「保育園ママ」タグアーカイブ

子育てにも活かせる?ノーベル賞理論「ナッジ」について

こんにちは。第2子育休中のほんめぐです。妹が産まれてイヤイヤ期の3歳と8ヶ月の姉妹を育てています。

◆(あること)導入前…
保育園に出発する時間になっても
・おもちゃを片付けない
・靴下を履かない
・テレビを消さない
・間に合わなくなり、結局車で送る
・保育園に着くのはいつもギリギリ…
・帰宅後は散らかった部屋の片付けから

◆(あること)導入後…
・自発的にお片付け開始
・出発時間には靴下履いて靴履いて玄関へ
・保育園まで秋探ししながら歩く
・自分の運動不足解消にもGood
・帰宅後、家は片付いている

どんな裏技を使ったのかと言うと、ルンバを保育園出発の時間に予約しただけなんです。娘はルンバが怖いようで…「おもちゃが食べられちゃう!」でお片づけを始め、ルンバから逃げるために自分で玄関へ行き、靴下を履き靴を履くようになりました。いくら言ってもやらなかったのに…!このように、行動を強制ではなく自発的に促すことを「ナッジ(Nudge)」というそうです。

Nudgeは英語で「(肘で)そっと小突く」という意味ですが、強制ではなくあくまで自発的にその人にとってふさわしい行動のきっかけを促す「行動経済学」に含まれる理論(2017年ノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー氏の理論)とのこと。

子育てへの応用をこちらのブログで拝見し、早速我が家でも下記を導入してみました。

・「歯磨きしなさい!」ではなく、「イチゴ味とブドウ味(歯磨き粉)どっちがいい?」
・「お風呂出なさい!」ではなく珪藻土マットに「足跡ペッタンして〜!」
・「手を洗いなさい!」ではなく(花の形で出るハンドソープ)「お花でアワアワするよ〜!」
・「ベッドに行きなさい!」ではなく(寝かしつけ用の)「絵本を選んで〜!」

子育てに万能な解決法はありませんが、目まぐるしく過ごす日々が理論を学び試してみることで少し楽になる気がします。絶賛イヤイヤ期真っ最中の我が家ですが、穏やかに過ごせるヒントが「ナッジ」にあるのかもしれません。

育休プチMBA®︎勉強会ではMBA同様の本格的な教材を用いてケースディスカッションを行います。復職後の生活を少し楽にしてくれるかもしれない、そんな学びを体験してみませんか?

参考
行動経済学の使い方
(大竹文雄,岩波新書,2017)
おたまの日記「子育てにナッジを応用したい」

ノーベル賞理論で子育てが捗る!?「ナッジ」でよりより子育てライフを!(Lidea by LION)

https://lidea.today/articles/002830

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!
9/22(水)クロストークイベント開催決定!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

フルタイム or 時短復職?

こんにちは。

第三子育休中のあいかです。

突然ですが、皆さんはフルタイム、時短どちらで復職されますか?

 私も育プチの運営ボランティアを始めるまでは、正直、仕事に慣れるまでは「時短」で復職しようと思っていて、産休前面談でも上司に「当面は時短で復職予定」と伝えていました。しかし、運営の定例会議で国保さんと話す中で「周りが時短取ってると言う理由で、自分も何となく時短」にするのは絶対にやめた方が良いというアドバイスを頂きました。

 なぜ時短を取るのか、クリティカルシンキングを使って、自分の中で再度考えてみたのですが、自分の中で納得できる答えが見つからない。ということはフルタイムで復職すべきなのではないかと考え始めました。

理由1
夫婦ともに在宅勤務が進み、往復2時間20分の通勤がなくなったこと。オフィス売却が進んでいるので、復職後もこれに変化はなさそうであること。

理由2
将来管理職になりたいので、時短を取るとその夢が遠のくこと。海外営業の部署に異動したいが、管理職でないと応募資格がそもそもないこと。

理由3
FPと相談し、三人の子供に十分な教育を提供するためにはフルタイム復職が必要であること。

理由4
産休前も残業時間が3~4時間しかなく、フレックスを使っても、保育園イベントや病院に連れていく時間を確保するのが難しかったが、1時間単位の有給制度が導入されたため、時間を柔軟に使うことが可能になったこと。(=時短にしなくても対応できそう)

理由5
在宅勤務が進んだため、夫に子どもたちを朝保育園に送ってもらえそうであること。

それでも最初慣れるまでは大変だと思うのですが、三人目の子どものため、これが一時的なものであることはわかっていますし、今回は病児保育も復職前に契約し、万全な状態で復職に臨みたいと思います。

保育園が無事決まり次第、職場にもフルタイムで復職したい旨、面談で伝える予定です。育休から復職する部下を初めて持つ男性上司にとってはフルタイムで復職するというだけでも、やる気があると見てもらえれるはずと思っています。

時短にするかフルタイムにするか、是非皆さんもよく考えてみてくださいね!

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!
9/22(水)クロストークイベント開催決定!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

自宅隔離等に備えた我が家のBCP対策

こんにちは、第2子育休中のへろりんです。

今回は、「自宅で2週間ほど籠城することになっても、できる限り普段の生活を維持できるように、どんな準備をしているか」について書きたいと思います。

私の住む自治体では、毎日どこかしらの保育園で、新型コロナウイルスの陽性者発生が発表されています。

幸い、上の子が通う園ではまだ陽性者が出ていないのですが、陽性者が発生して保育園が休園となるのも時間の問題だと考えています。また、いつ何時、家族が濃厚接触者になったり、新型コロナウイルスに罹患するかもわかりません。

そんな中で、夫と「一家で隔離となった場合、家で籠城する/できる限り普段の生活を維持する」ための準備を行ったので紹介します。

====

<前提条件>
夫・年少・7か月・私の4人家族
自宅は3DKのマンション1室
夫は基本的に仕事の日は毎日出勤(自宅隔離の場合は、在宅でできる業務のみ行う)
妻(私)は育休中(~2022年4月までを予定)
年少児は、普段の日中は保育園
陽性で体調不良は大人1名、残り3名は濃厚接触者だが陰性or陽性でも無症状で動ける想定

<やったこと>
①隔離スペース確保のための断捨離
②これまで利用していなかった食品宅配のお試し
③備蓄品見直し
④子どもの遊ぶものを準備
⑤エンディングノートのアップデート

====

①隔離スペース確保のための断捨離
大人が陽性/隔離となった場合、間取り的に、玄関手前の部屋を隔離部屋にする必要があるのですが、普段は物置。
床は色々なものが散らばり、季節のものや服を収納するスペースになり果てていたのを、掃除しました。私頑張った。
いい機会だったので、もう着ない服や読まない本・資料などを処分。ゴミ袋3つ分くらい出てきました。おおお。

②これまで利用していなかった食品宅配のお試し
普段は生協を利用しているのですが、対面せずに食料品/日用品を受け取り出来る方法を複数持っておきたいなと思い、ネットスーパーにも登録し、利用してみました。
生協とは勝手が違うので戸惑いもありますが、ここは慣れしかないなと思っています。

③備蓄品見直し
家族で発熱する人が出る前提で、普段は購入しないゼリー状飲料、スポーツドリンクなどを購入。保冷剤や解熱剤なども買い増ししました。また、調理が簡単なレトルト品・缶詰も増やしました(生鮮品は食品宅配で調達予定ですが、調理はできなさそう)。
野菜がどうしても足りなくなるので、フリーズドライの野菜は多めに用意。
育休中だと、料理できる時間が増えるからか、レトルト品はそこまで購入していなかったのですが、棚卸もできて良い機会でした。
また、下の子の離乳食に関しては、冷凍食品・フリーズドライ・レトルトパウチなど複数の形状を揃えました(普段は生鮮品&冷凍食品で離乳食を作ることが多い)。こちらは普段使いとし、少しずつ利用しては買い足す「ローリングストック」を実践したいと思います。

④子どもの遊ぶものを準備
上の子については、今まで持っていなかった紙粘土やボードゲームを用意。自宅隔離になった場合、家遊びで飽きないよう、小出しで登場させる予定です(実はまだ隠している)
また、下の子については、月齢に合わせたおもちゃをレンタルできるサブスクリプションサービスに登録。こちらも、一気に出すのではなく、小出しにする予定です。が、私が申し込んだサービスは、現在申し込みが殺到しているようで、「ご登録から到着まで、2か月ほどお待ちいただく場合があります」と案内がありました。。。(まだ来てない)

⑤エンディングノートのアップデート
自分が罹患して重症化⇒入院等することも想定し、独身の頃からしたためていたエンディングノートを見直し、最新の情報に修正しておきました。
「わざわざエンディングノートを作る」となると大変かもしれませんが、
・入院時等に連絡が必要な相手は誰か(時勢的に面会等は難しいですが…)
・保険はどんなものに入っているか、証書はどこにあるか
・(子どもが重症化し入院する場合に備えて)母子手帳や保険証はどこにあるか
あたりをメモに残す、ないしは夫婦間で共有しておくと良いと思います。

いかがでしょうか。

大人から子どもに移って家族内に陽性者が増える、ということを想定すると、それこそ1か月近く自宅隔離になる可能性もあり、まだまだ不十分ではありますが、全く備えないよりはマシというスタンスです…。

ネットでは、小さなお子さんを抱えながら実際に自宅隔離を経験された方の体験談も増えてきましたので、それも参考にしつつ、できる限り普段の生活を維持するための備えをしておきたいと思います。

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!
9/22(水)クロストークイベント開催決定!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

選択肢を複数持つこと

こんにちは。第三子育休中のあいかです。

突然ですが、皆さんはママ友いますか?私はいます。

2年半前に夫が単身赴任で、一人で子育てするのが辛くてしょうがなく、悩みに悩みまくっていた時に、あるイベントに参加して、ママ友を作ろうと決意しました。

そのイベントの中で「本当に自立している人は、たくさんの選択肢を持って選んで、頼る・依存することができるから、自由だし、自立している」という話がありました。

当時の私は家事に関しては極力省力化、自動化し、特に負担に感じていることはありませんでした。しかし、育児に関してはアウトソーシング出来ず、一人で抱えまくって、苦しんでいました。選択肢が「自分で頑張る」以外なかったのです。

そんな時、イベント登壇者でもある「ちよママ」(https://www.chiyomama.com/ 千代田区の子育て中の親の交流を支援する団体)代表の勝連万智さんから「保育園のママたち誘って遊んでみたら?意外とみんな同じような悩み抱えて、誘って欲しいと思ってるかも!」というアドバイスを頂きました。

当時の私は「えー!ママ友ー?ハードル高すぎる…」と思ったものの、苦しいという気持ちの方が大きかったので、まずは手始めに育休中に何度か話したことあるお母さんたちを自宅マンションのホールでランチしないか誘ってみました。そしたら思いの外参加者が多く、次から次へと「〇〇ちゃん・〇〇くんも誘っても良い?」と連鎖が繋がり、クラスのほぼ全員のお母さん+子どもが参加してくれました。

みんな一見全然悩んでいないように見えていましたが、それは大間違いで、みんなそれぞれ悩みがあり、繋がりたいと思っていて、そこから定期的にクラスでお花見をしたり、何かの節目に集まったりするようになりました。

クラスの中で何名かのお母さんは特に仲良くなり、コロナ禍で保育園が登園自粛になった際も公園で子どもたちを遊ばせたり、本当に助けられています。

育児のサポーターとして「ママ友」という存在が育児の選択肢に加わり、選択肢を複数持つことの大切さを痛感しています

今後の予定

6/8(火)、7/6(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cover-D4PgVRbDRUivoZtN6wbaccWWr6u95jSR-2.png
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策は‥?詳しくはこちらをクリック!
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線でとらえるには?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

育休プチMBA勉強会 PEATIX 育休プチMBA勉強会 FACEBOOK 育休プチMBA勉強会 INSTAGRAM