「経営学」タグアーカイブ

復職準備失敗談③かかりつけ医は素晴らしい。選び方のヒント

こんにちは。第2子育休中のほんめぐです。3歳と8ヶ月の姉妹を育てています。

前回・前々回ブログでは「0歳児の平均年間病欠日数は約20日だけど、ほぼお休みしない子もいれば60日以上休む子も5人に1人くらいいる。年間44日休んだ我が子と最初の一年をどう乗り越えたかについてお伝えしました。
今日はそんな一年目を支えてくれたかかりつけ医の素晴らしさと選び方のヒントについてお話ししたいと思います。

保育園入園の0歳8ヶ月まで、母体からの免疫もあり全く病気をしなかった娘①。慣らし保育から怒涛の発熱。それまで予防接種でしか病院へ行ったことがなく、かかりつけ医の検討も出遅れました(いつも出遅れてる…)。
現在、症状や用途により5つの病院を使い分けています。

①予防接種・母子同時受診用の小児科
・普通診療と予防接種が曜日・時間帯等で分けられている
・母子一緒に診察してくれる
病院で感染されるという悲劇をなくすため、予防接種の曜日や時間帯が設けてある病院がお勧めです。
そして、娘の風邪はほぼ100%感染されていた私(どんなに気をつけても防げませんでした…)。「お母さんも一緒に診ますよ」と診察していただいたときは思わず泣きそうになりました。子どもと自分の通院が一度で済むと負担がぐっと下がるので、ファミリークリニック等、同時受診可の病院を見つけておくのは手だと思います!

② 病児保育室利用時の小児科
・自治体の病児保育室併設
・診療時間が長い(8:00〜18:00)
・院内処方
私の住む自治体では、自治体の病児保育室に預ける場合、病院で「主治医意見書」をもらう必要があります。そのため、体調不良・発熱が予見された場合はまず受診!こちらは朝一で受診して、空きがあればそのまま併設病児保育室へ預けることも出来、とても助かりました。
遅くまでやっている、朝早くからやっている小児科チェックはワーママ的に必須です!また、院内処方は拘束時間が短く済むのが良い点だと思います。

③耳鼻科・皮膚科・小児歯科
・土曜診療
緊急度が相対的に低い、症状によって受診する病院は会社が休みの日に行けることを第一条件に土曜診療可の医院を探しました。耳鼻科は小児専門ではありませんが、保育園・小学校等の園医・校医をしている医院(子どもの扱いに慣れてて安心!)を選びました。

病気をしないのが一番ですが、かかりつけ医は病児対応の不安を軽減するセーフティネット!どなたかの参考になれば幸いです。
最後に、復職直後の娘の発熱ラッシュに心折れかけていた私に、かかりつけ小児科の女医さん(大先輩ワーママ!)がかけてくれた言葉を贈ります。
両立生活は、飛行機と一緒で離陸直後が一番大変。軌道に乗ればきっと楽になります!

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!
9/22(水)クロストークイベント開催決定!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

【白河桃子先生初登壇】2021年8月26日勉強会報告

こんにちは。
第1子育休中のSallyです。
8月26日に育休プチMBA®オンライン勉強会が開催されました。

■勉強会内容
今回のケースは「育児に理解のない上司と山田優美」でした。ケースは2頁にわたっており、1頁目では優美からの視点、2頁目は優美の上司にあたる石田祐一郎からの視点で書かれたケースで、2頁目は事前に読まずに勉強会に臨む必要がありました。ファシリテーターは、「婚活時代」や「逃げ恥からみる結婚の経済学」などジャーナリストとして著名な白河桃子さんです。

■勉強会参加者
参加者は20名中13名が初参加。公式Facebookやインターネットからの検索、8/3の無料オンラインセミナー「働く母親のモヤモヤを経営学で解決する」から参加された方や、代表の国保の「働く女子のキャリア格差」を読んで参加された方がいらっしゃいました。また通常は首都圏からの参加が多いですが、今回は岩手、石川、大阪などの地域からも参加があり、オンラインならでは多様性でした。

■勉強会の様子
一番初めの設問は「仁美が抱えるトラブルと原因が何か」でした。白河さんのファシリテートのもと、優美自身が抱える問題、職場・家族の中での問題等、現状を整理していきました。その次の設問は「なぜ、面談のときに上司は渋い顔をしたのか、その背景は?」で、優美自身から視座を一つあげた上司の目線でケースを考えました。視座をあげて上司視点で考えること上司は何に関心があり、どんなことを考えているか、理解するために常日頃からコミュニケーションをよく取る必要があること、マネジメント視点の大切さと他社への理解を妨げる思い込みの存在に気付き、物事をクリティカルに考えることの大切さ、男女共につい使ってしまうステレオタイプからの有害なバイアスを知り、気付き、行動を変えることの大切さに改めて気付かされました。

■ランチタイムの雑談
白河さんとのお話では、MBAの研究テーマやジャーナリストとしての多様なご知見からお話しいただき、時短勤務社員と職場のコンフリクト解消のためには、同僚とのコミュニケーションや感謝を伝えることがひとつであるということや、復職面談を夫を含めた三者面談としている会社があり、妻や夫双方の理解が深まるきっかけになっているということや、脳科学の観点で子育てに関して前頭葉で発達する親性能についてのお話についてが印象的でした。特に親性能については、子どもと触れ合うことでより発達し、それは男性も同様であり、ワンオペ育児は人間の性質からも厳しい状態、男性育休等によって、早期に子どもと触れ合う時間を作ることは海外やNPOでも推奨されていて、科学的な観点からもとても良い取り組みであるというお話は、具体的な検証結果に基づいていて、一般的にとても理解されやすいのではないかなと思いました。

次回の育休プチMBA勉強会は「西田はるかの職場復帰前面談」(9/7(火)開催予定)です!ファシリテーターは森家明味先生です!
ぜひ、保活と併せて、復職に備えた思考トレーニングをしてみてください。

9/7(火) ★オンライン★育休プチMBA®勉強会  テーマ「復職に備えた準備をする」 | Peatix

また、今回ご登壇いただいた白河桃子さんの次回登壇回は 組織における役割を考える」 9/30(木)です。次回も早々に売り切れる可能性が高いと思いますので、ぜひ早めの購入お待ちしています。

《白河桃子さん登壇》9/30(木)育休プチMBA®勉強会 テーマ「組織における役割を考える」 | Peatix

※プレスリリースはこちら


また多くの皆さんと学び合えること楽しみにしています!

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で7年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!
育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

育休プチMBA®代表・国保祥子トークイベント開催報告

こんにちは。

第三子育休中のあいかです。

8月3日開催した育休プチMBA®代表・国保祥子によるトークイベントにご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

総勢132名の方に参加頂き、国保も運営メンバーも感謝の気持ちでいっぱいです。聞いて頂いた内容が少しでも多くの方の心に響き、育休並びに復職後の生活のお役に立てると嬉しいです。

セミナーは「なぜ国保が経営学を学んだのか?」という内容から始まりました。今の国保からは想像も出来ませんが、20代の時の国保は上司や顧客が言っていることが理解できず、仕事ができなくて悩んでいたようです。先輩のアドバイスをきっかけにビジネスの「共通言語」である経営学を学んだことで、世界が一気に変わったとのこと。

2014年第一子を出産した国保はあるワーママと出会い、育休者向けに「限られた時間の中で成果を出す方法」をケースメソッド形式で学ぶ「育休プチMBA®」を立ち上げました。

しかし、なぜ育休者が「経営学」を学ぶことが大切なのでしょうか

まず前提として、日本は女性活躍度は非常に低く、意思決定層にいる女性も少ないです。出産育児で第一線から離れる女性も多く、学習機会を逃しやすいですし、非常に優秀であるにも関わらず、女性は業務を全うする自信がなかったり、頑張っても評価されにくいという問題もあります。

では一体どうしたら良いのでしょうか?そこで出てくるのが「経営学」です。人間は「挑戦的経験」をすることで成長出来ます成長するために良質な経験が必要です。しかし、女性は自然に任せているとその良質な経験をさせてもらえない傾向があります。また育児期の女性は、育児と仕事を両立する自信がないと上司にもアピールしないことが多いです。しかし国保は時間と自信がないからこそ「経営学」を学ぶべきといいます。「経営学」を学ぶことで会社、組織目線で物事を考えられるようになり、積極的に業務に取り組めるようにもなりますし、自信を得ることが出来るとのこと。

育休プチMBA®ではMBA同様の本格的な教材を用いて、育休復職後に実際に起こりうる事例をもとにケースディスカッションを行い、復職時の状況を疑似体験できます。これが成長するための良質な経験となり、復職後、課題に直面した時にどのように自分が行動すべきかを理解できるので、スムーズな復職へと繋がります。

時間の関係上、全ての質問には回答できなかったのですが、皆さまから頂いた質問についても国保からいくつか回答させて頂きました。

特に私が印象に残った話は「復職後の1年は子どもは平均で年間20日熱を出す。子どもの風邪はコントロールできないけれど、その状況に動じないためには、そもそも子どもは休むという前提で体制を作っておく必要がある」というものです。人間は自分がコントロールできない領域が大きいとストレスがたまります。子どもの病気自体はコントロールできなくても、自分が出社できるようにするバックアップ体制はコントロールできるもの。なので、子どもの病気に焦点をあてるのではなく、その体制をいかにコントロールするかに意識を向ければ、自分の気持ちの負担も減るということを改めて認識しました。この体制を構築するためにも「交渉学」「意思決定」「クリティカルシンキング」等々、色々な経営学の知識が必要になってきますので、今後更に学びを深めたいと思いました。最後に国保からは「2年目以降は子どもの病気も格段に減るので、最初の一年を乗り越えれば大丈夫」という暖かいメッセージもありましたよ。

元々12時半終了予定でしたが、チャットで追加質問を頂き、12:50までQ&Aの時間は続けさせて頂き、トークイベントは終了しました。

ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました!!

今後の予定


8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/※残席は僅かです!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

なぜワークシフト研究所の管理職プログラムなのか

こんにちは。
第三子育休中のあいかです。

私はこの育休でチャレンジしていることの一つがワークシフト研究所主催の管理職プログラムです。(詳細:https://peraichi.com/landing_pages/view/leader2021s)これにプラスして、認定ファシリテーターの資格も取ろうとしているのですが、これについてはまた後日書こうと思います。
管理職研修は他社にもたくさんありますが、なぜ私がワークシフト研究所の研修を選んだのかをお話しします。

キャリアアップを目指す働く母に特化した研修。
交渉学を受けた方はご存知かと思いますが、キャリアアップを目指す働く母はスーパーマイノリティであるが故に、交渉バイアスにかかりやすいです。(=本当はそう思っていなかったのに、マイノリティであるが故に多数の意見に流されやすい)マイノリティの人たちはマジョリティの男性たちと同じことを学んでも、解釈、理解が異なってきます。なので、このスーパーマイノリティである働く母親に特化した研修を受けたいと思い、ワークシフト研究所の管理職プログラムを選びました。

②上司の視点獲得に重きを置いている。
小さい子供を持つと、残業は出来なくなるし、子どもの突発的な病気により、急に仕事を休まざるを得ない日も出てきます。そのため残業していた時と同じパフォーマンスをあげるためには自分は上司に何を求められいるのか、上司は何を考えているのか、を知らないと、出産前と同じパフォーマンスはあげられません。ワークシフト研究所の管理職プログラムでは一番初めにマネジメント思考を学び、上司の視点を獲得します。そこが他の研修にはない特徴と思い、ワークシフト研究所の管理職プログラムを選びました。

③ケースメソッド形式の研修。
ケースメソッドの研修は調べれば他にもたくさんあります。しかしワークシフト研究所の管理職プログラムは自分に近い存在を主人公に設定しているため、自分の問題として学んだ経営学の知識を活かすことが出来ます。
そういう意味では育休プチMBA®は復職後のワーママを主人公に設定し、ディスカッションをメインに行いますので、管理職プログラムと育休プチMBA®をダブル受講すれば、理論と実践の両方を強化することが出来、更に理解が深まると思っています。

④コーチングを受けられる。
プログラムが始まる前に代表の小早川優子さんのコーチングがあり、自分にあわせた研修内容を決定します。自分の弱み、強みを徹底的に分析し、研修のゴールを設定します。私の場合は、ロジカル、クリティカルシンキングが苦手なので、研修後にはロジカル、且つクリティカルに説明出来るようになるというのを設定しています。優子さんは3児の母で、多様なキャリアをお持ちのワーママとしては大先輩であり、キャリアのみならず、自分の家族関係での悩みも解きほどいてくださるので、これも他社にはない強みだと思っています。私の場合、家族の悩みがクリアにならない限り、キャリアでの成功も難しいので、本当に助けて頂きました。

⑤講義後に毎回課題がある。
講義終了後、毎回課題があります。テーマが与えられ、学んだ内容に基づいて、自分だったらどうするか?を考えて、A4×2枚で提出します。正解があるわけではなく、自分がその立場だったらどうするか?をフル回転で考え、思考力を鍛え上げます。採点されるわけではないので、モヤモヤが毎回残り、本当にこれでよいのか?という思いがありますが、逆にそれが思考を続けるきっかけとなり、思考を鍛え上げることになると思っています。

21年下期の管理職プログラム受講を迷われている方、8月31日までは早割があるので、是非検討してくださいね♪
詳細は以下Peatixから。
https://workshift-inst.peatix.com/

今後の予定

8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2021年7月6日勉強会報告

こんにちは。
第三子育休中のあいかです。
7月6日に育休プチMBA®オンライン勉強会が開催されました。

■勉強会内容
今回のケースは「退職を考える時短勤務の仁美」でした。ケースは2頁にわたっており、1頁目では仁美からの視点、2頁目は仁美の上司にあたる支店長からの視点で書かれたケースで、支店長のケースは事前に読まずに勉強会に臨む必要がありました。ファシリテーターはこばさん。二人の男の子持つお母さんでもあり、下のお子さんはまだ10か月で、お隣の部屋でパパさんが面倒を見ながらファシリされていました。

■勉強会参加者
参加者は10名中5名が初参加。代表の国保の「働く女子のキャリア格差」を読んで参加された方や、インターネットで検索して初めて参加された方がいらっしゃいました。またいつもだと首都圏からの参加が多いのですが、今回は岩手、石川からの参加もあり、オンラインならではの醍醐味だなーと痛感しました。

■勉強会の様子
一番初めの設問は「仁美が抱える根本的な問題が何か」でした。こばさんのファシリテートのもと、仁美自身が抱える問題、職場・家族の中での問題等、現状を整理していきました。その次の設問は「あなたが上司の目線になった時、上司は仁美さんに何を期待していると思いますか?」。仁美ではなく、視座を一つあげた上司の目線でケースについて考えました。この問いについて皆で議論した後、二頁目に書かれた仁美の上司(支店長)が抱える課題(ケース)を読んだのですが、一頁目のケースを読んだだけでは、全く想像も出来ないような内容でした。視座をあげて上司目線で考えること上司が何を考えているかを理解するために常日頃からコミュニケーションをよく取る必要があることに気づかされました。上司が、或いはその更に上の上司がどういう立場に置かれているかを知った上で業務に取り組まないと、自分のやるべきことがぶれてしまいますね…。

■ランチタイムの雑談
色々な話をしましたが、特に印象に残っているのが、ケースで読んだような上司の悩みや置かれている状況が、テレワークが進んだことにより、今まで以上に見えにくくなったということです。出勤していた時は上司の雑談や電話の内容、上司が参加する会議の出席メンバー等、何気なく目にしたり、耳にしたりする情報があり、その情報のお陰で業務がスムーズに進むということがありました。しかし、テレワークでは自分が情報を意図的に取りにいかないと見えないものが多く、復職後、コミュニケーションの取り方には今まで以上に気を使っていかないとダメだなと思いました。

次回は「育児に理解のない上司と山田優美」(8/26(木)開催予定)です!!
しかも今回のファシリテーターはジャーナリストとして著名でもあり、大学で教鞭を執りつつMBAも取得されたという白河桃子さん!実は育休プチMBAを最初にメディアに取り上げてくだった「育休プチMBAの恩人」です。認定ファシリテーターを取得されて、ついに登壇してくださいます!売り切れ必至間違いなし。早めの購入お待ちしています。http://ptix.at/WiYgMA

また多くの皆さんと学び合えること楽しみにしています!

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で7年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!
育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/
7/16(金)育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年 ホームカミング チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

❤オンライン・ホームカミング2021❤ 育休プチMBA&WSIプチMBA 7周年
チケット購入はこちら
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2020年大晦日

こんにちは!
運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。

さて今年も大晦日、2020年も今日で最後ですね~
毎年この日は、一年早かったなぁと思うのですが、今年はなんと、一年長かったなぁと思ってしまいました!

なぜかといえば、言うまでもなく‥コロナの影響です。

思い起こせば2月の北海道での流行(北海道出身なので横浜の大型客船よりも記憶に残っています)に始まり、4月には緊急事態宣言、6月にようやく経済再開したが8月まで感染継続、そしてやっとのGOTOも感染再拡大により自粛の年末年始。。
波乗りか!というくらいに安定しない毎日を私たちは乗り越えてきましたよね。
行動を変容し、自分の希望をどうやって叶えるか、どう生活するか、どう将来のビジョンを描くべきか‥日々の情報と自分の気持ちを照らし合わせ、絶えず「考える」ことを強要された一年だった気がします。

初めて行く場所って、行きは時間がかかるように思えるけれど帰りは時間を短く感じることがありませんか?
同じように、見えない先を手探りで進む毎日だったから「長かった」の感想になったのかなと思っています。

幸運にも、私は今年育プチに出会えたことで、同じ「考える」にしても「”より良く”考える」ことができました。何が問題で、何を考えるべきで、どんな視点で考えるのか、誰得で考えているのか、など整理して考えることが自然とできるようになってきた実感があります。
いえ、まだまだではありますが以前の私と比べての感想です。けれど6回以上受講した効果なのかなとは思っています。何より、考えることの疲労感は格段に減りました。

みなさんはどんな一年でしたか?
ぜひ、今年成し得たことを、たとえ小さくても今日は思い起こして気持ちよく年越してくださいね!

今年の出会いすべてに感謝しつつ、新たに来る年への希望に、今日は乾杯したいと思います。授乳中なので飲めませんが!(笑)

今年も育休プチMBA、WSIプチMBAを応援頂きありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願い致します♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

WSIプチMBAのオススメクラス

こんにちは。
運営メンバーのりくです。
第2子育休中です。

育休プチMBA®︎の運営母体であるワークシフト研究所(以下WSI)では、経営学を学ぶクラスを提供しています。

単科でも受講できるのですが、指定期間中全てのクラスが受け放題になるパスポートを購入し、4月から様々なクラスを受けています。

どのクラスもとても勉強になるのですが、今回はその中から特におもしろい、為になったと思うクラスを独断と偏見で3つご紹介します!

1. 交渉学(基礎編、仕事編、家庭編xアンガーマネジメント)

基礎編、仕事編、家庭編 x アンガーマネジメントの3シリーズ構成となっているクラス。単発でも受講できます。

私は 交渉=勝ち負け と捉える傾向にあったのですが、このクラスでは自分も相手もOKの「WIN-WIN交渉」について学びます。

WIN-WIN交渉に必要な知識、スキル、心構えに関するレクチャーの後に実際にロールプレイングでWIN-WIN交渉を体験します。WIN-WINになる為に、相手の望むことを捉える必要があり、相手の立場になって考える訓練になります。

ちなみに3シリーズの中で実践が一番難しいのが家庭編。復職を間近に控え、仕事と家庭の両立を実現する為に夫とのWIN-WIN交渉がますます重要になってくるので、改めてテキストを読み返し、実践していきたいと思います。

2. ファイナンス基礎

財務三表の読み方が学べるクラス。過去に通信教育で財務三表について学んだことがあるのですが、実務で使う機会もなく忘却の彼方に… 

細かい財務指標はここでは扱われませんが、財務三表の関係性と企業の体質をどのように読み取るのか、ということを学ぶことができ、苦手意識が少し薄れました。

3. 経営学  x ビジネスモデル

こちらはアドバンスドクラスで中級者向けのクラス。企業が活動する上で、お金を稼がないといけないのですが、どうやってお金を稼ぐの?お金を生み出す価値をどのように創っていくの?ということを学びます。

私は新卒入社以来、ずっと日系の製造メーカーに勤めているので、特定のビジネスモデルしか頭にありませんでしたが、このクラスを通じて様々なビジネスモデルが存在することを知り、モノからコト(サービス)の時代にシフトしていることを改めて感じさせられました。

先行きが不安になった(笑)のと同時に、生き残る為にどんなことが必要なのかを考えることのおもしろさを感じました。

今回は3つのクラスをご紹介しましたが、他にも為になる経営学クラスがたくさん‼︎(まだ受講していないクラスも多数あります)

WSIプチMBAの各種クラスを通じて企業活動の理解が深まるので、会社がどういう方向に行こうとしているのか、なぜこういう方針を立てているのか、自分の仕事は経営方針とどのようにつながっているのか、ということを考えやすくなり、仕事のおもしろみがさらに増すと思います。

経営学?難しそう…と思われた方も大丈夫。ほとんどのクラスが初心者向けの分かりやすい内容ですので安心してください!

WSIプチMBAは集合クラスの他、オンラインクラスも用意されている為、遠方にいる方も受講可能です。
(昨今の在宅勤務導入を受け、業務の隙間時間に受講されている方もいらっしゃいます!)

育休中の方もすでに復職されている方も、気になるクラスがあればぜひ一緒に学んでみませんか?

■WSIプチMBA情報
 WSIホームページはこちら
 WSIプチMBA年間カリキュラムはこちら
 チケット購入はこちら

*********************

育休プチMBA®︎は、「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

9/8(火)&9/29(火)の勉強会チケットは好評発売中!

妊婦の方も大歓迎!
交流会で先輩ママから疑問質問のアドバイスを貰うこともできます。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

♦︎今後の予定

日時テーマ会場
9/8(火)「長時間労働の改善策を考える」ワークラボ
9/29(火)  「復職に備えた準備をする」オンライン
10/9(金)「クリティカルに考える」オンライン
10/22(木)「人を動かすコミュニケーション」ワークラボ
11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」オンライン
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【育休プチMBA勉強会 Twitter※始めました! フォローお願いします♪