「#新型コロナウイルス」タグアーカイブ

自宅隔離等に備えた我が家のBCP対策

こんにちは、第2子育休中のへろりんです。

今回は、「自宅で2週間ほど籠城することになっても、できる限り普段の生活を維持できるように、どんな準備をしているか」について書きたいと思います。

私の住む自治体では、毎日どこかしらの保育園で、新型コロナウイルスの陽性者発生が発表されています。

幸い、上の子が通う園ではまだ陽性者が出ていないのですが、陽性者が発生して保育園が休園となるのも時間の問題だと考えています。また、いつ何時、家族が濃厚接触者になったり、新型コロナウイルスに罹患するかもわかりません。

そんな中で、夫と「一家で隔離となった場合、家で籠城する/できる限り普段の生活を維持する」ための準備を行ったので紹介します。

====

<前提条件>
夫・年少・7か月・私の4人家族
自宅は3DKのマンション1室
夫は基本的に仕事の日は毎日出勤(自宅隔離の場合は、在宅でできる業務のみ行う)
妻(私)は育休中(~2022年4月までを予定)
年少児は、普段の日中は保育園
陽性で体調不良は大人1名、残り3名は濃厚接触者だが陰性or陽性でも無症状で動ける想定

<やったこと>
①隔離スペース確保のための断捨離
②これまで利用していなかった食品宅配のお試し
③備蓄品見直し
④子どもの遊ぶものを準備
⑤エンディングノートのアップデート

====

①隔離スペース確保のための断捨離
大人が陽性/隔離となった場合、間取り的に、玄関手前の部屋を隔離部屋にする必要があるのですが、普段は物置。
床は色々なものが散らばり、季節のものや服を収納するスペースになり果てていたのを、掃除しました。私頑張った。
いい機会だったので、もう着ない服や読まない本・資料などを処分。ゴミ袋3つ分くらい出てきました。おおお。

②これまで利用していなかった食品宅配のお試し
普段は生協を利用しているのですが、対面せずに食料品/日用品を受け取り出来る方法を複数持っておきたいなと思い、ネットスーパーにも登録し、利用してみました。
生協とは勝手が違うので戸惑いもありますが、ここは慣れしかないなと思っています。

③備蓄品見直し
家族で発熱する人が出る前提で、普段は購入しないゼリー状飲料、スポーツドリンクなどを購入。保冷剤や解熱剤なども買い増ししました。また、調理が簡単なレトルト品・缶詰も増やしました(生鮮品は食品宅配で調達予定ですが、調理はできなさそう)。
野菜がどうしても足りなくなるので、フリーズドライの野菜は多めに用意。
育休中だと、料理できる時間が増えるからか、レトルト品はそこまで購入していなかったのですが、棚卸もできて良い機会でした。
また、下の子の離乳食に関しては、冷凍食品・フリーズドライ・レトルトパウチなど複数の形状を揃えました(普段は生鮮品&冷凍食品で離乳食を作ることが多い)。こちらは普段使いとし、少しずつ利用しては買い足す「ローリングストック」を実践したいと思います。

④子どもの遊ぶものを準備
上の子については、今まで持っていなかった紙粘土やボードゲームを用意。自宅隔離になった場合、家遊びで飽きないよう、小出しで登場させる予定です(実はまだ隠している)
また、下の子については、月齢に合わせたおもちゃをレンタルできるサブスクリプションサービスに登録。こちらも、一気に出すのではなく、小出しにする予定です。が、私が申し込んだサービスは、現在申し込みが殺到しているようで、「ご登録から到着まで、2か月ほどお待ちいただく場合があります」と案内がありました。。。(まだ来てない)

⑤エンディングノートのアップデート
自分が罹患して重症化⇒入院等することも想定し、独身の頃からしたためていたエンディングノートを見直し、最新の情報に修正しておきました。
「わざわざエンディングノートを作る」となると大変かもしれませんが、
・入院時等に連絡が必要な相手は誰か(時勢的に面会等は難しいですが…)
・保険はどんなものに入っているか、証書はどこにあるか
・(子どもが重症化し入院する場合に備えて)母子手帳や保険証はどこにあるか
あたりをメモに残す、ないしは夫婦間で共有しておくと良いと思います。

いかがでしょうか。

大人から子どもに移って家族内に陽性者が増える、ということを想定すると、それこそ1か月近く自宅隔離になる可能性もあり、まだまだ不十分ではありますが、全く備えないよりはマシというスタンスです…。

ネットでは、小さなお子さんを抱えながら実際に自宅隔離を経験された方の体験談も増えてきましたので、それも参考にしつつ、できる限り普段の生活を維持するための備えをしておきたいと思います。

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!
9/22(水)クロストークイベント開催決定!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

未就学児を持つ家庭でワクチン接種前に確認したほうが良いこと

こんにちは、第2子育休中のへろりんです。
先日、新型コロナウイルスのワクチン接種(1回目)に行きました。

副反応等については色々と事前に調べていたのですが、実は直前でバタバタしてしまったのが「接種の当日~(副反応が出ると思われる)翌々日あたり、子どもの世話はどうするの?」問題でした。

我が家の子供は2人。保育園年少クラスに通う上の子と、生後5か月の下の子です。

私の反省を踏まえて、「未就学児がいるご家庭の方がワクチン接種を行う場合、事前に準備が必要と思われる点」について、ご紹介したいと思います。

①接種の間、下の子(乳児)の面倒を誰に見てもらうか
⇒私は自治体の集団接種会場で接種したのですが、予約できたのはなんと接種日の3日前でした(おそらく、急遽キャンセルが出た分かと思います)。

予約できた会場は、自宅から電車・バスを乗り継いで片道40分弱の場所。

そのため、接種の間に下の子の面倒をみてもらおうと、義理の母(自宅まで40分ほど)に連絡をしたところ、この日は既に予定がありとのことでNGに。
ベビーシッターのマッチングサービスでもシッターさんを探したのですが、それなりに直近だったこともあって、なんとこちらも都合のつく方がいませんでした。

結局、義母に予定を動かしてもらい、何とか接種時に下の子の面倒を見てもらえました。ただ、身内(やご近所の方など特定の方)に協力を仰ぎたいのであれば、早めに協力を仰ぎたいことを伝え、「対応できない日時や曜日はあるか」など聞いておけば良かったなと思いました。

なお、自治体によっては、集団接種会場に子どもの保育の場を設けている自治体もありますので、確認しておくと良いと思います(私の住む自治体はありませんでした…)。

②保護者が「ワクチンの副反応によると思われる発熱・体調不良」があった際の登園可否

①よりも早めに確認しておいた方が良かったな、と思うのが、「保護者に『ワクチンの副反応によると思われる発熱・体調不良』があった際の、保育園/幼稚園の登園可否」でした。

現在、子どもが通う園は、保護者も含めて毎日の検温と記録提出が必須になっています。

そのため、接種の前日、園の連絡ノートに「明日、母がワクチン接種予定です。明後日は発熱があるかもしれませんが、ワクチンによる可能性が大きいです」と書きました。

そしたらば「副反応によると思われるものであっても、ご家族の方に発熱した方がいたら、登園は控えてください」とお返事がありました。そう、接種の前日にです。

元々、接種翌日・翌々日の保育園送迎は夫(在宅勤務不可)にお願いしていたのですが、非常に焦りました。

37℃台後半以上の発熱(そして多分注射した方の腕は痛い)で、元気な子ら2人を家で相手するの無理ですやん…。

翌日は幸い、私に発熱や体調不良はなく登園させたのですが、早めに園に確認しておいた方が良かったなと感じています。

【おわりに】
今回痛感したのは、「注射ひとつ打つだけで、こんなに段取りと前準備と交渉が必要なのか…!」ということです。

文章にすると多少落ち着いて書けていますが、シッターさんが見つからなかったり、保育園から「登園NGだから」と返事が来たりした時は、「マジかい!!」と心の中が大荒れでした。

早め早めの行動が大切、というのは、仕事で身に染みているはずですが、なぜ子育てが絡むとこうも上手くいかないのか…。

恐らく、次回の接種では発熱と体調不良が起こると思います。

保育園は休ませる前提、夫にも仕事を休めないか交渉、体調不良でも籠城できるよう備蓄、子どもはTV漬けにしてしまっても良いと割り切る…等々、今回以上に準備をしておかないとなと感じている次第です。

今後の予定


8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!