「育児休暇」タグアーカイブ

産休/育休からの復帰準備〜まりやんぬ編~

*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚
”子どもを持ちながら働く”が当たり前になる社会を目指して――

復職している方も含めた『育プチライター』によるブログシリーズ。
ときに悩み、ときに自分を奮い立たせ、でも前向きに楽しく日々を過ごしたい!そんな方たちのリアルをお届けします。
*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚

こんにちは。第二子育休中のまりやんぬです。

私は、3年前に娘10ヶ月で保育園入園、復職しました。そのときの準備として事前に夫と話し合っておいて良かったことをお話します。

【夫と話しておいて良かったこと】

  1. 私が働くことによる「リスク」と「良いこと」の洗い出し

もともと復職前提で取得している産休育休でしたが、私としては話しておいて良かったことランキング一位です!

まず、リスク。

家族にとってのリスクは、予定が合わせにくく、家族の時間がとりにくいこと。娘のリスクは、集団に入ることで体調不良になりやすいこと、母親の私との時間が減ってしまうこと、と考えました。

実際、私は2人きりで家にいるのがしんどくなっていたこともあり、娘とは保育園入園してからの方が程良い距離ができ良い関係になったと感じてます。

次に良いこと。

私にとっての良いことは、自分でお金を稼ぐことで生活が楽しくなること。そして何より好きな仕事ができること。

夫にとっては、私のお給料が入ることによって働く精神的負担、大黒柱感が薄まり楽になること。

娘にとっては、保育園という家族以外の社会を経験できること。

リスクはもちろんですが、良いことを確認しておくことは、私が働くことで、私1人ではなく家族全員にとって良い影響があると確認でき、強い応援団ができたような気持ちになりました。

  1. 1日の流れを書き出し、フルタイム勤務にするか、短時間勤務にするか検討

一日の流れを書き出したところ、フルタイムにすると睡眠時間が削られることがわかりました。夫婦ともにロングスリーパーの我が家は、しっかり睡眠時間を確保するため、短時間勤務を選択しました。

実際復帰してから思ったことは、やはり、睡眠は大事ということ。途中で睡眠を削らなくてはならない場面がありましたが、しっかり眠ることで、落ち着いて娘と接することができていたと感じます。始業時間から始まるミーティングに出られないモヤモヤは意外とすぐになくなりました。毎朝嫌な顔せず個別対応してくれた上司に感謝です。もちろん「もっと働きたい!」と思うタイミングはしょっちゅうありますが、子どもとゆったり関わることを優先したい私には、今のところ時短勤務が合っていると感じています。次の復帰も時短勤務を希望する予定です。欲を言えば、夫と1日交代で時短勤務になれば最高、とも思っています。

  1. 復職後半年間の予定の確認

保育園の行事や予防接種、健診など平日に動かなくてはならない予定について、どちらが対応するか夫と担当を決めておきました。我が家の場合は、保育園の行事は夫婦2人で参加できるものは2人で参加、一歳を迎えると急に増える予防接種は平日休みの夫が担当、1歳半健診は、私の希望で私が連れて行くことになりました。復帰してからは、夫とゆっくり話すことはぐっと難しくなったので、決められることは決めておいて良かったと思いました。

この春に第二子の復帰が控えており、そろそろ色々な準備や家族で話し合わなきゃなーと思っている今日この頃。まずは2月の保育園の選考結果をドキドキしながら待とうと思います!

今回の育プチライター
まりやんぬ
同い年の筋肉好き夫と、ピンクが大好きな体育会系女子3歳(保育園2歳児クラス)と要領が良くてねーちゃんにどつかれてもめげない1歳男子の4人暮らし。出身は北海道オホーツク。2回目の育休中。子育て支援センターで働く公務員。保健師。産後セルフケアアドバイザー。ちゃらちゃらしているように見えるが、けっこう真面目。子どもとの時間と仕事、自分の好きなこと、自分が楽しいと思えるバランスを模索中。

今後の予定

◆勉強会チケットを販売中!
 22年 1/27(木)、2/9(水)…3回セットの特別講座Vol.1

勉強会割引キャンペーンを実施中!


ケース『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:!詳しくはこちらをクリック


ケース『上司の気持ちがわからない』:「育児への理解がない」と悩む部下と配慮している上司との溝。クリティカル・シンキングとマネジメント思考を学びます!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

夫の育休体験談 ~夫がワンオペを経験!~

*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚
”子どもを持ちながら働く”が当たり前になる社会を目指して――

復職している方も含めた『育プチライター』によるブログシリーズ。
ときに悩み、ときに自分を奮い立たせ、でも前向きに楽しく日々を過ごしたい!そんな方たちのリアルをお届けします。
*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚✧︎‧₊˚‧*˚

こんにちは!第3子育休中のおじーです。

3人目にして、初めて夫が育休を取りました。産後4週~7週の3週間ほどでしたが、一緒に育児・家事をするパートナーになれたと思えました!!その体験談をお届けします。

◆育休取得への準備

・妊娠した時点で、私から夫に育休を取ってほしいと伝えました。コロナ禍で遠方の母親の協力を得られるかが分からない背景もありましたが、なにより男性の育休取得に関する議論に触れる中で「男性も育休を取った方がいい」と、私自身のマインドセットが変わったことが大きいなと思います。

・夫は、早い段階から、育休を取ることを上司に伝えていましたが、準備が本格化したのは出産2か月くらい前から。夫は、部下の育成や業務のマニュアル化に注力していました。会社側も、夫が不在の間の人員調整をしてくれました。

◆夫の育休中の過ごし方

・新生児の世話は私がメインで行い、それ以外の育児・家事は夫がほぼ行いました。上の子どもたちの世話(食事、お風呂、おもらし処理)、保育園の送迎、食料の買い出し、料理、洗濯etc…。上の子どもたちは4歳、2歳とまだまだ手がかります、、、

夫の育休最終日の一言「もっと自分の時間があると思ったけど、全然なかった」。そうなんです、育休中でも忙しいんです。この一言を聞いて「分かってくれたー!」と嬉しかったのを覚えています。

◆夫が育休を取ったことによる変化

夫は「”自称”イクメン⇒家事メン⇒家事・育児のパートナー」に進化しました!

・私が考える”自称”イクメンとは、休日に子どもと遊んだり、オムツ替えをしたりすることで、自分は育児をやっていると自画自賛している人(笑)しかも育児を手伝っているという感覚が抜けきれない・・・。我が家はこの衝突を経て、家事メンへ進化しました。ただ、子どもたちが「ママ、ママ」と言うので、夫が家事、私が子どもたちの世話をするという構図がメインでした。それが夫の育休によって、子どもたちがパパに世話をしてもらうことに慣れ、育児への関与が大幅に増えました。着替えはもちろん、おもらし処理もばっちりです!子どもたちへの小言は増えましたが、、、これも育児にどっぷり漬かっている証拠です。

・家事はもちろん大変ですが、自分のペースでできる面もあります。だけど育児は、子どものペースがあるので、楽しいこともたくさんあるけど、疲れることも多々あり。それが分かち合える家事・育児のパートナーになれたのはとても嬉しいです!子どものちょっとした成長も一緒に気が付くようになりました。

◆夫のコメント(このブログを読んで)

・「感動した。こんなに認めてくれていたなんて。いつまでワンオペが続くのか分からなくて辛かった。育休の後半、2人で動けるようになって本当に楽になった。

・書いてほしくないところがあったら削ろうと思い、この文章を夫に読んでもらったところ、上記コメントでした。まだまだ甘えたい4歳と、自己主張が始まった2歳のワンオペは、本当に大変だったと思います。

◆反省点

・仕事の都合で、今回の夫の育休期間は産後4週~7週になりました。産後1週~2週は母親に来てもらいサポートしてもらいましたが、産後3週はサポートがなくなり、夫は育休前。仕事をしながらの育児・家事。色々滞りました、、、
少なくとも産後1か月は、切れ目なく、母親以外で育児・家事ができる人が必要だなって思いました。

夫は今回の育休で育児の大変さを分かってくれているので、今も仕事を効率化・調整し、上の子どもたちが家にいる朝と夜は、一緒に育児・家事をしてくれます。必要があれば、みんなが寝静まってから仕事をすることも。育休後も努力し続けてくれている夫に、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。改めて、夫に育休を取ってもらえて本当に良かったなと思います。

今回の育プチライター
おじー
第3子育休中。きのこがブームの4歳半、「自分で!」が増えてきた2歳半、ずりばいで行動範囲が広がった5か月の2歳差3人を子育て中。子どもへの教育に興味があり、モンテッソーリや親業の講座を受講し、無条件の子育てができるよう修行中。家電調理器を愛用。第2子育休中に育プチ19年秋メンバーとして活動。通信IT企業に勤務。現在はnoteにて、クリエイター名「Ozzy - 無条件の子育て&おうち英語」として情報を発信中。 

今後の予定

◆勉強会チケットを販売中!
 22年 1/27(木)、2/9(水)…3回セットの特別講座Vol.1

勉強会割引キャンペーンを実施中!


ケース『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:!詳しくはこちらをクリック


ケース『上司の気持ちがわからない』:「育児への理解がない」と悩む部下と配慮している上司との溝。クリティカル・シンキングとマネジメント思考を学びます!詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!