「在宅勤務」タグアーカイブ

オンラインでのチームビルディング

こんにちは、第2子育休中のへろりんです。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、「この1~2年で在宅勤務になった、在宅勤務の機会が増えた」という方もいらっしゃると思います。

一方で、これまで対面で行われてきた職場のコミュニケーションがオンライン化し、どうやってチーム内で信頼関係を構築するのか、まだまだ手探りという方も多いのではないでしょうか。

今回は、「オンラインでのチームビルディング」について、ワークシフト研究所所長・国保祥子から面白い話を聞きましたのでご紹介したいと思います。

大学の教員でもある国保は、大学でゼミを持っているのですが、なんでも「(ゼミは大学4年生、大学3年生が所属しているが)今年の大学3年生の方がチームビルディングがスムーズだった」とのこと。

現在の大学4年生は、ゼミ所属のタイミング(大学3年生進級時)で「コロナ蔓延→急遽講義もゼミもオンラインに変更」となりました。現在の大学3年生も状況は変わらず、どちらの学年もオンラインで顔合わせ・信頼構築を始める…という条件は一緒です。

しかしオンラインでのゼミも2年目だったことで、1年目の経験や反省を活かすことができました。具体的には、現3年生のチームビルディングで実施したのは次の2点。

①ゼミが始まって早々に、全員で力を合わせる必要のある課題を課した
②初回のオンライン懇親会のときに、学生の希望で「AmongUs(オンライン人狼ゲーム)」で遊んだ

①→チーム始動の初期に重めの課題を課したことで、チーム内の一体感を高めることに成功
②→「人狼ゲーム」という「その人の人となりが露出しやすいゲーム」を行ったことで、学生間で各々の人となりを知る機会ができた

というのが大きかったようです。

大学のゼミの話ではあるので、職場で全く同じことを行うことは難しくても、「チーム内の一体感を高める仕掛け」や「各々の人となりを知る機会を設ける」ことはできそうです。

オンラインだと、対面以上に信頼構築に時間がかかるもの。

私も、いつか管理職になる(かもしれない…)ので、チームビルディングを行う際には上記のことを意識してみたいと思いました。

今後の予定

8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

ワーママが在宅勤務時の運動不足解消にVRヘッドセット(VRゴーグル)は使えるのか

こんにちは、第2子育休中のへろりんです。

今日は普段とは少し趣を変えて、「VRヘッドセット(VRゴーグル)」について書こうと思います。

先に結論から申し上げますと、「VRヘッドセット(VRゴーグル)とワーママの相性はあんまり良くない」です。なに想像通りのことを言ってるんだって感じですよね。

そもそも、「育休中や復職後に備えるTips」「勉強法」「子連れで〇〇」「時短」等がテーマになるこのブログで、なんでVRヘッドセットなんだとお思いかもしれません。が、全く関係ないとも言い切れないのですよ。

このブログをご覧の皆さんの中には、この1~2年で在宅勤務を経験された方が多くいらっしゃるかと思います。そこで出てきた大問題の一つが「運動不足」。はい、私もご多分に漏れずなりました運動不足。もともと運動習慣がそこまでないことに加え、在宅勤務による通勤時間の削減で、とにかく体を動かす機会が激減しました(それまで、通勤時は1日1万歩がザラだったのに、1日1500歩くらいしか歩かなくなるのは本当に衝撃だった)

そこで購入したのが「VRヘッドセット」。どうせ運動するなら楽しくやりたい、ということで、リズムゲームやフィットネスゲームをするために購入したんです。…したんですけどね。
実際購入&利用してみて、「これ、『未就学児がいる家庭』の『女性』が使うの、結構ハードルあるやで…」と感じています。

【ハードルその1】孤独
ヘッドセットって、被っている人しかゲームができないんですよ。もちろん、オンラインで対戦もできるんですけど、うちに1台しかないと、家族とは対戦できない。

家庭用の据え置き/携帯ゲーム機だと、子供らが寄ってきても「一緒にやろうか~」とまだ対応ができるかもしれません。が、これがVRヘッドセットだと「お母さんが頭に何かでかいもの(ゴーグル)をつけてお手てに変なもの(コントローラー)を持って振り回している」だけですからね。この違いは大きい(ミラーリングで、ゲーム画面だけをTV等に映す、も一案ですが…)。そもそも、子供らが家にいるときには危なすぎて遊べません(近寄って来るから)

更に、「13歳以下は視力に影響するからVRゲームをやるな」という注意書き付き。未就学児がいる家庭との親和性が低すぎること限りなしです。

ということもあり、家族の理解を得られにくいです。夫からは「へっぴり腰で何動いてんの…」と言われました。

【ハードルその2】化粧の落ちがすごい
前述のとおり、運動不足解消のためリズムゲームやフィットネスゲーム中心に遊んでいるわけですが、とにかく汗をかくんです。すると、化粧が落ちるわ落ちるわ。ゴーグルの顔が当たる部分にはファンデーションの跡がしっかりつきます。汗も吸いまくりますし。
その部分は水洗いが可能なので、洗いはしますが、正直面倒くさいです。
…ということを考えると、VRヘッドセットと女性の相性ってすごく悪いんじゃないか、と思っています。

【色々と書いたけど】
他にも、「遊ぶ場所の確保が必要」だったり「それなりに値が張る」だったりハードルはあるんですが、一度導入してしまえば、VRでゲームするのはとっても楽しいです。
ゴーグルの顔が当たる部分(スポンジ)を洗うのこそ面倒ですが、自分の顔の化粧落ちを気にしなければ何とでもなります(私は「どうせ外出るときはマスクと眼鏡だし…」で済ませてしまっていた)。

それなりに運動不足解消の目的は果たせているので、こんな方法もあるぞというご紹介でした。

今後の予定

8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

withコロナ時代に復職する

こんにちは。

運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。

育休が最終コーナーに差し掛かり、復職がいよいよ視野に入ってきました。そんな折、ちらほら聞くのが小学校や幼稚園、保育園で新型コロナウイルス陽性者が出たことによる臨時休校や休園。

私は2020年4月の緊急事態宣言時を始めコロナ禍は休職しているので、それによる辛さを身を以て経験はしていません。未だ終息が見えていないコロナウイルスによる影響を考え、復職後にこういった臨時対応を迫られることを仮想することは大事だと思い、対応策をまとめてみることにしました。
(現に対応されている方々には当たり前のことかと思いますが、復職準備として取り組んでいます!

1. 仮想状況

1歳息子の通う保育園が2週間臨時休園となった

2. 前提

・臨時休園(開始時)は原則家庭保育とする(本人の濃厚接触の可能性も考えて家族以外には預けない)
・自身はフレックス+テレワーク勤務、夫は外勤
・祖父母の協力は要請しない(感染予防の観点)

3. 想定すべき対策

a)   子ども
・子どもが視界に入りつつ仕事に集中できる空間づくり、または別室モニターを設置
・ある程度ひとりでも遊べるスキルを身に付けてもらう:まとまった時間夢中になれる遊びの訓練(見応えのある絵本、音のなるおもちゃ、壊しがいのあるブロック建造物など)
・身に付けて安心できるものを用意してあげる(お気に入りのぬいぐるみやタオルなど)

b)   仕事
・休憩時間を育児に当てられるように予定表に空き時間を組み込んでおく
・子どもの活動時間をなるべく外して(早朝、夜)仕事をする
・子どもが在宅であることは職場/同僚にオープンにする

c)   家事
・最低限に絞り、外部産業にも頼る(食事など)、頻度を減らす(掃除)
・家事は一人では行わない。夫もできるよう物の場所や方法を共有しておく
・通勤のついでに夫にお願いする(買い物、ゴミ出し)
・(日頃から)買い物はネットスーパーを利用し買いおきをする

…と、ここまでしてみましたが、大切なのはいつこういったことが起こってもひるまないマインドだと思い、少し心構えができたと思います。準備開始してまた思いつくこともありそうですが‥。

と、ここで朗報が!!!

本サイト内に昨年の緊急事態宣言時に検討/提言された「在宅勤務の管理TIPS」なるものがあるではありませんか!!!
先輩やプロの知恵を有り難く拝借しつつブラッシュアップしたいと思います。

コロナ禍は早く終息してほしいと願うばかりですが、この状況に負けず立ち向かう気持ちでいたいですね。普通や短期的予測だけでは立ち行かない時代、どうしたらよいかを「考える」力は一生の財産だと思います。

育プチ勉強会では中長期的思考や経営者目線を学ぶことで視野が格段に広がり視座が上がります。時代を生き抜く力、一緒に磨きませんか?

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/17(水)、3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
2/18(木)のチケットは完売いたしました。

割引キャンペーンを実施中!

完売しました!】ケース『復職して3ヶ月の井田美咲』:3回セット開催の2回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り3席!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

復職して3ヶ月の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

リモートワーク中の職場メンバーとのコミュニケーション

こんにちは。運営メンバーのコマーです。

うちの職場、このコロナ禍ですっかりリモートワークが定着し、今や週1の出勤、週4在宅ワークというスタイル。
通勤時間もなくなり、保育園の送迎もしやすくて便利で何より!と思っていましたが、そこで気になってくるのが同僚とのコミュニケーション不足
毎日出勤して職場で顔を合わせていた頃は仕事でコミュニケーションを取るのはもちろんのこと、挨拶を交わしたり、ランチに行ったりでコミュニケーションは取れていましたが、在宅ワークとなると、仕事で関わらないメンバーとは疎遠になるばかり。。

そこで職場で始まったのが「雑談ミーティング」です

その名の通りですが、このミーティングでは

 ・週1回チーム全員で参加

 ・毎週メンバーの1人はファシリ&テーマを決めて雑談トーク

 ・内容は仕事の相談でも、プライベートのことでもなんでもOK

 ・チーム全員がテーマについて必ず発言する

というもの。育休中の私も先日参加させていただいたのですが、その際のテーマは

「外出自粛時のストレス解消方法は?」というものでした。

30分程度の短時間ではありますが、むしろ以前よりチーム全員と会話(雑談)できて満足度が高かったです。

みなさんの職場でのコミュニケーションの工夫もぜひ教えてください。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/22(火)、1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

「子どもを保育園に預けない」!? ニューノーマルな働き方

こんにちは。

運営メンバーのりくです。

第2子育休中です。

10月に職場復帰を予定しており、7月から本格的な保活を始めたのですが、時すでに遅し…

年度途中の入園がかなり厳しい状況が見えてきました。

通える範囲の認可保育所は、どこも0歳児クラスの空きなし。(長女の通う保育園は17人待ち…)
認可外保育所も満員。

年長の長女は来年小学校に上がるので、今年度中に保育園に入れないと兄弟児ポイントもなくなるため、激戦の1歳児クラスの抽選にかけるのは非常にリスクが高い。

さて、どうしよう…

そんな中、昨日職場上長とオンライン面談を行いました。

私が勤める会社も3月から本格的な在宅勤務が始まり、現在も継続中。上長によると今後も基本的に在宅勤務で業務を行う動きになっているようで、予定通り復職した場合は原則在宅勤務になるだろうとのこと。

その話を聞いてふと頭をよぎりました。

…自宅保育しながら、在宅勤務…

幸い夫も現在在宅勤務をしています。

一時保育やファミサポ、ベビーシッターといったサービスを最大限活用しながら、夫とも協力しながら半年間乗り切れないか…

今年度中に復職する選択肢の1つとして、可能性を探りたいと思います。

みなさま、保活はお早めに…!

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/8(火)&9/29(火)の勉強会チケットは8/4(火)に販売されます!

妊婦の方も大歓迎!
交流会で先輩ママから疑問質問のアドバイスを貰うこともできます。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter※始めました! フォローお願いします♪

私の仕事術(チャット)

育休プチMBA勉強会、運営メンバーのすみれです。
第三子の育休をいただいています。

子を持ちながら働く制約人材になって、早うん年。
1分1秒無駄にできない、パツパツの働き方をしている人、多いんじゃないでしょうか?

そんな中で生み出した私のちょっとした工夫をご紹介します。

みなさんは、仕事でもプライベートでもチャットサービスを使ってることと思います。
メールより手軽で便利ですよね。

まず、仕事で必要なチャットは、通知をONにし、基本即レスできるようにしています。
チャットは溜まると、とても読みにくいし、わかりにくいので。

それでもどんどんいろんなメッセージが行き交うので、
#メンションをつける
#引用返信にする
#スクショを撮ってトピックに丸をつける
など、この話題の話だよー!とわかるようにして、発信するようにしています。

それでも、ミスコミュニケーションが起きること、ありませんか?

そこで、
#主語を省略しない
#話の進め方を省略しない
#文法の見本のような文で
#箇条書き
#【】なども活用

たぶん手軽だからこそ、言葉が足りないんでしょうね。
メールでも同じことが起きますが、チャットはさらにですね。

このご時世、チャットサービスを活用し、在宅ワークをしてる方も多いかと思います。
少しでもミスコミュニケーションがなくなり、時間の無駄がなくなりますように。

ご参考になれば幸いです。


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

勉強会は、おかげさまで好評をいただいております。

3/10(火)【オンライン開催】
 時間制約をどう克服するかを考える
(『復職して3ヶ月目の井田美咲』というケースを使用)

3/27(金) 
復職に備えた準備をする
(『西田はるかの職場復帰前面談』というケースを使用)


みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】