「#白河桃子」タグアーカイブ

【9月30日勉強会報告】「組織における自分の役割を考える」

こんにちは。
第1子育休中のSallyです。

今日は、9/30(木)に東麻布のワークラボで開催された育休プチMBA®勉強会について報告します。

また、勉強会について、当日ファシリテーターを勤めてくださった白河桃子先生もFacebookで投稿してくださってます。
ぜひ、こちらもご覧ください♪
https://www.facebook.com/100002282391578/posts/4410618725690830/?d=n

■勉強会内容
 テーマは「組織における自分の役割を考える」で、
 今回は「退職を考える時短勤務の仁美」というケースを用いて、皆でケースディスカッションを行いました。
 ケースを読んだ後の率直な感想については、私自身の他にも、まさに辛い気持ち真っ只中だったあの頃の自分のようで涙が出てくる…と言う人もいて、皆が真剣にディスカッションできたのではと思います。

■勉強会参加者
 勉強会参加者は12名、うち6名が初参加!
 コロナ禍のため、今期ははじめての東麻布ワークラボ会場を使用したリアル開催でしたが、多くの皆様にお会いすることができてとても嬉しかったです。

■勉強会の様子
 まずは、3人ごとのチームで自己紹介。
 その後、ケースの主人公のトラブルやその原因について、意見交換しました。
 初めは、主人公の目線で、上司に対して厳しい意見を述べる人が多かった印象です。
 続いて、2つ目のケースを読んで、課題や原因を意見交換しました。
 実は、1つ目のケースと2つ目のケースは、関連していて、それを踏まえたうえで、主人公の仁美は何ができるのか、どうするべきか、問題の解決策を意見交換しました。
 皆の発言が、ディスカッションをはじめた時点とは異なり、上司や組織の目線となり、苦境の最中である自分の目線だけではない考え方で意見が出るようになり、自分を含めた参加者の気付きや思考の変化を感じました

参加された方からは、
「同じ事象を全く違う目線で見ると、考え方の幅が違うことに驚きました。」
「意識の高い育休中の方が多くて、出る意見も参考になりました。」
4年ぶりの勉強会参加でしたが、とても充実した時間を過ごせました。自分自身の変化(以前より視座あがってるっぽい‥!など)にも気がつくことができました。
といった感想をいただいています。

■ランチタイムの雑談
 私がいたグループでは、育休中の過ごし方や、働き続けるための会社の制度や、利用して良かったアウトソーシングの話、離乳食の進め方や、復職後に辛かったことなど、リアルで顔を会わせて話せるからこそのテンポの速さや話題の深さで盛り上がり、連絡先の交換等も行いました。
 これまでずっとオンライン開催回に参加してきましたが、リアルに人と顔を会わせるコミュニケーション、やっぱりとても良かったです
 育児スタート同時にコロナ禍に突入した私としては、現実に戻って息を吹き返せたような気持になりました。
 ぜひまた会場開催回に参加したいと思います。

■次回開催テーマ
次回の勉強会テーマは、10/12(火)「組織における自分の役割を考える」です。
育プチ代表の国保が登壇予定で、オンライン開催になりますので、お気軽に参加できるかと思います。
ぜひご都合の合う方はお申込ください!

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で7年目!

育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定


10/12(火)、10/28(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:管理職として部下を動かす際に必要な視座やコミュニケーションスキルを考えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

読書部オフ会Vol.6 「逃げ恥」に見る結婚の経済学 開催報告

こんにちは。第2子育休中のへろりんです。

育休プチMBAではFacebook上の勉強会参加者限定コミュニティがあり、非公式活動として有志によるオフ会が企画されています。課題本をABR読書法で読む人気オフ会「読書部」、先日vol.6が開催されました。

今回の課題図書は「『逃げ恥』にみる結婚の経済学」。なんとスペシャルゲストに著者で育休プチMBA認定ファシリテーターでもある白河桃子先生がご登場!気になるオフ会の活動内容をチラ見せします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回もABR (Active Book Reading) /ABD (Active Book Dialogue)の手法を用いて、10名で開催。育休中の方が9名でした。事前に担当ページをスライド1枚に要約し、当日は1人3分のリレープレゼン、感想シェアを行いました。

今回の特筆すべき点は、何といっても、会の前半、著者の白河先生にご参加いただけたこと!この本ができたきっかけや、この本をベースにして過去に実施されたワークショップの概要までご説明いただきました。

残念ながら途中で退出されましたが、参加者一同、大変贅沢な時間を過ごせました✨

参加者の感想を一部ご紹介します。

・第一子の育休からの復職前、これからの生活や家事分担にとてもモヤモヤしていた。夫にも伝えたが、「どう改善したらいいの?」と問われて具体化できなかった。この本を読んで、こういうことが自分は言いたかったのか、と感じた
「チーム家族」の話が印象的だった。子も含めて、どう巻き込んでチームを作り上げるか、どうやってチーム家族の共同経営者になっていくか?を考えていかなければならない
スライドの作成は育休復帰に向けたよいリハビリになった
・夫にこの本をシェアして読ませたい

今回、私は初めて読書部に参加しましたが、「エッセンスは残しつつ、見やすく要約するのって難しいな」と試行錯誤しながらのスライド作成となりました。

他の方のスライドや説明を聞きながら、「あの部分をこうまとめたのか~」と大変参考になりましたし、何より楽しかったです!

こちらの本、私はデータを用いながら「結婚」に対する意識や現実を明らかにしているところを興味深く読みました。また、何より、ところどころで挟まれるパワーワードに苦笑&頭を抱えながら読みました…。

(私も昔「あぁ~、明日起きたらもう結婚してたらなぁ~。相手、生えてこないかな…」みたいなことを思っていました…)

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!また、白河 桃子先生、貴重な時間を本当にありがとうございました!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勉強会当日だけでなく、その後も継続的にオフ会やコミュニティ内の情報交換、そして講師からのエンパワーメントがもらえるのも育休プチMBAの魅力!ご興味を持たれた方、よろしければ勉強会に参加してみてくださいね。

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!