「育休中」タグアーカイブ

2020/11/27勉強会報告

11/27(金)に、「復職に備えた準備をする」をテーマとする勉強会を東麻布のワークラボで開催し、10名の方にご参加いただきました!
そのうち3名の方は前回11/16に実施された体験会からのリピート参加の方でした。リピーターの方が増え、運営チーム一同とても感激しております。
ワークラボ開催の勉強会は毎回、直接対面ならではの活発なディスカッションで盛り上がります。
今回も、和気あいあいとした雰囲気の中、沢山の意見が出ました。

今回の勉強会のケースは、私たち育休取得者の多くの人が経験するであろう職場復帰前面談でした。

自分が本当にやりたい仕事と育児をしながらもできると思われる仕事にはギャップがあり
悩みながら臨んだ職場復帰面談のケースに隠れた課題を掘り下げながら、
現実世界で自分たちは復職に向けどんな準備や調整をしてから職場復帰前面談に臨めばいいのか
上司とどのようなコミュニケーションをとるべきなのか、
ディスカッションを通して復職に向けたリアルな思考トレーニングをすることができました。

新型コロナウィルス感染予防の為、マスク着用の上、十分な換気とソーシャルディスタンスを確保しつつディスカッションを実施しました。

認定ファシリテーターのリードのもと、赤ちゃんをあやしながら頭をフル回転させて意見を出し合いました。

ディスカッション終了後はランチ交流会。
ワークシフト研究所代表の小早川も加わり、育児話から転職話まで幅広いトピックで意見交換しました。

アンケートより、参加者の声を一部ご紹介します♪
●今回育プチ勉強会3回目だったので、問いに対するアウトプットが楽になった
●活発なディスカッションとファシリテーターのまとめ方のおかげで頭を整理しながら理解、思考のトレーニングになった
●実際の復職面談で会社や上司の立場を意識した説明をし、ミスコミュニケーションを回避するべく努めることができそうな気がする
●オフで顔をみてはなせることは、雑談含め満足度が高かった

職場復帰前面談を待たずに、勉強会参加後、上司に現状報告メールを送り、積極的なコミュニケーションを図った参加者もいたそうです。

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて
復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/7(月)、12/22(火)、1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

全員が21時に床に就く家

こんにちは。

運営メンバーのいえこです。第2子育休中です。

保育園児は夕方のバタバタや帰宅時間が遅く夜寝るのが遅くなりがちとよく聞きます。

みなさんの家の就寝時間は何時でしょうか?

子どもと分けているという家庭もあると思います。

我が家は基本21時消灯です!

どうやって21時に全員が床に就くのか?共働きである両親はいずれも17時か18時の定時、その後保育園の迎えという一般的な形です。

一言で表現すると、執念だと思いますが、具体的に工夫点をご紹介します。

・お風呂は帰宅後すぐに済ませる(基本シャワーのみ)

・夕飯の支度は30分以内。できなさそうな日は外部産業(お弁当や宅配)を利用

・子どもが寝るのにかかる時間を逆算して、この時間になったら歯磨きをするなど具体的な時間と行動を決めてルーチンにする

 ・就寝時は家の電気はすべて消す(余地を残さない!)

 ・見たいテレビが見られない場合は録画や配信を利用し、隙間時間(通勤、平日の昼食時、お風呂)にテレビ以外の機器で見る

…賛否両論と言いますか、ここまで効率重視だと潤いがない!節操ない!!というご意見もあるかと思います笑

確かに、無趣味など我が家の特殊性もありますね。

どうしてここまでの執念が働くかというと、子供が小さいということもありますが、一番は主人が早く寝たいタイプだという点です。

意思あるところに道はできる!といったところでしょうか。

みなさんも、やりたいこと、成し遂げたいこと、たくさんあると思います!

たくさんある方が健全だと私自身思っています。

でも時間は有限。

時代は便利になって様々な手段で日々の生活が効率化可能になっています。

何を優先し、何に時間を割くか。

行動変容が求められる今年だからこそ、改めて考えてみませんか。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/7(月)、12/22(火)、1/14(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

職場でのコミュニケーション

第二子育休中のちゃこです。

育休復帰後、皆さんは職場の方とコミュニケーションを取れていますか?

産休育休取得前と比べて、時間内で仕事を消化するため時間に追われていたり、勤務後の食事等に行く事も出来ず、コミュニケーションを十分に取れていないという方も多いのではないでしょうか。

また、ある程度勤務年数が経ってから産休・育休を取得する社員が多いことから、コミュニケーションのフォローをする会社も少ないかと考えます。

しかし、もっとコミュニケーションを取りたいと考えている女性は多いと思います。

そんな女性社員を放置しないよう会社、チーム内の取り組みを紹介したいと思います。

■取り組み

①1on1の実施

管理職と1対1で話す場を設けています。話す内容は、対象社員の自由です。作業量の事、キャリアの事、家庭の事、趣味の事…何でもOK。仕事に追われて、自分の話をする時間がないので、機会を作って貰える事はとても有難いです。

実は育休復帰社員だけではなく、誰でも出来る事なのですが、育休復帰社員は優先的に行われています。

②チームメンバーでのメールフリートーク

輪番で担当を決めて、担当者が週に1回トークテーマを提供します。チームメンバーはそのテーマに対して、一言でもいいので絶対に返信をします。忙しいのは皆一緒、スルーはしないというのがルールです。

これを考えたのは、3年目の男性社員です。チームに色んなメンバーがいるのに忙しくて、全然コミュニケーションが取れていない。しかし、チームで仕事をする以上、コミュニケーションはとても大切だと。

この取り組みをしてから、共通の話題が出来るので、ふとしたタイミングで雑談が生まれ、チーム内の雰囲気も良くなりました。

上述したのは一例であり、職場、チームによっても様々な取り組みが行われています。育休復帰社員だけが対象の取り組みではなく、皆が放置されない仕組みを作っていきたいですね。

皆さんの職場ではどのような取り組みが行われていますか?育休プチMBA®︎でも、皆さんとたくさんのコミュニケーションを取っていきたいと考えています!一緒に様々な情報を交換しませんか?

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/27(金)、12/7(月)、12/22(火)、1/14(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「西田はるかの職場復帰前面談」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
1/14(木) 育休プチMBA®勉強会 テーマ「組織における役割を考える」
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

2020年11月10日勉強会開催報告

第三子育休中のちっぺです。
11/10(火)にオンラインにて育休プチMBA🄬勉強会を実施しました。
今回私は運営ボランティア司会として&復職後のトレーニングに向けて参加したのですが、とても学びが多かったのでこちらに主観も交えてご報告したいと思います。

今回のテーマは「時間制約をどう克服するかを考える
<今回の勉強会のケース>
復職して3ヶ月目の井田美咲

“育児と両立しながら働く美咲であるが、残業ができないことで徐々に社内での不協和音が発生し始める中で、急なトラブルに見舞われる。復職後に起こりうるミスコミュニケーションや問題構造と解決策を組織目線で考えるためのケース。”

勉強会前日にケース内容が記載された資料がメールにて配布されます。それを拝見した私の第一印象・・

あーもう胃が痛くなる状況でしかない・・
しかも、あり得るから、なんです。これは復職して近い未来に【起こりがち】ではなく【起こりえる】ことだな、と。
資料から、私が井田さんだったら。。私が上司だったら。。後輩だったら。。関係部署であったら。。どれにしても胃が痛いぞ!
いや、胃が痛いというのは客観的&俯瞰で見られていないぞ!


問題解決の為には・・と前日から思考トレーニングをしながら、
司会進行のスクリプトを確認しなおし当日を迎えました。

当日は開始15分前からZOOMのセッションルームが解放され、この間にZOOMの動作確認をしたり、赤ちゃんのお世話をしたりして過ごします。
この日はチャットで皆あいさつをしたりと、参加意識が全体として高く、意欲的な参加者と共に学べることにとてもワクワクしました!

開始時間となり(拙い私の)司会を終えたのち、いよいよ勉強会スタートです!
今回のファシリテーターはWSI認定講師の森家先生。
優しく膨大な知識と気づきのヒントを上手に引き出してくださる先生です。
今回参加者は20名以上と大所帯だったのですがオンラインでもグループディスカッションが出来るように、ブレイクアウトルームを使って3.4名に部屋が分かれて自己紹介を行います。
私は第三子育休中、ご一緒になった方は第一子育休中・第二子育休中、住んでいる県もそれぞれにバラバラで、意見交換も話が弾みとても楽しかったです。

自己紹介後また全体に戻ってケースについて学びます。
資料から、状況についての設問が入ります。

設問→思考タイム→グループセッションで個人の意見を述べる→全体の場に戻り個人やグループの意見を述べる→それに対し講師が意見をまとめた上で深掘りの質問をし全体に考えさせる

この繰り返しを角度を変えて何度も行う。
講師がヒントを間に挟みながら考える時間も設けてくださるので、それならこう考えると良いのかな?とどんどん頭が活性化され熱くなる感じがしました。

3つの設問についての回答を出し切ったところで最後にまとめとして今回のケースでのボトルネックのありかを講師より教えて頂き勉強会は終了となりました。

勉強会後はアンケートタイム。アンケート一部を以下抜粋します。

・東京都以外の参加者が半数以上
遠方だからオンライン参加派多数ですが、近くにお住まいの方の意見では、コロナ禍であること以外に、赤ちゃんが泣いてもミュートに出来る等乳児がいても参加しやすい点と、移動距離が無い、上の子供のお迎え対応可能等オンラインだからこその利点にメリットを感じられての参加が多くいらっしゃいました。
オフラインで対面での参加を検討されている方も!
参加者の半数が初参加!
・ほとんどの参加者が仕事と育児の両立に関する情報に興味があると回答
育休プチMBA🄬ではテーマが全て復職後に起こりうる内容であり、参加者限定コミュニティもあるので、ぜひ勉強会やコミュニティを活用いただきたいです。
ブログや各SNSでも情報お届けできるよう尽力します!

=参加者voice=
・初対面の人と本音で話し合えるのか不安でしたが、全く問題なくお話できて、非常に良かったです。
・ファシリテーターの方も、声のトーンやスピードなどが温かく、安心して参加することができました。
・自分一人では時間をとって考えることがないし、ケースが具体的で実用性が高かったから。
・テーマも自身が学ぶべき議題で、ファシリテーターの回しで自分の意見も言語化出来たこと、
皆さんしっかり意見を持っていてとても勉強になった。

アンケート後は皆ランチを持ち寄って元のグループでのランチタイムと、後半30分は全く別の方とグループになるように講師がルームを分けてくださり、オンラインで時間も限られているからこそ、有意義なランチタイムを得られたと感じています。

とっても楽しかった!!これは運営メンバーだから、ではなく、一参加者としての意見です。
もっともっと私のような参加者が全国に広がって欲しい、その為にも運営として尽力しようと誓った熱いお昼でした!(勉強会は11時スタートなので!(笑))

復職に向けての勉強を考えられている方、同志が欲しい方、熱く語りたい方聞きたい方!
ぜひぜひご参加のほどお待ちしております♡

「育休プチMBA®︎」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて、復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2014年7月にマンションの一室からスタートして今年で6年目!
育休プチMBA®︎で出会った仲間と一緒に、育児と仕事を両立していきましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/16(月)
※上記満員御礼完売となりました
11/27(金)、12/7(月)、12/22(火)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

リスクマネジメントとは…?

こんにちは。

運営メンバーのいえこです。

第2子育休中です。

少し前になりますが10/14に「WSIプチMBA リスクマネジメント」をオンラインで受講しました。育休プチMBA®の母体であるワークシフト研究所(以下WSI)が主催する経営学講座です(WSIプチMBAとは?)。

WSIプチMBAでは、まずテーマに関する講義があり、その後ケーススタディで理論を実践します。

今回のテーマ「リスクマネジメント」では、リスクとは何か、定義と分類、リスクをマネジメントするとはどういうことか、について基礎知識を深めた後、育休復帰後の子供発熱というケースを用いてリスクを特定しどうマネジメントできるかを話し合いました。

リスクマネジメントは実は身近で、ニュースや日々のちょっとしたことなど考える材料はたくさん転がっていること、プライベートでも役立つスキルであることを学びました。早速、我が家のリスクを書き出してみました!特に復職後はリスクだらけですね‥今からマネジメントしたいと思います。

この日のクラスはオンラインには珍しく少人数で、一人当たりの発言が多く、活発な議論や深掘りによりテーマへの理解が非常に深まりました。参加者発信の議題をみんなで掘り下げ合うのも少人数ならでは。とても有意義な時間でした。学びたい仲間に会えたのは良縁でした!

WSIプチMBAと育休プチ勉強会とで、ケーススタディのスタイルは変わらず、違いは講義の有無とテーマをより意識した取り組みとなる点かと思います(下図も参照のこと)。

育休プチ勉強会に参加してみて、もっと深く学びたい!という気持ちを持った方にぜひお勧めです!

一緒に学び、交流できることを楽しみにしております♪(チケットはこちらから)

※参考:育休プチMBA®︎とWSIプチMBAの関係

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/16(月)、11/27(金)、12/7(月)、12/22(火)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

無料体験の勉強会です。ご興味がある方は是非ご参加ください!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

お金をかけない時短家事

第二子育休中のちゃこです。

家事の時短には“食洗機” “掃除ロボ” 等の家電の話が出たりしますよね。時間をお金で買うのも手段の一つとしてあると思います!

ですが、私はケチなので「時短は気になるけど、出来ればお金は使いたくない派」です。

そんな私の時短テク(?)を紹介したいと思います。

①ご飯はワンプレートに盛り付け

…ワンプレート にする事で洗い物が少なくなる。

②リメイクレシピを取り入れる

…1日目:肉じゃが→2日目:カレー(水を足してルーを放り込むだけ)というように、リメイクレシピを取り入れると楽。

③献立は1週間分まとめて考える

…名前のない家事の代表「献立を考える」ははっきり言って面倒くさい!毎日毎日考えるのは、本当ーに大変!

なので、1日だけ頑張る日を作り、献立を考えてしまう。買い物もまとめて出来るので無駄遣いは減るし、平日の買い物時間も無くせるので、案外いい事尽くめ♪

劇的に変わる事ではないのですが、地味に楽になります。

ちょっとずつでも楽にしていくと、気持ち的にもゆとりが出てきます。

皆さんはどんな工夫をしていますか?

こんな話も共有しましょう!

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

11/27(金)の勉強会チケットは好評発売中!

(11/16(月)の無料勉強会は売り切れました。ありがとうございました)

12月の勉強会は割引キャンペーンを実施予定!チケット販売開始をぜひチェックしてください!!

無料体験の勉強会です。ご興味がある方は是非ご参加ください!詳しくはこちらをクリック
ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

「西田はるかの職場復帰前面談」のケース
復職に備えた準備をする】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

育休中のタイムマネジメント

第三子育休中。ちっぺです。
本日は運動会の予定が台風で延期。どんな強風だろうが必ず徒歩通園が規則の我が幼稚園。休ませました・・

時は金なり

さて。誰もが聞いたこのフレーズ。
ただ、お金は増やすことも減らすことも出来ますが時間だけは誰も増やすことも減らすことも出来ません。(当たり前)

育休に入るにあたり、自分の24時間をどう使おうか見直しました。

まずは振り返り

=ワーママスタート時代=

仕事自体が浦島太郎状態。効率良く動けず頭働かず、
勤務時間内で足りていないと感じたスキルを子供が寝付いた深夜にPCに向かい学びなおすのですが、傍に私がいないことで子供が目が覚めてしまったら一巻の終わり。

=第三子妊娠中=

体力不足を感じたので睡眠時間をまず確保。
自分がいなくなっても回る仕組みを作ったのですが、タスク完了スピードUPにもつながりました。
勉強時間や家事時間を短縮し子供と接する時間をなるべく濃くしました。

振り返っても妊娠中は自分の身体が第一だと優先順位がはっきりしていたため上手に時間を使えていたかなと思います。

そして現在、3人の子供がいるアラフォーの私が今一番のタスクは

休息 

これはお金にも言えると思うのですが、余ったら貯めるでは貯まらない、先取り貯蓄の仕組みが大切ということ。睡眠や休息時間は先取り確保しないとどんどん減ります。そして寝不足・体調不良・・

ああぁ、洗濯回さないで寝ちゃった・・ではなくて、今日は21時に寝ると決めたら21時に寝るのが予定なのです(きっぱり!)

罪悪感があっては休息ではないから・・

この時間は家でお取り寄せしたお菓子食べながら映画見ようとかもいいですね。
私は某アイドルのYouTubeやらをプロジェクターで見るのが至福の時間です。

あと30分で休息の時間だからやり切ってしまおう!や、これじゃ睡眠時間が足りないから他の予定をどうすれば時短・無くすことが出来るかな、など、
休息するために他のスケジュールもおのずと効率良くなる、
また、バッファーを持たせることにもなるので追われなくなるという思わぬ利点もありお勧めです^^

皆さんの24時間の使い方、勉強会でご一緒になったらぜひ教えてください♡


育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

10/22㈭・11/10㈫の勉強会チケットは好評発売中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1022e882b2e4bc91e381b7e381a1mba.png
感染症対策を実施してお待ちしています。赤ちゃん連れ大歓迎です!詳しくはこちらをクリック

以前行われた同ケース勉強会の様子はこちら


オンラインでの開催です!遠方の方も是非!詳しくはこちらをクリック

以前行われた同ケース勉強会の様子はこちら


チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FORROW ME!

安定した気持ちで復職を迎えることができました

こんにちは。
運営メンバーのりくです。
約1年の育休を経て、先日職場復帰しました。

育休前もしくは育休中のみなさんは
どのように過ごしますか
あるいは 過ごしていますか?

私の場合、第1子の育休時は復職後の働き方をあまりイメージできず、大して準備もしないまま復職し

最初の2年は育休前と同じ業務に戻ったこと、短時間勤務の上いわゆる「配慮」をされていたことから、多少退屈ながらも快適な環境で仕事をしていました。

3年目で仕事内容と上司が変わり一気に忙しくなりました。仕事内容はこれまで経験したことがない業務で、他部署の関係者との折衝や調整業務が多く、限られた勤務時間を自分でコントロールすることが難しいことが多々あり。。

途中からフルタイムに戻し、保育園の延長保育ギリギリの時間まで残業するようになり、常に余裕がない状態に陥り、最終的には上司との関係も破綻し今回の育休を迎えました。

このままではダメだ!、と藁をもすがる思いでネットで色々調べてたどり着いたのが育休プチMBA®︎。

産休に入ってから全てのテーマの勉強会に参加、WSIプチMBAのパスポートも購入し片っ端から受講しました。

育休プチMBA®︎ではケーススタディを通じて「マネジメント思考」を鍛える場なのですが、「これ自分じゃないか?」と思うような復職後に遭遇する「あるある」ケースが扱われています。

育休前の当時の状況が記憶に蘇り、あの状態に陥ったのは何が課題だったのか、次の復職時に同じ状況にならないようどのように思考・行動したらよいか、をケースを通じて考えるよい機会となりました。

育休プチMBA®︎ & WSIプチMBAで特によかったのはケースディスカッション。他の参加者の方とのディスカッションを通じて、自分にはない視点や考えを知ることができ、それが新たな気づきに繋がり、視野が広がりました。

勉強会後の交流会やFacebookの限定コミュニティで家事育児と仕事の両立のための様々な工夫を知ることもでき、無駄に頑張り無駄に消耗していたことにも気づきました。

こうして今回は次のような復職準備を行うことができました。

  • 勤務時間に制約を持ちつつも、組織に貢献するためのマネジメント思考の習得
  • 「マネジメント思考」を支える経営基礎知識の習得
  • 家事育児と仕事の両立を支える時短家事の導入、夫との話し合い(家事育児の分担)
  • 子ども関係の急なトラブルに対応するための準備(ファミサポ・病児保育登録)

そして迎えた復職初日の朝。

清々しい青空を見ながら、今回はなんとかやっていける。そんな自信を感じることができました。

近々復職を予定している方、’21年4月に復職を予定している方。

育休中の時間で育プチMBA®︎やWSIプチMBA、限定コミュニティの仲間と一緒に復職準備をして、自信を持って職場復帰を迎えませんか?


育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

10/9(金)10/22(木)の勉強会チケットは好評発売中!

以前行われた同テーマ テクニカルに考える
「育児に理解のない上司と山田優美」】勉強会の様子はこちら

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1009e882b2e4bc91e381b7e381a1mba.png
オンラインでの開催です!遠方の方も是非!詳しくはこちらをクリック
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1022e882b2e4bc91e381b7e381a1mba.png
感染症対策を実施してお待ちしています。赤ちゃん連れ大歓迎です!詳しくはこちらをクリック

 11/10(火)「時間制約をどう克服するかを考える」※オンラインにて開催予定 
※開催予定は変更になる可能性がございます

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FORROW ME!