「自己肯定感」タグアーカイブ

あけましておめでとうございます

こんにちは!
あけましておめでとうございます。
元旦いかがお過ごしでしょうか?今年は来週から仕事始めという方も多いのではないでしょうか。どうかゆっくり休んでくださいね。

一年の計は元旦にあり、とはよく言ったものですよね。
目標は大きく、そして細分化して着実にクリアする、そうして自己肯定感を強めていく。よく言われるメソッドですが、メリハリのつきづらいご時世かなと思い、ぜひ心に留めて頂けましたらと思います。

なお、育プチ&WSIプチ参加者コミュニティでは『2021年の目標を語ろう〜なりたい自分になる!夢を叶える年にしよう〜』と題してオフ会を開催予定です。今回はゆるオフ会と呼んでおりまして、事前ワークなし、当日飛び入り参加もOKです!ぜひFacebookを確認してみてください♪(ゆるオフ会は続々開催予定です!)

今年も育プチでは、勉強会やコミュニティ活動を通して「子どもを持ちながら働くことが当たり前になる社会」になるよう頑張って参ります!

本年もどうぞよろしくお願い致します♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:※感染状況を鑑み、ワークラボからオンラインに変更しました。詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

2020/11/28オンラインオフ会報告

こんにちは!
運営メンバーのひとみです。第2子育休中です。

育休プチMBA®勉強会では、育プチ勉強会やWSIプチMBA講座を受講すると参加できる限定コミュニティを主催しています。育休中の方も復職された方も、育プチを共通点に大勢が参加しているコミュニティです。

先月の28日にオフ会がオンライン開催されたのでその様子をご紹介します!

オフ会はコミュニティ参加者であれば誰でも開催でき、また誰でも参加できます。月に1回程度開催されています。
コロナ禍前はリアル交流でなされていましたが、最近はオンラインでの開催となり、多地域の方々と交流でき、また時間帯をよりフレキシブルにできる点で好評です。
会では毎回テーマを設定し、それについて語り合うことで、自身の気づきやお悩み解消、気軽な雑談から情報交換など、参加者にとって満足度の高いイベントになっています。

今回のテーマは「お互いの頑張りを認め合って自己肯定感を高めよう」でした。
特に育休からの復職後は多忙な生活で疲れ気味。自己肯定感を高めてエネルギーチャージしよう!と集まった頑張り屋ママさんは11名!育休中、復職後の参加者が半々でした。
それぞれが日々の自身こと‥何に向かって、何を頑張っているか、どう時間を作っているか、健康管理しているか、などを言語化し共有する、さらにそれを他の人に認めてもらうことで自己肯定感に繋げていました。

残念ながら私は不参加でしたが、当日の様子を聞くだけで、上記の話題についてどう話すかを想像するだけで、わくわくします!聞いてもらいたいし他の人の話を聞きたい。そんなニーズをうまく拾ってくれそうです。
また、人同士では初めましてでも同じ志を持つ仲間としてすぐに語り合える、本コミュニティのステキな魅力が発揮された会だったと感じました。

コミュニティやオフ会に興味を持っていただけたらぜひぜひご参加ください♪次回のオフ会は12月に予定されていますので、フェイスブックのアナウンスをご参照ください。

コミュニティ未参加の方はまず勉強会をぜひ1度受講ください。コミュニティではオフ会だけでなく、日々の悩みを復職先輩方に相談できるなど、勉強会という一度の体験で終わらない効果と出会いが待っています!

あなたのご参加をお待ちしております♪

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/22(火)、1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

自分を信じて挑戦してみよう

第三子育休中のまいです。

皆さんは、突然上司から今より責任の大きい役職への昇格を打診されたら、どんな思いが込み上げますか?

迷いなく「私なら出来ます、挑戦します。」と即答出来る方は素晴らしい!普段からステップアップに向けた努力をすると共に、自分を肯定してあげているからこそですね。一方で、「自分で大丈夫かな、実力が見合うかしら」と戸惑う方も少なくないかもしれません。

最近受講した二つの勉強会で取り組んだケースで、共通してる課題だと個人的に感じたのは、「自分の能力に自信がないためにチャンスを逃している」点です。

皆さんもご存じかもしれませんが、実際に能力があるのに、自分の実力は周りからの評価以下で、自分の成功は偶然の幸運やタイミングによりもたらされたものだと考えてしまう心理傾向を「インポスター症候群」と呼ぶそうです。

社会的に成功している女性に特に多いとの研究結果もあるようで、米国の元ファーストレディ、ミシェル・オバマもご自身がインポスター症候群に悩んだことを公表されていると知り、驚きました。

私自身、以前キャリアチャンスがあったものの、自分にこなせる自信が無く断念したことを、今も悶々とした思いで振り返ることがあります。それ以降は、新たなチャンスとなる打診があった場合には、不安な気持ちに一度封をして、機会を頂いたことを素直に感謝し、引き受けるようにしています

想定外の仕事や立場でも、やってみると案外自分に合っていたなと実感することが多く、導かれるのも悪くないと考えるようになりました。

(もちろん、自分の希望やキャリア軸に沿わない場合には無理に受ける必要はないかもしれません!)

子供の自己肯定感同様、働く女性の自己肯定感も無くてはなりませんよね。今後、同僚や部下の女性が打診を受けるか悩んだ時にも、この話をして、このチャンスは偶然ではなく、実力に基づくものだから、安心して受けてみて、と背中を押してあげたいなと思います。

皆さんもぜひご自身を信じて、チャンスを掴んでみてくださいね。

育休プチMBA®︎は 「経営学 x 復職後の壁」

経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。
復職後に陥りがちなモヤモヤ解消のヒントを得られます。

今後の予定

12/7(月)、12/22(火)、1/14(木)、1/26(木)の勉強会チケットを好評発売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:オンラインでの開催です!遠方の方や移動時間がない方にオススメ!詳しくはこちらをクリック
ケース「岡村課長と定時後のクレーム」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース「退職を考える時短勤務の仁美」:ワークラボでの開催です!講師や仲間と直接議論のチャンス!詳しくはこちらをクリック
ケース『上司の気持ちがわからない』~育児に理解のない上司と山田優美:3回セット開催の1回目です。育プチ創設者、国保祥子が登壇します!詳しくはこちらをクリック

★割引情報はこちら

過去の勉強会の様子

「退職を考える時短勤務の仁美」のケース
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

「岡村課長と定時後のクレーム」のケース
長時間労働の改善策を考える】勉強会の様子はこちら

「育児に理解のない上司と山田優美」のケース
クリティカルに考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!

 FOllOW ME!

テレビ会議で子育て座談会!

運営メンバーのエミです。第二子の育休中です。

先日、運営メンバー5人で、テレビ会議を使って、子育て座談会を実施しました。

テレビ会議ならではの良さは、お手軽であるだけでなく、チャット機能があること。

自分の考えを文字化すると、より自分の考えが明確化されたり、あいまいなところが分かったりします。

今回のトピックは、「どんな子に育ってほしいか?そのために何をするか?」。
経営戦略の講義で学習したビジョン、戦略、戦術だなと思いました。
WSIプチMBAで習ったことは子育てにも使えました(笑)

私の独断で、面白かった・興味深かったことをシェアします。

・「想像力」を身に付けてほしいので、絵本を読んだ後、自由に続きを作ったり、どうなっただろうね?と問いかけをしている。

・「自分が決めたことは最後までやり抜く力を持った子」になってほしく、我が家ではこの「やり抜く力」というのをキーワードにしている。そのため、可能性を信じ、失敗を否定せず、未成功として考えている。

・「自分が何でどう生きていきたいかを、自ら見つけ出し、世界を舞台にして自分なりの花を咲かせることが出来る子」になってほしい。働いている後ろ姿だけでは子どもに伝わらないと聞いたので、親自身が何を大切に生きているか、どんな風に仕事を頑張っているか、などを都度言葉で伝えたい。

・「自立と自己肯定感」を大切にしている。3歳の子に対しては、世界のルールをきちんと説明をしている。例えば、ご飯を残してはいけないのは命をいただいているからなど。

私自身は、「自立・自律していて、他の人に手を差し伸べられる人」になってほしいと思っています。
ただ2歳の息子に対する具体的な取組は、絵本の読み聞かせと、英語教育。モンテッソーリ教育も取り入れたいとは思っているものの、まだ十分に実施できておらず。。。まさに戦術があって、戦略がない状態。。。また、具体的な子どもに対する活動だけでなく、親の言葉かけや態度なども重要だなと気づかされました。

一時間半という短い時間でしたが、実り多い座談会になりました。

テレビ会議で座談会、お勧めです!


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

勉強会は、おかげさまで好評をいただいております。

2/13(木)復職に備えた準備
(『西田はるかの職場復帰前面談』というケースを使用)

2/26(水)クリティカルシンキング
(『育児に理解のない上司と山田優美』というケースを使用)

3/10(火) 時間制約をどう克服するかを考える
(『復職して3ヶ月目の井田美咲』というケースを使用)

3/27(金) 復職に備えた準備をする
(『西田はるかの職場復帰前面談』というケースを使用)


みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】