員が何度も発言し、じっくり話し合うことができたように思います。それぞれ多様な意見を出し合いながら、内容を深く掘り下げることができました。

勉強会はグループディスカッション+全体共有とランチ交流会で構成され、ディスカッション+全体共有は3回繰り返しました。

・組織にとっての課題は何か
・あなたが上司の立場であったら組織と課員に
 何を求めるか
・あなたが時短勤務で子育てをしながら働いて
 いる当事者であったら短期的・長期的に何を
 するか

といった問いに対するディスカッションを通じて、経営的視点、経営用語を用いながら、参加者の思考を深めていきました。

ディスカッション終了後はランチ交流会を実施し、ベビーシッターの方とどのように信頼関係を築くかといった復職準備に関する話や、復職後の組織貢献型の働き方について、保育園・幼稚園話や2人目育児についてなど、様々なトピックで意見交換が行われました。

アンケートより、参加者の声を一部抜粋してご紹介します♪

・少人数制だった為、自分の意見を言える時間も
 多く、思考の言語化のトレーニングになった

・投げかけられた問いにすぐに答えられなく

 ても、フォローしてくれる会場全体の雰囲気が
 有難かったです。

・ファシリテーターの方の整理しながら進め

 られる進行と、深く突っ込んでいくスタイルの
 おかげで思考を深めることができました

・MBAのメソッドで修羅場を擬似体験する意義に

 ついての話があり、興味深かった。仕事でも、
 いかに擬似体験を重ねるかでクォリティーが
 変わってくると思います。

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter

日本女性のキャリアアップを阻むものとは

こんにちは!
運営メンバーのキャシーです。
第一子育休中です。

育休プチMBAの運営メンバーとして活動していて、女性のキャリアについて考えることが増えました。

『ガラスの天井(Glass Ceiling)』という言葉がありますよね。女性が上にいきたくても、目には見えない透明な天井が邪魔をして上にいけないという意味です。しかし、女性やマイノリティーには見えない天井がある「理由」は具体的にイメージできていませんでした。

そんな時にこの記事に出会いました。

「女性管理職30%」実現へ遠く 何が必要?識者に聞く:日本経済新聞

日本政府が女性管理職30%を目標に掲げたのは、なんと小泉純一郎内閣時代の2003年6月。17年も経ったのに実現できてないのですね。

その理由を、キャシー・松井氏はこう語っています。

「目標が達成できないのは政策や税制、教育、無意識のバイアスなどいろいろある。親にも先生にもメディアにも責任はある。根深い問題を一つずつ解決しない限り、政府批判だけでは解決しない」

私はこの中で特に『無意識のバイアス』が怖いと思いました。娘をもつ母としてもバイアスを受け付けたくない、と強く思いました。

更にパク・スクッチャ氏は、以下のように述べています。

「女性は男性よりも昇進意欲が低いことがある。労働政策研究・研修機構の2016年の調査では、課長職以上への昇進を希望する総合職女性の割合が男性より2割超低かった。私がコンサルティングしている企業からも『管理職になるのを断ったり、昇進試験を受けない女性が多い』という声を聞く。主な理由は女性が男性よりジェンダーバイアスが強いことと、自分の実力を過小評価することだ。過小評価するのは世界の女性に共通する傾向だ」

私自身、働く女性として、プロジェクトでも管理職でも『自分はできない』という思い込みを捨てて、行動することで自信をつけていきたいと思いました。

最後に日本の女性の活躍を阻む要因として家事の負担が多いことについて言及されています。必要のない家事は減らした上で、夫と分担し、家庭内の格差を減らす事がいかに重要か、改めて気づかされました。

子育てに悩んだ時、自分のキャリアに自信が持てなくなった時、家庭内での家事分担を見直したいと思った時、話し合える仲間、アドバイスをくれる仲間がこのコミュニティーにいます!是非、勉強会に参加することで繋がり、支えあっていきましょう〜!

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter

【復職準備】はじめてのベビーシッター

こんにちは。
運営メンバーのキャシーです。
第一子育休中です。

以前、勉強会参加者限定コミュニティー内で開催されたオンラインオフ会で、シッター利用について、様々な人と議論を交わしました。

私は今まで、マッチング型ベビーシッターを一度しか利用したことがありませんが、その経験でも、どなかのご参考になるかもしれないと思い、振り返ってみました。

◆派遣型ではなくマッチング型を選択

お願いするまでの日数が1週間程度と迫っており(汗)、私のみた派遣型の会社に登録するには面談などが必要で時間不足だったので、マッチング型を選択しました。

派遣型を利用したことがないので比較できませんが、私が選んだサービス提供会社は、アプリから、指定したい時間の空いてるシッターさんを選べたり、アプリの使い勝手(UX)がとても良かったので、今後も継続して使いたいと思いました。

◆お願いする方を選んだ基準

アプリ上に現われる数々の人を見比べた結果、経験が豊富そうな60代の女性にお願いすることにしました!これは個人の独断と偏見で選んでいますが、私が注目したポイントは以下です。

・資格
→保育士や看護師であることには拘りませんでした。ベビーシッターの資格は保持されていましたが、経験や評価に重きをおこうと思いました。

・料金
→初めだったので、安すぎず高すぎず、平均的な金額の方を選びました。

・病児保育が可能か、経験豊富か
→復職後、病児にお願いすることを見据えて。

・評価
→5段階中4.99の方を。口コミもほぼ全て読み込みました。

・経験値
○サポート実施回数→500回以上
○累計ユーザー人数→180人
○リピート人数→50人
○シッター歴9年
→これらの数字は全て、他のシッターさんと比べてかなり多く、経験豊富であることの裏付けに。リピが多いのも一つの安心材料に。

・カレンダーの空き状況
→たくさん埋まっている方を選択。

◆お願いしてみて
生後3ヶ月の子供を、2時間お願いしました。事前面談をする時間がなかったのですが、この方にお願いできて本当に良かったと思いました。安心できたポイントは以下です。

・前日にメッセージを頂き、子の体調や最近のスケジュールなどをお伝えできた

・当日、早めにいらしてくださり、我々親の前で子供を抱っこしたり、オムツを換えたり遊んだり、我々が安心してお任せできますように配慮してくださった

・戻ると、不在中の子供の様子を詳細に教えてくださり、写真もたくさんシェアしてくださった

なお、たまたま義理の妹が当日顔を出してくれたので、彼女からもシッターさんの様子を聞くことができました。彼女がくることを快く受け入れてくれたシッターさんにも感謝です。

本当は定期的にお願いする予定が、早くも前回から半年が経過。子供のためにも、信頼できて頼りになるシッターさんを見つけておきたいと思っていたので、この方に定期的にお願いし、素敵な関係を築いていきたいと思っています!

*********************

★ただいま2020年度 秋運営メンバー募集中★

多くの気づき、学び、そして素晴らしい仲間が得られる運営活動。
メンバーみな異口同音に「参加してよかった♪」の声でした!
“子どもを持ちながら働く”が当たり前になる社会の実現に向けて、一緒に活動しませんか?
応募はこちらから♪

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/8(火)&9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/8(火)はワークラボでの開催。
対面にならないように各テーブル2・3名とし、少人数で実施します。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter※始めました! フォローお願いします♪