「育プチMBA勉強会」タグアーカイブ

人気記事紹介シリーズ #10 『私が働く理由』

こんにちは!第2子育休中のサニです。

“人気記事紹介シリーズ”10回目は、働く理由について。

子育てをしながら働いていると、日々の忙しさに追われて「こんな状況を望んでいたっけ?」となることも。「自分はなぜ働くのか?」この軸を持っていると、自分を見失わずに済み、必要以上に迷ったり悩んだりすることも減るかもしれません。

職場復帰を控えている方も、働くことを迷っている方も。
こちらの記事が、自分自身の将来を考えるヒントになれば幸いです♪

視野を広く持つこと、気づきを多くもつことは、必ず自分自身にプラスとなります!育プチの勉強会はそんな機会をもてる絶好の場。勉強会は、少人数制・距離を確保しながら、十分な感染対策のもとで定期的に開催しています!ぜひ安心してご参加ください♪

詳細はスケジュールをご覧ください。

今後の予定

◆勉強会チケットを販売中!
 ・1/27(木)
 ・2/9(水)…3回セットの特別講座Vol.1

勉強会割引キャンペーンを実施中!


ケース『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:!詳しくはこちらをクリック


ケース『上司の気持ちがわからない』:「育児への理解がない」と悩む部下と配慮している上司との溝。クリティカル・シンキングとマネジメント思考を学びます!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

育休復帰、やってよかったTop3

*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚
”子どもを持ちながら働く”が当たり前になる社会を目指して――

復職している方も含めた『育プチライター』によるブログシリーズ。
ときに悩み、ときに自分を奮い立たせ、でも前向きに楽しく日々を過ごしたい!そんな方たちのリアルをお届けします。
*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚

こんにちは、日系大企業で海外営業をしております、カレー部長と申します。私は2019年、第一子長男の育休時に、育プチMBAⓇに参加しました。

いよいよ2022年の幕が開けました。復職にむけて、カウントダウンが始まった方もいらっしゃるのではないでしょうか?この記事では、私の復職時の体験を振り返り、やってよかったことTop3をご紹介します。復職を控えている方に、少しでもお役に立てば嬉しいです!


第3位:各種外注サービスのお試し

ベビーシッター、病児保育、生協、家事代行など、復帰後に使いたいサービスは、育休中に試しておくことをオススメします!「知っている」と「使いこなせる」は、まったくの別もの。使い勝手に慣れておくと、いざというときに困りません。特に生協は発注と納期のサイクルに慣れるまで大変でしたが、慣れたらドア前まで重い生鮮食品を運んでくれるので、とっても助かっています!

第2位:会社制度の確認&活用

会社の制度は漏れなく活用しないと損です!労務担当に聞くのが一番ですが、聞きづらければ先輩ワーママや労働組合に遠慮せず聞いてみてください。特に私の場合は、以下の二つの制度から、大いに恩恵を受けました。

(1)育児時間

0歳児を持つ女性は、休憩時間とは別に、30分×2回の休憩時間を持てます。これは、労働基準法67条に定められており、会社を問わず取得可能です。ありがたいことに我が社は育児時間の給与減額無しと定められていたので、息子1歳の誕生日前日まで、フルタイムの給与で実質1時間の時短が可能でした(私の場合、勤務終了前に1時間まとめて取得)。

育児時間中の給与減額有無については、会社および就業形態によって異なるようですので、ぜひご自身の会社の規則を確認してみてください。

(2)福利厚生のベビーシッター券

額面1,000円のベビーシッター券を◯割引きで購入できる制度とか、ないですか?我が社はだいぶ大きな割合で補助が出るのですが、あまり周知されておらず、妊娠中にワーママ先輩から教えてもらったのが、本当に役立ちました。私は復職当時、夫が出張で不在がちでベビーシッターさんは必須だったので、この制度には大いに助けていただきました。

第1位:上司に意欲を伝える

育休プチMBAⓇを受講して、一番印象に残ったメッセージは、「復職者の上司は不安。味方になってもらうには、とにかく安心させて!」ということでした。考えてみれば確かに、上司は「いつ、どれぐらい休むかわからない」「やる気があるかもわからない」部下を一人、持つことになるわけです。

この事実を踏まえ、私は、育休中からマメに職場に顔を出して、やる気をアピールするようにしました(※2019年当時は、コロナの影響はありませんでした)。加えて、復職直前の面談の際には、自分の状況とサポート体制および、会社に望むことを、A4 1枚に殴り書きして、当時の部長と課長に説明しました。

その甲斐あって、復職した今も産前と同じ海外営業の仕事を任せてもらっています。もちろん、日々大変なこともありますが、やりがいのある仕事に復帰できて本当によかったです。

良い形で復帰を迎えることができたのは、育休プチMBAⓇの学びのおかげだと心から思います。勉強会の受講を迷っている方、迷っているのがもったいない!ぜひ受講して、同じく悩めるワーママの仲間と一緒に、BESTな復職を迎えてください!!

今回の育プチライター
カレー部長
日系大企業で踏ん張るワーママ、フルタイム海外営業職勤務。2歳男児の母であり、気力に体力が追いつかないお年頃。仕事はかなり好きなほう。育プチMBA勉強会を2019年に受講。全世界のワーママさんたちと励まし合いながら日々を乗り切りたい!という想いとともに、現在「カレー部長」の名前で情報発信中。(Twitter、noteにて)

◆ほかの復職体験に関するブログはコチラ

今後の予定

◆勉強会チケットを販売中!
 22年 1/27(木)、2/9(水)…3回セットの特別講座Vol.1

勉強会割引キャンペーンを実施中!


ケース『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:!詳しくはこちらをクリック


ケース『上司の気持ちがわからない』:「育児への理解がない」と悩む部下と配慮している上司との溝。クリティカル・シンキングとマネジメント思考を学びます!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2021年12月23日勉強会報告


こんにちは。第2子育休中のきみやまです。

12/23(木)にワークラボで開催された育休プチMBA®勉強会について報告します。

テーマは「組織における自分の役割を考える」、ケースは『退職を考える時短勤務の仁美』です。主人公・仁美さんが直面する課題は、自分自身の復職時のことを思い出さずにはいられないほど、リアルなケーススタディです。

今回の勉強会参加者は、復職経験者・初めての復職を迎える方・第一子妊娠中の方と様々。それぞれの立場から多様な意見が出ました。

参加者全員での議論では、とある意見に「これに重ねて…」と別の角度からの意見が飛び交う場面も。絶妙なタイミングでファシリテーターの大西さんから問いが投げかけられ、更に思考は深まります

時には全員で共感してうなずいたり、「それあるよねー!」と会場が笑いに包まれたり。一体感も生まれ、オフラインの醍醐味を存分に味わえる勉強会となりました。

勉強会後は任意参加のランチ交流会です。初対面にも関わらず、どのテーブルも大盛りあがり。私自身、生後2ヶ月の赤ちゃんを連れての参加でしたが、とても充実した時間が過ごすことができ、子連れで学べる環境に感謝の気持ちでいっぱいの一日となりました。

【ご参加いただいた方の声】

・ファシリテーターに出た意見を噛み砕いてもらったり新たな課題を与えてもらうことで、思考がさらに深まった

もっと議論していたくて時間が足りないくらいだった

・勉強会の内容はもちろん、対面で参加者と交流できたことがとてもよかった

ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました!

次回の勉強会は、1/27(木)「人を動かすコミュニケーション」です。感染対策を実施したうえで、次回もワークラボ会場での対面開催となります。

また、【3回セット特別講座Vol.1】として、2/9(水)・3/8(火)・3/23(水)にオンラインでの勉強会を開催します。(単発参加可能)

テーマは「クリティカル・シンキングとマネジメント思考を鍛える」、育休プチMBAの創設者 国保祥子(経営学博士/静岡県立大学)が登壇いたします。

また多くの皆さんと学び合えることを楽しみにしています!

今後の予定

◆勉強会チケットを販売中!
 ・22年 1/27(木)
 ・22年 2/9(水)…3回セットの特別講座Vol.1

勉強会割引キャンペーンを実施中!


ケース『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:!詳しくはこちらをクリック


ケース『上司の気持ちがわからない』:「育児への理解がない」と悩む部下と配慮している上司との溝。クリティカル・シンキングとマネジメント思考を学びます!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!