「#育プチ」タグアーカイブ

2021年10月12日勉強会報告

こんにちは。第三子育休中のあいかです。

10月12日は育プチ代表・国保祥子ファシリテーションによる勉強会でした。14名の方にご参加頂き、大盛り上がりでした。

まず国保から冒頭に「このケースに描かれているのは、多くの人が経験する失敗。自分の引き出しとしてこの失敗経験を持ってほしい」というアドバイスがありました。ケースの内容は「やる気満々で復職した井田美咲。復職後三か月経ち、日々生きるのに精いっぱいで、様々な問題が出てくる」というものでした。私もこのケースを読みながら、あるあるだなーと感じていました。

  一つ目の設問は「この状況を招いている美咲の本質的な問題は何か?」でした。会社にはもちろん問題はありますが、美咲個人の問題として考えてほしいというコメントが国保からありました。私自身、余裕がないとどうしても「会社が悪い」と考えがちですが、そう考えてしまうと、自分がすべきことが見えなくなってしまうので、「自分の何が問題なのか?」を考えるようにしました。

二つ目の設問は「プロジェクトを任せる側の視点に立った時、美咲に何を一体期待しているか?でした。育プチでも大切にしている、マネージャー視点に立つための設問です。この議論を進めていくうちに、美咲とマネージャーの視点にはギャップがあることに気づき、自分が美咲だった場合、取り組むべき課題が段々と見えてきました。

そして三つ目の設問に繋がります。このケースを見ていると、育休復帰者には責任ある仕事は任せられないと思われがちなのがわかります。そうならないために「育休復帰者自身が、普段から何に気を付けるべきか?」が最後の設問でした。マネジメント思考での情報共有、作業手順書の作成など、様々な意見が出てきて、大盛り上がりを見せました。

ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました!!

次回の勉強会は、10/28(木)「人を動かすコミュニケーション」です!
また多くの皆さんと学び合えること楽しみにしています!

今後の予定


10/28(木)、11/25(木) 勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:管理職として部下を動かす際に必要な視座やコミュニケーションスキルを考えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『岡村課長と定時後のクレーム』:育休復職後に想定される、周囲とのコミュニケーションギャップと仕事量の壁。あなたはどう解決する?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

お洗濯にまつわる“やめ家事”5選

こんにちは。
第1子育休中のSallyです。

今日は、SNSでも話題の私の“やめ家事”をご紹介させていただきます。産後は、三種の神器をはじめとした家電の必要性や素晴らしさ、外部サービスを頼ることの心強さを実感していますが、
それ以外の時短は、アフィリエイト等に繋がらないこともあってか、なかなか情報に辿り着けないなぁと思っています。

今回は、前回ご紹介したお料理の次に、産後に増えた家事として、洗濯と掃除にまつわる時短のために取り組んでみたことをご紹介します。

1 タオルはフェイスタオルに統一!
子どもができてからは、とにかく洗濯物が増えたことを実感しています。
小さな着替えやスタイ、ガーゼのほかに、タオルもたくさん使います。
まず、乾きにくくて大きな個人別バスタオルはやめて、全員全箇所共通に、フェイスタオルを使用することにしました。
仕分けや収納、外干ししたときの乾き方の差を気にする負担感がとても減りました!

2 畳まなくてもストレスにならない洗濯物は、乾燥機から取り出すのと同時に収納ボックスにポイ!
 疲れてると、全てかごの中から取り出すようになってしまうのはよく聞く話ですが、まずはタオル、これは畳んでなくてごちゃごちゃになっても、取り出しにくくて逆にストレスになることがあまりないので、まずは手始めとして、これを辞めてみるだけでも負担感が減ります。
 今日はちょっと疲れたなという日には、乾燥機から取り出すのと同時に、洗面所に用意してあるタオル用のバスケットにポイ!

3 保育園用のタオルやお手拭きも種類やデザインを統一
まだ行きはじめで買い替え品がないというのもありますが、保育園用のものを仕訳るのって、手間がかかりそうだし、私しか仕訳けられなくなって、洗濯物にまつわる仕事が属人化するのはよくないと思って、色々可愛いものを買ってみたいという気持ちを抑えて、保育園用のものは、種類を絞ってみました。
買い替えるときは、思い切って一気に替えられると良いかなと思ってます。

4 テーブルや食べこぼし用の布巾は吸水率の良いものにしてまとめて洗濯
 大人だけの頃は滅多に食べこぼしなんてないし、お茶のコップごとひっくり返して床びちょちょも滅多にないので、清潔や節約、効率化のために使い捨てられるものを使用してましたが、それでは追いつかなくなりました。たまたま買った吸水率の良い布巾を使ってみたら、びちょびちょの床も一瞬で綺麗に!
 さらにその都度手洗いしていた、布巾や雑巾も、まとめて洗うことに決めてしまうと、負担感が減ります。

5 オシャレ着やワイシャツは極力アイロンかけ不要のものに
  最近は、洗えるスーツや形状記憶など、仕事に着ていくおしゃれ着も高性能なものが多く出てきています。
  洗濯機によって、しわが少なくなるモードなど活用されてる方が大多数だと思いますが、さらにアイロンかけ不要のものを少しずつ増やしていくと、お洗濯の負担感やクリーニングに出す負担感はぐっと減ります。

以上、お洗濯にまつわる時短を5つ紹介しました!

育プチの「参加者限定コミュニティ」では、この他にも、育児と仕事の両立にまつわる皆さんの悩みや解決策が沢山シェアされています。
それと同時に同じようなことに悩んだり、乗り越えているワーママが沢山いることもわかるので、同時に勇気も沢山もらえます。

ぜひ、勉強会に参加して、その後に入れる参加者限定コミュニティも、ちょこちょこ覗いてみてくださいね♪

今後の予定


10/12(火)、10/28(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:管理職として部下を動かす際に必要な視座やコミュニケーションスキルを考えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

料理にまつわる“やめ家事”5選

こんにちは。
第1子育休中のSallyです。

今日は、朝の番組やSNSで話題の私の“やめ家事”をご紹介させていただきます。

産後は、三種の神器をはじめとした家電の必要性や素晴らしさ、ミールキットや家事代行など外部サービスに頼ることの心強さを実感していますが、
それ以外の時短は、アフィリエイト等に繋がらないこともあってか、なかなか情報に辿り着けないなぁと思っています。

また、私の基準で、独身時代と違って、家族や自分の健康、そして節約のために、毎日必要で時間もそれなりにかかってしまうようになった家事は、料理にまつわるものだ、ということに気が付いて、取り組んでみたことをご紹介します。

1 お箸のデザインを統一!
お箸のデザイン1~2種類に統一してみました。
  それぞれのお箸を選んで準備する時間が短縮されます。
  我が家は、後述する保存容器から取り分ける取り箸用と、個人用の2種類にしました。

2 料理の盛り付けは保存容器ごと!
個人ごとのお皿に盛りつけようとすると別にSNSに投稿するわけでもないですが、それなりに綺麗に盛り付けたくなってしまうものです。
 でも、カフェデリのように保存用のガラス耐熱容器ごとに綺麗に盛られていたって十分素敵です。(たぶん。)
 各自で自由に取り皿に取り分けます。
多めに作ったお料理が残っても、そのまま冷蔵庫へ!

3 食材カットを効率化!
買い物、食器洗い、無水調理器、カット野菜を使う以外に、食材カットの手間を省く方法は、スライサーの活用調理時短向きキッチンハサミの活用など、包丁とまな板に変わる便利ツールを増してみたこと。
 特に、キッチンハサミの活用は、お鍋やフライパンにそのまま投入できるし、離乳食や幼児食を取り分けて刻む時短にも繋がるので、とても良かったです!

4 お鍋やフライパンをさっと洗えるものに替えてみた!
 お鍋やフライパンは、食洗器に入る取っ手が取れるタイプものや、洗いやすいテフロン加工のものを中心に使うことにしました。
 お料理したらそのまますぐに、漬けおきなしで、ゴシゴシ擦らずにさっと洗えるのはとっても時短になります!

5 保存容器やタッパーの収納や蓋探しの時間を減らしてみた!
 少しずつ揃えているとだんだん増えていって、キッチン戸棚にごちゃついているプラスチック製品は、整理収納番組でもよく見かける光景かもしれません。
 まず、使いやすいものを選んでメーカーを揃えます。さらに、大きさや形状についても、プラスチック製保存容器3~4種類、ガラス製保存容器1~2種類程度におさえて揃えましょう。同じメーカー品だと効率的に重ねやすいし、それだけで、食器棚や冷蔵庫にしまうときにパズルやテトリスする時間がとても短縮されます!
(実は今現在は実家を行き来していた時代の保存容器と混ざってしまって、収納に手間がかかっているため、上の効率性はとても実感しています。)

以上、お料理にまるわる時短を5つご紹介しました!

育プチの「参加者限定コミュニティ」では、この他にも、育児と仕事の両立にまつわる皆さんの悩みや解決策が沢山シェアされています。
それと同時に同じようなことに悩んだり、乗り越えているワーママが沢山いることもわかるので、同時に勇気も沢山もらえます。

ぜひ、勉強会に参加して、その後に入れる参加者限定コミュニティも、ちょこちょこ覗いてみてくださいね♪

今後の予定


10/12(火)、10/28(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:管理職として部下を動かす際に必要な視座やコミュニケーションスキルを考えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

【9月30日勉強会報告】「組織における自分の役割を考える」

こんにちは。
第1子育休中のSallyです。

今日は、9/30(木)に東麻布のワークラボで開催された育休プチMBA®勉強会について報告します。

また、勉強会について、当日ファシリテーターを勤めてくださった白河桃子先生もFacebookで投稿してくださってます。
ぜひ、こちらもご覧ください♪
https://www.facebook.com/100002282391578/posts/4410618725690830/?d=n

■勉強会内容
 テーマは「組織における自分の役割を考える」で、
 今回は「退職を考える時短勤務の仁美」というケースを用いて、皆でケースディスカッションを行いました。
 ケースを読んだ後の率直な感想については、私自身の他にも、まさに辛い気持ち真っ只中だったあの頃の自分のようで涙が出てくる…と言う人もいて、皆が真剣にディスカッションできたのではと思います。

■勉強会参加者
 勉強会参加者は12名、うち6名が初参加!
 コロナ禍のため、今期ははじめての東麻布ワークラボ会場を使用したリアル開催でしたが、多くの皆様にお会いすることができてとても嬉しかったです。

■勉強会の様子
 まずは、3人ごとのチームで自己紹介。
 その後、ケースの主人公のトラブルやその原因について、意見交換しました。
 初めは、主人公の目線で、上司に対して厳しい意見を述べる人が多かった印象です。
 続いて、2つ目のケースを読んで、課題や原因を意見交換しました。
 実は、1つ目のケースと2つ目のケースは、関連していて、それを踏まえたうえで、主人公の仁美は何ができるのか、どうするべきか、問題の解決策を意見交換しました。
 皆の発言が、ディスカッションをはじめた時点とは異なり、上司や組織の目線となり、苦境の最中である自分の目線だけではない考え方で意見が出るようになり、自分を含めた参加者の気付きや思考の変化を感じました

参加された方からは、
「同じ事象を全く違う目線で見ると、考え方の幅が違うことに驚きました。」
「意識の高い育休中の方が多くて、出る意見も参考になりました。」
4年ぶりの勉強会参加でしたが、とても充実した時間を過ごせました。自分自身の変化(以前より視座あがってるっぽい‥!など)にも気がつくことができました。
といった感想をいただいています。

■ランチタイムの雑談
 私がいたグループでは、育休中の過ごし方や、働き続けるための会社の制度や、利用して良かったアウトソーシングの話、離乳食の進め方や、復職後に辛かったことなど、リアルで顔を会わせて話せるからこそのテンポの速さや話題の深さで盛り上がり、連絡先の交換等も行いました。
 これまでずっとオンライン開催回に参加してきましたが、リアルに人と顔を会わせるコミュニケーション、やっぱりとても良かったです
 育児スタート同時にコロナ禍に突入した私としては、現実に戻って息を吹き返せたような気持になりました。
 ぜひまた会場開催回に参加したいと思います。

■次回開催テーマ
次回の勉強会テーマは、10/12(火)「組織における自分の役割を考える」です。
育プチ代表の国保が登壇予定で、オンライン開催になりますので、お気軽に参加できるかと思います。
ぜひご都合の合う方はお申込ください!

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で7年目!

育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定


10/12(火)、10/28(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:管理職として部下を動かす際に必要な視座やコミュニケーションスキルを考えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

モヤモヤの正体は家事分担ではなかった⁉~夫婦会議での気づき~

こんにちは。

第1子育休中のゆかです。

皆さん、産後パートナーとの関係はどう保たれていますか。

「産後クライシス」、「産後2年が離婚率が一番高い」という情報を知ってはいたものの、のんびりと構えていた我が家。しかし、いざ出産、育児に突入してみたら、「あれ、私なんでこの人と家族やってるんだろう」と思うことがしばしば起こるようになりました…

一番亀裂を生んだのは家事分担。夫が転職したてで忙しい日々になることは事前に分かってはいたので、平日の家事はほとんど私が担当していました。しかし、初めての育児は分からないことばかり、泣き叫ぶ子供に家事も思い通りに進まず、気づいたら一日が終わるという日々。仕事終わりにソファーに座る夫を見ては、その時間があったら家事をしてほしい、とイライラしていました。

そんな時、育プチのブログを通して知ったのが夫婦会議を推進しているLogistaの「世帯経営ノート」https://www.logista.jp/fufukaigi/setaikeieinote/)。すれ違いがちな産前産後に焦点を当てて、ビジョン、家事、子育て、仕事など10のテーマをパートナーと話し合うことができます。

現状を何とかしたいと思い、夫に相談。夫も同じようにモヤモヤしていたようで、隔週でこのノートに沿って夫婦会議を開催することになりました。そして、私のモヤモヤが一番強かった家事分担についての会議を実施しました。私が思う、このツールの良いところはノートが誘導してくれるので普段のように感情的になることが少なく、目的からそれないよう(相手に不満を伝えるのではなく、どう理想に近づけるか建設的に話ができる)に対話を進められることだと思います。現状の認識から理想の形まで色々話していくうちに、自分自身の考えや感情も整理されていきました。そして最終的に気づいたこと——それは私の不満は家事分担自体ではないということでした。私が本当に不満に思っていたのは、子育てや家族の運営に対する考えや価値観を共有できていなかったことだったと気づいたのです。普段の会話の中でなかなか聞くことのないパートナーの価値観や考えに触れて、また改めて理想の家事分担も話し合い、最終的に満足のいく形で会議を終えることができました。

パートナーとなかなか冷静に話ができない、不満やモヤモヤがあるけど上手く伝えられない、そんな方は是非一度試してみられることをおススメします。

夫婦のウィンウィン交渉に関しては、ワークシフト研究所の大人気講座「交渉学~家庭編~」がおススメです!色んな学びやツールを活用してパートナーシップを深めていきましょう。

今後の予定


10/12(火)、10/28(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:管理職として部下を動かす際に必要な視座やコミュニケーションスキルを考えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

育休プチMBA×マドレボニータによるクロストークイベント開催報告

こんにちは。

第三子育休中のあいかです。

9月22日に開催された育休プチMBA代表・国保祥子とマドレボニータ共同代表の中桐昌子さんによるクロストークイベントにご参加頂いた皆さん、ありがとうございました。ここで簡単にではありますが、当日の内容をQ&A方式で紹介させて頂きます。

Q1:中桐さん、国保さんは現場でたくさんの産後、復職後の女性を見ていると思いますが、コロナ禍で無理していると感じることはありますか?

中桐さん:今は気軽に外出できないという意味では戦時中と一緒。辛くて当たり前。そんな中でもマドレボニータでは自分の体を自分でケアすること大切にしている。自分の体をケアできる人は、心も整えることが出来る。

国保:コロナ禍では他の家族を見て、育児を学ぶことが出来ないので、今育児中の家庭は辛いと思う。程よい力の抜き加減がコロナで学べなくなってしまっている。皆さんには頑張るのではなく、いかに一人じゃない状態で育児をするかを考えてほしい。

Q2:それぞれの立場から、またご自身も子どもを育てながら働くワーママの先輩の立場からも、アドバイスをいただけないでしょうか?

中桐さん:是非表面的なつながりではなく、人生を豊かにするコミュニティを作ってほしい。本音をシェアする場所があればSNS、雑誌で描かれるキラキラワーママ像は多数ある一面でしかないとわかるはず。

国保:キラキラワーママは都市伝説。私(国保)自身も他人からはしっかり者に見えているようだが、特に20代はたくさん失敗してきた。キラキラしているように見えても、みんな腹を割って話すと、悩んでいる。悩んでない人はいないはず。みんな自分の努力・能力不足であるが故に、仕事と育児の両立がうまくいっていないと思いがちだが、そうではない。仕組み自体に問題があり、是非みなさんには仕組みを変える方に意識を向けてほしい。仕組みを変えるのはエネルギーがいることだが、仕組みを変えると後がラクになる。是非仲間を見つけてほしい。

次の参加者の皆さんから事前に受け付けた質問をお二人に回答頂きました。

一つ目の質問は「仕事は仕事で頑張りたいが、出産前のように働くことはできない。体力アップのコツや仕事の力の入れ方のコツなど教えてください。」というものでした。

中桐さんからは「自分はどんな時間が必要か考えてみて。そしてパートナーとのコミュニケーションも是非大切に!」というコメントを頂きました。次に国保からは「客観的視点を持つこと。そして体力確保のためには睡眠を時間を確保して!」というアドバイスをもらい、当日寝不足だった私はこの意味がよく理解できました。

二つ目の質問者さんは「10ヶ月の息子を預けて仕事復帰するが、息子に申し訳ない気持ちが強い。また時短勤務になり、生産性と給与が下がるのが非常に辛い」というお悩みでした。

中桐さんからは「母親は自分の役割の一つでしかない。自分は子供にどういう背中を見せられるか?自分が何を大切にしたいか?これがわかるとラクになるのではないか?」というアドバイスを頂きました。国保からは「最近の大学生を見ていると、自分の人生を楽しんでいる親を持つ大学生の方が親のことが好き。自分の人生を一生懸命楽しんで!やらされている感が自分の満足度を下げるので、自分の意思で仕事しているという意識を持つラクになるかも」というアドバイスがありました。

最後にはお二人から未来に向けたメッセージを頂きました。

中桐さん:職場に申し訳ないという気持ちを一度手放して。感謝して委ねるスキルを学ぶのが産後。自分一人で頑張って何とかならないのが育児。感謝して委ねることができる人は、それが周りにも循環する。

国保:ある研究で多様性の高い職場の共通点は感謝の交換が多いことがわかっている。「ごめんなさい」ではなく「助けてくれてありがとう!」の方が、チームパフォーマンスが上がる

仕事において大事なのは主体性と境界のコントロール

まず主体性について。時短、育休者は何もしないと意欲がないように見えてしまう。育休取ってるし、早く帰っているが、やる気を失ったわけではないという主体性をPRして。主体性をもって仕事にコミットしていることがわかれば、早く帰っても、職場は悪く思わない。やる気があることは言語化して、伝えるように。

次に境界のコントロールについて。境界を他人に侵されていると感じると辛くなる。境界は自分でコントロールしていると思うようになるとラク。

あっという間に過ぎてしまった1時間でした。本当にたくさんの方にご参加頂き、ありがとうございました!!

今後の予定


9/30(木)、10/12(火)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
ケース『復職して3ヶ月目の井田美咲』:残業ができないことで復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

育休プチMBA®代表・国保祥子トークイベント開催報告

こんにちは。

第三子育休中のあいかです。

8月3日開催した育休プチMBA®代表・国保祥子によるトークイベントにご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

総勢132名の方に参加頂き、国保も運営メンバーも感謝の気持ちでいっぱいです。聞いて頂いた内容が少しでも多くの方の心に響き、育休並びに復職後の生活のお役に立てると嬉しいです。

セミナーは「なぜ国保が経営学を学んだのか?」という内容から始まりました。今の国保からは想像も出来ませんが、20代の時の国保は上司や顧客が言っていることが理解できず、仕事ができなくて悩んでいたようです。先輩のアドバイスをきっかけにビジネスの「共通言語」である経営学を学んだことで、世界が一気に変わったとのこと。

2014年第一子を出産した国保はあるワーママと出会い、育休者向けに「限られた時間の中で成果を出す方法」をケースメソッド形式で学ぶ「育休プチMBA®」を立ち上げました。

しかし、なぜ育休者が「経営学」を学ぶことが大切なのでしょうか

まず前提として、日本は女性活躍度は非常に低く、意思決定層にいる女性も少ないです。出産育児で第一線から離れる女性も多く、学習機会を逃しやすいですし、非常に優秀であるにも関わらず、女性は業務を全うする自信がなかったり、頑張っても評価されにくいという問題もあります。

では一体どうしたら良いのでしょうか?そこで出てくるのが「経営学」です。人間は「挑戦的経験」をすることで成長出来ます成長するために良質な経験が必要です。しかし、女性は自然に任せているとその良質な経験をさせてもらえない傾向があります。また育児期の女性は、育児と仕事を両立する自信がないと上司にもアピールしないことが多いです。しかし国保は時間と自信がないからこそ「経営学」を学ぶべきといいます。「経営学」を学ぶことで会社、組織目線で物事を考えられるようになり、積極的に業務に取り組めるようにもなりますし、自信を得ることが出来るとのこと。

育休プチMBA®ではMBA同様の本格的な教材を用いて、育休復職後に実際に起こりうる事例をもとにケースディスカッションを行い、復職時の状況を疑似体験できます。これが成長するための良質な経験となり、復職後、課題に直面した時にどのように自分が行動すべきかを理解できるので、スムーズな復職へと繋がります。

時間の関係上、全ての質問には回答できなかったのですが、皆さまから頂いた質問についても国保からいくつか回答させて頂きました。

特に私が印象に残った話は「復職後の1年は子どもは平均で年間20日熱を出す。子どもの風邪はコントロールできないけれど、その状況に動じないためには、そもそも子どもは休むという前提で体制を作っておく必要がある」というものです。人間は自分がコントロールできない領域が大きいとストレスがたまります。子どもの病気自体はコントロールできなくても、自分が出社できるようにするバックアップ体制はコントロールできるもの。なので、子どもの病気に焦点をあてるのではなく、その体制をいかにコントロールするかに意識を向ければ、自分の気持ちの負担も減るということを改めて認識しました。この体制を構築するためにも「交渉学」「意思決定」「クリティカルシンキング」等々、色々な経営学の知識が必要になってきますので、今後更に学びを深めたいと思いました。最後に国保からは「2年目以降は子どもの病気も格段に減るので、最初の一年を乗り越えれば大丈夫」という暖かいメッセージもありましたよ。

元々12時半終了予定でしたが、チャットで追加質問を頂き、12:50までQ&Aの時間は続けさせて頂き、トークイベントは終了しました。

ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました!!

今後の予定


8/26(木)勉強会チケットを販売中!
8/26(木)はジャーナリストとして著名な白河桃子先生が初登壇!/※残席は僅かです!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:時短勤務中でも、チャレンジングな業務を担当したい気持ちを上司に伝えるには…?詳しくはこちらをクリック
ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!