「夫の理解を得る」タグアーカイブ

専業主婦でいてほしい夫と働きたい妻

こんにちは。
運営メンバーのちっぺです。第3子育休中です。

運営期間では色々なチャレンジをさせていただいており、メンバーとも楽しく切磋琢磨しておりますが、私が働くにあたって、意欲的になればなるほどネックなもの、
それはそれは大きなボトルネックがあります。

夫です!!

夫の望みは夫だけの給与で生活し、私は専業主婦OR扶養内+良妻賢母。

元々、第一子出産してから専業主婦だったのに、現在の就職先を友人から誘われパート勤めを始め、あれよあれよと時短勤務ではありますが扶養を外れ責任あるポジションを任されることになり、私が体調不良になったり、家事をおろそかにする度、会社を辞めろと言ってきていました。(そしてなぁなぁにしてきた私)

そして今育休中、コロナの影響もあり家族の時間が増え楽しく暮らしていますが、

復職後の働き方や子どもの預け先などについて、夫に相談するとややこしいと思い、勝手に調べ勝手に行動し、事後報告で、こう決めたから~と話すだけだったのですが、運営や育プチで学ぶうちに考えが変化しました。

夫婦・家族はチームだということ。

私の目的地が夫の望む目的地と違った場合、私の船は前途多難で、私が目的地につくまでに海に放り投げだされるかもしれませんし、夫は船から降りたくなるかもしれません。

なぁなぁで甘えず、きちんと向き合い話し合うことにしました。

私「コロナ禍で給与がダウンしたり大変な年だったけど、一緒にご飯が食べられる時間が増えて、この1年とても幸せだった。これからもなるべく家族そろって食事を取りたい。
そう思ったら、〇〇ちゃん(夫)だけが働いて稼がずとも、私も稼げば家族の自由な時間が増えるんじゃないかな?」

夫「それなら扶養内だけでいいと思うけど・・。」

私「そっか。じゃあ、今は私、好きなようにさせてもらってるけど、もし、これから教育費とか思う以上にかかったら、私が我慢したら良いってことかな…家族旅行断念したり、おでかけ減らしたりしないといけなくなるけど、〇〇ちゃんは節制出来る?家もローン早く終わらせたいし、車買い換えたいんだよね?私は〇〇ちゃんのワクワクすることを叶えたいって思うし、私が働けばそれが出来るって思っているけど。」

夫「俺は〇〇(私)が頭痛いだの寝込むだのしてるの見たくない。」

私「そうだよね・・・うん。私の健康だよね、ありがとう、ならないように気を付ける・・けどそれ天気の問題(気圧変化・自律神経が弱い)もあるから働いてなくても寝込むし頭痛いとか言うのは変わらないと思うよ。私は働くならちゃんと働きたい。成長したいし貢献したい。」

夫「笑。でも生活費は俺のだけで生活してよ。」

私「そうだね。了解。だからさ、一回頑張ってみるよ。もし無理だわってなったら、一緒に考えよう。その時は私も慎ましく生きるよ。いつも想ってくれてありがとう♡」

と話を終えました。

まだまだ私の住む地域では、”妻が働いている=夫の稼ぎが少ないから”と誤認識されやすく、専業主婦の多い地域です。

世間が狭いこと、夫の稼ぎだけで生活出来ていないと思われたくない気持ちも重々承知しているからこそ、正しく伝えるのは難しいと思っていたけれど、交渉学や全体最適など学んだことを活かして話せたなと思います。

キャリアを築きたい旨は伝えられたこと、本当にだましだましここまで来たので、私にとっては大きな前進です。

やっぱりもう、24時間働けますかの時代でもオバタリアンな時代でも無いですし、(知っていますか?)私らしく、社会と家族に貢献出来る自分でいたいです。

同じように狭い地域で住む皆さんがいらしたら、より良い交渉、働き方が出来ますように!一緒に頑張りましょう♡

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

4/9(金)、4/30(金)、5/11(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『遠距離通勤に悩む渡辺久美子』:新テーマ・新ケースです!詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:復職者が自身に重ねることの多い人気ケースです!詳しくはこちらをクリック
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:残業できなくてもチャレンジしたい気持ちを伝えるには‥?詳しくはこちらをクリック!

過去の勉強会の様子

「 退職を考える時短勤務の仁美 」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「 育児に理解のない上司と山田優美 」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!