「慣らし保育」タグアーカイブ

整理収納の見直し

こんにちは。
第三子育休中のあいかです。

第二子慣らし保育中にやっておいてよかったことの一つが整理収納。偶然にも私が住むマンションによくテレビや雑誌に出ている知的収納アドバイザーの方が住んでいて、その方のセミナーに参加したことがきっかけで私のやる気に火が付きました。

以下私が取り組んだことです。

▶断捨離
売れそうなものは全てメルカリに売って、売れなさそうなものはどんどん捨てていきました。物が多いのが本当にストレスなので、一年以上使わなかったものは捨てるを基準にして、どんどん売るなり、捨てるなりしました。

▶場所の見直し
今までは子供服は子供部屋に置かないといけない。収納は今ある収納を使わないといけない。という思い込みがありました。しかし、そのセミナーに参加してから、物は実際に使う動線上に置くべき今ある収納に囚われてはいけない自分で収納場所を作るべし!いう考えに改め、まず子供服はリビングにあるクローゼットに移動し、ハサミやペンも今までは棚の中にしまっていたのですが、実際に使う場所に移動した結果、作業性がアップし、余計な移動が減りました。また洗濯機回りの隙間にも自分で収納スペースを作り、隙間にマグネットを付けてネット収納を作ったり、突っ張り棒でハンガーをかける場所を作ったら、家事時間も大幅に短縮することが出来ました。

運営ボランティアが終わったら、整理収納アドバイザーの資格にも挑戦してみたいなと思っています。

今後の予定


8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

とても時間のかかった慣らし保育

こんにちは。
第二子育休中のちゃこです。

我が家の長男ですが、慣らし保育に1ヶ月半かかり、とても時間を要しました。

保育園の方針は“無理やり進めて園児に嫌な感情を抱かせるのではなく、本人の自主性を尊重する” というもので、夫婦ともにその考えに同意していたので、ある程度、時間がかかる事は仕方ないと 思っていました。

では、何に時間がかかったかというと、給食でした。給食を拒否して食べないという期間が3週間。迎 えにいくと、毎回失意のドン底という顔で、疲れ果てて待っています。この顔を見ると「保育園に預け てまで働く事はいいのだろうか…」と、こちらも気が滅入ってしまいました。

しかし、3週間経過してみると、先生と毎日接しているうちに“大丈夫なところ”と認識し始めたようで、 笑顔が見られるようになってきました!

そして、慣らし保育が終わる頃には、自ら教室に入っていけ るようになり、笑顔でバイバイしてくれるようになりました!

とても時間はかかりましたが、自分なりに 観察して、様子を伺って見ていたようです。 

これから、復職に向けて慣らし保育が始まる方も多いと思いますが、いつか慣れてくれると思いま す。それまで辛抱強く待ってあげるのも一つの手段です。大人でも信頼関係の構築には時間がかか るように、子どもでも信頼関係を築くまでに時間がかかってしまっているだけかもしれません

最初は親の方が心折れそうになってしまう事もあるかもしれませんが、通い始めて楽しめるようにな ると、お友だちからの刺激は本当に凄いものがあると思います!

その時まで、温かく見守ってあげて ください♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

4/9(金)、4/30(金)、5/11(火)勉強会チケットを販売中!
3/29(月)勉強会チケットは完売しました

割引キャンペーンを実施中!

【完売しました!】ケース『リモートワークのモヤモヤ』:新テーマ・新ケースです!代表小早川が登壇予定です。詳しくはこちらをクリック
ケース『遠距離通勤に悩む渡辺久美子』:新テーマ・新ケースです!詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:復職者が自身に重ねることの多い人気ケースです!詳しくはこちらをクリック
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:残業できなくてもチャレンジしたい気持ちを伝えるには‥?詳しくはこちらをクリック!

過去の勉強会の様子

「 退職を考える時短勤務の仁美 」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「 育児に理解のない上司と山田優美 」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

初めての一時預かり【後編】

こんにちわ。第2子育休中のコマーです。

前回のブログでは、私が育休プチMBA®勉強会に参加するため、初めて1歳10か月の子どもを保育園の一時預かりに預けようと、園選びから、預け入れ前日準備までのことをブログにしました。
今日の後編では、いよいよ預け入れ当日のことをご紹介したいと思います。これから復職に向け、一時預かりや慣らし保育が始まるよ~という方、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

では早速。

⑤預け入れ

 そして迎えた当日。保育園では入口で先生にお荷物を渡して、体調などを伝え子どもを引渡します。当然ながら、そして予想もしていましたが、やはり初日は泣かれました。

「頑張ってくれ。お母さんも勉強会頑張ってくるから!」と心に誓い、園をあとにしました。

⑥勉強会参加!

 出産以来、久しぶりの自分だけの時間。集中できる空間。私が参加したのはオンライン回でしたので、20数名の育休仲間とファシリのめいみ先生ととても有意義な学びの時間を過ごすことができました。
子どもを預けることで、「いつ泣かれるか分からない・・」と気を取られることなく、100%勉強会に集中し、思考トレーニングすることができ、逆にディスカッション中に子どもが泣いてしまう受講生の方がいても「うんうん!わかるよ、あるよね!仕方ない・・」と応援してあげたくなる心の余裕もありました

この日の勉強会についてはこちらでも紹介しております。

気になる方はぜひこちらもご覧ください♪

2020/9/29(火) 勉強会開催報告 | 育休プチMBA®︎ (ikukyumba.jp)

⑦お迎え

 約3時間ぶりの子どもの再会!どんな顔して待ってるかなーとドキドキしてお迎えに行くと、うちの子は先生に泣きながら先生に抱っこされていました。私を見つけると大急ぎで私のところにかけこんできました。久しぶりに会う子どものかわいさ、愛くるしさったらありませんね。

ちなみに、勉強会後のランチ交流会中に保育園から電話があり、「あまりに泣いて、食事も摂らないので早めにお迎えに来てほしい」と言われました。こういうのも、初めての保育園あるあるなのかな~と、復職に向けたよい練習になりました

皆さんも復職に向けた準備されていますか?

ぜひ皆さんのお話も教えていただきたいです。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

初めての一時預かり【前編】

こんにちわ。第2子育休中のコマーです。

皆さんはお子さんを初めて保育園に預けたのはいつですか?

私はつい先日、育休プチMBA®勉強会に参加するため、初めて1歳10か月の子どもを保育園の一時預かりに預けてみました。これから復職に向け、一時預かりや慣らし保育が始まるよ~という方、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

では早速、こちらの流れで私の体験をご紹介させていただきます。

①預ける理由

②一時預かり園を選んだ条件

③事前準備

④当日

⑤預け入れ・・つまり娘との別れの瞬間

⑥勉強会参加!

⑦お迎え、感動の再会

——————————————–

①預ける理由

前述の通り、この日は育休プチMBA®の勉強会に参加するために子どもを一時預かりに預けることにしました。ちなみに私が参加したのは、「西田はるかの職場復帰前面談」です。復職に向けて、思考トレーニングをしたい!と一念発起して初めて参加してみました。(勉強会について気になる方はこちらの記事もぜひお読みください。)

2020/9/29(火) 勉強会開催報告 | 育休プチMBA®︎ (ikukyumba.jp)

②一時預かり園を選んだ条件

 園選びの私の条件は以下の3つです。

 ・送迎距離&時間

  我が家は上の子が既に別の園に通っているのでダブル送迎でも仕事や勉強会に間に合う園を選定しました。

 ・預け入れがラクなこと

  保育園の預け入れ方って、園によってけっこう異なります。
A保育園だと、子どもと荷物を玄関で先生に引き渡すだけだけど、B保育園はお着換えやグッズを毎日指定の場所にセッティングしなければばらないとか、玄関ではなくお部屋まで子どもを送迎しなければならない等々。ちなみに我が家の近隣では、私立園はAパターンが多く、公立園はBパターンが多いです。そんなわけで、私は限られた時間を有効活用したく、Aパターンの園を選定しました。

 ・見学会やイベントに参加し、安心して預けられるころ

  大事な子どもを預けるわけなので当然ですね!今年はコロナ禍で見学ができないところもあるようですが、既に預けていらっしゃる方のお話等聞けると安心かもしれませんね!

③事前準備

前述のとおり、保育園へのお荷物準備は小旅行並みのお荷物準備です。
そしてすべての物にお名前付けも忘れずに。オムツにもお名前を書きます。
我が家では名前書きについては上の子の時に反省したので今はお名前スタンプを活用しています。

長くなってきましたので続きは後編でご紹介します♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!