「#育児休業 #育児休業中 #育休中 #育休#育休中の過ごし方#育休ライフ #育休中にやりたいこと#復職#両立#共働き#復職#両立」タグアーカイブ

スキマ時間に体を整える

こんにちは。

第二子育休中のよっしーです。

この度、一年半越しで念願のマットピラティスの資格を取得しました!

きっかけは、第一子の育休復職後の抱っこでの寝かしつけとデスクワークでガチガチの体と重力に負けていく姿勢をどうにかしたくてテレワーク日の昼休みになんとか時間を作り、マシンピラティスのレッスンに通い始めたこと。ただ、時間的にもお金的にも月1回が精一杯でした。

第一子の産後、筋力体力の衰えをとても感じた経験から、第二子を考え始めた時、今度の産後には自分で自分のケアをできたら良いなと考え、家で道具なしでできるマットピラティスの資格取得を目指しました。が、勉強し始めてすぐに妊娠がわかり途中リタイア。。。諸事情によりこの時期の資格取得になったしまったので、実家をはじめとする協力者たちにとても感謝しています。

前置きが長くなりましたが、今回は主観でのお手軽度★〜★★★と共に、スキマ時間に体を整えるための手段をご紹介したいと思います!

①ほぐし

  • ストレッチポール(お手軽度★★★)

 ポールの上に寝っ転がって手を上下したり、左右に揺れたりするだけで肩甲骨まわりがほぐれるので簡単で、2〜3分でスッキリします!更に活用したい場合はフォームローラーのようにコリをゴリゴリほぐしたり、トレーニングにも使えたりもします。ポールの置き場が必要ですし、使う際にもスペースが要るのがデメリットです。

  • フォームローラー(お手軽度★★)

 トレッチポールは大きすぎる…という方はフォームローラーが良いと思います。腕や脚の付け根、ふくらはぎや太もも、首、背中などコロコロほぐすと痛気持ち良くてほぐれます!体を支えながらほぐすので意外と腕などが疲れるので「さぁやるか…」くらいの気合いは必要です。

  • ヤムナボール(お手軽度★★)

 いやいや、フォームローラーも邪魔…という方はテニスボールやミニボール(マッサージボール)を使ってお尻や鎖骨周りや肩甲骨まわりをほぐすのがおすすめです。ヤムナボールというボールのミニサイズのものが硬すぎず柔らかすぎずです。コリがひどいと痛気持ちいいというよりも痛いのですが、しっかりほぐれる感じがするかと思います。痛いとちょっとサボりがちになるのでお手軽度は★★にしました(笑)

②マットピラティス(お手軽度★)

 筋トレのように「やったぞ!」感は少ないのですが、背骨まわりや固まりがちな体の部位を動かしながらほぐしたり、回数を重ねるうちに「あれ?お腹へこんだかも?」とジワジワ効果がでてくるピラティスは、スキマ時間や寝る前にやってもちょうど良い強度でおすすめです。ピラティスってなに?という方はYouTubeで動画を検索して少しやってみてください!はじめからしっかりやってみたい方はマシンでのピラティスやパーソナルでのクラス(最近はオンラインもありますよ!)もおすすめです。動画を見たりレッスンに参加しないとできないのでお手軽度★です。

③バランスボール(お手軽度★)

 バランスボールは椅子がわりにしたり、ストレッチに使ったり、筋トレに使ったりと使い方を知れば意外と活用できるものだということを私は最近知りました…。(マドレボニータの教室に通ったあと、寝かしつけ用で買ったバランスボールは、寝かしつけで不要になってから数年放置されていました)

使い方を調べるというハードルがあるのでお手軽度★です。

気がつけばご紹介したアイテムが全てある我が家ですが、なかなか毎日は取り組めてないです…。

それでも、昔から頭痛持ちで、産前産後で頭痛の頻度が増えていたのが少し減ってきたという効果を実感しています!

止まらない食欲で産後の体重は全く元に戻らないものの、スキマ時間の体ケアでコリや滞りがなく、元気で姿勢がシャンとした母を目指したいなぁと思っています。

みなさんのおすすめがあれば是非教えてください!

Facebookの勉強会参加者限定コミュニティでは、復職後に役立つ両立tipsがたくさん集まっています。過去には体調の整え方のトピックが盛り上がったこともありました!

勉強会参加後にはぜひぜひコミュニティにも参加してみてくださいね。

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

育休中から意識するパートナーとの分担

こんにちは。

第三子育休を終え、4月に復職したまいです。

共働きを語る上では欠かせないのがパートナーとの家事育児の分担ですが、皆さんはどんな形で分担されていますか?育休中の分担も悩みどころですよね。

私は今回で3回目の復職となりますが、復職の度に紆余曲折しながら、夫との分担の割合を調整してきました。

産後は女性が仕事をコントロールするものという固定観念にとらわれ毎晩私がワンオペだった第一子の復職。その後、私が転職して負荷を増やしたので、夫婦で曜日別に残業し、お互いにワンオペで対応した第二子の復職。第三子の復職は、幸いリモートワークも導入されたので、夫婦で週2日ずつ在宅勤務とし、在宅の者が主に家事育児を担当。オフィス残業は出来るだけ無くし(リモートでカバー)、夜は2名体制にする計画です。

我が家はお互いの仕事量に応じて家事育児を分担を調整するタイプなので、育休中は私が家事育児の多くを担っていました。ところが、育休プチMBA®の2020秋運営メンバーは子供の数や復職後の時短/フルタイムに関わらず、育休中でも上手にパートナーに家事育児を任せ、分担されていることを知り、びっくり。

そこで、2020秋運営メンバーの復職準備を「HAPPYな共働き生活を目指そう!~育休中からできること」(各メンバーの詳細はブログ参照)にまとめ、家事育児の負担が辛いことを夫に正直に話し、記事を見せたところ、「これなら自分でも出来るかも。」と前向きに。

同時に、WSIプチMBAの交渉学家庭編も受講し、夫との交渉に役立つ「ウィンウィン(W-W)交渉」と「可視化、仕事化、ゲーム化、ヒーロー化」などのコツも学び、取り入れることにしました。

こうして交渉の土台が整ってきたところに、仕事モードの夫に目線を合わせ、夫婦で見えない家事を含めタスクとイベントを書き出し、共有カレンダーに書き込む作業を一緒にやったところ、お互いに納得感を持つことに成功

合わせて、夫婦だけでタスクを負担するのではなく、今回からは家事代行やベビーシッターなどの外部サービスも導入することに決め、育休中から何名か試すことに(夫も在宅の日に依頼し、見える化を意識)

また、スマホで風呂炊き、空調、照明をコントロールできるよう、スマートホーム化を進めたり、オフィスを出たら自動でメールが飛ぶなど、ITを活用することを夫主導で進めてくれました。

つい主婦モードになる育休中は見えない家事を夫に相談もなく自分でやりがちで、勝手に不満が爆発していましたが、負担に感じることは相談&可視化し、夫目線で仕事化することで、育休後半は分担状況がかなり改善され、復職に向けて、私の学びの時間も増やすことに繋がりました。

夫婦の分担方法や相談方法については、夫婦それぞれの働き方や価値観、環境によって様々かと思いますが、我が家のアプローチがもしどなたかの参考になれば嬉しいです。

最後に、ワークシフト研究所代表の小早川の連載「ママのためのハッピー交渉トレーニング」は交渉する上で大切なポイントがまとまっているので、ぜひ活用してみてくださいね。

一人でも多くの家族が幸せな共働き生活を実現出来ることを願っています!

今後の予定

4/30(金)、5/11(火)、5/27(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:復職者が自身に重ねることの多い人気ケースです!詳しくはこちらをクリック
ケース『育児に理解のない上司と山田優美』:残業できなくてもチャレンジしたい気持ちを伝えるには‥?詳しくはこちらをクリック!
ケース『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』:人を動かすコミュニケーションとは・・・!詳しくはこちらをクリック!

過去の勉強会の様子

ケース:「「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!