「時短料理」タグアーカイブ

私の時短料理

育休プチMBA勉強会、運営メンバーのすみれです。
第三子の育休をいただいています。

仕事して、お迎えしてからの、食事作り。
朝の出勤前に作ることもありました。
どちらにしても、ハードですよね。


産休前、よく作っていた時短料理はこんな感じ。

〈鶏肉×トマト×ミックスハーブソルト炒め〉
一口大の鶏肉の外側をカリッと焼き、白ワインと角切りトマトを入れ蓋をして、鶏肉に火を通す。味付けは、ミックスハーブソルト。

元々は、鶏肉をローズマリーなどと一緒にオーブンで焼いていました。それをフライパンで炒めたら同じようにできるかなと思って誕生したのがこの料理。


〈鶏肉×かぶ×塩麹炒め〉
かぶを炒めて一旦取り出し、一口大の鶏肉を炒める。鶏肉に火が通ったら、かぶを戻して、塩麹で味付けする。

かぶは火が早く通って柔らかくてオススメです。


〈ドライカレー(キーマカレー?)〉
玉ねぎ、人参、ジャガイモをみじん切りにし、ひき肉と炒める。水切りした木綿豆腐も崩しながら一緒に炒め、少量の水で煮て、ルーを入れる。

普通のカレーのように煮込む時間を取らなくても、美味しくなります。
保育園のメニューから拝借した我が家のメニューです。


〈かつ丼〉
買ってきたかつをめんつゆで煮てから、卵でとじる。

「カツ買っておかずにした」に一手間加えただけなのですが、ものすごく料理した気分になれるメニューです。


〈パスタバイキング〉
パスタソースを何種類か買ってきて、何種類かのパスタを作る。
バイキングと称して、大皿に盛り付け、トングで取って、シェアして食べる。

パスタソースのレトルトの袋をオリーブオイルで炒め、そこに茹でた麺を合わせると、ちょっと美味しくなる気がします。


〈手巻き寿司〉
手巻き寿司セットのお刺身を買って、酢飯にしたごはんで、手巻き寿司!

お祝いごとの日に食べていた手巻き寿司が、いつのまにか母が疲れた日のメニューになりました笑
海苔をはさみで切るときに、海苔が飛び散り、キッチンが汚れるのが悩みです。海苔が飛び散るのを最小限に抑えられるよう、袋の中で切
ってみたり模索中です。


〈oisixミールキット〉
自分で使わない食材や作ったことのないメニューがあって、食のバリエーションを増えました。


〈そば屋さんの出前〉
顔なじみになったので、子供の食べやすいうどんにしてくれたりと、優しい心遣いをしていただき助かっています。
こういう繋がり、大事です。


みなさんは、どんな時短レシピを持っていますか?


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

勉強会は、おかげさまで好評をいただいております。

1/27(月)長期労働の改善策について。(『岡村課長と定時後のクレーム』というケースを使用)

2/13(木)復職に備えた準備(『西田はるかの職場復帰前面談』というケースを使用)

2/26(水)クリティカルシンキング(『育児に理解のない上司と山田優美』というケースを使用)

みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

料理の効率化

育休プチMBA勉強会、運営メンバーのすみれです。
第三子の育休をいただいています。

今回は、これまでに編み出した料理の効率化についてご紹介します。

まず、どんなことも時間がない中で、タスクをこなすには、
①タスクを把握すること
②効率よく行うこと
③手を素早く動かすこと
④早くやろうと動き出すこと
が大切かなと思っています。

料理においてこの4つを考えると、、、

【①タスクを把握すること】
その日の料理における作業全体を把握します。
料理のタスク把握ができたら、料理以外のタスク、洗濯や明日の準備(保育園で必要なものなど)なども一緒に考え、料理作業とのタスクの組立を考えます。

【②料理を効率よく行うこと】
料理の効率化の一つは、作業の進め方を工夫することです。

料理は、一品ずつ作るもしくは料理Aをここまで進めて次に料理Bをここまで進めて、、といった具合に進めるかと思います。
それを、品ごとのくくりを捨て、作業ごとに進めるのです。

例えば、お味噌汁を使ってから、炒め物を作るのではなく、お味噌汁の具材も炒め物の具材も同時に切ります。
包丁を使う工程は全部まとめてやる。
同じ作業をしていると、動きが早くなりませんか?

その他の効率化
・切る作業が終わったら、包丁とまな板を洗って片付けるといった具合に、作業が終わり次第、調理道具を洗って片付ける。
(食事後は、食器の片付けだけで済むように)

・お玉や木べらは、料理中と盛り付け時となるべく同じもので。
(洗い物が減るように)

・ボールは極力使わず、盛り付けるお皿で調理。
(料理をボールから盛り付けるお皿に移す手間をなくし、洗い物が減るように)

・盛り付けるお皿の数を減らす。
(洗い物が減るように)

・お肉や魚は入っていた発泡トレイ上もしくはビニール袋で塩コショウや小麦粉をつける。
(洗い物が減るように。バットは久しく使っていません。)

・ほうれん草など細長いものは、半分に切ってから、2つを重ねて切る。
(切る回数を減らせるように)

・火が通りにくいものは、一旦電子レンジで軽く火を通しておく。
(火の通りを早くできるように)

・炊飯、煮込むなどスタートさえしてしまえばある程度の時間、放置して置けるものは、なるべく早めにスタートさせ、その間に別の作業をする。
(メールを送っておいて返信を待つ間に別の仕事をするイメージ)

【③手を素早く動かす】
これは慣れですかね。
年々スピードが上がっていますが、まだまだ未熟です。。

例えば、「皮をむく」の効率化は、手を素早く動かす以外にないですよね。
もしくは、「皮をむかない」というタスクそのものをなくす選択。
料理によってはそれでも良いかもしれません。

最初はピーラーでむいていましたが、もはやピーラーを出す、洗う、の手間を考えると、包丁でやる方が早くなり、ピーラーはほぼ使いません。

【④早くやろうと動き出すこと】
料理の場合、これはあまり問題にならないですかね。
お腹を空かせた自分と子供がいるので、必然的に早く動かざるを得ません。。

それより、作るのか買うのか外食へ行くのかの本日の方針決定をなる早で!
悩むことを減らし、イライラ母さんにならないようにしたいものです。
作る気になれないときは、買うか外食です。

仕事が終わって帰ってくると、とても疲れています。
きっと出産前なら、さくっと飲みに行ってたかもしれない。
仕事終わりの家事と育児は、本当にハードです。
「作らなきゃ呪縛」から解放され、心身の健康を保ちたいものです。

いろいろ書きましたが、効率化は日々生まれてきますので、ご安心を。

それより、一番の復職に向けての食の準備。
子連れで行きやすい、子供も大人も好きな中食、外食のお店を探しておいてください。
家族みんなで楽しい食事の時間を過ごしましょう!


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

勉強会は、おかげさまで好評をいただいております。

1/27(月)長期労働の改善策について。(『岡村課長と定時後のクレーム』というケースを使用)→完売しました

2/13(復職に備えた準備(『西田はるかの職場復帰前面談』というケースを使用)→残席わずか

2/26(水)クリティカルシンキング(『育児に理解のない上司と山田優美』というケースを使用)→完売しました

みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

復職に向けての私の準備(料理編)

育休プチMBA勉強会、運営メンバーのすみれです。
第三子の育休をいただいています。

みなさん、復職に向けての準備していますか?
いろいろな準備があると思うのですが、今回は私の食事準備のお話をさせていただきます。


産休前はこんな感じ。
・仕事終わりに買い物、料理
・週2回分、oisixミールキット利用
・帰宅が遅くなりそうな日は、朝出勤前に、夜ごはんを準備
・疲れて作る気になれない日は、お弁当を買うor外食

これはこれで、それなりに回っていたのですが、産休に入ってから引越しをして、スーパーが遠くなったこともあり、週1回のスーパー買い出しスタイルに変えました。

コープの宅配も検討してますが、かつて注文することすらめんどくさくなって離脱した黒歴史があるので、今はスーパーへ買い出しに行ってます。

ということで、いろいろなことにチャレンジ中です。
・作り置き
→何度かチャレンジしたが、あまりうまくいかなかった。

・1週間分の献立を決めて買い物する
→献立を考えるのが得意でなく、時間がかかる。作るものの自由度が低くなってしまい、イレギュラー対応すると、崩れる。

・いつも買う食材を買う
→何回か週1買い出しをしていくうちに、いつも買う物が決まってきて、スーパーでの買い物が早くなった。

・イレギュラー食材を買う
→いつも買う食材だけだと、つまらないので、今週は〇〇を作ってみようなどと目玉メニューを考えて食材を買うようにした。(要家族の予定把握)

・下味冷凍
→試行錯誤中。自由度が低くなるからか、性に合わないのかも。

・食べたい材料を入れると、その材料を使ったレシピが出てくるアプリの活用
→コレすごいです。おすすめ!
同じようなサイトもたくさんあると思うのでぜひ。

只今、復職後の食事作りに向けて、試行錯誤中です。
みなさんは、どんな買い出し、どんなスタイルで食事作りしてますか?


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

勉強会は、おかげさまで好評をいただいております。

1/27(月)長期労働の改善策について。(『岡村課長と定時後のクレーム』というケースを使用)→完売しました

2/13(復職に備えた準備(『西田はるかの職場復帰前面談』というケースを使用)→残席わずか

2/26(水)クリティカルシンキング(『育児に理解のない上司と山田優美』というケースを使用)→完売しました

みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】