「#抱っこ紐」タグアーカイブ

復職準備失敗談②病児保育、本当のハードルは?

こんにちは。第2子育休中のほんめぐです。3歳と8ヶ月の姉妹を育てています。

前回ブログでは「0歳児の平均年間病欠日数は約20日だけど、ほぼお休みしない子もいれば60日以上休む子も5人に1人くらいいる。その心算なく復職し撃沈(年間44日も休みました…)という失敗談をお送りしました。

保育園休みまくり我が子と最初の一年をどう乗り越えたか。病児保育利用のハードルについてお伝えします。

①自分の心理的ハードル
復職前に思いつく限り病児対応支援先の申込み・手配を済ませ(自治体の病児保育室、病児シッター、緊急サポートセンター、ファミサポ、ベビーシッター)、使おうと思えば使えるよう備えていました。しかし、利用にあたっての一番のネックは自分の心理的ハードルでした。病気の0歳我が子はあまりにもか弱く自分の助けを必要としているように見え、自分が看病しないと…と思い込んでいる状態でした。

心身ともに疲弊し、「もう無理」となって初めて自治体の病児保育室を頼りました。復職して半年後のことでした(遅い!)。

②身内からのプレッシャー
母世代の人にとっては病児保育やシッター利用は一般的でなく、実母や義母は病児保育利用に消極的でした。私自身、「他人に預けて働くなんて…」と思われたくない一方で、身内を頼りすぎて「仕事はほどほどにしたら」と言われたらどうしようと思う怖さもありました。
一度使ってみてプロに預ける安心感・素晴らしさを実感した私は、病児保育のメリットを積極的に伝えていきました。身内は最大のサポーター。同じ理解度に立ってもらうことが大切だと感じました。

③大変なのは自分だけ?仲間がいない孤独
平均よりずっと早いペースで休みまくる娘を見て「無理させてるのでは」「復職するの早すぎたかも」と悩みました。身近なロールモデルもなく、モヤモヤを抱えた復職3ヶ月目。育休プチMBA®︎勉強会に参加しました。ここで、葛藤もありつつ外部リソースを活用し乗り切るワーママ仲間に出会えたことで、同じように悩んでるのは自分だけじゃない!と、とても励まされました。また、勉強会参加者限定Facebookコミュニティでは様々な両立tipsが共有されており、大変参考になりました。

そんな我が子も段々丈夫になり呼び出しも年数回程度に落ち着きましたが、当時は本当に辛かった…。今考えれば助けが必要なときにプロの手を借りるのは最適解だと分かるのですが、ワーママ1年目の当時は身内の目を気にしすぎたり、自分がしなければと思い込んでいました。一度使えば大きな安心が得られるので、葛藤があっても早いうちに病児保育を試してみることをお勧めします!

多くの先輩ワーママの言う通り1年目が一番大変です。プレワーママ、ワーママ1年生の皆さん、共に乗り切りましょう!

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!

乳幼児連れの外出でスマートウォッチが便利な話

こんにちは、第2子育休中のへろりんです。

今日のテーマは「乳幼児連れの外出でスマートウォッチが便利な話」です。
結論から言うと、「スマートウォッチで乳児連れ外出での不便は解消! でも、油断ならない!」です。

何のこっちゃ、と思った方は、しばらくお付き合いいただけると嬉しいです。

元々スマートウォッチの購入に至ったきっかけは、3年ほど前、第一子がまだ乳児だった頃の買い物でした。

抱っこ紐で子どもを抱えて買い物すると、財布出すのに苦労しませんか?

あとは、交通系の電子マネーカードも。

私はめっちゃめちゃ苦労しました。

リュックは一度下さなければならないし、ショルダーバッグだと子どもを抱えているから手元が見えづらいし。
ポケットから電子マネーカードを出すのも、子どもを抱えているからか、ポケットが見えづらく、やっぱり手間取りました。

そんな時に、見てしまったのです。
スマートウォッチでぽちぽちー⇒ぴっと決済する方を。

それを見て「これだー!!」となった私は、スマートウォッチを購入。
スマートフォン(本体)程度の出費になるため、夫からは当初「え~?! いらなくない?」」と言われましたが、「抱っこ紐をつけたまま財布を出すのがどれほど面倒くさいか、身体に負担がかかっているか」を力説して「え、じゃあ買えば…」と言わしめました。

結果、私の読みは大正解。スマートウォッチであれば、抱っこ紐をつけたままでも電子マネー決済がしやすいため、日々の買い物がスムーズになったのはもちろん、電車・バスの改札も通過しやすくなりました。

しかし、第1子が抱っこ紐を卒業し、今度は第2子を抱っこ紐で抱えるようになってから困ったことが発生してしまいました。

第2子を抱っこ紐で抱えていると、スマートウォッチがちょうど手に届く位置にあることもあり、触ろうとするんです。
(そりゃまぁピカピカキラキラして気になりますよね…)
すると、気が付くと、普段スマートウォッチでは確認しないアプリが起動されていたりします

まだ、寸でのところで気づいているので大きな問題にはなっていません。
が、これ、電話やメール、SNSの返信(定型文であればスマートウォッチからでもできる)を偶然にもやってしまう可能性があるので、変なことにならないか本当にヒヤヒヤします。
(迷惑メールに返信しちゃったりとか、セールスの電話にリダイヤルとか…)

なので、今は「スマートウォッチに表示されるアプリの整理をする(いつも使うアプリだけ表示されるようにする)」「室内で抱っこするときはスマートウォッチを外す」ようにしています…。
ほんと、油断なりません…。

ついでに言うと、第1子(既に年少組)も触ろうとします…。
子どもは触りたくなるものなんでしょうか、親のスマートウォッチ。

とはいえ、抱っこ紐で子どもを抱えているときに、電子決済できるスマートウォッチはとても便利でした。
乳児連れでの買い物・移動で、バッグから財布・電子マネーを出すのが面倒だ!という方は、一考の価値ありと思います。

今後の予定


9/7(火)、9/30(木)勉強会チケットを販売中!

割引キャンペーンを実施中!

ケース『西田はるかの職場復帰前面談』:復帰前に人事部との面談を行ったはるかは、自分の意思を伝えられず、希望とは異なる状況になってしまう…?詳しくはこちらをクリック
ケース『退職を考える時短勤務の仁美』:時短勤務中の仁美は、勤務時間と業務量のバランスが適切でないことに悩んでいる。問題を
組織の目線でとらえるためには…?詳しくはこちらをクリック

過去の勉強会の様子

ケース:「 リモートワークのモヤモヤ 」
「全体最適」の仕事術 】勉強会の様子はこちら

ケース:「 退職を考える時短勤務の仁美 」
組織における役割を考える】勉強会の様子はこちら

チケット販売開始告知含む最新情報はこちらからご確認ください。
※開催予定は変更になる可能性がございます

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしています!


 RECOMMEND!!
あなたを励ます応援メッセージ、両立がちょっと楽になるヒントやコツが毎日届く。
『出産後の女性向け キャリア支援アプリ piam.』
ダウンロードはこちらから。
 FOllOW ME!