「復職」タグアーカイブ

共働き夫婦の子どもへの悪影響ってあるの?

こんにちは。

第二子育休中、4月復職予定のコマーです。

先日、子どもと公園に遊びに来ていた時にふと「復職したら平日の午前中に子どもと公園に来る機会も無くなるのか~」とぼんやり考えました。育休プチMBAとWSIプチMBAの受講をきっかに、仕事へのモチベーションは受講回数に比例しぐんぐん高まっているのですが、半面「子どもと過ごせる時間は半分以下になるんだな~」とか「専業主婦or主夫の家庭は3~4歳まで親元で見てあげられるし、子どもも寂しがらないな~」とか少しマイナスに捉える気持ちもありました。

そして、保育園に預けられる子どもにとっても専業主婦or主夫の家庭で育つ子どもと比べてネガティブな影響ってあるんだろうかと、いくつかの論文や書籍、雑誌掲載の記事等を調べてみましたので、私なりの見解も交えてまとめてみます。

●母親が家事以外の仕事をすることに対する子どもの考え

 ・母親が仕事をすることでさ びしい思いをしている10.6%

  →こちらの心配とは裏腹に子どもって意外とタフなのですね!

 ・母親が仕事をしている場合、仕事をして いるほうがいいと答えた子どもは78.1%

  →ポジテ ィブに考えている子どもが圧倒的に多くて安心しました! 

 ・母親が仕事をすることで母親が疲れていると感じた子どものうち、

  実際仕事をしている場合 78.1%

  していない場合88.2%

  →この結果は仕事をすることで自己実現できたり、仕事の達成感等も感じで輝いているという、仕事をする母親の側面と、専業主婦という仕事の大変さを感じさせる結果にも思えました

●ハーバードビジネススクールの教授による調査

母親の就労の有無は子どもの幸福度に無関係であり、母親の就労の子供への精神的悪影響は観察されないという結果が2020年11月に最終結果が発表されているそうです。

今回はほんの少し、しかも私の好みの結果ばかりをまとめたのですが、私自身は子どもを保育園に預けて復職するという選択にネガティブな迷いは晴れました

ちなみに、母親が仕事をすることで家事を手伝わなければ ならないので困ると回答した子どもは33.3%だそうで、忙しい両親に変わって子ども達もお手伝いを頑張ってくれる気概もあるのだな、と少し期待してしまいました。

皆さんも復職に向けて気になることやお悩みがあればぜひシェアしませんか?

育プチコミュニティでは、そんなお悩みも大歓迎のゆるオフ会も隔週で開催中です!

出典)財団法人家計経済研究所『現代核家族調査報告書』
出典)母親の就業による子供への影響 盧 回男

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

3/29(月)の勉強会チケットを好評発売中!
※3/17(水)のチケットは完売しました

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

卒業生からのおたより

こんにちは。
運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。

さて今日は育プチ勉強会の卒業生から弊社代表の小早川へ、嬉しいお便りをいただきましたのでご紹介させて頂きます♪

————-

優子先生、こんにちは。

私は2019年育休取得・育プチMBA受講し、2020年職場復帰いたしました。

嬉しいことがあったので、是非優子先生にもご報告したく、メッセージさせていただきました。  わたくしは1/1付で異動になり、先日新しい部署の名刺を受け取ったのですが、なんと「課長代理」と書いてありました。

役職付きの名刺は初めてです。 実際のところ内実は全く変わらず、完全に名誉職的な肩書なのですが、オフィシャルな文書の上に文字として記載されていて、とてもとても嬉しかったです。

思い返せば、初めて参加した育プチMBAの講師が優子先生で、その時「復職者の上司は不安だらけ。とにかく安心させて!」という話が目から鱗でした。

そのお話を踏まえ、育休中からまめに職場に顔を出してヤル気をアピールしていたので、4月の職場復帰もスムーズに行えましたし、昨年職場復帰していたからこそ、この1月にこのようなポジションに付けたのだと思います。  素晴らしい学びの機会を、本当にありがとうございます。

昨年交渉学の基礎編・仕事編は受講しており、家庭編を楽しみにしていたので、2/15に機会があり嬉しいです。早速申し込みさせていただきました。 また授業でお目にかかれるのを、とても楽しみにしております。

———————————

効果を実感頂けたこと、目標を達成されたこと、何よりそのご報告をくださって、講師・事務局・運営一同とっても嬉しく回覧したものでした。

育休は期間限定で短いもの。そのため勉強会は人の入れ替わりが激しいですが、育プチのコンセプトと感化された人の熱量によって、その分濃厚な関係が出来上がることを実感できました。

育プチやWSIプチMBAには、学びをアクションに変えていく力があると私自身も感じております。ぼんやり描いている理想像や、もやっとしている悩みを顕在化し、自分らしいワークスタイルや育児と仕事の両立を目指してみませんか?

次回の育プチ勉強会は1/26、上記お便りの中にもありましたWSIプチMBAのスケジュールはこちらからご確認ください♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/26(火)、2/18(木)、3/17(水)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

【残り7席です!!】ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
残り7席です!!】ケース『復職して3ヶ月の井田美咲』:3回セット開催の2回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック
【残り15席!!】ケース『岡村課長と定時後クレーム』:3回セット開催の3回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

復職して3ヶ月の井田美咲」のケース
時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら

岡村課長と定時後クレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

リモートワーク中の職場メンバーとのコミュニケーション

こんにちは。運営メンバーのコマーです。

うちの職場、このコロナ禍ですっかりリモートワークが定着し、今や週1の出勤、週4在宅ワークというスタイル。
通勤時間もなくなり、保育園の送迎もしやすくて便利で何より!と思っていましたが、そこで気になってくるのが同僚とのコミュニケーション不足
毎日出勤して職場で顔を合わせていた頃は仕事でコミュニケーションを取るのはもちろんのこと、挨拶を交わしたり、ランチに行ったりでコミュニケーションは取れていましたが、在宅ワークとなると、仕事で関わらないメンバーとは疎遠になるばかり。。

そこで職場で始まったのが「雑談ミーティング」です

その名の通りですが、このミーティングでは

 ・週1回チーム全員で参加

 ・毎週メンバーの1人はファシリ&テーマを決めて雑談トーク

 ・内容は仕事の相談でも、プライベートのことでもなんでもOK

 ・チーム全員がテーマについて必ず発言する

というもの。育休中の私も先日参加させていただいたのですが、その際のテーマは

「外出自粛時のストレス解消方法は?」というものでした。

30分程度の短時間ではありますが、むしろ以前よりチーム全員と会話(雑談)できて満足度が高かったです。

みなさんの職場でのコミュニケーションの工夫もぜひ教えてください。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/22(火)、1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

【園生活】今ドキの連絡帳

運営メンバーのナナです。第二子育休中、11月に復職予定です。

突然ですが、お子さんの保育園ってどんな連絡帳を使っていらっしゃいますか?

我が家の第一子の認可保育園は横長の複写式の連絡帳で、2歳児クラスを終えるまで、前日夜~当日朝の体調や食事内容、その他気になること・連絡事項などを毎日せっせと書いていました。

一方、現在慣らし保育中の第二子の認可外保育園では、日々の連絡帳や欠席連絡などをすべてアプリ上でやりとり。「おお、今ドキだな~」と思いながら使い始めたのですが、これが非常に便利で素晴らしいのです。具体的にどの点が良いかというと、

  • 時間のないときは移動しながらでも入力できる。
  • 間違えても修正が簡単(手書き・複写式だと、修正跡が残ってしまうので・・・)
  • 毎日写真とともに園のようすを送ってもらえるので、どのように過ごしているかよくわか る。日々の写真が増えていくのも嬉しい。
  • 園だよりや各種お知らせもアプリ上で届くので、必要なときにすぐ確認ができる。
  • (アプリをインストールすれば)家族も同じ内容をリアルタイムで確認できるので、夫と の情報共有が早くできるようになった。

初めは単純に「何かと忙しい朝に、座って連絡帳を書かなくてもよいのはありがたい!」と思いましたが、それ以外にもメリットが数多くあり、非常に画期的なシステムだなと感じています。逆にアプリのデメリットは?と考えてみましたが、正直あまり思いつきませんでした。

保育園のやり方をこちらで決めることはなかなか難しいですが、便利なツールで日々のルーティンが効率化されるのは、家事や育児、そして仕事でも同じ。良さそうなものはどんどん取り入れて、自分がやりやすい環境を作っていきたいと思います。


育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

10/22㈭・11/10㈫の勉強会チケットは好評発売中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1022e882b2e4bc91e381b7e381a1mba.png
感染症対策を実施してお待ちしています。赤ちゃん連れ大歓迎です!詳しくはこちらをクリック

以前行われた勉強会「アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長」のケース
【人を動かすコミュニケーション】勉強会の様子はこちら


オンラインでの開催です!遠方の方も是非!詳しくはこちらをクリック

以前行われた勉強会「復職して3ヶ月目の井田美咲」のケース
【時間制約をどう克服するかを考える】勉強会の様子はこちら


チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FORROW ME!

【締切間近】10月育休プチMBA勉強会【オンライン開催】


おはようございます。第三子育休中ちっぺです。

本日は改めて勉強会について詳しくお知らせしたいと思います!!

育休プチMBA®︎は「育休者による育休者のための勉強会」です。
育休を利用し、赤ちゃん連れでも安心の環境で、子どもを持つことで労働時間や場所に制約を抱えることとなった人材(制約人材)が組織で活躍するために必要なマネジメント思考をケースメソッドで学びます。

締切間近の勉強会「クリティカルに考える」では・・


<10月9日(金)勉強会のケース>

育児に理解のない上司と山田優美
時短勤務中の優美は残業ができないながらも意欲があり、よりチャレンジングな業務を担当したいと考えているが、
上司には山田の気持ちは通じていない

復職後に陥りやすい「こんなはずじゃなかった」
・・・あなたなら、このケースに対してどのように解決策を考えますか?

今回のファシリテーターは森家明味先生
株式会社ワークシフト研究所 講師・研究員
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士(MBA)。慶應義塾大学ビジネス スクールケースメソッド教授法研究普及室認定ケースメソッド・インストラクター。東京工科大学非常勤講師。LightTasteConsulting代表。

気付きを与える人気の講師です!!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

”復職後に直面する壁”を想定してディスカッションを行います。さらに、視座を上げて(経営者視点で)物事を考える思考のトレーニングをします。
これは復職後、時間の制約がある中でスムーズに働き、組織に貢献できる人材となるためのトレーニングとなります。

オンライン開催のため、どこからでもお子様のお昼寝中でも参加OK! 前日10/8(木)朝9:00まで申込受付中です。

当日の流れ(目安) 

10:45-    オンライン教室へ入出OK  
11:00-13:00  育休プチMBA勉強会 
13:00-14:00  質疑応答・オンライン交流会

※質疑応答・交流会はランチを食べながらご参加いただけます。

私個人的に、なのですが、
勉強会に参加すると参加者限定FBコミュニティに参加出来ることが
あまり知られていないかもしれないメリットです!!
参加者限定オフ会など開かれており、同じ悩みを持つ同志や
ロールモデルに出会えます!

以前行われた同テーマ クリティカルに考える
「育児に理解のない上司と山田優美」勉強会の様子はこちら

ご興味持たれた方、この機会にぜひご参加ください♡

今後の予定

10/9(金10/22(木)の勉強会チケットは好評発売中!
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1009e882b2e4bc91e381b7e381a1mba.png
オンラインでの開催です!遠方の方も是非!詳しくはこちらをクリック
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1022e882b2e4bc91e381b7e381a1mba.png
感染症対策を実施してお待ちしています。赤ちゃん連れ大歓迎です!詳しくはこちらをクリック

 11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」※オンラインにて開催予定 
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FORROW ME!

2人目妊娠で購入した家電

第二子育休中のみきです。

下の子を妊娠した時の話です。

妊娠が分かり嬉しさを噛み締めている中、なぜか

2人の子供を、どうやってお風呂に入れよう…

という心配が頭をよぎりました。

当時の私は、仕事の後に2歳の長男を保育園にお迎えに行き、夕飯を食べ、一緒にお風呂に入って寝かしつけ(夫は息子就寝後に帰宅)、という夜のルーティンをこなす日々を送っていました。

ちなみに、ワンオペお風呂で心配だったのは、子供たちの入浴…ではなく

自分の髪の毛をいつ乾かすのか 

 

この問題だけは解決策が見出せずにいました(私はロングヘアではないものの、濡れたままの髪の毛で動いたり、生乾きで過ごすのがダメなタイプです)。

子供1人でも、脱衣所におもちゃを置いて遊ばせたり、一緒に歌をうたって子供の気を紛らわせている間に、どうにか自分の髪の毛を乾かしているのに、一体どうやったら、2人を見ながら自分の事ができるのか…

子供の寝た後に自分が入浴することや、夫の帰宅後に子供と入浴することを考えたものの、(自分の)寝落ちや就寝時間の早い息子の生活リズムを考えると現実的ではありません。

そこで購入したのが、使い勝手が良さそうな

大風量のドライヤー

 

使用してみると、古いドライヤーに比べて髪の毛は早く乾くしツヤも出る、満足のいくものでした!

肝心な子供2人とのお風呂ですが、下の子の出産直後は、やはりバタバタとした入浴時間を過ごしました。とはいえ、数分間ですが時短ドライヤーのおかげで日々のドライ時間を短縮できたので、助かりました。

現状は、想像していた「自分のことは後回しのワンオペお風呂」は免れています。

というのも、生活環境が少し変わったからです。

(当たり前ですが)子供は日々成長していて、少し前まで全く目の離せなかった長男は、今やお風呂からあがると、「ちょっとお絵描きしていて!」とか「絵本かビデオ見てて!」と言えば、1人で着替えて遊べる年齢になりました。

それに、在宅勤務となった夫に長女を任せることで、私は自分のヘアドライ時間を十分確保できています。

(子供のことはもちろん)たまには自分ケアに目を向けるのも大切ですよね♡


*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

10/9(金)の勉強会チケットは好評発売中!

10/9(金)はオンラインでの開催。
オフラインだと参加が難しい方もぜひご参加ください!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

テーマ会場
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン

※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter