「保活」タグアーカイブ

幼稚園への転園体験記

こんにちは。第2子育休中のひまわりです。

今年度、長男が幼稚園に入園しました。転園前の2歳児クラスの一年間、幼稚園に入園するためにどのような準備が必要だったかと、入園後の様子について書いてみます。

私が住んでいる自治体では、預かり付きの幼稚園が複数あります。

預かりの時間は7:30~18:30、夏休みもお盆の一週間以外は開園、土日の行事(運動会など)の際には振替休日がありますが、就労証明を出している場合は預かってもらえます。年末年始も認可保育園と同様6日間の休園です。

上記のような預かり保育のない園もありますが、我が家の場合、こうした預かり付きの園が通園圏内に6園あり、すべて候補にしました。

そもそも、どうして幼稚園への転園を検討したかというと、自宅近くの保育園に1歳児からお世話になっていたものの、本人がどうしても「毎日どろんこ遊びをしたい!」というので、年少のタイミングで幼稚園への入園を考え始めたのです。

幼稚園入園までの一年の流れです↓

  • 5月頃   見学会開催 プレ保育開始
  • 9月頃   運動会の見学
  • 10月中旬 募集要項の配布
  • 11月上旬 入園選考

幼稚園の入園の準備は、園見学やプレ保育に入るところから始まるのですが、その方法は園に任されています。プレ保育に通っていると優先枠があるなど、園によって条件も様々です。

そのため、各園の入園までのスケジュール等を的確に把握する必要がありました。なので、同じように入園を検討中の人たちと情報交換をしたり、在園ママ達から話を聞いたり。漏れなく情報収集できるよう工夫しました。

また、平日のプレ保育や見学会への参加は、日程的に厳しいながらも、必ず子どもが園の様子を見ることができるように夫と分担して進めました。

さらに先生方のお話を聞いたりしていく結果、最初は6園あった候補園も、子どもに合う園はこういうところかなあと絞られてきました。

そして最終的に、当初の転園きっかけのとおり、本人の「どろんこで毎日遊びたい」という希望をかなえられる幼稚園に入園しました。

現在は育休中ですが、正直、復職のことを考えると、幼稚園入園はかなり迷いました。

特に私が入園前に心配していたのは、

  • 給食がなくお弁当の日があること(園によりますが、長男の通う園は週に3日お弁当、週に2日は希望者は仕出し弁当を頼めます)
  • クラスの中で働いている母親が3割程度であり、預かりを利用することで子どもが寂しさを感じるのではないかということ

入園後、お弁当に関しては、毎日同じメニューでも子供は喜んで食べており、週に3日お弁当を作るためにどのような材料があればよいかの量も割とすぐに把握し、通常の買い物に上乗せする仕組みを作ればそれほど大変ではないことがわかりました。朝もお弁当作りにかける時間は10分と決めて、朝食と一緒に作れるように仕組化しました。

また、預かり保育も、育休中に数回利用しましたが預かりの時間は合同保育であり、他学年と一緒に遊べることを喜んでいたり、預かりの時間しか遊べないおもちゃもあるそうで、長男は楽しんで過ごしているようです。

入園前に想定していなかったことも起きました。

1つ目は、幼稚園では上履きを使用するため週末には上履きを持って帰って洗う必要があることです。小学校入学の予行演習と割り切って、金曜日の夜にお風呂の中で子どもと洗うことにしました。

2つ目は、なにかで支払いが必要なとき、事務の方の勤務が8時半~16時半で、復帰後はお会いできないのではと心配していましたが、個別に振込で対応してもらえるとのことでした。

3つ目は、課外活動が充実しており、本人の希望で音楽教室と体操教室に入会しました。復職後は預かりの時間を使って、本人がやってみたいことに挑戦できるので、親としては時間を有効に使えることに感謝し、子どもはやってみたかった前転を教えてもらい大満足しています。

幼稚園入園により、これまでの生活パターンを変更しないといけない点もありましたが、ペースをつかむまでにそれほど時間はかかりませんでした。何より、本人の希望だった「どろんこを思い切りできる!」という環境で、毎日くたくたになるまで遊び、夜は「今日も楽しかった~」といいながらぱたっと寝るようになりました。

保育園の良さ(給食や延長保育)を思い出すこともありますが、本人の満足感は高いようなので、我が家にとっては良い選択であったと思っています。子どもの希望を聞きながら、一緒にどんなところで過ごしたいか(遊びたいか)を考えることができた時間は、私にとっても貴重な時間でした。

今後の予定


10/28(木)、11/25(木) 勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:管理職として部下を動かす際に必要な視座やコミュニケーションスキルを考えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『岡村課長と定時後のクレーム』:育休復職後に想定される、周囲とのコミュニケーションギャップと仕事量の壁。あなたはどう解決する?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

選択肢を複数持つこと

こんにちは。第三子育休中のあいかです。

突然ですが、皆さんはママ友いますか?私はいます。

2年半前に夫が単身赴任で、一人で子育てするのが辛くてしょうがなく、悩みに悩みまくっていた時に、あるイベントに参加して、ママ友を作ろうと決意しました。

そのイベントの中で「本当に自立している人は、たくさんの選択肢を持って選んで、頼る・依存することができるから、自由だし、自立している」という話がありました。

当時の私は家事に関しては極力省力化、自動化し、特に負担に感じていることはありませんでした。しかし、育児に関してはアウトソーシング出来ず、一人で抱えまくって、苦しんでいました。選択肢が「自分で頑張る」以外なかったのです。

そんな時、イベント登壇者でもある「ちよママ」(https://www.chiyomama.com/ 千代田区の子育て中の親の交流を支援する団体)代表の勝連万智さんから「保育園のママたち誘って遊んでみたら?意外とみんな同じような悩み抱えて、誘って欲しいと思ってるかも!」というアドバイスを頂きました。

当時の私は「えー!ママ友ー?ハードル高すぎる…」と思ったものの、苦しいという気持ちの方が大きかったので、まずは手始めに育休中に何度か話したことあるお母さんたちを自宅マンションのホールでランチしないか誘ってみました。そしたら思いの外参加者が多く、次から次へと「〇〇ちゃん・〇〇くんも誘っても良い?」と連鎖が繋がり、クラスのほぼ全員のお母さん+子どもが参加してくれました。

みんな一見全然悩んでいないように見えていましたが、それは大間違いで、みんなそれぞれ悩みがあり、繋がりたいと思っていて、そこから定期的にクラスでお花見をしたり、何かの節目に集まったりするようになりました。

クラスの中で何名かのお母さんは特に仲良くなり、コロナ禍で保育園が登園自粛になった際も公園で子どもたちを遊ばせたり、本当に助けられています。

育児のサポーターとして「ママ友」という存在が育児の選択肢に加わり、選択肢を複数持つことの大切さを痛感しています

今後の予定

6/8(火)、7/6(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cover-D4PgVRbDRUivoZtN6wbaccWWr6u95jSR-2.png
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策は‥?詳しくはこちらをクリック!
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線でとらえるには?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

育休プチMBA勉強会 PEATIX 育休プチMBA勉強会 FACEBOOK 育休プチMBA勉強会 INSTAGRAM

初めての一時預かり【後編】

こんにちわ。第2子育休中のコマーです。

前回のブログでは、私が育休プチMBA®勉強会に参加するため、初めて1歳10か月の子どもを保育園の一時預かりに預けようと、園選びから、預け入れ前日準備までのことをブログにしました。
今日の後編では、いよいよ預け入れ当日のことをご紹介したいと思います。これから復職に向け、一時預かりや慣らし保育が始まるよ~という方、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

では早速。

⑤預け入れ

 そして迎えた当日。保育園では入口で先生にお荷物を渡して、体調などを伝え子どもを引渡します。当然ながら、そして予想もしていましたが、やはり初日は泣かれました。

「頑張ってくれ。お母さんも勉強会頑張ってくるから!」と心に誓い、園をあとにしました。

⑥勉強会参加!

 出産以来、久しぶりの自分だけの時間。集中できる空間。私が参加したのはオンライン回でしたので、20数名の育休仲間とファシリのめいみ先生ととても有意義な学びの時間を過ごすことができました。
子どもを預けることで、「いつ泣かれるか分からない・・」と気を取られることなく、100%勉強会に集中し、思考トレーニングすることができ、逆にディスカッション中に子どもが泣いてしまう受講生の方がいても「うんうん!わかるよ、あるよね!仕方ない・・」と応援してあげたくなる心の余裕もありました

この日の勉強会についてはこちらでも紹介しております。

気になる方はぜひこちらもご覧ください♪

2020/9/29(火) 勉強会開催報告 | 育休プチMBA®︎ (ikukyumba.jp)

⑦お迎え

 約3時間ぶりの子どもの再会!どんな顔して待ってるかなーとドキドキしてお迎えに行くと、うちの子は先生に泣きながら先生に抱っこされていました。私を見つけると大急ぎで私のところにかけこんできました。久しぶりに会う子どものかわいさ、愛くるしさったらありませんね。

ちなみに、勉強会後のランチ交流会中に保育園から電話があり、「あまりに泣いて、食事も摂らないので早めにお迎えに来てほしい」と言われました。こういうのも、初めての保育園あるあるなのかな~と、復職に向けたよい練習になりました

皆さんも復職に向けた準備されていますか?

ぜひ皆さんのお話も教えていただきたいです。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

初めての一時預かり【前編】

こんにちわ。第2子育休中のコマーです。

皆さんはお子さんを初めて保育園に預けたのはいつですか?

私はつい先日、育休プチMBA®勉強会に参加するため、初めて1歳10か月の子どもを保育園の一時預かりに預けてみました。これから復職に向け、一時預かりや慣らし保育が始まるよ~という方、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

では早速、こちらの流れで私の体験をご紹介させていただきます。

①預ける理由

②一時預かり園を選んだ条件

③事前準備

④当日

⑤預け入れ・・つまり娘との別れの瞬間

⑥勉強会参加!

⑦お迎え、感動の再会

——————————————–

①預ける理由

前述の通り、この日は育休プチMBA®の勉強会に参加するために子どもを一時預かりに預けることにしました。ちなみに私が参加したのは、「西田はるかの職場復帰前面談」です。復職に向けて、思考トレーニングをしたい!と一念発起して初めて参加してみました。(勉強会について気になる方はこちらの記事もぜひお読みください。)

2020/9/29(火) 勉強会開催報告 | 育休プチMBA®︎ (ikukyumba.jp)

②一時預かり園を選んだ条件

 園選びの私の条件は以下の3つです。

 ・送迎距離&時間

  我が家は上の子が既に別の園に通っているのでダブル送迎でも仕事や勉強会に間に合う園を選定しました。

 ・預け入れがラクなこと

  保育園の預け入れ方って、園によってけっこう異なります。
A保育園だと、子どもと荷物を玄関で先生に引き渡すだけだけど、B保育園はお着換えやグッズを毎日指定の場所にセッティングしなければばらないとか、玄関ではなくお部屋まで子どもを送迎しなければならない等々。ちなみに我が家の近隣では、私立園はAパターンが多く、公立園はBパターンが多いです。そんなわけで、私は限られた時間を有効活用したく、Aパターンの園を選定しました。

 ・見学会やイベントに参加し、安心して預けられるころ

  大事な子どもを預けるわけなので当然ですね!今年はコロナ禍で見学ができないところもあるようですが、既に預けていらっしゃる方のお話等聞けると安心かもしれませんね!

③事前準備

前述のとおり、保育園へのお荷物準備は小旅行並みのお荷物準備です。
そしてすべての物にお名前付けも忘れずに。オムツにもお名前を書きます。
我が家では名前書きについては上の子の時に反省したので今はお名前スタンプを活用しています。

長くなってきましたので続きは後編でご紹介します♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

冬休み特集②保活編

こんにちは!

今週は冬休み企画として、過去の運営ブログから読み応えのある記事を厳選してお送りしています。

第2回の本日は『保活編』。子を持ちながら働き続ける上で避けては通れない話題です。全国的には数年前に比べると格段に受け入れ状況は良くなっているとも聞きますが、みなさまの地域ではどうでしょうか。

保活アンケート結果(2019年11月10日掲載)

0歳で入園。我が家の場合(2019年11月28日掲載)

保育園はかわいそう?(2019年12月4日掲載)

「子どもを保育園に預けない」!? ニューノーマルな働き方(2020年8月4日掲載)

明日もどうぞお楽しみに!!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!