「#復職準備」タグアーカイブ

2021年9月7日勉強会報告

こんにちは。
第2子育休中のへろりんです。
本日は、9/7(火)に開催された育休プチMBA®オンライン勉強会について報告します。

■勉強会内容
 テーマは「復職に備えた準備をする」。育休からの復職前面談でのやり取りのケースを用い、復職にあたってどのような準備や検討が必要か?を議論しました。

■勉強会参加者
 勉強会参加者は19名、うち12名が初参加!
 2021年度も折り返しに近づき、復職を意識して参加された方が多くいらっしゃいました。

■勉強会の様子
 まずは3~4人でzoomのブレイクアウトルームに分かれ自己紹介。
 その後、ケースメソッドの主人公の問題点や、読んだ感想を述べあいました。
 主人公は、復職後の仕事・生活に向けた想定が甘いのでは?」という意見もあれば、「第一子の育休から復帰する前は、自分もどんな生活になるか想定しきれなかったな~」と、主人公に共感する意見も。
 再び全員でメインルームに集まり、ブレイクアウトルームで話し合った内容や、自身の意見を全体で共有します。
 続いて、参加者の視点を面談相手の人事部長へ移します。
 主人公(私)側からだけの視点ではなく、「相手(会社・上司)側の視点から見ると、このケースからは何が見えてくる?」を考えられるのが、ケースメソッドの良いところです。
 人事部長の発言の裏に隠された考えは? なぜこのような発言になったのか? なぜこんな考えを持っているのか?
 なぜ?なぜ?を繰り返すことで、一読した時には見えなかった「会社・上司側の視点」が見えてきます。
 それらを踏まえたうえで、「では主人公はどうすべきだったのか」、翻って「自分が復職面談に臨むときには、何をどう伝えるべきか」といったことを考えました。
 私自身、ほかの方の考えを聞いて「あ、その視点はなかったな」「確かにそうだな」と気づかされることがとても多かったです。
 いかに自分から見える景色でしか物事を考えられていないか、を痛感させられました…。

参加された方からは、
「自身の復職時の面談をイメージする良い機会になりました。」
「身近なテーマで考えやすかった。他の方の考えを聞けて、参考になった。」
「似た状況のママさんたちと、思っていた以上に様々な観点からの意見交換ができました。たくさんの気付きを頂けました。」
といった感想をいただいています。

■ランチタイムの雑談
 人数が多かったため、再び3~4人でzoomのブレイクアウトルームに分かれました。
 私がいたグループは、第1子育休中の方・第2子育休中の方・妊娠中の方が混在したこともあり、
「保育園の見学できてますか?」
「出産後の身体の回復はできていますか?」
「第1子の育休から復職したあと、想定外だったことってありますか?」
 という話題で盛り上がりました。

次回は「組織における自分の役割を考える」(9/30(木)開催予定)です!!

会場はワークシフト研究所のワークラボ(東麻布)、ファシリテーターはジャーナリストの白河桃子さんが登壇予定です。

久々のリアル会場開催、多くの皆さんと学び合えること楽しみにしています!

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!

育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!
9/22(水)クロストークイベント開催決定!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

復職準備失敗談②病児保育、本当のハードルは?

こんにちは。第2子育休中のほんめぐです。3歳と8ヶ月の姉妹を育てています。

前回ブログでは「0歳児の平均年間病欠日数は約20日だけど、ほぼお休みしない子もいれば60日以上休む子も5人に1人くらいいる。その心算なく復職し撃沈(年間44日も休みました…)という失敗談をお送りしました。

保育園休みまくり我が子と最初の一年をどう乗り越えたか。病児保育利用のハードルについてお伝えします。

①自分の心理的ハードル
復職前に思いつく限り病児対応支援先の申込み・手配を済ませ(自治体の病児保育室、病児シッター、緊急サポートセンター、ファミサポ、ベビーシッター)、使おうと思えば使えるよう備えていました。しかし、利用にあたっての一番のネックは自分の心理的ハードルでした。病気の0歳我が子はあまりにもか弱く自分の助けを必要としているように見え、自分が看病しないと…と思い込んでいる状態でした。

心身ともに疲弊し、「もう無理」となって初めて自治体の病児保育室を頼りました。復職して半年後のことでした(遅い!)。

②身内からのプレッシャー
母世代の人にとっては病児保育やシッター利用は一般的でなく、実母や義母は病児保育利用に消極的でした。私自身、「他人に預けて働くなんて…」と思われたくない一方で、身内を頼りすぎて「仕事はほどほどにしたら」と言われたらどうしようと思う怖さもありました。
一度使ってみてプロに預ける安心感・素晴らしさを実感した私は、病児保育のメリットを積極的に伝えていきました。身内は最大のサポーター。同じ理解度に立ってもらうことが大切だと感じました。

③大変なのは自分だけ?仲間がいない孤独
平均よりずっと早いペースで休みまくる娘を見て「無理させてるのでは」「復職するの早すぎたかも」と悩みました。身近なロールモデルもなく、モヤモヤを抱えた復職3ヶ月目。育休プチMBA®︎勉強会に参加しました。ここで、葛藤もありつつ外部リソースを活用し乗り切るワーママ仲間に出会えたことで、同じように悩んでるのは自分だけじゃない!と、とても励まされました。また、勉強会参加者限定Facebookコミュニティでは様々な両立tipsが共有されており、大変参考になりました。

そんな我が子も段々丈夫になり呼び出しも年数回程度に落ち着きましたが、当時は本当に辛かった…。今考えれば助けが必要なときにプロの手を借りるのは最適解だと分かるのですが、ワーママ1年目の当時は身内の目を気にしすぎたり、自分がしなければと思い込んでいました。一度使えば大きな安心が得られるので、葛藤があっても早いうちに病児保育を試してみることをお勧めします!

多くの先輩ワーママの言う通り1年目が一番大変です。プレワーママ、ワーママ1年生の皆さん、共に乗り切りましょう!

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

保育園持ち物の名前付け

 こんにちは。

 第3子育休中のあいかです。

 保育園入園するとまず言われるのが全ての持ち物に名前をつけること。色々探したものの、当たり前ですが、布、プラスチック、オムツ全てに一つで対応できるものは見つかりませんでした。

色々模索する中で私の中でたどり着いたお名前スタンプ、シール、タグについてご紹介します。

①ラベルライター(布、プラスチックに対応)
 布テープはアイロンで接着するタイプなのですが、最初はちゃんとアイロンを使って接着させていたものの、めんどくさくなり、途中から使わなくなったヘアアイロンで接着させていました。特に問題なく接着しますし、洗濯乾燥機に入れても、剝がれませんでした!布テープの良いところは、靴下にもしっかり名前をつけられること。
 靴下はマジックで名前を書いても、洗濯を繰り返すうちにすぐに見えなくなってしまうので、悩みでした。
 文字の大きさも変えられるため、鉛筆等の細いものにも貼ることができます。小学生に入っても使えそうです。

②スタンプ
 子どもが増えてきて、毎回アイロンで張り付けるのも面倒になってきて、最近はおむつも洋服もスタンプで名前付けをしています。楽天や生協などで様々なサイズのスタンプが販売されていますが、我が家は100均で販売されているお名前スタンプで十分でした。苗字と名前を2行にしたスタンプも作れるので、それは洋服用。一行のスタンプはおむつ用と使い分けました。インクは100均ではありませんが、布用、油性インクなど色々販売されているので、用途によって使い分けています。

③タグ
 鞄など、スタンプもシールも貼れない場所にはお名前のタグをつけています。これも色々な可愛いデザインのものが100均で販売されていて、100均様様です。

今後の予定

7/6(火)、29(木)勉強会チケットを販売中!
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線
でとらえるには?詳しくはこちらをクリック
❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら
ケース『岡村課長と定時後のクレーム』:育休復帰者が組織に存在することで発生しやすい問題の本質は、個人ではなく業務の管理体制にあるということを理解するケースを扱います!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

今後の予定

7/6(火)、29(木)勉強会チケットを販売中!
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線
でとらえるには?詳しくはこちらをクリック
❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら
ケース『岡村課長と定時後のクレーム』:育休復帰者が組織に存在することで発生しやすい問題の本質は、個人ではなく業務の管理体制にあるということを理解するケースを扱います!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

4月21日 WSIプチMBA「マネジメント思考」受講報告

こんにちは。第三子育休中のあいかです。

4月21日にWSIプチMBA「マネジメント思考」を受講してきたので、そのまとめを報告させて頂きます。あくまでも私の理解ですので、こんな解釈もあるよ!という方いらっしゃれば、Facebook、Instagram、Twitter等のSNSを通して、ご意見くださいね!

★マネジメント思考を持っている人の特徴は?
組織の目的や方向性を理解し、それを達成する上で自分の役割をわかっている。マネジメント思考があれば、時間的に制約があっても、組織に必要とされる人材になれる。

★ケースディスカッション
ディスカッションを通じて学んだことは、トラブルの直接的原因を考えるのはもちろんのこと、その原因が何故起こったのか更に追求することで、真の問題を突き止めることが出来るというクリティカルシンキングの大切さ。

★組織の評価軸は二種類
①有効性:組織の成果に対する評価
②効率性:成果を生み出すプロセスの評価
しかし多くの場合、有効性と効率性は相反する。例えば3時間かけてお皿をピカピカに洗っても非効率的。組織の有効性と効率性のバランスを維持するのが、マネージャーの仕事。経営とは矛盾の追求。

★リーダーシップ
マネージャーでない人も発揮できる力。仕組みを作る構造軸、人間関係への配慮軸をの二つをバランスよく使えば、リーダーシップを発揮でき、組織も効率的に有効性をあげることが出来る。

★コミュニケーション
送り手と受け手では、メッセージの理解にズレが生じることがしばしばある。多様性の高い組織であれば尚更ズレてくるので、マネージャーはメッセージの意図が受け手に正しく伝わるように配慮が必要。

★マネージャーの9つの挑戦課題で自分に足りないものは?
今の私には足りているものは一つもないが、敢えて挙げるとすれば部下育成。部下はいたことがないが、子育てしてて思うのが、子供にとって手取り足取り全てやってあげるのが良いことではないということ。時間がかかっても、多少危険でも挑戦させなきゃいけないんだろうなと感じる今日この頃…

マネージャーとプレーヤーでは見ている視点が全く異なるということを改めて痛感しました。後輩育成もしたことがない私が果たして将来マネージャーになれるのか…自信がないのですが、自信をつけるために学びを深めたいと思います。

今後の予定

6/8(火)、7/6(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cover-D4PgVRbDRUivoZtN6wbaccWWr6u95jSR-2.png
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策は‥?詳しくはこちらをクリック!
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線でとらえるには?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

育休プチMBA勉強会 PEATIX 育休プチMBA勉強会 FACEBOOK 育休プチMBA勉強会 INSTAGRAM