「経営学」タグアーカイブ

なぜワークシフト研究所の管理職プログラムなのか

こんにちは。
第三子育休中のあいかです。

私はこの育休でチャレンジしていることの一つがワークシフト研究所主催の管理職プログラムです。(詳細:https://peraichi.com/landing_pages/view/leader2021s)これにプラスして、認定ファシリテーターの資格も取ろうとしているのですが、これについてはまた後日書こうと思います。
管理職研修は他社にもたくさんありますが、なぜ私がワークシフト研究所の研修を選んだのかをお話しします。

キャリアアップを目指す働く母に特化した研修。
交渉学を受けた方はご存知かと思いますが、キャリアアップを目指す働く母はスーパーマイノリティであるが故に、交渉バイアスにかかりやすいです。(=本当はそう思っていなかったのに、マイノリティであるが故に多数の意見に流されやすい)マイノリティの人たちはマジョリティの男性たちと同じことを学んでも、解釈、理解が異なってきます。なので、このスーパーマイノリティである働く母親に特化した研修を受けたいと思い、ワークシフト研究所の管理職プログラムを選びました。

②上司の視点獲得に重きを置いている。
小さい子供を持つと、残業は出来なくなるし、子どもの突発的な病気により、急に仕事を休まざるを得ない日も出てきます。そのため残業していた時と同じパフォーマンスをあげるためには自分は上司に何を求められいるのか、上司は何を考えているのか、を知らないと、出産前と同じパフォーマンスはあげられません。ワークシフト研究所の管理職プログラムでは一番初めにマネジメント思考を学び、上司の視点を獲得します。そこが他の研修にはない特徴と思い、ワークシフト研究所の管理職プログラムを選びました。

③ケースメソッド形式の研修。
ケースメソッドの研修は調べれば他にもたくさんあります。しかしワークシフト研究所の管理職プログラムは自分に近い存在を主人公に設定しているため、自分の問題として学んだ経営学の知識を活かすことが出来ます。
そういう意味では育休プチMBA®は復職後のワーママを主人公に設定し、ディスカッションをメインに行いますので、管理職プログラムと育休プチMBA®をダブル受講すれば、理論と実践の両方を強化することが出来、更に理解が深まると思っています。

④コーチングを受けられる。
プログラムが始まる前に代表の小早川優子さんのコーチングがあり、自分にあわせた研修内容を決定します。自分の弱み、強みを徹底的に分析し、研修のゴールを設定します。私の場合は、ロジカル、クリティカルシンキングが苦手なので、研修後にはロジカル、且つクリティカルに説明出来るようになるというのを設定しています。優子さんは3児の母で、多様なキャリアをお持ちのワーママとしては大先輩であり、キャリアのみならず、自分の家族関係での悩みも解きほどいてくださるので、これも他社にはない強みだと思っています。私の場合、家族の悩みがクリアにならない限り、キャリアでの成功も難しいので、本当に助けて頂きました。

⑤講義後に毎回課題がある。
講義終了後、毎回課題があります。テーマが与えられ、学んだ内容に基づいて、自分だったらどうするか?を考えて、A4×2枚で提出します。正解があるわけではなく、自分がその立場だったらどうするか?をフル回転で考え、思考力を鍛え上げます。採点されるわけではないので、モヤモヤが毎回残り、本当にこれでよいのか?という思いがありますが、逆にそれが思考を続けるきっかけとなり、思考を鍛え上げることになると思っています。

21年下期の管理職プログラム受講を迷われている方、8月31日までは早割があるので、是非検討してくださいね♪
詳細は以下Peatixから。
https://workshift-inst.peatix.com/

今後の予定

8/26(木)勉強会チケットを販売中!
\8/26(木)はジャーナリストとして著名な白川桃子先生が初登壇!/
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2020年大晦日

こんにちは!
運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。

さて今年も大晦日、2020年も今日で最後ですね~
毎年この日は、一年早かったなぁと思うのですが、今年はなんと、一年長かったなぁと思ってしまいました!

なぜかといえば、言うまでもなく‥コロナの影響です。

思い起こせば2月の北海道での流行(北海道出身なので横浜の大型客船よりも記憶に残っています)に始まり、4月には緊急事態宣言、6月にようやく経済再開したが8月まで感染継続、そしてやっとのGOTOも感染再拡大により自粛の年末年始。。
波乗りか!というくらいに安定しない毎日を私たちは乗り越えてきましたよね。
行動を変容し、自分の希望をどうやって叶えるか、どう生活するか、どう将来のビジョンを描くべきか‥日々の情報と自分の気持ちを照らし合わせ、絶えず「考える」ことを強要された一年だった気がします。

初めて行く場所って、行きは時間がかかるように思えるけれど帰りは時間を短く感じることがありませんか?
同じように、見えない先を手探りで進む毎日だったから「長かった」の感想になったのかなと思っています。

幸運にも、私は今年育プチに出会えたことで、同じ「考える」にしても「”より良く”考える」ことができました。何が問題で、何を考えるべきで、どんな視点で考えるのか、誰得で考えているのか、など整理して考えることが自然とできるようになってきた実感があります。
いえ、まだまだではありますが以前の私と比べての感想です。けれど6回以上受講した効果なのかなとは思っています。何より、考えることの疲労感は格段に減りました。

みなさんはどんな一年でしたか?
ぜひ、今年成し得たことを、たとえ小さくても今日は思い起こして気持ちよく年越してくださいね!

今年の出会いすべてに感謝しつつ、新たに来る年への希望に、今日は乾杯したいと思います。授乳中なので飲めませんが!(笑)

今年も育休プチMBA、WSIプチMBAを応援頂きありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願い致します♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

WSIプチMBAのオススメクラス

こんにちは。
運営メンバーのりくです。
第2子育休中です。

育休プチMBA®︎の運営母体であるワークシフト研究所(以下WSI)では、経営学を学ぶクラスを提供しています。

単科でも受講できるのですが、指定期間中全てのクラスが受け放題になるパスポートを購入し、4月から様々なクラスを受けています。

どのクラスもとても勉強になるのですが、今回はその中から特におもしろい、為になったと思うクラスを独断と偏見で3つご紹介します!

1. 交渉学(基礎編、仕事編、家庭編xアンガーマネジメント)

基礎編、仕事編、家庭編 x アンガーマネジメントの3シリーズ構成となっているクラス。単発でも受講できます。

私は 交渉=勝ち負け と捉える傾向にあったのですが、このクラスでは自分も相手もOKの「WIN-WIN交渉」について学びます。

WIN-WIN交渉に必要な知識、スキル、心構えに関するレクチャーの後に実際にロールプレイングでWIN-WIN交渉を体験します。WIN-WINになる為に、相手の望むことを捉える必要があり、相手の立場になって考える訓練になります。

ちなみに3シリーズの中で実践が一番難しいのが家庭編。復職を間近に控え、仕事と家庭の両立を実現する為に夫とのWIN-WIN交渉がますます重要になってくるので、改めてテキストを読み返し、実践していきたいと思います。

2. ファイナンス基礎

財務三表の読み方が学べるクラス。過去に通信教育で財務三表について学んだことがあるのですが、実務で使う機会もなく忘却の彼方に… 

細かい財務指標はここでは扱われませんが、財務三表の関係性と企業の体質をどのように読み取るのか、ということを学ぶことができ、苦手意識が少し薄れました。

3. 経営学  x ビジネスモデル

こちらはアドバンスドクラスで中級者向けのクラス。企業が活動する上で、お金を稼がないといけないのですが、どうやってお金を稼ぐの?お金を生み出す価値をどのように創っていくの?ということを学びます。

私は新卒入社以来、ずっと日系の製造メーカーに勤めているので、特定のビジネスモデルしか頭にありませんでしたが、このクラスを通じて様々なビジネスモデルが存在することを知り、モノからコト(サービス)の時代にシフトしていることを改めて感じさせられました。

先行きが不安になった(笑)のと同時に、生き残る為にどんなことが必要なのかを考えることのおもしろさを感じました。

今回は3つのクラスをご紹介しましたが、他にも為になる経営学クラスがたくさん‼︎(まだ受講していないクラスも多数あります)

WSIプチMBAの各種クラスを通じて企業活動の理解が深まるので、会社がどういう方向に行こうとしているのか、なぜこういう方針を立てているのか、自分の仕事は経営方針とどのようにつながっているのか、ということを考えやすくなり、仕事のおもしろみがさらに増すと思います。

経営学?難しそう…と思われた方も大丈夫。ほとんどのクラスが初心者向けの分かりやすい内容ですので安心してください!

WSIプチMBAは集合クラスの他、オンラインクラスも用意されている為、遠方にいる方も受講可能です。
(昨今の在宅勤務導入を受け、業務の隙間時間に受講されている方もいらっしゃいます!)

育休中の方もすでに復職されている方も、気になるクラスがあればぜひ一緒に学んでみませんか?

■WSIプチMBA情報
 WSIホームページはこちら
 WSIプチMBA年間カリキュラムはこちら
 チケット購入はこちら

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/8(火)&9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

妊婦の方も大歓迎!
交流会で先輩ママから疑問質問のアドバイスを貰うこともできます。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter※始めました! フォローお願いします♪