「運営メンバー2021秋」タグアーカイブ

2021年秋運営メンバー応募を迷っている方へ③(今後編)

こんにちは、第1子育休中のゆかです。

先日より2021年秋運営メンバー募集について、応募を迷っている方へ①<応募前編>②<やりがい編>をお届けしてきました。

本日は最終回<今後編>をお届けしたいと思います。半年の運営を経て今どんなことを考えているのかをお届けします。

1)運営の経験をどう活かすか

「復職後限られた時間の中で最大限の成果を出せるようにという姿勢で仕事に取り組みたい」や「部署横断チームに参画する際に大いに生かせる」、「自信がなくても制約があってもチャレンジしたい意思を示したい」など復職後に直接その経験を活かしたいと考えているメンバーが多かったです。また「絶対無理と思っていたチームリーダー職やその先の管理職もチャンスが来たら逃さないぞ!という心構えでコツコツと準備をしたい」という声や「成長空間に挑戦したい、学びや自己投資を続けたい」といった運営経験に触発されて今後は挑戦をしたいというメンバーもいました。

2)応募を迷っている方へのメッセージ(7人から)

・「もしも迷っている方がいたら、ぜひ挑戦することをお勧めします!!私も応募をすごく迷いましたが、応募してよかったと今は胸を張って言えます!」

・「国保さんと直接話せる貴重な機会です。小早川さん、国保さんは自分に抜けている視点を的確にアドバイスしてくださいますし、この経験を復職後活かすのが今から楽しみです!ぜひ応募してください!」

・「コロナ禍で人にも会えない、外にも出れない中での初育児。運営をしていなければ育児にも復職にもこんなに前向きな気持ちになれなかったと思います。参加経験がなくても、貢献できることはあります!少しでも迷っている方は是非応募ください」

・「迷っている間にとにかく勉強会や運営に申請してみてください!想像を越えた衝撃と共感と学びがあります。」

・「地方在住で応募を迷われている方、是非チャレンジしてみてください!運営業務はほぼ全てオンラインです。私は静岡からの参加で、他の運営メンバーと一度もリアルで会ったことはありません。しかし、本当に濃い半年間を過ごすことができました。オンライン化が進み、居住地域に関わらず機会が得られるようになってきています。やらずに後悔よりやって後悔!(後悔することはないと思いますが)」

・「応募前に勉強会やコミュニティの第一印象で勝手に敷居の高さを感じていたのですが、挑戦してみて良かったです。国保さんやメンバーのライフハックもどんどん取り入れ、Googleドライブ活用も家事家計に取り入れ、復職準備以外のところでもやってよかった!と思うことがたくさんです。是非気負いすぎず応募してみてください♪」

・「ここまで読んでくださった方、それなりに運営メンバー参画に興味をお持ちだったり、迷ってらっしゃる方なんではないかなーと思います。はい私も迷いました。迷って迷って、締め切り最終日の午前3時、夜間授乳で回らない頭ながら「ええーい!やらない後悔よりやって後悔ー!!」と応募ボタンをポチリと押したんです。今なら言えます。あの時の私よ、よくやった!!育休期間を使って、「目的達成のために、最小の労力で最大のインパクトを出すにはどうすればいいか」を常に考えるトレーニングができる場はそんなにないと思います。何より、コロナ禍で外出もままならない中、仕事や育児のことを話せる仲間と出会えたことが本当に嬉しいです。社会人になって、勤め先の人でもない、近所のママ友でもない人たちと、ここまで話せる仲になる機会ってなかなかないと思います。このメッセージが少しでも心の琴線に触れた方、ぜひご応募お待ちしています!!」

第三回にわたってお届けしてきた運営体験談、いかがだったでしょうか。

不安も多かったメンバーが6カ月を通して仲間と挑戦したり、学んだりしながら成長する姿を垣間見ていただけたかと思います。

今まさに応募を迷っている方にどうか心からのエールが届きますように。

2021年春メンバー一同、2021年秋メンバーに会えること心から楽しみにしています!

↓応募はこちらから↓

https://peatix.com/event/2608570

今後の予定


9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには詳しくはこちらをクリック
クロストークイベント開催決定!申込はこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2021年秋運営メンバー応募を迷っている方へ②(やりがい編)

こんにちは、第1子育休中のゆかです。

先日、2021年秋運営メンバーの募集開始に伴って、応募を迷っている方へ①(応募前編)をお届けしました。

本日は第二弾の<やりがい編>です。運営を実際経験した今だから分かるやりがいやチャレンジなど7人のメンバーからお届けします。

1)一番の学びは

「限られた時間・労力で最大限の成果を出す思考」や「ロジカルシンキングやマネジメント思考」、「制約がある中での働き方」など、実際復職後に実践的に役に立つ思考やスキルが身に付いたという声が多数でした。なかには「<最高の組織>はあるものではなく、皆で作り上げるものだということ(これまで所属組織に不満があると上司のせいにして思考停止してたが、そうじゃないと気付けた。いい組織は皆で作るものだ)」との意見も。

2)チャレンジしたこと

「育プチ代表国保のトークイベント」や「コミュニティー内での質問箱や7周年企画」など新規アイデアの企画・実現をチャレンジしたこととして挙げたメンバーが多かったです。こういった新しい提案や改善も積極的に実施できることも運営の魅力です。その他「コミュニティへの発信」、「オフ会の開催」や「自分の考えや気持ちを積極的に言語化して伝えたこと」に挑戦したメンバーもいました。

3)仲間との思い出

一番多かった意見は「ミーティング後などの雑談タイムが楽しかった」との声…!そう、業務だけではなく、定例の後には国保さん交えて、便利グッズやメンバーからの相談、ちょっと深い話などメンバー同士の交流を楽しむ時間もあります。コロナ禍でミーティングは全部オンライン。実は運営メンバー一度も直接会ったことはないのですが、そんなことを感じないほど濃密な時間を過ごすことができました。また「子どもの事情で業務に当たれないときのチームの怒涛のフォローが素晴らしかった」との声も挙がっていました。

4)運営のやりがいとは

「年齢も業種も関係ないチームで業務に当たれること」や「上司・社長だったらどのように考えるか?を疑似体験できること」、また「国保さんからマネジメント思考の実践に係る直接指導をいただけること」という声が挙がりました。そして「大好きな育休プチMBAの輪を(微力ですが)広げるお手伝いができること、自分が”こうあったらもっと良いな”と思う方向へ進めることができるのが一番のやりがいです」という愛のこもった声も。

上記から分かる通り、運営経験を通して育プチの勉強会で学ぶマネジメント思考や復職準備を実践で濃密に学ぶことができたと多くのメンバーが感じています。しかも代表の国保から直接指導を受けることができるのです…!また業務に留まらず運営メンバーとたくさんの時間を過ごす中で、会社ともママ友とも違う特別な仲間ができることは運営メンバーの特権です。

次回は第三弾<今後編>をお届けします。

応募はこちらから:https://peatix.com/event/2608570

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

2021年秋運営メンバー応募を迷っている方へ①(応募前編)

こんにちは、第1子育休中のゆかです。

私たち運営は半年ごとにメンバーの交代があり、先日2021年秋メンバーの募集がついに開始されました!

この半年、一言ではとても言い表せない程の経験を積ませてもらい、あの時応募して本当に良かった!と自分で自分をほめています(笑)しかし、、振り返ってみれば応募に当たっては、たくさん悩んで迷って、私に務まるんだろうか、とたくさん考えたとの声も。

そこでこれから3回にわたって、現運営メンバー7人のリアルな声をお届けしたいと思います。今まさに応募を迷っている方にどうか届きますよう!

本日は第一弾の<応募前編>です。

1)応募したときのこと(子どもの月齢、育プチとのかかわり)

応募したときの子どもの月齢は1カ月、3カ月、5カ月、6カ月(2名)、11カ月と、子どもの月齢にはメンバー間でも幅があります。

また1人目の育休での参加が2人、2人目が4人、3人目が1人と、子どもの人数も様々です。

運営に参加する前に、育プチの勉強会やオフ会、WSIの勉強会に参加したことがあったメンバーは5人、残りの2人は育プチとの最初の接点が運営への応募でした。

2)応募の動機

「仕事ではできないことや自分の力を試して挑戦したい」、「育休を楽しみたい、充実させたい」という声や、「チームでの経験を積みたい」、「濃い繋がりを期待して」、「復職の準備」のために応募したとの声があがりました。

3)応募への不安

「周りが優秀に見えて自分がついていけるか不安だった」、「育児や他のこととの両立が不安だった」という声が多数でした。でも最終的にやらなきゃ絶対後悔する!という思いで応募ボタンを押しましたという声も…!

4)応募する際に期待していたこと

「仲間との出会い」や「復職に向けたトレーニング」、経営思考を身に付けスキルアップしたい」の他にも、「国保さんに直接指導いただけること」を挙げるメンバーも。

こうして見てみると応募した時の環境や動機、考えていたことなど個々人で大きく異なります。みな最初から出来ると思って応募しているというより、不安もあったけどやってみたいと思って勇気を振り絞って応募したという方が多いかもしれません。この記事が、読んでいるあなたの背中をぐっと押してくれることを祈ります。

次回は第二弾<やりがい編>をお届けします。お楽しみにー♪

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!