「仕事と育児の両立」タグアーカイブ

育休”前”の復職準備~家庭生活編~

こんにちは!
第1子育休中のSallです。
今日は私が育休前に復職も視野に家庭生活で準備したことを書いてみます。
まだ復職前なので、どれが最も功を成すかはわからないですが、
ぜひ、皆さんがやったことをコメント等でアドバイスいただけたら嬉しいです♪

1 保活

保育園にはなかなか入れないという印象が強かったので、焦りはありましたが、ホームページや保育園の利用申込書を見てもピンと来なかったので、妊婦健診の日に休暇を取って、市役所の保育入所課に行ってみました。

点数のしくみなどの基本事項や、保育園ごとの最低点数など、さくさく教えていただけたので、訪問して良かったです。

そのほか、産後に知りましたが、私の住んでいる自治体の場合は、子育て支援センターに行くと、園庭のある保育園は何処かなどの特色を丁寧かつ迅速に教えてもらえることがわかりました!

(他の自治体にあるように、保活コンシェルジュなどわかりやすいネーミングを付けていたら認知されやすいのにと思ったり。)

2 時短家電の導入

産前に我が家で導入した時短家電は次のとおりです。

①食洗機

賃貸なので、置き型タイプのものにして、サイズは家が狭いので最後まで悩み続けたのですが、お鍋も入る4,5人家族用の大きいものにして、大正解でした。

うちは月齢が小さい頃は大きい音がしてると寝付きが悪く、3人家族では1日1回程度回せば良いので助かりました。

②乾燥機能付きドラム式洗濯機

値段高いし、こちらも少し古いマンションなので、サイズ的に置けるかが悩みでしたが、電気屋さんに無料で下見していただけたことで、なんとかなりました!

ちょうどコロナ禍が始まった頃で、配送日が2ヶ月先の出産予定日後で焦りましたが、届いてからはその有用性に大満足。

赤ちゃんは洋服や布団、タオル、抱っこ紐など汚れ物の増えるトラブルが本当に多いし、洗い終わってから干さないといけないストレス(干し忘れるリスクを恐る)からの解放を考えてもとても助かりました。

③コードレス掃除機

ソファやカーペット、布団を含む様々な箇所の衛生面や、子どもの食べこぼし対策にとても良かったです。最近は床汚れも気になるので、ブラーバを買うか、コードレス掃除機のモップツールを買い足すか悩んでいます。

うちは狭い家ですが、仕事復帰したら、他の皆さんと同じようにルンバも欲しくなりそうと思うくらい、想像以上に子どもがいると散らかるのを実感してます。

④ホームベーカリー

 特にワーママ家電と思って使っていませんでしたが、最近、勝間和代さんやワーママはるさんもホームベーカリーを言及されていて、私も同じような考えで使っていたので、ご紹介させていただきます。

 初めはコロナ禍のおうち時間を持て余していたこともあり、実家に眠っていたものを取り寄せて使い始めたのですが、子どものために国産やオーガニックの食材を気にしはじめたり、なかなか月齢の低い子どもを連れて食べたいパンを買いに外出するのも大変なことを実感していることを考慮するととても良いものでした。

 パンは黒いほど良いと聞き、健康志向の全粒粉、ライ麦やオーツ麦、黒いお砂糖を使ったパンを手に入れるのは、時間も手間もかかることを考えると、ホームベーカリーは何回か使って慣れた後は、ご飯を炊くのと同じくらいの時間で作れます。

子どもの離乳食や朝ごはん向けに、安心食材で塩分控えめのほうれん草パンなども簡単にできて、パンは早いうちから手掴みでひとりで食べてもらえてたので、楽ちんです。

⑤その他ないけどあったらいいなと思うもの

冷凍と常温など冷たさの違う食材を同時に温められる蒸気オーブンレンジや、放ったらかしにできる電気圧力釜もあったら楽だったなぁと思います。

あと、離乳食がはじまると家がすごく散らかりはじめるので、お掃除ロボットも。。便利なものが増えて良い時代ですよね♪

3 家を整える

義母や家事代行の方に来ていただいたときに、物の場所がすぐわかるように、食品の収納ラックや調理器具の収納ラックに、何がどこにあるか分かりやすくなるように、ラベルを貼りました。産前産後は、夫も少しだけキッチンに入ってくれるようになったので、物の場所がバラバラになったり、都度聞かれるということも防げました。なお、コロナ禍でストックが増えていた時期なのでぎゅうぎゅうで少し恥ずかしい状態になっていましたが、すぐにわかってもらえました。

4 食材等宅配サービス及びミールキットの利用

妊娠中に買い物が辛くなったことや、健康志向のオーガニック食材を取り入れたいという気持ちになったことがきっかけでしたが、宅配してもらえることで買い物の効率が良くなり、ミールキットが簡単に手に入ることで今まで外食やお惣菜に頼っていた部分の食事準備の負担がとても楽になりました。

5 家事育児の分担を考える

産前は仕事で帰りが遅くなることが多かったので、ほとんどの家事を週末にまとめていました。平日の夕食は水曜日までは作り置き、そのあとはお惣菜か飲み会が入るか私が早く帰れれば作り足していくという形でした。ただ、子どもが産まれると、作り置きや普通にこなしてた家事すらしんど素敵できない時期が思ったより長く続くということを産後に実感。夫には産前から少しずつ投げかけつつ、産後は具体的に提案してみたものの、今現在も逃げられているので、苦労しています。このまま職場復帰したら、私が全て抱えることになりそうなので、大変かもしれないという不安がありますが、次の項番でなんとかしつつ気長にやっていこうと思います。

6 家事代行サービスをピックアップ、利用してみる

産前はなんとか凌げたので、検討しつつも必要性に実感が湧かず、利用までには至らずでした。ただ、産後に、夫や義理実家にはあまり期待できないことが明確になり、今は少しずつ実際に利用し始めているところです。産後の疲れた頭で利用申込したり、民営と公営を含めて色んなサービス比較したりするのはとてもしんどかったです。また、産後すぐはホルモンバランスの崩れもあり、家事は出来る限り私がやらないと妻失格と思われるかもという謎の責任感も募り、利用に対する不安ややるべき事の半分もできないことにイライラが募りました。もっと早く具体的にしておけばよかったなぁと思います。

育プチでは、外注に積極的なママが多く、家庭内で前向きに交渉する方法なども含めて、色んな話を聞けるので、会社や身の回りにこういったことを相談できなくて、どうしたらいいかモヤモヤしている方にもぜひ参加してみて欲しいです!

昨今は、男性育休の制度が強化されることにもなり、これから先は、なかなかパートナーに理解を得られず、ひとりで抱えしまうことで、望むキャリアに影響の出る女性が減るといいなと思っています。

今後の予定

7/6(火)勉強会チケットを販売中!
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線
でとらえるには?詳しくはこちらをクリック
❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

今後の予定

7/6(火)勉強会チケットを販売中!
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線
でとらえるには?詳しくはこちらをクリック
❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

育休“前”の復職準備 ~仕事編~

こんにちは!
第1子育休中のSallyです。
今日は私が育休前に復職を視野に仕事関係で準備したことを書いてみます。
まだ復職前なので、どれが最も功を成すかはわからないですが、
ぜひ、皆さんがやったことや、復職済みの方など、コメント等で色々アドバイスいただけたら嬉しいです♪

1 業務関係
信頼貯金という言葉を最近知ったのですが、そういうことにも繋がることができたのかなと思います。

(1)業務引継書や年間スケジュールの作成と共有
 ・妊娠がわかった頃から、いつ休むことになっても対応できるようにと、業務引継書と年間スケジュールの作成に取り掛かり、いつでも体系的に仕事を引継げるように準備しました。
 ・また、突発業務については必ず上司や同僚もメールccに入れておくなどして、急に休むことになっても、メールを探して貰えばすぐに経緯を把握できるようにしました。
 ・併せて、一部業務についてはマクロ化やマニュアル化まですることが、理想だったのですが、新型コロナのドタバタで完成できずでした。

(2)不在時の担当ラインの負担を軽減することに繋がる取組
 ・私が不在の際に担当ラインにかける負担を最小限にするため、他部署等との折衝や業務スキル、知識など、部下の伸びしろ分の育成に、これまでより力を入れて取り組みました。
 ・また、担当ラインの業務全般について他者の協力体制を整えたり、雛形を作ることで誰でもできるようになりそうな業務についてはどんどん共有化しました。

(3)休業前の挨拶周り
 ・休業の2ヶ月程前から、関係者や休業中にも連絡を取りたい方に少しずつ挨拶して回りました。

2 PCシステム関係
 長期休暇や復職後の人が困っている姿をよく見るのでやっておきました。

(1)パスワードの保管
 ・復帰初日にPCやシステムのパスワードがわからなくなって、なかなか仕事を始められないことのないように、SSO保存分も含めてメモしておきました。
(2)メールの自動応答設定
 ・メールボックスがいっぱいで謎の休業中の人にならないように、産休中の旨と緊急連絡先がわかるように自動応答の設定を忘れないようにしました。
(3)PC及び私物保管場所の確保
 ・万一、組織変更やレイアウト変更で他の人のものと混ざらないように、どーんと張り紙したりして、工夫しました。

3 休業中及び復職後の社内制度や人事関係の手続、担当者の確認

 (1)庶務担当や上司から言われる前に、自分でも社内規程や文書を見て、提出期限や様式、そのほか担当ラインの業務に迷惑かけないように工夫して取得出来る制度はないかと確認しておくようにしました。
 (2)人事や庶務等の連絡担当者の確認と面談
 ・会社や部署の体制によっては、直属の上司としか話せないかもしれないですが、私は直属の人事担当者を確認して、休業前から上司を含めて面談しておくようにしました。
 ・特に人事担当者は、復職後にどう扱われるかなど大きく影響するので、休業前から休業中も連絡が取れる関係ができているのが一番良いと思いました。
 ・そのほか、庶務や手続等の連絡をしてくれる方には、お手間をかけるので日頃から、休業前後もなお、感謝とお礼の気持ちを伝えるようにしています。

4 休業中に送って欲しい資料を伝えておく
 ・庶務担当者に、休業中に送ってもらっても問題ない定期資料を伝えておきました。
 社内報のほか、社員名簿があると、社内の様子がよくわかるようになります♪

5 その他
 私は妊娠後期にコロナ禍になりました。
 当初は産前休暇が年度末と重なっていたので、休暇取得を少し遅らせて、ギリギリまで出勤する予定でしたが、突如として難しい状況になりました。
 その際も、自分で社内規程を調べて、いち早く時差出勤(早朝出勤)を申し出てみたり、
その頃は限られた範囲で実施されていたテレワークの試験範囲に加えてもらうために、自らの業務についてのテレワークの適正性や会社のメリットについて、自分の業務の性格の分類や該当する業務の時間割合、それに基づいて、週何日程度ならテレワークで支障がないなど、提案資料を作り、室長から人事部に提案していただいたりしました。
 あまり時間もなかったので、実現前に産休に入ることになってしまいましたが、今後のためにはなったと思っています。

以上、書き漏れたこともあるかもしれませんが、コレやって良かったよとか、このほかにやっておくべきことがありましたら、ぜひ教えてください♪

次は、私だけの努力では全然準備が間に合っていなかったので産後に苦労してるなぁと反省してる家庭編を書いてみたいと思います。

今後の予定

7/6(火)、29(木)勉強会チケットを販売中!
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線
でとらえるには?詳しくはこちらをクリック
❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら
ケース『岡村課長と定時後のクレーム』:育休復帰者が組織に存在することで発生しやすい問題の本質は、個人ではなく業務の管理体制にあるということを理解するケースを扱います!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

今後の予定

7/6(火)、29(木)勉強会チケットを販売中!
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線
でとらえるには?詳しくはこちらをクリック
❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら
ケース『岡村課長と定時後のクレーム』:育休復帰者が組織に存在することで発生しやすい問題の本質は、個人ではなく業務の管理体制にあるということを理解するケースを扱います!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

冬休み特集②保活編

こんにちは!

今週は冬休み企画として、過去の運営ブログから読み応えのある記事を厳選してお送りしています。

第2回の本日は『保活編』。子を持ちながら働き続ける上で避けては通れない話題です。全国的には数年前に比べると格段に受け入れ状況は良くなっているとも聞きますが、みなさまの地域ではどうでしょうか。

保活アンケート結果(2019年11月10日掲載)

0歳で入園。我が家の場合(2019年11月28日掲載)

保育園はかわいそう?(2019年12月4日掲載)

「子どもを保育園に預けない」!? ニューノーマルな働き方(2020年8月4日掲載)

明日もどうぞお楽しみに!!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

認定ファシリテーター 上松恵子さんが新聞に取材されました

9/13付 中日新聞 社会面の女性活躍推進をテーマとした記事に、認定ファシリテーターとして活躍中の上松さんの声が掲載されました!

一律に押し付けられる「輝く女性」としての姿に、モヤモヤしている方もいるのではないでしょうか。

「国が会社が求めるから」ではなく、「私がめざしたいから」

WSI講師や認定ファシリテーターのリードで思考を深めて、「めざしたい自分」を選択してみませんか?

掲載記事全体はこちらから。

“子どもを持ちながら働く”が本人・家族・企業にとって当たり前になる社会の実現に向けて、認定ファシリテーターとしてワーキングペアレンツを支援しませんか?

現在認定ファシリテーター養成講座2020年後期の申し込み受付中です!

本日9/15(火)までに申し込むと早割が適用されます⭐︎
申し込みはこちらから!

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter

初めてファミサポを使って勉強会に参加してみました ー遠くの親戚より近くの他人ー 

第一子育休中の運営メンバーのいちこです。

息子はもう1歳を超えており、勉強会に参加するには誰かに預けなければなりません。

夫は仕事で忙しく、家族は遠方かつコロナの状況下のため、お願いができませんでした。

参加は諦めるしかないのでしょうか・・・いえ!諦めませんでしたよ!

復職準備も兼ねて、初めて「ファミリーサポート」を使いました!
初めての利用で、いきなり5時間も大丈夫かなとドキドキしてました。

勉強会が始まって少しした頃、息子を預かってくれた人からメッセージが届きました。

「大変元気に遊んでおります。ご安心ください!」と。

このメッセージを見て、とても安心し、そして勉強会も集中して楽しむことができました。

「遠くの親戚より近くの他人」ということわざがあります。

子どもを見てくれる家族が近くにいない状況に置かれる人は多いと思います。

だからこそ、ファミリーサポート、ベビーシッター、そして子どもを通してつながった友人や、勉強会で出会う仲間など、積極的に一緒に子育てをしてくれる仲間を作ることは、今後の育児の中でとても大きな財産になると思いました。

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter

2020/9/8(火) 勉強会開催報告

9/8(火)に、「育休プチMBA勉強会」が東麻布のワークラボで開催されました。

今回は「岡村課長と定時後のクレーム」というケースでディスカッションをしました。

新型コロナウィルス感染予防の為に参加人数を絞っていることもあり、今回は企業の見学の方を含めて7名が参加。

うち3名の方が初めての参加でしたが、少人数だからこそ全員が何度も発言し、じっくり話し合うことができたように思います。それぞれ多様な意見を出し合いながら、内容を深く掘り下げることができました。

勉強会はグループディスカッション+全体共有とランチ交流会で構成され、ディスカッション+全体共有は3回繰り返しました。

・組織にとっての課題は何か
・あなたが上司の立場であったら組織と課員に
 何を求めるか
・あなたが時短勤務で子育てをしながら働いて
 いる当事者であったら短期的・長期的に何を
 するか

といった問いに対するディスカッションを通じて、経営的視点、経営用語を用いながら、参加者の思考を深めていきました。

ディスカッション終了後はランチ交流会を実施し、ベビーシッターの方とどのように信頼関係を築くかといった復職準備に関する話や、復職後の組織貢献型の働き方について、保育園・幼稚園話や2人目育児についてなど、様々なトピックで意見交換が行われました。

アンケートより、参加者の声を一部抜粋してご紹介します♪

・少人数制だった為、自分の意見を言える時間も
 多く、思考の言語化のトレーニングになった

・投げかけられた問いにすぐに答えられなく

 ても、フォローしてくれる会場全体の雰囲気が
 有難かったです。

・ファシリテーターの方の整理しながら進め

 られる進行と、深く突っ込んでいくスタイルの
 おかげで思考を深めることができました

・MBAのメソッドで修羅場を擬似体験する意義に

 ついての話があり、興味深かった。仕事でも、
 いかに擬似体験を重ねるかでクォリティーが
 変わってくると思います。

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter

日本女性のキャリアアップを阻むものとは

こんにちは!
運営メンバーのキャシーです。
第一子育休中です。

育休プチMBAの運営メンバーとして活動していて、女性のキャリアについて考えることが増えました。

『ガラスの天井(Glass Ceiling)』という言葉がありますよね。女性が上にいきたくても、目には見えない透明な天井が邪魔をして上にいけないという意味です。しかし、女性やマイノリティーには見えない天井がある「理由」は具体的にイメージできていませんでした。

そんな時にこの記事に出会いました。

「女性管理職30%」実現へ遠く 何が必要?識者に聞く:日本経済新聞

日本政府が女性管理職30%を目標に掲げたのは、なんと小泉純一郎内閣時代の2003年6月。17年も経ったのに実現できてないのですね。

その理由を、キャシー・松井氏はこう語っています。

「目標が達成できないのは政策や税制、教育、無意識のバイアスなどいろいろある。親にも先生にもメディアにも責任はある。根深い問題を一つずつ解決しない限り、政府批判だけでは解決しない」

私はこの中で特に『無意識のバイアス』が怖いと思いました。娘をもつ母としてもバイアスを受け付けたくない、と強く思いました。

更にパク・スクッチャ氏は、以下のように述べています。

「女性は男性よりも昇進意欲が低いことがある。労働政策研究・研修機構の2016年の調査では、課長職以上への昇進を希望する総合職女性の割合が男性より2割超低かった。私がコンサルティングしている企業からも『管理職になるのを断ったり、昇進試験を受けない女性が多い』という声を聞く。主な理由は女性が男性よりジェンダーバイアスが強いことと、自分の実力を過小評価することだ。過小評価するのは世界の女性に共通する傾向だ」

私自身、働く女性として、プロジェクトでも管理職でも『自分はできない』という思い込みを捨てて、行動することで自信をつけていきたいと思いました。

最後に日本の女性の活躍を阻む要因として家事の負担が多いことについて言及されています。必要のない家事は減らした上で、夫と分担し、家庭内の格差を減らす事がいかに重要か、改めて気づかされました。

子育てに悩んだ時、自分のキャリアに自信が持てなくなった時、家庭内での家事分担を見直したいと思った時、話し合える仲間、アドバイスをくれる仲間がこのコミュニティーにいます!是非、勉強会に参加することで繋がり、支えあっていきましょう〜!

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/29(火)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter

【復職準備】はじめてのベビーシッター

こんにちは。
運営メンバーのキャシーです。
第一子育休中です。

以前、勉強会参加者限定コミュニティー内で開催されたオンラインオフ会で、シッター利用について、様々な人と議論を交わしました。

私は今まで、マッチング型ベビーシッターを一度しか利用したことがありませんが、その経験でも、どなかのご参考になるかもしれないと思い、振り返ってみました。

◆派遣型ではなくマッチング型を選択

お願いするまでの日数が1週間程度と迫っており(汗)、私のみた派遣型の会社に登録するには面談などが必要で時間不足だったので、マッチング型を選択しました。

派遣型を利用したことがないので比較できませんが、私が選んだサービス提供会社は、アプリから、指定したい時間の空いてるシッターさんを選べたり、アプリの使い勝手(UX)がとても良かったので、今後も継続して使いたいと思いました。

◆お願いする方を選んだ基準

アプリ上に現われる数々の人を見比べた結果、経験が豊富そうな60代の女性にお願いすることにしました!これは個人の独断と偏見で選んでいますが、私が注目したポイントは以下です。

・資格
→保育士や看護師であることには拘りませんでした。ベビーシッターの資格は保持されていましたが、経験や評価に重きをおこうと思いました。

・料金
→初めだったので、安すぎず高すぎず、平均的な金額の方を選びました。

・病児保育が可能か、経験豊富か
→復職後、病児にお願いすることを見据えて。

・評価
→5段階中4.99の方を。口コミもほぼ全て読み込みました。

・経験値
○サポート実施回数→500回以上
○累計ユーザー人数→180人
○リピート人数→50人
○シッター歴9年
→これらの数字は全て、他のシッターさんと比べてかなり多く、経験豊富であることの裏付けに。リピが多いのも一つの安心材料に。

・カレンダーの空き状況
→たくさん埋まっている方を選択。

◆お願いしてみて
生後3ヶ月の子供を、2時間お願いしました。事前面談をする時間がなかったのですが、この方にお願いできて本当に良かったと思いました。安心できたポイントは以下です。

・前日にメッセージを頂き、子の体調や最近のスケジュールなどをお伝えできた

・当日、早めにいらしてくださり、我々親の前で子供を抱っこしたり、オムツを換えたり遊んだり、我々が安心してお任せできますように配慮してくださった

・戻ると、不在中の子供の様子を詳細に教えてくださり、写真もたくさんシェアしてくださった

なお、たまたま義理の妹が当日顔を出してくれたので、彼女からもシッターさんの様子を聞くことができました。彼女がくることを快く受け入れてくれたシッターさんにも感謝です。

本当は定期的にお願いする予定が、早くも前回から半年が経過。子供のためにも、信頼できて頼りになるシッターさんを見つけておきたいと思っていたので、この方に定期的にお願いし、素敵な関係を築いていきたいと思っています!

*********************

★ただいま2020年度 秋運営メンバー募集中★

多くの気づき、学び、そして素晴らしい仲間が得られる運営活動。
メンバーみな異口同音に「参加してよかった♪」の声でした!
“子どもを持ちながら働く”が当たり前になる社会の実現に向けて、一緒に活動しませんか?
応募はこちらから♪

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/8(火)&9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

9/8(火)はワークラボでの開催。
対面にならないように各テーブル2・3名とし、少人数で実施します。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter※始めました! フォローお願いします♪