「断捨離」タグアーカイブ

人気記事紹介シリーズ #09 『共働き生活に欠かせない断捨離』

こんにちは!第2子育休中のサニです。

“人気記事紹介シリーズ”9回目は、断捨離について。

新年がはじまり、新しく生活の仕組みを整える方も多いのでは?
断捨離は「部屋がキレイになって気持ちいい!」だけじゃなく、共働き生活へのメリットも大きいとのこと!

復職を控えている方、子どもの新生活が始まる方も、注目です♪

今後の予定

◆勉強会チケットを販売中!
 ・1/27(木)
 ・2/9(水)…3回セットの特別講座Vol.1

勉強会割引キャンペーンを実施中!


ケース『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:!詳しくはこちらをクリック


ケース『上司の気持ちがわからない』:「育児への理解がない」と悩む部下と配慮している上司との溝。クリティカル・シンキングとマネジメント思考を学びます!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

家の中を整える

こんにちは。

第2子育休中のひまわりです。

私が今回の育休中にやりたいことの一つが、家の中の環境を整えることです。

元々持ち物が多く、整理することに苦手意識を持っていました。

前回の育休中に、思い切って整理収納アドバイザーの方を自宅に呼んで、家の中を整える手伝いをしてもらいました。

取り組む場所を決めると、すべてのものをビニールシートの上に出して、要るか要らないかの判断をし、要る物だけを戻していくことを繰り返しました。

毎回、どうしてこんなに不要なものを家にため込んでいたのだろうと、驚きます。

また、これほど多くの物を使わずに、持っていたことすら忘れているものがあり、一つ一つのものに誠実に対応していないことを反省します。

 そして、要るか要らないかの判断をするのは、相当エネルギーを使うようで、一日作業をすると、その日はぐっすり眠ります。

整理収納アドバイザーの方に自宅に来ていただいて、私自身に起きた変化は、以下の3つの事です。

一つ目は、それまでは、お気に入りの食器をもったいないからとしまい込んでおり、正直なところ持っていたことを日常生活の中では忘れていましたが、お気に入りの食器を日常的に使うようになりました。

そうすると、料理も今まで以上に楽しみになりました。

2つ目は、物を収納するときに、アクション数を考えるようになりました。

特に子どもも使うものに関しては、見た目を重視して、隠したい気持ちもあるのですが、使いやすくしまいやすい事を考えると、見た目よりも使いやすさを重視するなど、家族の生活に合わせて折り合いをつけるようになりました。

また家事動線に合わせて収納を考えるようになり、時短に繋がっていると思います。

3つ目は、家に物を入れる段階で、本当に必要かについて考えるようになりました。

購入する際に、今一度必要か立ち止まって考えてから、家の中に物を入れる癖がつきました。

一回目の育休復帰からから約2年経過しましたが、物の見直しをして、要る物だけをしまってあるところは、不思議なことに散らかりません。

私の場合、育休からの復帰後、忙しくなると、自宅の中も物があふれて、片づけられずに出ているものが増え、だんだん気持ちも荒んできます。

二回目の育休では、自宅の中を整え、復帰後に仕事が忙しくなっても、家の中が荒れない仕組みつくりをしたいと思っています。

今後の予定

6/8(火)、7/6(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: cover-D4PgVRbDRUivoZtN6wbaccWWr6u95jSR-2.png
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策は‥?詳しくはこちらをクリック!
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:勤務時間と業務量のバランスが適切でない悩みを自分の目線だけではなく、組織の目線でとらえるには?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

育休プチMBA勉強会 PEATIX 育休プチMBA勉強会 FACEBOOK 育休プチMBA勉強会 INSTAGRAM

共働き生活に欠かせない断捨離

こんにちは。

第三子育休中のまいです。

4月に復職を控え、いよいよ育休期間もカウントダウンとなりました。

職場復帰のほか、お子さんの小学校入学、保育園入園など、さまざまな形で新生活を迎えるにあたり、やり残したことはないかとお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

これまでの経験上、私がとても効果的だと考えている新生活準備の一つは「断捨離」です。断捨離の効果は数え切れませんが、共働き生活に与えるメリットは以下の通りです。

●何より時短に繋がる

クローゼット、キッチン、洗面所など、物が溢れやすいエリアを「今」使う物のみに絞ることで、迷う時間・探す時間が削られます。

●新生活で増える物・情報を受け入れる余裕が出来る

新生活は物が増えがちですが、家中を断捨離しておけば、新しい物を気持ちよく受け入れることが出来ます(小学校入学後は書類・教材・勉強道具などが著しく増えるため、小1の壁対策にも断捨離はお勧めです。)また、慣れない生活への適応や新しい情報の消化で脳内メモリもパンパンになりますが、家がすっきりしていれば、余裕をもって過ごせます。

子供達が自分で身の回りのことを出来る

子供服や学校・保育園グッズ、おもちゃを子供達が出し入れしやすい量に絞り、低めの場所に整えておくことで、自分で準備出来るようになります。

●家事代行サービス、ベビーシッターなどが依頼しやすくなる

シンプルで誰もが使い勝手の良い家にしておくことで、つくりおきや掃除などの家事代行、ベビーシッターに依頼するハードルがぐんと下がります。

●リモートワーク・勉強などに集中出来る

試験勉強中に限ってなぜか部屋の掃除・整理をしたくなりませんでしたか?雑然とした家ではリモートワークもはかどりませんし、子供も勉強に集中するのが難しくなります。

私は「断捨離」「こんまりメソッド」「ミニマリスト」「ライフオーガナイズ」など、様々な片付けスタイルをそれぞれ参考にしながら自分流に進めていますが、先日参加した体験型オンライン家事プログラムのタスカジブートキャンプで知った「1軍選抜収納法」という収納法も取り組みやすかったです。

何から手を付けた方が良いか分からない、断捨離や整理整頓する時間がないという方は、家事代行サービスの活用や自分と価値観が合いそうな整理収納アドバイザー、ライフオーガナイザーの方をウェブで探して依頼してみるというのも良いと思います。

今はフリマサービスも充実しているので、断捨離=廃棄だけではなく、必要な人に譲る手段が増えているので、物を手放しやすいのはありがたいですよね。

コロナ禍でのステイホーム中、ぜひ断捨離を進めてみてください。

今後の予定

◆勉強会チケットを販売中!
 ・1/27(木)
 ・2/9(水)…3回セットの特別講座Vol.1

勉強会割引キャンペーンを実施中!


ケース『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:!詳しくはこちらをクリック


ケース『上司の気持ちがわからない』:「育児への理解がない」と悩む部下と配慮している上司との溝。クリティカル・シンキングとマネジメント思考を学びます!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

断捨離で思考訓練

こんにちは。
運営メンバーのりくです。
第2子育休中です。

復職の準備として、家事代行サービスの利用を検討しているのですが、なかなか依頼ができずにいます。

家事代行サービスのアプリを開いて最寄りのヘルパーさんを探してみるものの、最後の人押しができず…

なぜか。

部屋が汚いのです…

汚くて人をあげるのが恥ずかしい、という気持ちが先行してなかなか決断に至れません。

そんな中、先日あるある経済評論家の方の家事に関する書籍を読みました。

本を読んでびっくりしたのですが、著書の家は一時期まで物で溢れかえっていたのだとか。(断捨離前の写真が掲載されていますが、確かにすごい…)

その方は1ヶ月以上をかけて8割以上の物を処分し快適な暮らしを手に入れたそうです。(執筆当時のリビングの写真も掲載されていますが、本当にきれい。というか物がない!)

読んでいく中でとても印象に残ったフレーズがありました。

「「とりあえず取っておく」は思考の放棄、判断の先送り」

あぁ。これ、私だ…

過去何度か断捨離に挑んだことがあるのですが、結局「いつか使うかも」「まだ使えるのにもったいない」「使ってないけどプレゼントでもらったんだよなー」と捨てる判断を先送りし、物を減らせずにいました。

「思考の放棄、判断の先送り」これって、仕事にも当てはまるよなー、と思うとゾッとし、思考の訓練として断捨離を始めることにしました。

本を読んだ翌日、早速食器棚の断捨離を決行。

捨てる前に、選別の判断基準を2つ決めました。

・今も使っているかどうか
・思い入れが強すぎてどうしても捨てられない物かどうか

こうして食器棚から物を取り出し1つ1つ判断していきました。

・就職した時(10数年前!)に100円ショップで買ったお皿
・夫がノベルティでもらった牛丼屋の食器
・小学校の時に友達からもらったサンリオキャラの湯呑み
・気に入っていたけど欠けてしまった常滑焼の急須
・4つもあった弁当箱

手に取りながら、時に捨てるか悩んだりした物もありますが、判断基準を思い出し基準に合わない物は処分しました。

その分量、食器棚の約1/2!

余分なスペースができることで、食器の出し入れがしやすくなり、食洗機から食器棚にしまうのも楽になりました。(今まではテトリス状態…)

収まるように入れ直すストレスも無くなりました。

作業をしながら、基準を決めれば判断するのはさほど辛くはない。基準をどう持つか、が自分にとっての肝だということに気がつきました。(あ、これ経営学の意志決定プロセスの1つ。WSIプチMBAでは意志決定のクラスが提供されています。ご興味のある方はぜひこちらへ!)

物事の判断を先送りしがちだなーという方、判断が苦手な方。断捨離で思考の訓練をしてみませんか?

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/8(火)&9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

妊婦の方も大歓迎!
交流会で先輩ママから疑問質問のアドバイスを貰うこともできます。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter※始めました! フォローお願いします♪